ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

マリー・アントワネットに別れを告げて -1- Les adieux à la reine

マリー・アントワネットに
別れを告げて
 -1-
Les adieux à la reine

f0165567_731283.jpg

© 2012 GMT PRODUCTIONS – LES FILMS DU LENDEMAIN – MORENA FILMS - FRANCE 3 CINEMA – EURO MEDIA FRANCE – INVEST IMAGE ©Carole Bethuel

1789年7月14日、パリの民衆たちのバスティーユ襲撃に端を発したフランス革命。
世界史の教科書ですっかりおなじみのこの事件ですが、
フランス革命ときいてまず思い浮かべるのは
ウジェーヌ・ドラクロアが描いた「民衆を導く自由の女神」(1830年)ですよね。
革命といえば、民衆の側から描くものと相場は決まっています。
なんたって、胸もあらわに男たちを率いるあの逞しい女神は素晴らしいです。

しかし、ものごとは正と反、表と裏から成り立っています。
マリー・アントワネットの立つ側を正と見るか、反と見るか。
あるいは、表と見るか、裏と見るか、はそれぞれですが――

f0165567_771215.jpg

本作には、逞しい女神も、銃を持った民衆も出てきません。
ただ、1789年7月14日。バスティーユが襲撃された時間、
そのニュースを知ったヴェルサイユ宮殿内部の人々がどんな様子だったか、は見ることができます。

7月14日から16日までの王妃や廷臣たちの動揺と絶望の様子――
それらが、朗読係の少女の眼を通じて描かれています。
フランス版「家政婦は見た!」とでもいいましょうか。
そこに王妃を深く敬愛する朗読係の複雑な想いもからまっていました。

原作はシャンタル・トマの「王妃に別れを告げて」。
シャンタル・トマはフランス革命に造詣が深いフランス18世紀文学の研究者で、
「王妃に別れを告げて」(白水社)は彼の初めての小説。
2002年フェミナ賞を受賞し、話題になった作品です。


フェミナ賞(仏: Prix Femina)は、フランスで最も権威のある文学賞の一つ。1904年に女性詩人アンナ・ド・ノアイユの提唱のもと、女性向け雑誌『ラ・ヴィ・ウールーズ』(後の『フェミナ』誌)の女性寄稿者22人により創設された。前年の1903年に設立されたゴンクール賞が事実上男性作家のみを対象としているのに対して、女性作家にも贈られる賞であり、ゴンクール賞の性差別への抗議の意図も含まれていた。
その年で最も優れたフランス語の散文もしくは詩作品に贈られる。フランスにおいて、ゴンクール賞、ルノードー賞、メディシス賞、アンテラリエ賞と共に、五大文学賞と呼ばれる。11月の第1週の水曜日に、パリのクリヨンホテルにて、12人の女性の審査員によって選定される。
フェミナ賞とゴンクール賞の結果発表がどちらが先となるかは激しい競争となり、発表を交互に行う協定が結ばれている。(Wikipediaより)


f0165567_714640.jpg

「ベルサイユのばら」、
ソフィア・コッポラ監督「マリー・アントワネット」(‘06)、
そして、本作「マリー・アントワネットに別れを告げて」。

14歳でオーストリアからフランス王太子ルイ=オーギュストに嫁ぎ、
18歳で王妃となり、
32歳でフランス国庫が破綻。
37歳で刑場の露と消えた悲劇の王妃マリー・アントワネット。

彼女についてはいろいろ描かれてはいますが、
悲劇のみでくくれない部分も大いにあります。
アメリカ独立戦争に巨額の戦費をつぎこんだことが国を傾けた大きな原因ですが、
彼女の贅沢がそれに輪をかけた部分も少しはあるのでしょうから。
そんな豪華で贅沢なインテリアやドレスがほんもののヴェルサイユ内で撮影されています。
あ、オスカルやフェルゼン伯爵は登場しませんが。
さあ、どんなお話なのでしょうか。乞うご期待でございますよ。



今日もポチッとしていただければ嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆12月6日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

マリー・アントワネットに別れを告げて
監督/ブノワ・ジャコー、脚本/ジル・トーラン&ブノワ・ジャコー、原作/シャンタル・トマ「王妃に別れを告げて」(白水社刊)、撮影監督/ローマ・ウィンディング、衣装デザイン/クリスチャン・ガスク、ヴァレリア・ランコー
出演
レア・セドゥ/シドニー・ラボルド、ダイアン・クルーガー/マリー・アントワネット、ヴィルジニー・ルドワイヤン、ガブリエル・ド・ポリニャック、グザヴィエ・ボーヴォワ/ルイ16世、ノエミ・ルボフスキー/カンパン夫人、ミシェル・ロバン/ジャコブ・ニコラ・モロー
12月15日(土)TOHOシネマズ・シャンテ、Bunkamuraル・シネマ他にてロードショー
2012年、フランス・スペイン、100分、カラー、提供・配給/ギャガ、字幕翻訳/丸山垂穂
http://myqueen.gaga.ne.jp/

by Mtonosama | 2012-12-06 07:24 | 映画 | Comments(8)
Commented by すっとこ at 2012-12-06 08:05 x


えぇっえーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

ついに民衆が王政に{NO!}を突き付けたのが
   <アメリカ独立戦争に巨額の戦費をつぎこんだことが
    国を傾けた大きな原因ですが
だったのですか?????

知らなかったーーーーーーーーー!!

自由の女神がフランスから寄贈されたことしか
知らなかったぁ!

マリーアントワネットといえば
暴動を起こした民衆を
「なにを騒いでおるのじゃ?」
「腹が減ったのでおパンを寄こせと騒いでおるので
ございます」
「お腹が空いてパンがないとな>ではお菓子を
食べればよいのに」
と言った  とか

処刑執行人に
「気をつけて下さい。わらわの首は細いのです」
と言ったとか

真偽のほどはともかくエピソードにことかかない
女性ですね。

この衣装素敵ですね。
衣装を楽しむためにも観たい映画です。
では恒例のポチッと押して帰ります。
Commented by Mtonosama at 2012-12-06 10:30
♪すっとこさん

ドレス、すてきでしょ。
ルイ16世と王妃の画像にあるきらびやかなベルサイユ宮殿の
インテリアもゴージャス。

マリー・アントワネットの最後の言葉は処刑人に
「あら、ごめんなさい。足を踏んでしまったわ。
でも、私の靴に血がつかなくてよかった」
だったとも聞きました。

ホントにいろんなエピソードをお持ちの王妃さまですこと。

いつもポチッをありがとうございます。
Commented by ライスケーキ at 2012-12-06 21:47 x
またまたアントワネットさんの登場ですか。
彼女の人生ドラマチックですからね。

たまたま最近彼女の娘「マリー・テレーズ」と
息子「ルイ・シャルル」の小説をよみました。

タンプル塔での幽閉後72歳で亡くなるまで 「一度も
微笑んだことがない」と言われた娘マリー。

8歳で日の当たらない悪臭に満ちた部屋で一人放っておかれ
満足に食事も与えられず10歳で衰弱死した息子ルイ。

映画では娘、息子達も登場しますか。
私は歴史の歯車に押しつぶされた 
彼らにちょっと会ってみたいと思っています。

Commented by poirier_AAA at 2012-12-06 22:52
最近、ロシア革命を貴族の側から描いた本を読んで、マリー・アントワネットもこんな風に恐怖と後悔を感じていたのかなぁと考えていたところでした。

出てくる貴族の若奥様は、時代の流れも不穏な雰囲気もまったく気にせず、本来領主の妻の仕事である農民の教育や医療、屋敷内の管理などの大事な仕事をなおざりにしてピアノばっかり弾いているんです。で、いざ怖い目にあってみると「あの時自分がちゃんとやるべきことをやり、考えて行動していたら、少しは様子が変わっていたかしら」とか考えちゃうんです。

マリー・アントワネットも、抜き差しならない状態になって初めて、あ、まずかったかもと後悔したかもしれませんよね。あ、でもそれならば↑にあるような最後の発言は出て来ないか。。。。

彼らもまた、時代に弄ばれた人達、ですね。
Commented by Mtonosama at 2012-12-07 06:45
♪ライスケーキさん

娘さんも息子さんも気の毒。
世も世なら、ということでしょうが、ほんの少し生まれた時代がずれたばっかりに、
一般庶民より悲惨な人生を送ることになってしまったのですね。

ああ、人生ってわかりませんね。
Commented by Mtonosama at 2012-12-07 06:57
♪poirier AAAさん

立ち位置がちょっと違うと、ホントに大変なことになってしまいます。
これって、震災と福島以後の私たちにもあてはまると思います。

マリー・アントワネットは根っからのお姫さまだったんでしょうか?
でも、ギロチンに向う彼女をスケッチした絵
(三角帽子をかぶった彼女をホントにチャチャーッと描いたものですが)
の彼女はとても毅然としています。

悪意に満ちたエピソードばかり世に流布しているようで、な
んか気の毒。
歴史がどのように転回していくか、人にはわからないのに・・・
それは国王も王妃も第3身分も同じなのに。

なんかフランス革命が人生を考えるできごとになってしまいました。
Commented by よもぎ at 2012-12-07 12:00 x
初めまして。 よっしーさんのブログ経由でうかがいました。
洋画が大好きなので、楽しく読ませていただきました。
多忙であまり見に行けませんが(映画館遠いです)
『ミケランジェロの暗号』はとてもよかったです。
つらい内容を、ユーモアとウィットで描いた作品で
いろんな意味で感銘を受けた作品でした。
少し古いけど、『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』も、好きな作品でした。 
ときどき、お邪魔したいと思います。
よろしくお願いいたします(^0^)/ 
Commented by Mtonosama at 2012-12-07 13:34
♪よもぎさん

いらっしゃいませぇ。
よっしーさんのところではいつもお世話になっております。
猫さんと映画がつながるって楽しいですね♪
どうぞ、これからもよろしくお願い申し上げます。

「ミケランジェロの暗号」、面白かったです。
あの痛快感、たまりません。

実はわたし、主役を演じたモーリッツ・ブライプトロイが好きでして^_^;