ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

魔女と呼ばれた少女 -2- REBELLE(WAR WITCH)

魔女と呼ばれた少女 -2-
REBELLE(WAR WITCH)

f0165567_6363396.jpg

(C)2012 Productions KOMONA inc.

戦闘中、精霊を見ることのできる少女は、自身も、自身が所属する軍の兵士も、守ります。
だから、少女は魔女と呼ばれているのですが。

観客もまた不思議な魔術世界に守られながらアフリカの大地を感じることができます。
笑うこともできます。
さあ、コモナのひとり語りが始まりますよ。


ストーリー
コモナ12歳
わたしの村に”グレート・タイガー”が率いる反政府軍がやってきた。
彼らはわたしに銃を与え、両親を殺すことを命じたの。
死の間際までわたしの身を案じて「兵士に逆らうな」と言ってくれる両親に向って
泣きながら引き金をひいたわ。
その後、兵士たちと森の奥にやってきた。厳しい訓練の日々。逆らえば殴られる。
泣くことも許されない。
だけど、お腹がすくと先輩の“マジシャン”が内緒で食べ物を分けてくれた。

戦闘の日が来た。
最前線でドキドキしていると亡霊たちが現れ、「逃げろ!」と合図した。
魔法の樹液を飲んで亡霊の姿が見えるようになったわたしは
敵の居場所を見破ることのできる魔女と呼ばれるようになった――

コモナ13歳
グレート・タイガーの魔女となったわたしは特別な力を持つ銃をもらった。
わたしの仕事は、亡霊が見えたら報告すること、そして、コルタンという黒い石を運ぶこと。
政府軍がコルタンを盗むために襲ってきた。
大勢の亡霊に守られたわたしは無事だったわ。
でも、先輩の”マジシャン”はいずれわたしも殺されると言った。
わたしは一緒に逃げることにしたの。
彼はプロポーズした。わたしは父から聞いた通り「白いオンドリをさがして」と応えた。
それはこの世で一番探すのが難しいものだからよ。

村人たちの協力でわたしたちは色の白い人たちだけが暮らす集落に案内された。
そこでマジシャンは白いオンドリを捕まえ、わたしにプレゼントしてくれたの。
夫婦になったわたしたちは肉屋のおじさんの家に身を寄せた。
おじさんも家族を惨殺された人だった。
皆で食卓を囲み、仕事を手伝い、原っぱで愛し合う。幸せだったわ。

そんな幸せは長くは続かなかった。大勢の追手が”魔女”のわたしを連れ戻しに来たの。
「彼女はおれの妻だ!」と追手の前に立ちはだかるマジシャンを銃殺するように命じられた。
わたしは抵抗した。
だけど、無理やり引き離されたとき、追手は彼の首にナタを振り下ろした――

コモナ14歳
部隊長の夜の相手をさせられ、わたしは子どもを宿した。
両親の亡霊もわたしを苦しめる。
ある夜、わたしは大きなおなかで逃げ出した。
逃げ込んだ病院で大切な銃を奪われそうになり、わたしは暴れたわ。
暴れていたら留置場に入れられてしまったけれど、
親切なおまわりさんが肉屋のおじさんのところに連れていってくれた。
でも、両親の亡霊にうなされておかしくなってしまったわたしは
おじさんたちに迷惑をかけたくなくて家を出たの。

ひとりで子どもを産んだわたしは故郷に向った。両親の亡霊は待っていたわ。
ふたりの骨や服のきれはしを埋葬し、唄を歌ってお弔いした。

子どもの名前はマジシャンにした。彼のような勇敢な男になるように……


f0165567_6471815.jpg

子ども兵士。
実態を知らず、いきなり本作を観たら、かなりショッキングであります。

映画の最初でコモナが両親を銃殺するシーン。
徴兵した子ども兵士が逃げ出すことのないようにこんなむごいことをさせるのだそうです。
帰る場所を奪ってしまうというのです。
簡単に補充がきくからと子ども兵士は捨て兵として最前線に送られたり、麻薬を使って洗脳されたり・・・・・
少女たちはさらに性的暴力も受けています。

が、しかし――
過酷な運命に直面させられながらも、コモナは生き抜いていきます。
彼女のつややかな褐色の肌や健康的な筋肉に、その本来の強さを見ることができます。

なんとも力強いコモナ。生命そのものです。
サンドベージュの大地に流れるアフリカ音楽。
コモナに求婚するため、白いオンドリを求めるマジシャン。
陽気な村人たちが「お前、結婚したいんだな」とマジシャンを冷やかします。
大笑いされて照れ笑いするマジシャン。
楽しいシーンです。
知らなかった世界に魅了されました。

何があっても生き続けなきゃ、とコモナの姿が教えてくれます。
生きることは試練ではありますが、
生きていてこその希望もあり、喜びもあるのですね。
たしかに困難ではありますが。





今日もポチッとしていただければ嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆3月8日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

魔女と呼ばれた少女
監督・脚本/キム・グエン、撮影/ニコラ・ボルデュク、美術/エマニュエル・フレシェット、衣装/エリック・ポワリエ、製作/ピエール・イヴァン、共同製作/キム・グエン
出演
ラシェル・ムワンザ/コモナ、アラン・バスティアン/反乱軍リーダー、セルジュ・カニング/マジシャン、ラルフ・プロスピエール/肉屋のおじさん、ミジンガ・ムウィンガ/グレート・タイガー、スターレット・マサタ/コモナの母親、アレックス・ヘラボ/コモナの父親、ドール・マラルー/コルタン商人、カリム・バマラキ/バイクの男、セフォラ・フランソワ/肉屋のおばあさん、ジョナサン・コンペ/親切な警官、マリー・ディルー/呪術師、ガウナ・ガウ/アルビノ村の“師匠”、レナーテ・ウェンボ/診療所の看護婦、アレクシ・サブウェ/診療所の男、ニコラ・フランソレ/NGOの男、カザディ・ザディオ/強面の男、ボナヴェントゥーラ・カバンバ、アンジェル・オキト/陽気な農民の妻、アニエス・ムジンガ/トラックの女性、モーゼ・イルンガ/霊柩車の運転手
3月9日(土)シネマート新宿他にて全国順次公開
2012年、カナダ映画、フランス語・リンガラ語、90分、提供・配給/彩プロ、後援/ケベック州政府在日事務所、http://majo.ayapro.ne.jp/

by Mtonosama | 2013-03-08 07:02 | 映画 | Comments(6)
Commented by poirier_AAA at 2013-03-08 21:18
「魔女」とあったので、つい火あぶりにされちゃう〜と考えてしまったわたしです。アフリカだと畏れられながらも頼りにされるんですね。

それにしても力強い作品ですね。作品というより、登場人物たちが生命に溢れているから、画面からその力が伝わってくるのでしょうか。状況はものすごく悲惨なのに、それでもこの生命力。アフリカという大地の持つ不思議な力を見せてもらえそうですね。

フランスでは去年の11月末に公開されていました。またしても見逃してしまった。。。。。
Commented by すっとこ at 2013-03-08 22:15 x
ううーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーむ!!

孫とほぼ同い年の少女のあまりに過酷な運命。

躊躇しながら予告編を見ました。
バックに流れる哀切な歌声に魅了されました。

ある日いきなり銃を与えられ、最初の仕事が
その銃で両親を撃ち殺すことだなんて・・・。

殿様の名調子
  <過酷な運命に直面させられながらも、
    コモナは生き抜いていきます。
    彼女のつややかな褐色の肌や健康的な筋肉に、
    その本来の強さを見ることができます。

ううむ。
まずは「生きろ!」なんですね。
おなごは強い!!

強いおなごであるために
今日もポチッと押して帰ります。
Commented by Mtonosama at 2013-03-09 09:15
♪poirier AAAさん

フランスでは去年11月公開ですか。

一昨日、国連UNHCR難民支援活動のDMがきました。
ここに掲載されているアフリカの子どもの写真は目ばっかり
になって悲しい顔でカメラをみつめているものが多く、
つらくなってしまうのですが、本作の主人公コモナの生きる
姿には元気をもらえます。つらい人生ではありますが…

コモナを演じた少女がストリートチルドレンから新しい人生
への転身をはかっている過程にあることも嬉しいです。

なのに、UNHCRからDMが来ても寄付しかできない
(それもできないことが多い)ことで無力感に陥ってしまいますが。
Commented by Mtonosama at 2013-03-09 09:20
♪すっとこさん

まずは「生きろ!」なんですよね。
生きるというのはなかなかつらいことです。
なのに、コモナのような体験をした子どもたちが大勢いるんですよね。
150歳のとのがつらいだの、ハチの頭だの、言ってたら
罰があたっちゃいます。

強いおなごになってポチッとしてくれてありがとうございます。
Commented by ライスケーキ at 2013-03-10 11:12 x
予告編に
「恐ろしい映画では無い」とありましたが、
私には恐ろしい映画に思えます。

12歳で、両親を殺さなければならなかったなんて
精神的ショックで 立ち直れないんじゃないかな。

映画を見たら「生きる力」を感じるかも知れないけど、
自分の無力感と 辛さだけが残ります。
Commented by Mtonosama at 2013-03-11 06:15
♪ライスケーキさん

おっしゃる通り、怖ろしい映画です。
世界では信じられないようなことが起こっています。

無力感は常につきまといますよね。
でも、生き残ったものはなにがあろうと生き抜いていかなければならないのだと思います。

だから音楽があり、映画があるのでしょう。

といいながら深呼吸をして辛さを抑えているとのです・・・