ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

駆ける少年 -2- THE RUNNER

駆ける少年 -2-
DAVANDEH
THE RUNNER

f0165567_7253592.jpg

(C)kanoon

時代は70年代初頭。
舞台はイラン。ペルシャ湾沿岸の港町です。
11歳のアミル少年は、浜辺に放置された廃船でひとり、小さなひよこと暮らしています。
甲板には海風が吹きこみ、あくまでも青い海と空が拡がっています。
少年はゴミ捨て場から空き瓶を拾ってきたり、
港を行き交う外国船の船員たちが海に捨てた瓶を、
仲間の少年たちと拾い集めたり(サメに気をつけなくてはならないのですけど)、
靴磨きや水売りもして生計を立てています。

え?可哀想で、元気になれない?

いえいえ。それがね――
「あんた、もうちょっとテンション下げたら?」
と声をかけたくなるほど、元気なアミル少年なのでして。

世話をしてくれる親もなく、ひとり廃船で暮らしているのですけれど、
海風が吹き抜ける船の上で小さな黄色いひよこに話しかけたり、
パン屑を分けたりしながら、結構楽しげに生きています。

アミルには好きなものも多いんです。
特に好きなのは飛行機。
飛行場の金網にしがみついて、どこか遠くへ飛んでいく姿を見ると
知らない内にニコニコしてしまうし、
飛行機の轟音に負けじと大声でわめいたりします。
英語どころか自分の国の文字も読めないけれど、外国のきれいな写真も好き。
廃船の壁にもいっぱい貼りつけています。
そうそう映画も好きです。
チャップリンの真似をして友だちとゲラゲラ笑い転げたり。
あ、友だちも大好きです。
仕事だって一緒にやるし、列車と競争して線路の上を走ったりもします。
だけど、一番好きなのは走ること。
走るって、自分の力だけで自分を動かすことができるからかな。
駆動力は自分。道具もいらない。
11歳という若さを表現するには、走ることが最もてっとり早い。
それに、なんといっても走ることは楽しい。

でも、ある日、そんなアミルが大変なことに気づきました。
もう11歳。学校へ行ってる歳なのに、字を読むことも書くこともできない。
文字を読むことは、世界を知ることだというのに……

f0165567_7323349.jpg

あ、ご案内もしないまま、ストーリーを話してしまいました。
でも、ストーリーといっても、これという話はないのですから、まっいいか、ってことで。

本作には監督自身の体験が強く反映しています。
父親は監督が生まれる前に亡くなり、母親も6歳の時に他界していて、
アミール・ナデリ監督は兄と共に叔母夫婦にひきとられ、教育は12歳までしか受けていません。
そして、叔父さんが恐い人だったので顔を合わせないため、
いつも外に出て映画のアミル少年のように暮らしていたというのです。

しかし、なんといっても目玉は、ストーリーを超える圧倒的な映像。
そして、エネルギー、自然です。
ラストで、アミルたちが炎を吹き上げるガス田の中を全力で氷に向って疾駆する場面は
圧巻というしかないエネルギッシュな映像です。
映画ってこんなに力強いものだったのか、とあらためて感動するはず。

求めよ、さらば与えられん。
欲しいものがあったら、それに向って突っ走れ!

こんな先の見えない時代、アミル少年の韋駄天走りが勇気と希望を与えてくれるに違いありません。
あきらめずにもう少し頑張ってみるかという気持になれると思います。
いえ、なれます。頑張りましょう。





今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆12月21日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

駆ける少年
監督・脚本/アミール・ナデリ、撮影/フィールーズ・マレクザエ、編集/バハラム・ベイザイ、製作/児童青少年知育協会
出演
マジッド・ニルマンド/アミル、ムサ・トルキザデエ/ムサ、アッバス・ナゼリ/ゴラムおじさん
12月22日(土)オーディトリウム渋谷ほか全国順次ロードショー
1985年、イラン映画、カラー、91分、字幕翻訳/ショーレ・ゴルバリアン、土肥悦子、石田泰子
http://runner-movie.net/

by Mtonosama | 2012-12-21 07:40 | 映画 | Comments(8)
Commented by すっとこ at 2012-12-21 21:36 x
ああ!-------------------------------!

殿様の名調子!素晴らしい!!

もうね、映画観なくてもめちゃ元気をいただきましたよ。
   <あきらめずにもう少し頑張ってみるか
     という気持になれると思います。
     いえ、なれます。頑張りましょう。

そうですね、毎日笑ってばかりではありません。
時には胸の痛いことも寝られないこともおきてきます。

よっしゃーーーーーーーーーーー!
また頑張るぞ、っと。

    殿様、この気炎のあげ方、もうお風邪はすっかり
    よろしいのでしょうか?

素敵文章、ありがとうございました。
お礼のポチッを押して帰ります。
Commented by Mtonosama at 2012-12-22 06:11
♪すっとこさん

たらたらたら~~~~~~~~~~~~~~~り!
そ、そんなに言っていただくと恥ずかしくて、ひ、冷や汗が
流れてきます。

でも、この映画は観てなんぼや!という映画。
すばらしい映像はまさに動く美術作品ですから。

なんとかNYでも観られないでしょうかねぇ。

あのね、まだ風邪ははっきりしないんですよ。
腰も痛くなってきたし。
あ、いててて(-_-;)

こちらこそいつもうれしいポチッをありがとうございます。
Commented by ライスケーキ at 2012-12-22 20:21 x
アミル生年元気ですね。  逞しい。
戦後の日本の少年達みたい。
元気をもらえる 映画のようですね。

殿様 腰が痛いとつらいですね。
腰は体の要だから。
年末の掃除などせず 体を休めて 大事に過ごしてくださいませ。
Commented by ライスケーキ at 2012-12-22 20:24 x
「生年」ではなく 「少年」でした。
年とともに 目もおぼつかなくなってきました。
すみません。
Commented by poirier_AAA at 2012-12-22 20:58
こりゃあ観なくちゃ話にならん(コメントもできん)
と思いました。

フランスで観られるかなぁ?
ちょっと意識して捜してみます。

風邪は治り際が(も)肝心!
どうぞお大事になさって下さいね。
Commented by Mtonosama at 2012-12-23 06:31
♪ライスケーキさん

アミルくん、元気です。めげない子です。
友人たちも良い子たち。
ダイナミックな映像です。
調子が悪いの、腰が痛いのなんて言ってられません。
でも、ご忠告にしたがって掃除はやめておきます^_^;
Commented by Mtonosama at 2012-12-23 06:33
♪ライスケーキさん

アミル生年くらいならいいです。
わたしはいつもアルミ少年と読んだり、書いたりしてしまい、
おっとっと、と慌てて書き直していました。
Commented by Mtonosama at 2012-12-23 06:38
♪poirier AAAさん

これはなんといっても観ていただきたいです。

なんの先入見も持たずに観て、圧倒されました。
伝説の映画と言われてきたのが納得できます。

フランスならば観られるのではないでしょうか。