ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

もうひとりのシェイクスピア -2- ANONYMOUS

もうひとりのシェイクスピア -2-
ANONYMOUS

f0165567_6554186.jpg

(C)2011 Columbia Pictures Industries, Inc. and Beverly Blvd LLC All Rights Reserved

この奇想天外な時代劇にまっこうから挑んだのはローランド・エミリッヒ監督。
「インデペンデンス・デイ」(‘96)「デイ・アフター・トゥモロー」(‘04)「2012」(‘09)といった
ハリウッド超大作を撮った監督です。

そんな監督がシェークスピアとは、ちょっと意外感がありますが、
実は、本作で脚本・製作総指揮を担当しているジョン・オーロフにシェークスピア別人説を聞いて以来、
10年以上にわたり映画化を夢見ていたというのです。
とはいうものの先立つものがなく、
上記作品の商業的成功を見てようやく映画化に至ったという次第。
エミリッヒ監督に別人説を話したジョン・オーロフなどは大学院生の頃から25年にわたって、
このテーマを研究し続けてきたのだとか。

その2人が描き出したのは、
シェイクスピアの戯曲と
処女王と呼ばれたエリザベス1世の意外な交歓図と
権力関係が会い合わさった歴史ミステリーです。

さあ一体どんなお話なのでしょうか。


f0165567_6583527.jpg

ストーリー
時代は16世紀末。
第17代オックスフォード伯爵エドワード・ド・ヴィアというひとりの貴族がいた。
この人物こそシェイクスピア作とされる名作の真の作者といわれる人物――

時代は少し遡り――
ロンドンでは芝居が大流行。市民も貴族も夢中になっていた。
だが、時の宰相ウィリアム・セシル卿とその息子ロバートはこの風潮に否定的であった。
芝居は悪魔の産物と決めつけるセシル卿は、熱狂した民衆が
政治に悪影響を与えるのではないかと恐れていたのだ。

ある日のこと、オックスフォード伯エドワード・ド・ヴィアが
サウサンプトン伯と連れだって、評判の芝居を見物に。
芝居の作者はベン・ジョンソン。
素晴らしい芝居に感動するオックスフォード伯。
ところがセシル卿の兵が現れ、芝居は中断された。
劇場は大混乱に陥り、作者ベン・ジョンソンは兵の手に落ちる。
やっとの思いで抜け出すことのできたオックスフォード伯とサウサンプトン伯。
オックスフォード伯の眼には観客の熱狂が焼きついていた。
これこそがセシル卿が怖れる<政治への悪影響>か。

さて、セシル卿はエリザベス1世の後継者としてスコットランド王ジェームスを考えている。
オックスフォード伯にとってセシルは義父。
だが、彼は義父とは違い、後継者はチューダー家の者たるべしという考えである。
彼が庇護するサウサンプトン伯も、<エリザベスの隠し子〉と噂されるサセックス公も、
チューダー家派である。
セシル卿は彼らをエリザベス1世から遠ざけようとしていた。


話は変わり、オックスフォード卿。彼は牢に捕らわれていたベン・ジョンソンを救い出す。
そして、自分の書斎に招くとこう申し出た。
「私が書いた戯曲を君が書いたものとして上演してほしい」――
その戯曲は「ヘンリー5世」。
いよいよ、その上演の日が来た。
くいいるように舞台をみつめる観客たちからの拍手。
興奮した観客たちは作者の登場を促す。
その時、ベン・ジョンソンに先んじて、舞台に進み出た人物がいた。
自分こそが作者であると名乗り出たのは、役者ウィリアム・シェイクスピアだった。
ベン・ジョンソンにとっては予想外の展開だ。
しかし、ベンはその後も定期的にオックスフォード卿の屋敷に向い、戯曲を受け取った。
「ジュリアス・シーザー」、「マクベス」、「十二夜」、「ロミオとジュリエット」――
芝居はいずれも大当たり。《作者》であるシェイクスピアは時の人となっていった……

f0165567_704397.jpg

冒頭、大都会を俯瞰するシーンが出てきます。
おや、これは「ウェストサイドストーリー」のオープニングシーンとそっくりではありませんか!
そういえば、NYを舞台にしたこの悲恋物語は「ロミオとジュリエット」がネタ元です。

そして、劇場前に降り立つのが狂言回しとでもいうべき語り手。
まさに息もつかせぬ展開で、
語り手が荘重なクィーンズイングリッシュで語り始めるとともに
観客は一気に16世紀のロンドンへとタイムトリップ。

「マクベス」が、「十二夜」が、「真夏の夜の夢」が作中で演じられ、作中の観客達が熱狂。
そして、映画の観客は作中劇を楽しみつつ、
王位継承をめぐる係争と
処女王といわれたエリザベス1世のラブアフェアの展開にひきずりこまれるという
なんとも凝った仕掛けの歴史ミステリーです。

シェイクスピア別人説――
200年来続いている議論がとんでもない映画を生みだしました。




今日もポチッとお願いできれば嬉しゅうございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆12月15日に更新しました。明日は投票日ですね。いつも応援ありがとうございます☆

もうひとりのシェイクスピア
監督・製作/ローランド・エメリッヒ、脚本・製作総指揮/ジョン・オーロフ、美術/セバスチャン・クラウィンケル、撮影/アンナ・J/フォースター、衣装デザイン/リジー・クリステル
出演
リス・エヴァンス/オックスフォード伯エドワード・ド・ヴィア、ヴァネッサ・レッドグレイヴ/エリザベス1世、ジョエリー・リチャードソン/若き日のエリザベス1世、デイヴィッド・シューリス/ウィリアム・セシル、ゼイヴィア・アミュエル/サウサンプトン伯ヘンリー・リズリー、セバスチャン・アルメストロ/ベン・ジョンソン、レイフ・スポール/ウィリアム・シェイクスピア、エドワード・ホッグ/ロバート・セシル、ジェイミー・キャンベル・バウアー/若き日のオックスフォード伯エドワード・ド・ヴィア、デレク・ジャコビ/語り
12月22日(土)TOHOシネマズシャンテ、新宿武蔵野館他全国ロードショー
2011年、英語、129分、配給/ファントム・フィルム、
http://shakespeare-movie.com/

by Mtonosama | 2012-12-15 07:12 | 映画 | Comments(6)
Commented by ライスケーキ at 2012-12-15 20:32 x
私「歴史ミステリー」大好きなんです。

タンプル塔で死んだ少年がマリー・アントワネットの
息子ルイ17世だったとDNA鑑定でほぼ確定されたし、
オックスフォード伯の墓がなくても子孫が生きていれば
シェイクスピアとの関係がDNA鑑定で何か分かるかも知れない。

でも あの墓碑銘じゃ だれも鑑定したくないだろうね。

DNA鑑定の進歩で歴史・考古学のミステリーが
解き明かされるのは面白いけど
ミステリーはミステリーのままの方がロマンがあるのかな。
Commented by Mtonosama at 2012-12-16 05:46
♪ライスケーキさん

歴史ミステリーがお好きでしたか。
じゃ、これはもうライスケーキさんのためにあるような映画
ですね。
この映画は近場でやると思いますよ(^_-)

謎は謎を呼ぶ・・・・・
もまた楽しからずや、です。
Commented by すっとこ at 2012-12-18 08:57 x
おーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーお!
スチル写真一枚目のエリザベス女王のお袖
好きですわあ!

まだ30代のころ、こういう袖がふくらんで
襟もこんなふうにひだひだレースのような真っ白い
シャツを粋がって着ていたと思いねぇ。

粋がったまま とある酒場へへぇったと思いねぇ。
そこで出会ったチョイいい男がじろじろとこっちを
眺めまわし、隣の席に着たと思ったら 口を耳に
近づけてどきどきしてるすっとこにこう囁いたのでした。

「学芸会の帰り?
いなばの白ウサギ役?」

それっきりそのシャツブラウスは着ることは
ありませなんだ。

そんなことを思い出してどーすんだーーーーー!!
まっこと殿様の試写室は恐ろしや。
とんでもない記憶を揺り起こすのだから。

でもメゲないでポチッと押してけえりまーーーーす。
Commented by Mtonosama at 2012-12-18 13:51
♪すっとこさん

ま、失礼なチョイいいオトコ。
女王のこのブラウス素敵よねぇ。

とのも持ってました。白地に黒のミシン刺繍がすてきなブラウス。
お気に入りでいつもいつも着ていたら、
白地の部分がくすんできていつの間にか着なくなってしまいましたが。

ププ。
登場人物のファッションからすっとこさんの思わぬ過去が
わかって楽しいです。

例え、メゲてもポチッと押してくだせえやし<(_ _)>
Commented by Tsugumi at 2012-12-19 08:22 x
今までいろいろ歴史的イギリスの映画見てきましたがいろんな解釈があって面白いですね。

まぁ日本の歴史だっていろんな解釈があるわけで・・

歴史は戻ることが出来ないからロマンがありますね。

DVDが出たら夫婦で見てみます。
Commented by Mtonosama at 2012-12-19 16:28
♪Tsugumiさん

ほんと、ほんと。いろんな解釈があります。
シェイクスピアはイギリス人にとってはなにかにつけて引用
の大元になっているような人物なのに、それが別人だったな
んてビックリしちゃいますよね。

でも、もし○○がなんとかだったら、とか、
××は実はなんとかだったら、と疑ってみるのも面白いかも。