ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~ -1- Comme un Chef

シェフ!
~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~ -1-
Comme un Chef

f0165567_6302730.jpg

(C) 2012 GAUMONT - TF1 FILMS PRODUCTION - A CONTRACORRIENTE FILMS

最近フランス料理ってあまり食べてません。
あ、最近などと格好つけてしまいました。
フランス料理そのものをあまり食べたことがありません。

とはいっても、料理人が出てきたり、料理をつくったりする番組や映画は楽しいですよね。
今回ご紹介するのは、三ツ星レストランのカリスマシェフと
天才的な舌を持ってはいるのだけれど性格に問題アリの若手シェフが繰り広げる料理コメディ。

なんとなくアメリカっぽいコンセプトですが、れっきとしたフランス映画です。
三ツ星レストランに行くことなど、なかなか叶わないことですので、
せめて映画で、美食を味わう気分だけでも楽しんでしまいました。

f0165567_6352596.jpg

ここでいう三ツ星とはいうまでもなくミシュランのこと。
皆さま、もちろんよくご存じとは思いますが、ミシュランについて見てみますと、

ミシュランは、世界で初めてラジアルタイヤを製品化したフランスのタイヤメーカーである。同社の発行する、いわゆる「三つ星」評価付きの旅行ガイドブック『レッドガイドブック』を指す場合も多い。
ミシュランガイドはパリ万博が行われた1900年、自動車運転者向けのガイドブックとしてフランスで発行されたのが始まりである。内容は、郵便局や電話の位置まで示した市街地図のほか、都市別のガソリンスタンドやホテルの一覧、さらには自動車の整備方法などであった。これは35,000部が印刷されて無料で配布された。発行者であるミシュラン社はタイヤ会社であり、これにより自動車旅行が活発化し、タイヤの売れ行きが上がることが目論みだったといわれる。この「ガイドはタイヤのため」「ガイドはミシュランにとって、ブランド名を売り込むため、タイヤ事業を発展させるために存在する」との原則は現在も引き継がれており、実際、ミシュランの2010年第1四半期の売上高に占めるレストランガイドや旅行ガイドなどの出版物が占める割合は約1%とされる。(Wikipediaより)

f0165567_6372764.jpg

1970年代にはポール・ボキューズ、
80年代にはジョエル・ロブション、
90年代にはアラン・デュカスという綺羅星のごとくに
フランス料理界のみならず世界の料理界を牽引するシェフたちが活躍した時代がありました。
もちろん、食したことはございませんが。

パリ万博のガイドブックだったとはいえ、
最近になってからは本国フランスには世界をリードするシェフは現れていないそうです。

ま、そんな間隙を縫うかのように出現したのが本作「シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~」。
いかにもアメリカ映画っぽいテーマですが、これをフランス映画人が料理すると、いかなることになるのでしょうか。さあ、乞うご期待でございますよ。



2012年最後にご紹介する映画です。ポチッとお願いできれば幸甚至極にございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆12月24日に更新しました。皆さま素敵なクリスマスイブをお過ごしくださいませ☆

シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~
監督/ダニエル・コーエン、脚本/ダニエル・コーエン、オリヴィエ・ダザ、製作/ゴーモン、シドニー・デュマ、撮影/ロベール・フレース
出演
ジャン・レノ/アレクサンドル・ラガルド、ミカエル・ユーン/ジャッキー、ラファエル・アゴゲ/ベアトリス、ジュリアン・ボワッスリエ/スタニスラス・マテール、サロメ・ステヴナン/アマンディーヌ、ピエール・ヴェルニエ/ポール・マテール、サンティアゴ・セグーラ/ホアン、ジュヌヴィエーブ・カジル/ベアトリスの母、セルジュ・ラリヴィエール/ティティ、イサ・ドゥンビア/ムッサ、ヴァン・ヘイ・ミーン/チャン
12月22日(土)銀座テアトルシネマ、新宿武蔵野館ほか全国にてロードショー
2012年、フランス、85分、字幕翻訳/寺尾次郎、配給/ギャガ、http://chef.gaga.ne.jp/

by Mtonosama | 2012-12-24 06:48 | 映画 | Comments(8)
Commented by よもぎ at 2012-12-24 17:43 x
時々ですがお邪魔して楽しく読ませていただいています。
俳優さんの名前は、知らないかたばかりですが。。。

過去の記事も読ませていただいています。
50音順に、作品や俳優さんの名前で調べられたらいいな、などどゼイタクなことを考えてしまいます。
(中身が濃くて、読みきれないので知っている作品だけでも、過去記事をみてみたいなどど。。ゼイタクですみません)

実は、単純なファンタジーとかアクション物も大好きで。。。あした、息子夫婦と「007 スカイフォール」を見に行ってまいります(*^^*)

お風邪、どうぞお大事に、ぶり返さないようお気をつけ下さいね!

楽しいクリスマスをお過ごしくださいませ(^0^)/
Commented by すっとこ at 2012-12-25 02:10 x
うーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!!
食べ物の映画ってたまりませんよね。

NYで”かもめ食堂”観ていたらおにぎり握る場面で
もう辛抱たまらんようになって、いったんDVD止めて
ご飯といでスイッチ入れてちょう炊けたのが映画終わった
ときで友人と2人で感想も言わんでまずアチチチと言いながら
おにぎりム結びまして、すぐパクつきました!

これがおむすびとかシャケ焼くとかだったら まぁ真似できる
けど、この映画観て猛烈に食欲刺激されてもフランス料理
だから「それッ」ととりかかるわけにはいきませんね。

料理ドラマ・・・どんなストーリーが?
期待とともにポチッと押して帰ります。

Commented by Mtonosama at 2012-12-25 06:56
♪よもぎさん

メリークリスマス!
どのようなイブをお過ごしでしたでしょうか。

貴重なご意見ありがとうございます。作品があいうえお順に
並んでいるブログ、ありますよね。私もあのようにしたいの
ですが、トホホなことにできないのです^_^;

一応、右上お人形さんの写真(エビータちゃんといいます)
の下に検索欄はあります。私もよく使うのですが、困ったこ
とに作品名を思い出せず、ハタと立ち止ってしまうことが多
いです。

そんな時は思いだせる他の要素を一生懸命絞り出して検索す
るのですが・・・

今日は007ですね。楽しんでいらしてくださいね。
Commented by Mtonosama at 2012-12-25 07:07
♪すっとこさん

「かもめ食堂」は日本人の根源的な食欲をそそる映画でしたね。
私も今、朝メシ前のひとときなので「かもめ食堂」と目にし
ただけで炊きたてのご飯の匂いを感じちゃっています。
今日は生卵かけにするかな、それとも甘い卵焼きを作ろっかな。
味噌汁の具はまたタマネギにしちゃおっと。お味噌は赤だしでネ。

あ、NY在住なのに、また里ごころつけちゃったかな^m^

今日もポチッをありがとうございます。
Commented by すっとこ at 2012-12-25 22:34 x
くくくく・くっそーーーー!

一番羨ましいのが
生卵かけ!   だぞ。

生で卵を食す習慣がないアメリカでは
サルモネラ菌対策がなされておらず
「生卵はNG」が在留邦人の合言葉。

一時帰国の際、一回は卵かけご飯を
わっさわっさと流し込みまーーーーーーす。
Commented by ライスケーキ at 2012-12-25 22:54 x


私昔「00ポポ」と言うラーメンをテーマにした映画観ましたが
途中で出てきちゃいました。
私の記憶では途中で出て来た映画は この一本だけ。

「シェフ!」この映画は 帰りにフレンチレストランに行きたくなるような映画ですね。    
お腹すかせて 行こうかな。
Commented by Mtonosama at 2012-12-26 06:19
♪すっとこさん

ふ・ふ・ふ・・・
羨ましがらせてしまったぞ(^-^)

でも、こないだテレビで見た秘境に暮らす日本人の家庭では
子ども達が生卵かけてご飯食べてたよ。

ま、とのがすっとこさんの分もしっかり生卵かけご飯を
食べておいてあげますから、我慢してね(^^)/~~~
Commented by Mtonosama at 2012-12-26 06:23
♪ライスケーキさん

「タンポポ」、つまんなかったんですか?
私はあいにく見てません。
彼の映画はすべて火葬場のドアから内部を覗きこんでいる
「お葬式」のあのシーンにつながってしまいます・・・・・
あのシーンだけがとても印象的なんです。

ところで「シェフ!」ですけど、
フレンチのお店に行きたくなっても、そのお店があまりみつかりませんね。残念ながら。