ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

マリーゴールド・ホテルで会いましょう -2- The Best Exotic Marigold Hotel

マリーゴールド・ホテルで
会いましょう -2-
The Best Exotic Marigold Hotel

f0165567_6583728.jpg

(C)2012 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

さて、エキゾチシズム溢れる神秘の国インドへ英国からやってきた男女7人。
主人公のイヴリンを筆頭に、皆なんらかの問題を抱えています。
日本風にいえば還暦を過ぎた方々ですが、人生順風満帆なんて人はひとりもいません。
英国も日本も高齢者というのはそんなものでしょう。いえ、高齢者には限りませんね。

原作はデボラ・モガーの”THESE FOOLISH THINGS”。
ベストセラー「チューリップ熱」で知られ、「プライドと偏見」(‘05)の脚本も担当した人気作家です。
そして、このインドを舞台にしたシルバーエイジの面々の織りなす人間模様や恋模様を
映画化したのがジョン・マッデン監督。
「Queen Victoria 至上の愛」(‘97)「恋に落ちたシェイクスピア」(‘98)の監督です。
監督は、今回、ジャイプールを始め、大勢の人々が行き交う街中でのロケを敢行。
さしものジュディ・デンチも
「インドは、それまで当然だと思ってきた全てを攻撃してくるわ」
と口走ったという大変な体験だったようですよ。

さあ、一体どんなお話でしょうか。


f0165567_6595568.jpg

ストーリー
40年間連れ添った夫が遺したものは多額の負債。
返済のため、住みなれた家を売却することにしたイヴリンは同居を勧める息子の誘いを断り、
インドの高級リゾートホテルでの1人暮らしを決めます。

"マリーゴールド・ホテルで過ごす穏やかで心地よい日々"
イヴリンの他6人の男女がこのインドのホテルのプランに申し込んでいました。

ダグラスとジーン
イギリスに家を買う筈だった夫婦、ダグラスとジーン。
ダグラスの退職金で事業を始めた娘が失敗し、予算の都合でインドで暮らすことに。

ミュリエル
股関節の手術を受けたいミュリエル。イギリスの病院だと半年待ちと言われ、
大嫌いなインドで手術を受けることに。

ノーマン
独身者ノーマンの悲願は異国の地インドでの最後のロマンス。

マッジ
結婚と離婚を繰り返し、孫もいるマッジ。
でも、彼女のインド滞在の目的は「お金持ちの夫」を探すこと。

グレアム
突然、判事を辞めたグレアムは数十年前インドに住んでいたことが。
その頃の友人に会いたいのですが、実のところ、迷っています。

そんな事情を抱える7人がやっとの思いで辿り着いたジャイプール、
マリーゴールド・ホテルは、最初に目にした写真とは大違い。
電話は通じないし、ドアのない部屋も。
屋根付きバルコニー?そんなもの一体どこに!?
でも、若い支配人ソニーは
「ホテルは現在改装中。写真は将来像を載せました」
と、悪びれるところはありません。

7人はジャイプールの街のエネルギーに圧倒されつつも、行動を開始。
まず、イヴリン。彼女は街に飛び込み、生まれて初めての就職を果たします。
元判事のグレアムはそんなイヴリンを信頼し、秘めた過去を打ち明けます。
ダグラスもまた文句ばかり言っている妻のジーンを残し、1人で街を探検。
インド嫌いだったミュリエルもホテルのメイドの純粋さに心を動かされ、
少しずつ変わってきました。
そうそう、マッジもノーマンもロマンスを求めて大忙しです。

一方、若き支配人ソニーは父親のホテルを復活させ、
世界中から客を呼ぶという大望を抱き、地元の投資家に援助を依頼していました。
ところが、母親にはそんなつもりは毛頭なく、恋人のいるソニーの意向を無視して、
名家の子女との結婚話を一方的に進めています。

7人がインドに来て45日が過ぎたころ、
それぞれに輝き始めたインドでの日々に突然終りがやってきました。
母親の説得に屈したソニーが恋人とも別れ、マリーゴールド・ホテルを閉鎖すると言うのです。

さあ、イヴリンたちの運命や、いかに……

個性の強い7人のイギリス人たちを凌ぐインド人たちの強烈な個性とエネルギー。
鼻もちならない欧米至上主義の英国人たちがジャイプールの喧騒と熱気の中で
次第にインドになじみ、変わっていく様子がなんとも楽しいです。

居場所も自信もなくし、重ねたものは年齢だけという高齢者たちが、
夢に燃える若いソニーのために忘れていた力を発揮するラストシーンは痛快。
だてに歳をとってきたんじゃないやい、という高齢者の底力を見せてもらいました。

人生っていくつになっても変えることができるのかもしれません。
ああ、楽しかった。





今日もポチッとクリックしていただければ嬉しゅーございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2013年1月31日に更新しました。もう1月も終わりですね。いつも応援ありがとうございます☆

マリーゴールド・ホテルで会いましょう
監督/ジョン・マッデン、脚本/オル・パーカー、原作/デボラ・モガー(”THESE FOOLISH THINGS”、製作/ブレアム・ブロードベント、ピート・チャーニン、製作総指揮/シェフ・スコール、リッキー・ストラウス、ジョナサン・キング、撮影/ベン・デイヴィス
出演
ジュディ・デンチ/イヴリン、ビル・ナイ/ダグラス、ぺネロープ・ウィルトン/ジーン、デヴ・パテル/ソニー、セリア・イムリー/マッジ、ロナルド・ピックアップ/ノーマン、トム・ウィルキンソン/グレアム、マギー・スミス/ミュリエル
2013年2月1日(金)TOHOシネマズシャンテ、Bunkamuraル・シネマ他全国ロードショー
2011年、イギリス=アメリカ=アラブ首長国連邦、英語、ヒンディ語、124分、日本語字幕/杉山緑、配給/20世紀フォックス映画
http://www.foxmovies.jp/marigold/

by Mtonosama | 2013-01-31 07:10 | 映画 | Comments(16)
Commented by すっとこ at 2013-01-31 21:19 x
そうだーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

実はすっとこ、この“マリーゴールドホテル”
ひさびさに映画館で観たのでした!
とってもとっても良かったんです。

でも全ての紹介が終わるまでは
うずうずしながらも「行った!観た!良かった!」
と言うてはイカンと耐えておりました。

すべての役者さんが良かったです。
年を重ねるって素敵だな・・・
と思える映画でした。

殿様の激しく同感のポチッを。
Commented by Mtonosama at 2013-02-01 07:28
♪すっとこさん

え~~~~~~っ!
すっとこさんを耐えさせてしまっていたのですね。
ごめんなさ~い。

アメリカではいつ公開だったのですか?
去年、機内で観たとおっしゃる方もいらしたので、きっと随分前に上映されたのでしょうね。

英国の俳優さんってホントに達者で楽しませてくれます。
皆さんしっかり老年体型なのに、そんなの関係なく素敵です。

今日もポチッをありがとうございました。
Commented by すっとこ at 2013-02-01 10:15 x
ええっと・・・・
いつだったかな。
去年の、あれは夏ころだったかな。

大分前には違いないです。
昔はこの年代の俳優さんばっかりの映画だと
「えらいジジババの映画だな」なんて不遜にも
思っていたのが アッという間に「身につまされる
話しやわぁ」になってしまいましたよ。アハハ。
イギリス英語も素敵でした!
Commented by Mtonosama at 2013-02-01 10:26
♪すっとこさん

去年の夏ですかぁ。

アハハ、ジジババの映画ね。
150歳のわたくしめは、もうずぅ~~~っと前から身につまされておりますぅ。
Commented by よもぎ at 2013-02-01 18:42 x
こんばんは。
実は、きょうがロードショー初日でしたが、
電車に一時間ほど乗って、川崎のTOHOシネマで観てまいりました。(川崎チネチッタは昨年10数年ぶりに行きましたがTOHOは初めてでした。)

ジュディ・デンチはモチロン、どの俳優さんも、ステキでした!! 大人の熱いファンタジーですネ♪

お客さんも、若い方から私たちシニア^^まで、混んでいました。
自分だったら、どうするかな?と思いながら観ました。
終わって、場内が明るくなりましたら、皆さん「身につまされた」という感じで静かに席を立って行かれました。

いくつになっても自分らしく生きていこうと思うことの
すばらしさを感じさせてくれる作品でしたヨ!(^0^)/
Commented by Mtonosama at 2013-02-01 20:44
♪よもぎさん

川崎のTOHOはチネチッタの近くですか?
私も10数年前に行ったっきりチネチッタに行ったことはありません。

ご報告ありがとうございます。
映画を観た年齢層は広いんですね。
試写を観ているだけではそういうことはわからないので嬉しいです♪

自分らしく生きたいです。
そのためにはわがままも言うこともあるのでしょうが、
人生150年(!?)、生きたいように生きていきたいです^_^;
Commented by ライスケーキ at 2013-02-01 21:09 x
原題の「These foolish things」って、
昔のジャズのタイトルと同じだけど
映画と関係あるのかしら。
単なる「同名関係なし」でしょうか。
私の好きなジャズの一曲です。

人生「オマケ」になったら、
「やりたいように やればいい」
最高の言葉ですね。

Commented by Mtonosama at 2013-02-02 06:15
♪ライスケーキさん

寡聞にして、”These foolish things”を知らず、
今、エラ・フィッツジェラルドが歌うこの曲を聴きました。

あ、ロッド・スチュアートも歌ってました。

まあ、なんてしみじみした素敵な曲なんでしょう。

これを知っていて本作を観たら、またまた違う趣きで楽しめますね♪
もう一回観てみたくなりました。素敵なご指摘、ありがとうございました<(_ _)>
Commented by よもぎ at 2013-02-02 06:57 x
殿様♪

川崎TOHOシネマズは、京急川崎駅の中央口改札出てすぐの
DICE (ダイス)というビルの7階にありました。
ですから、駅から6,7分(私の足で)のチネチッタより近かったです(^^)。
ダイスのなかは「東急ハンズ9のミニサイズ店、レストラン街や大きな書店などあり、でした(^0^)
Commented by Mtonosama at 2013-02-02 14:32
♪よもぎさん

京急川崎駅の前ですか☆☆☆

川崎も変わったんでしょうね。
またまたお教えいただき、ありがとうございました(^^)/
Commented by Tsugumi at 2013-02-03 07:23 x
絶対見に行きたいです。
イギリス映画好きでもの。。

Commented by Mtonosama at 2013-02-04 07:01
♪Tsugumiさん

これは絶対にだんな様と一緒にご覧になってください。
ただいま公開中で~す(^^)/
Commented by みと at 2013-02-04 11:39 x
土曜日公開と知って有楽町の東宝シネマズに行って驚いたのが,たいして混まないだろうと30分前に行ったらチケットが売り切れ,その次の会のチケットを買って見てきました.満杯の客席がくすくす笑いから大笑いまで,役者も揃って,インドも堪能できステキな映画でした.イヴリンの着るインドファッションがまた魅力的.服を着るのはスタイルだけではないなと,こちらでも納得でした.
Commented by Mtonosama at 2013-02-04 15:54
♪みとさん

みとさん、コメントありがとうございます。
え~~~~~っ!?近頃、映画がそんなに混雑するなんて、うれしい情報です。
そして、客席の反応もすごいですね。やっぱり共感する部分が多いからでしょうか!(^^)!

この夏のファッションはインド風で決まり、ですね。
サリーとなると少しばかり厄介でも、あっぱっぱー(古っ^_^;)のブラウスとコットンのスカーフなら着こなせますもの。

どうぞまたお立ち寄りくださいませ。
Commented by pupu55560 at 2013-02-09 00:46
昨年の5月に『ディクテーター』と2本斬りで観ましたが、
客層の違いに笑ってしまいました(笑)
人生いくつになっても変えることができるんだなぁと、私も同じことを感じました。
ジュディ・デンチがいつになく乙女で可愛らしかったです。
昨日『レッド・ライト』記事をTBさせていただこうと何度か試みたんですが失敗に終りました。なぜだろう。
Commented by Mtonosama at 2013-02-09 07:03
♪pupu55560さま

同じこと思いました♪
ジュディ・デンチが妙に可愛いんです。
<昨日『レッド・ライト』記事をTBさせていただこうと何度か試みたんですが失敗に終りました。なぜだろう。>

私はPC音痴なのでよくわかりませんが^_^;
試みてくださってありがとうございます。