ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

もうひとりのシェイクスピア -1- ANONYMOUS

もうひとりのシェイクスピア -1- ANONYMOUS

f0165567_826269.jpg

(C)2011 Columbia Pictures Industries, Inc. and Beverly Blvd LLC All Rights Reserved

ずっとフランス語の映画が続いていたので、今回は英語の映画を。
それも、英語の中の英語、シェイクスピアでいきましょう。

といってもあのストラトフォード・アポン・エイヴォン生まれのウィリアム・シェイクスピアが主役ではないんですよ。
また、彼のいくつもの戯曲のひとつが映画化されたというわけでもありません。
じゃ、なんなのか。
謎ときの前に、皆さまよくご存じとは思いますが、シェイクスピアをウィキってみますと――

ウィリアム・シェイクスピアWilliam Shakespeare, 1564年4月26日(洗礼日) - 1616年4月23日(グレゴリオ暦5月3日))は、英国の劇作家、詩人であり、イギリス・ルネサンス演劇を代表する人物でもある。卓越した人間観察眼からなる内面の心理描写により、最も優れた英文学の作家とも言われている。また彼ののこした膨大な著作は、初期近代英語の実態を知る上での貴重な言語学的資料ともなっている。
出生地はイングランド地方ストラトフォード・アポン・エイヴォンで、1585年前後にロンドンに進出し、1592年には新進の劇作家として活躍した。1612年ごろに引退するまでの約20年間に、四大悲劇「ハムレット」、「マクベス」、「オセロ」、「リア王」をはじめ、「ロミオとジュリエット」、「ヴェニスの商人」、「夏の夜の夢」、「ジュリアス・シーザー」など多くの傑作を残した。「ヴィーナスとアドーニス」のような物語詩もあり、特に「ソネット集」は今日でも最高の詩編の一つと見なされている。
「シェイクスピア」は、今日の中国語では簡体字で「莎士比亚」、繁体字で「莎士比亞」と音訳される。また日本では、かつて「莎」を「沙」と、「亞」を「亜」と略し、「士」の代わりに「吉」を用いて「沙吉比亜」とする借字も見られた。このため、頭文字を採って華僑社会では「莎翁」、日本では「沙翁」と呼ぶこともしばしばある。(Wikipediaより)

Wikipediaにはこのように紹介されている沙翁ことシェークスピアですが、
実は彼が書いた37の戯曲、154篇のソネット、物語詩数編。
この内1作たりともここ400年の間、本人による自筆原稿がみつかっていないのだそうです。

f0165567_8362299.jpg

そんなことから誰からともなく囁かれ始めたウィリアム・シェイクスピア別人説。
200年も前から、囁きどころか大きな声で議論されていたのですって。

ま、出る杭は打たれるといわれます通り、
あまりにも傑出した人物に対しては足をひっぱる人も大勢いるはず。
今でこそ観光地として多くの旅行者が押しかけるこぎれいな街、ストラトフォード・アポン・エイヴォンも
シェイクスピアが生まれた450年前は茅葺き屋根が並ぶただの田舎町。

”そんな田舎に生まれ、高等教育を受けたわけでもないウィリアム・シェークスピアが
あれほどの教養を持っているなんておかしくない?”
”大体なんであんなに王室の情報に詳しいの?”
”おかしいよ。”
”うん、おかしい、おかしい。”
”作者はさぁ他にいるんじゃないかなぁ”――

というようなやりとりだったかどうかは実際に聞いていたわけではないので定かではありませんが、
これに類した議論が18世紀から行われていたのであります。
アカデミックな分野のみならず、フロイトやマーク・トウェイン、チャーリー・チャップリンやオーソン・ウェルズなども
この「ウィリアム・シェイクスピア別人説」の支持者だったそうですよ。
本作は、そうした別人説の中でも最有力視されている第17代オックスフォード伯エドワード・ド・ヴィアが
シェイクスピア諸作品の真の作者であるという説に立脚して、描かれています。
彼がなぜ自分の名前をだすことなく表沙汰にすることなく
(オリジナルタイトルのanonymousはここから来ているんですねぇ)、
作品を書き続けたのか――

ここに、えぇぇぇーっ!と驚くきわめて数奇な運命があるのでした。
歴史劇と見せながら、その実、謎に満ちた傑作ミステリーなのであります。
いやいや、これは乞うご期待でございますよ。



今日もポチッとお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆12月12日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

もうひとりのシェイクスピア
監督・製作/ローランド・エメリッヒ、脚本・製作総指揮/ジョン・オーロフ、美術/セバスチャン・クラウィンケル、撮影/アンナ・J/フォースター、衣装デザイン/リジー・クリステル
出演
リス・エヴァンス/オックスフォード伯エドワード・ド・ヴィア、ヴァネッサ・レッドグレイヴ/エリザベス1世、ジョエリー・リチャードソン/若き日のエリザベス1世、デイヴィッド・シューリス/ウィリアム・セシル、ゼイヴィア・アミュエル/サウサンプトン伯ヘンリー・リズリー、セバスチャン・アルメストロ/ベン・ジョンソン、レイフ・スポール/ウィリアム・シェイクスピア、エドワード・ホッグ/ロバート・セシル、ジェイミー・キャンベル・バウアー/若き日のオックスフォード伯エドワード・ド・ヴィア、デレク・ジャコビ/語り
12月22日(土)TOHOシネマズシャンテ、新宿武蔵野館他全国ロードショー
2011年、英語、129分、配給/ファントム・フィルム、
http://shakespeare-movie.com/

by Mtonosama | 2012-12-12 08:48 | 映画 | Comments(14)
Commented by すっとこ at 2012-12-13 00:47 x
そーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーなんですってね!

シェークスピアは何人もいた、
なんて拙もありますものね。

でも今やシェーちゃんは英国の名産品。
ストラッドフォード・アポン・エイボン・・・
行っちゃいましたもの、観光客は。
そんであのハゲのシェーちゃんのお顔
そこら中にありましたっけ。

ふうむ。シェーちゃんの真の顔は貴族であらせられたのか。

いかにその説に沿って お話が進むのでしょうか?
興味シンシンでございます。

次回のストーリーアップが待ち遠しいです!!
ポチッと押して帰ります。
Commented by 薄荷グリーン at 2012-12-13 01:26 x
こんばんは!

これ、監督がローランド・エメリッヒって、ひょっとしてあの大味な災害映画の大作を撮ってる人?こういう映画も撮れるんだ。
シェークスピアの自筆原稿が一つも見つかっていないって、初めて知りました。これは書物として残っているだけということ?それとも一応原稿も残ってるけど代筆のような形のものしか残ってないって言うことなんでしょうか?結構凄い謎だと思うし、こんなことを知ってしまうとどうなっていたんだろうってかなりの好奇心を刺激されますね。これだけ有名な人なのに一つも残ってないって云うのは絶対に不自然だし、謎としてはかなり魅力的だと思います。
ミステリ映画として、シェークスピアの作品にそれほど興味が無かった場合でも面白く見られそうですね。

あと、全然言語体形の違う国の人の名前を「沙翁」なんていう漢字で収めてしまう日本人の感覚も面白いです。
Commented by Mtonosama at 2012-12-13 10:22
♪すっとこさん

シェーちゃんですか。
イヤミみたいですね。あ、漫画を読まないすっとこさんは
「シェー」のイヤミをご存知ないですよね。

ストラトフォード・アポン・エイボン。
行きましたよ。私も。
当時の格好をした案内人がシェーちゃん博物館を案内してくれました。

別人説が出ようが、なんだろうが、
シェイクスピアの霊験は未来永劫あらたかでありましょう♪
Commented by よっしー at 2012-12-13 10:28 x
との〜!お声の具合はどうせしゅか?無理に発声するといかんそうですよ〜お大事にゃ−!!こちらの映画はレンブラントの絵画のようで@@ 映画館で観たいような映像ですね^^/ 後編記事が楽しみです!
Commented by Mtonosama at 2012-12-13 10:29
♪薄荷グリーンさん

おはようございます。
そうです、そうです。あのSFやパニック映画の監督さんの
作品です。
この作品をつくるために、パニック映画で資金稼ぎをしたらしいですよ。

よく教科書に出てくるシェイクスピアの顔写真。
ちょっと織田信長に似てる感じの額が広く
(というより禿げあがっている?)、長い顔。

あれが気に入らないという方も、
本作はミステリーとして楽しんでいただけるのではないでしょうか。
Commented by Mtonosama at 2012-12-13 10:35
♪よっしーさん

ご心配をおかけして申し訳ございません。
まだ声が出ません。でもね、ひきこもりの上、4日もしゃべってないので気が狂いそーです。

ホントだ。光と影がレンブラントの絵のようです。
なかなか興味深い映画でした。是非、映画館へいらしてくだされ。

トメさんによろしくお伝えくださいませニャ♪
Commented by poirier_AAA at 2012-12-13 19:14
シェイクスピア別人説なんてのがあるんですね。全然知りませんでした。これは滅茶苦茶好奇心を刺激されますね。殿様の試写室、いつもながら勉強になります!

ところで全然関係ないんですけど、いまフランスで話題になっているのが、ジェラール・ドパルデューのベルギー国籍取得なんですよ。フランスで税金を払いたくないみたいですね。なにかと話題に事欠かない役者さんなのです。
Commented by よもぎ at 2012-12-13 19:55 x

こんばんは。
お風邪を召されてしまったのですね。
どうかお大事になさって下さい。
早く回復されますように。

シェークスピアはあのシェークスピアではない。。。といっても、
細面になまずヒゲの絵でしか、おめにかかったことはありません。
作品も読んだことがほとんど無く、
30年くらい前、「オールドヴィク座」の『真夏の夜の夢』を、NHKテレビで見たくらい。。。
なので本人は本人じゃないとか、別人とかお聞きしても、
ピンとこない無教養でございます。
それでも、紹介されている重厚な画面と登場人物がとても魅力的ですね!
今、ちょっと足を痛めてますが、
なおりましたら是非映画館に足をはこんでみたいと思います。
ただ。。田舎に住んでますので
見るには「上京」しないといけないかも(^^)。

(『ミケランジェロの暗号』は、電車を乗り継ぎ1時間半ほどかけて見に行きました。)
Commented by ライスケーキ at 2012-12-13 21:55 x
シェークスピアさんに関しては
「シェークスピア=フランシス・ベーコン」説とか色々ありますが
今回は「オックスフォード伯」説を元に映画化したんですね。

オックスフォード伯の生涯も「ハムレット」の様に           波瀾万丈だったみたいですが
それなら シェークスピアのお墓を掘り起こしてDNA鑑定でもやったらどうかと思ったけど

シェークスピアの墓碑銘には「我が骨を動かすものに呪いあれ」と
書いてあるそうですね。
彼の作品と同じように 彼自身の生涯もドラマティック。
かっこいいです。
Commented by Mtonosama at 2012-12-14 07:14
♪poirier AAAさん

世間にはいろんな説があるものですね。

ところでドパルデューがベルギー国籍取得ですか!?
先日「シェフ!」という三ツ星をめぐるフレンチレストランの映画を観たのですが(近日当試写室でも上映予定)、その
カリスマシェフ役がジャン・レノでした。
もちろん彼でいいんですけど、体型的にも(笑)、役柄的にもドパルデューがいいのに、なんでジャン・レノなのかな?と思っていたところです(ジャン・レノも体型的には結構迫力がありましたけど)。

フランス映画界にもいろいろ事情があるのでしょうね。
Commented by Mtonosama at 2012-12-14 07:20
♪よもぎさん

おはようございます。
ご心配いただき、ありがとうございます。
風邪というのはこじらせるとしつこいな、と痛感しております。
こんな時、猫がいれば布団に侍らせて温かい思いができるのになぁ、などと見果てぬ夢をみてブルブル震えています。

シェイクスピアについては私も映画で見るくらいですが^_^;
あの写真―そう、細おもて、なまずひげの―あれって、いつも織田信長に似てるなぁ、と思っていました。よもぎさんはいかがですか?
Commented by Mtonosama at 2012-12-14 07:26
♪ライスケーキさん

シェイクスピアがフランシス・ベーコンですか!?
ふ~ん、ホントに色々な説があるのですね。

DNA鑑定をすれば一発でわかるんでしょうけど、
お墓のお骨と、いったい何を照合させればいいでしょう?
ま、わからないままにして、あれこれ議論をしていただく方
がロマンがあるかもしれませんね。

ストラトフォード・アポン・エイボンでシェイクスピアの
お墓のある教会に行きましたが、
英国人ガイドがひどく感じ悪かったです。
関係ないけど。
Commented by Tsugumi at 2012-12-14 15:55 x
風邪長引いているみたいで心配です。
ご自愛ください。
シェイクスピアが別人説うちのだんな様からは聞いたことありません。たまにシェイクスピアの一説突然口ずさんだりしてますが(苦笑)
ロンドンオリンピックの閉会式のの時ユニオンジャックのステージのフロアーの新聞紙はシェクスピアの記事だとだんな様に教えてもらいました。

イギリス人にとってのシェイクスピアは子供のころからなじみ深いお方なんでしょうね。

私は良く知りませんが恋に落ちたシェイクスピア好きです。

この映画チャンスがあれば見てみたいです。
Commented by Mtonosama at 2012-12-14 19:05
♪Tsugumiさん

ご心配いただきありがとうございます。
150歳にもなって風邪をひいてこじらせるとなかなか治りません。
一昨日から眼がおかしいので、ちょっと体調が良くなった今日、眼医者さんに行ったら風邪からきた結膜炎だといわれてしまいました。風邪をひくと余計な病気が出るものです^_^;

私も「恋に落ちたシェイクスピア」が好き。
でも、あのイメージで本作を観るとシェイクスピアが全然違うのでビックリしますが、是非ご主人と一緒にご覧になってください。