ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

草原の椅子 -2-

草原の椅子 -2-

f0165567_550869.jpg

©2013「草原の椅子」製作委員会


佐藤浩市演ずる遠間憲太郎は50歳。カメラメーカーの営業局次長。
妻とは離婚し、大学生の娘と2人で暮らしています。
ま、よくいる仕事一途の会社人間です。
上から無理難題を言われ、部下に対して心にもないことを言わなければいけなかったり。

男50歳、仕事にかこつけ、好き勝手なことをした時期もあります。
妻とはそんなこともあって離婚したのですけどね。
自分は浮気をしたこともあるのですが、
娘の周囲に男の影がちらつくと気になって仕方ありません――

そんなどこにでもいる日本のオヤジです。

それのどこが大人のおとぎ話なんでしょうね?

原作者の宮本輝氏は「草原の椅子」を書き始める前、
本当の意味での「大人」が少なくなったと感じていたそうです。
ですが、小説を書き進める内、「大人」とは何かわかってきたといいます。

一、大人は感情をむきだしにしない。
ニ、大人は人間として大切な教養を持っている。
三、大人は忍耐を知っている。
四、大人とは、勇気は絞り出すものであり、行動を伴うことであることを知っている。
五、大人は健康に留意しなければならない。


うわっ、耳が痛い。

そんな「大人」観もちょうど50歳になった2人の男たちの生き方を通じて、
フンザの風景を背景に描かれるわけですが・・・・・


f0165567_5593343.jpg

ストーリー
遠間憲太郎は、大阪に本社を置く取引先「カメラのトガシ」の社長・富樫重蔵の窮地を救う。
「親友になってくれ」と懇願され、渋々の了承だったが、同い年とあって次第に打ち解けてゆく。

そんな頃、タクシーの中から偶然見かけた焼き物店の女主人・篠原貴志子に惹き付けられ、
10万円の黄瀬戸の器を購入してしまう。その後も高価な器を買い続ける遠間。
貴志子に恋をしてしまったのだ――

数日後、一人娘の弥生がアルバイト先の上司・喜多川を自宅に連れてくる。
彼が出張の間、4歳の息子・圭輔を預かってあげたいという。
圭輔は、家出した喜多川の妻の連れ子だった。
母親に育児放棄されたことが原因で口もきけず、心を閉ざしている。
そんな圭輔を、遠間は休みの間だけ面倒をみることにした。
話を聞いた親友の富樫は2人を実家のある瀬戸内海へ招待する。
その地で初めて遠間に心を許し、言葉を発する圭輔。

ある日、遠間の会社が主催する写真コンテストで受賞したことのある青年・鍵山が
パキスタンのフンザで撮影した写真集を彼に贈呈した。
雄大なヒマラヤの風景や人々の表情に魅了される遠間。

一方、圭輔をめぐる環境に変化が。
喜多川が転職を機に圭輔の育児を辞めたいと言い出し、
ネグレクトの母親も一旦は圭輔を引き取ることにしながら、結局、拒絶。
途方にくれた遠間は圭輔を養子にすることも考える。
だが、悩み抜いた末、施設に預けることに。
そして、圭輔との思い出作りの旅として、フンザ行きを決意する。
圭輔も「行きたい」と意思を告げる。
旅には、仕事の悩みを抱える富樫も同行。
貴志子も辛い過去を打ち明け、旅への同行を願うのだった。

遠間、富樫、貴志子、圭輔の4人はこれまでの人生を見つめなおし、
新しい生き方を探し求めるため、フンザへと旅立つ……

7000メートルを超えるヒマラヤの山々。カトパナ砂漠の神秘的なまでに白い砂。
それぞれの抱える悩みは雄大な自然に吸い込まれていくようであり、
人間の小ささを思い知らされる光景でした。

大きな自然を前にすると言葉を失い、思わず涙が出てきたりもします。

50歳と言えば仕事盛り。なかなかこんな旅には出られないというところが
大人のおとぎ話たる所以かもしれませんが、
節目節目に人生を見つめなおしてみることは必要ですよね。
30歳でも、150歳でも、折に触れて新しい生き方を考えてみたいものです。

秘境への想いがまたムクムクと湧いてきてしまいました。
ああ、旅に出たいです。





今日もポチッとしていただければうれしゅーございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2月24日に更新しました。いつも応援してくださり、ありがとうございます☆
草原の椅子
監督/成島出、原作/宮本輝「草原の椅子」(幻冬舎文庫、新潮文庫刊)、脚本/加藤正人、奥寺佐渡子、真辺克人、多和田久美、成島出、撮影監督/永沼六男、エグゼクティブ・プロデューサー/原正人、企画・設計/原オフィス、製作プロダクション/東映東京撮影所、配給/東映
出演
佐藤浩市/遠間憲太郎、西村雅彦/富樫重蔵、吉瀬美智子/篠原貴志子、小池栄子/喜多川祐未、中村靖日/喜多川秋春、貞光奏風/喜多川圭輔、AKIRA/鍵山、黒木舞/遠間弥生、若村麻由美/道代、井川比佐志/富樫茂雄
2013年2月23日(土)全国ロードショー、http://www.sougennoisu.jp/

by Mtonosama | 2013-02-24 06:15 | 映画 | Comments(8)
Commented by すっとこ at 2013-02-25 13:40 x
ううーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!

殿様と違い、あまり辺境に出かけていない自分。
遺跡が好きですけど・・・出かけた遺跡はポンペイも
チチェンイッツァも、なんだか観光地で とても辺境
とはいえません。
殿様はイースター島とかパンダと写真撮影とか
辺境好みですよね!

殿様のいつもながらの名調子、
     <節目節目に人生を見つめなおしてみることは
      必要ですよね。
      30歳でも、150歳でも、折に触れて新しい生き方
      を考えてみたいものです。

まったくその通りですね!!

生まれ変わった気持ちで明日の朝陽を
見たいものです!
希望に満ちてポチッを押して帰ります。
あ、今NYはアカデミー賞授賞式大詰めの時間
です。映画って・・・・・いいですね!!


Commented by Mtonosama at 2013-02-25 18:25
♪すっとこさん

150歳になると、もう辺境行きはきついかなぁ。
でも、フンザは行ってみたいです。
あ、またお医者さんで高山病の薬を調達していかないとダメですが。

アカデミー賞、観ました!!
主演男女優賞のジェニファー・ローレンス。
あの「ウィンター・ボーンズ」の女の子!
すごいよなぁ!可愛いなぁ!
「世界にひとつのプレイブック」。
映画的にはあまり好きじゃないのに、なぜかラストで泣いてしまった泣き虫とのです。

階段でこけて、可哀想だったね。
でも、初々しいです。
まだ23歳。随分お若い受賞ではございませんか!
これからもがんばってほしいな。おばさんは応援してるよ。

希望に満ちたポチッをありがとうございます<(_ _)>
Commented by ライスケーキ at 2013-02-25 21:58 x
貴志子さんが 同行したって事は
遠間さんの恋が実のった って事でしょうか。

50歳で恋が実って フンザに行ければ
これは 「大人のおとぎ話」ですね。
Commented by Mtonosama at 2013-02-26 05:58
♪ライスケーキさん

さあ、どうでしょうか^m^

恋はともかくフンザのような過酷な土地には
身体の動く内に行きたい、と思います。

作者の宮本輝さんは多分人生を変える旅だったんでしょうね。

ああ、どこかへ行きたいなぁ。
旅ごころしきりのとのであります。
Commented by poirier_AAA at 2013-02-26 17:38
ひさしぶりに西村雅彦の顔を見て、この人の顔ってかなり好きかもと思いました。曲者っぽさもありながら、ものすごく無邪気な、幸せそうな笑顔を見せてくれますよね。ちょっと他の役者さんにはできないような。

俗世の垢にまみれて生きるのが大人ですけれど、それでもどこかにナイーヴな子どもを常に隠し持ち、時にはこんなふうな笑顔で笑うことができたらいいな、なんて思いました。ちょっとおとぎ話チックですけれど。
Commented by Mtonosama at 2013-02-27 07:17
♪poirier AAAさん

西村雅彦というとどうしても「古畑任三郎」であの広いおでこをパチンとやられていた今泉刑事を思い出してしまいます。
でも、今や随分いろんなキャラクターをお持ちで「東京物語」では長男のお医者さん役を演じていましたし、今回は不器用だけどまじめなカメラ屋のおやじでした。
この人の笑い顔にはホッとしますよね。

ところで、話は変わりますが、私は今頃になってpoirierを
ポアレと発音することを知りました^_^;
ずっとポアリエールと読みながら「poirier AAA」さんと書いていたんです。

ある日食事をとったビストロでグリエとポアレという料理の
仕方が書いてありました。グリエはグリルと検討をつけたのですが、ポアレがわかりません。調べてみたら蒸し焼きとありました。でも広辞苑で調べたので最初に出てきた意味は「梨」でした!それで長年の疑問が晴れた次第です。

ポアレAAAさん、今後ともよろしくお願い致します。


Commented by poirier_AAA at 2013-02-27 20:40
むむむううううう。
殿、それは昔の読み方の方が正解に近いでありんす。

わっちの名前はポワリエ(梨の木)
梨はポワール
蒸し焼きはポワレ
梨のお酒もポワレ
フランスの葱はポワロ
灰色の脳細胞の持ち主もポワロ
体毛はポワルで
もじゃもじゃの人や獣はポワリュと呼ばれまする。
(カタカナで書くと区別がむずかしい〜)

殿、今夜は「ぽわ」と「らりるれろ」が夢に出て来て踊りまくるかもしれませんね。ごめんなさい。。。。

こちらこそ、面倒くさい名前ですけれど、どうぞよろしくお願い致します。
Commented by Mtonosama at 2013-02-28 14:33
♪poirier AAAさん

ポ・ポ・ポポ・ポ・ポ・・・・・・(当惑するとパパゲーノになっちゃうとのです^_^;)

え~~~~~~~~?梨と梨の木は単語も違っていたのですね。
まずはポワリエAAAさんと訂正しなくてはならないか。

はぁ~~~~。フランス語ってほんとに難しいですね。
フランス語を選択しなくてよかった。