ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

海と大陸 -2- TERRAFERMA

海と大陸 -2-
TERRAFERMA

f0165567_6131725.jpg

(C)2011 CATTLEYA SRL・BABE FILMS SAS・FRANCE 2 CINEMA

当試写室でつい先頃上映した「ある海辺の詩人 ―小さなヴェニスで―」もそうでしたが、
ヨーロッパと、移民、難民とはもはや切っても切り離せない関係にあります。
この関係はホットな政治のテーマでもあり、人道的な問題でもあります。

ただ、難民を迎える側に余裕があるならいいのですが、必ずしもそうではない場合もある訳です。
そんな時はいったいどうすればいいんでしょう。

本作はまさにそんな映画です。

数年前、父を海で亡くし、今は祖父を手伝って漁師をする20歳の主人公フィリッポ。
漁師を続ける祖父、観光業に転じた叔父、本土で新しく生活を始めたい母――
主人公の家族もまた生活の岐路に立っているところです。
そこへアフリカから決死の覚悟でサラとその息子がやってきました。サラは臨月の身重。
さあ一体どうなるのでしょうか。


ストーリー
地中海に浮かぶ小島リノーサ島。
20歳のフィリッポは代々漁師をやってきたプチッロ家のひとり息子。
2年前に海で父を亡くし、今は70歳の祖父エルネストと2人で漁に出ている。

先の見通しの立たない漁業に見切りをつけ、観光業に転じた叔父ニーノは、
漁船を廃船にして老後を楽しむべきだとエルネストに勧める。
母ジュリエッタは息子を連れて島を離れ、新しい土地で暮らしたいと思っている。

夏、小さな島は観光客で溢れかえる。
一家は家をリフォーム。貸別荘にして、自分たちはガレージで生活することに。
フィリッポと同世代の3人の男女が貸別荘を契約した。
北イタリアから観光にきたマウラ、ステファノ、マルコという若者たちだ。

ある日、漁に出ていたエルネストとフィリッポは数人の難民を助け、
その中にいた妊娠中のサラとその息子をガレージで匿うことになった。
その晩、サラはジュリエッタの助けを借りて出産。
狭いガレージに、生まれたばかりの赤ん坊までが加わり、
彼らの存在は一家の生活をさらに脅かすものとなった。

ジュリエッタはサラたちを警察に引き渡すべきだとエルネストに訴える。
とまどうエルネスト。
昔は海で溺れかかった人を助けることは立派な行為だったはずなのに。

サラはエチオピアから2年かけてこの島まで辿り着いた。夫のいるトリノへ行きたいのだ。
ジュリエットはサラたちの存在を疎ましく思っているが、困り果てた彼らを見捨てることもできない。
同じ母として、サラの気持は痛いほどにわかっているのだ――

夜、フィリッポは貸別荘のマウラを海へ誘う。
空には無数の星。
その時、フィリッポは異変に気づいた。
彼の船に向って、暗い海を難民たちが必死に泳いでくるのだ。
船べりに手をかけた彼らを見て恐怖を感じたフィリッポは、彼らを船から振り払い港へと逃げ帰る。

翌朝、浜には昨晩の難民たちが遺体となって打ち上げられ、島は大騒動に。
マウラたち観光客も島を去っていった。
生き残った難民たちが送還されていくのをフィリッポはただ見ていることしかできなかった。

その夜、サラたちを乗せた車がエンジン音をひそめてすべりだす……


f0165567_621195.jpg

溺れかけている人が眼の前にいれば助ける――
これは人が人であるための掟であり、それ以前に、本能です。

国も法律も越えた人間としての〈掟〉に従って生きてきた祖父エルネストだが、
時代の流れはそれを許さない。
法を犯したくはないし、先行きのない生活もなんとかしたい。
しかし、子を持つ母としてサラの存在を受け入れる母ジュリエッタ。
マウラとデートをしている時に助けを求めてきた難民たちを見殺しにしてしまったフィリッポ。

スクリーンに展開される三人三様の悩み。
どれもよくわかるのですが、この三択問題の解答を迫られたら答えられません。
おばかなクイズ解答者のような自分・・・

そんな中で彼らのとった選択はやはり感動的でした。
今日をきちんと生きれば、明日は明日でなんとかなっていくものなのでしょう。





今日もポチッ!とお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆4月1日に更新しました。なんとまあ!もう4月でございます。いつも応援ありがとうございます☆

海と大陸
監督・原案/エマヌエーレ・クリアレーゼ、脚本/エマヌエーレ・クリアレーゼ、ヴィットリオ・モロー二、キャスティング/キアーラ・アニェッロ、助監督/エミリアーノ・トッレス、カメラ・オペレーター/ルイジ・アンドレイ、ライン・プロデューサー/フェデリコ・フォーティ、美術/パオロ・ボンフィーニ、撮影監督/ファビオ・チャンケッティ、製作総指揮/ジーナ・カルディー二、プロデューサー/リッカルド・トッツィ、ジョバンニ・スタビリーニ、マルコ・キーメンツ
出演
フィリッポ・チッロ/フィリッポ、ドナテッラ・フィノッキアーロ/ジュリエッタ、ミンモ・クティッキオ/エルネスト、ジュゼッペ・フィオレッロ/ニーノ、ティムニット・T/サラ、マルティーナ・コデカーザ/マウラ、フィリッポ・スカラフィア/マルコ、ピエルパオrp・スポッロン、ティツィアーナ・ロダート/マリア、ルベル・ツェガエ・アブラハ/サラの息子、クラウディオ・サンタマリア/財務警察官
4月6日(土)より岩波ホールほか全国順次ロードショー
2011年、93分、イタリア、フランス/イタリア語、日本語字幕/岡本太郎、提供/クレスト・インターナショナル、朝日新聞社、提供/イタリア大使館、http://www.umitotairiku.jp/

by Mtonosama | 2013-04-01 06:34 | 映画 | Comments(8)
Commented at 2013-04-01 22:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Mtonosama at 2013-04-02 07:11
♪鍵コメさん
いつも意外な視点からの観方をお教えいただき、
眼からうろこが音を立てて落っこちていきますです^_^;
ありがとうございます。
Commented by すっとこ at 2013-04-02 15:59 x
うーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!!

確かに昔は「海で遭難してる人を助けるのは無条件に
良いこと」でしたね!

トルコ人が日本に強い親近感持っているのは昔昔
ナンパしたトルコ船をどこかの村人が村をあげて
助けたのが今でも感謝を持ってかの国で語り継がれて
いるからとか?

さて現代では?
不法入国の問題などあって そう簡単ではないのですね。

あ、そういえばjジョン万次郎も漂流してアメリカの捕鯨船
に助けられ、永年ののち日本へ帰ろうとしたら「いちど外地
の土を踏んだ者は再入国まかrならん」と許可が出なかった
のでした。それからまた何年も何年もまってやっと通司として
帰国したのではなかったでしょうか?

ところげ鍵コメさんの“意外な見方”って何でしょうか?
殿様の目からウロコが音立てて落ちて行ったとは?
横ですが ちょっと興味あります。

ではいつも通りポチッと。
時差で眠気のこない当地朝3時です・・・。
Commented by Mtonosama at 2013-04-02 19:57
♪すっとこさん

2週間ぶりの(あ、3週間ぶりか)NYはいかがですか?

ナンパしたトルコ船って^_^;
ナンパは難破ですよね、もちろん・・・

そうそうトルコの人は日本人にすっごい親近感持っているんですってね。「深夜特急」にもあったわ。

すっとこさんはジョン万次郎の博物館かなんかにいらしたんでしたっけ?

朝3時のポチッ、ありがとうございます。こっちは夜8時です。
でも、早寝早起きのとのはもう眠いzzz

どうぞ、ご無理のなきよう<(_ _)>
Commented by poirier_AAA at 2013-04-02 20:42
うーん、どうにも、話題が身近なこと過ぎて上手いことが書けないです。

困っている人がいたら助けた方が良いに決まっている、という気持ちに変わりはないのですが、自分たちの生活が成り立たなくなったら困ると考える人の気持ちもすごくよくわかるのです。特にイタリアは地理的に言っても大変な場所にあると思いますし。

ヨーロッパは確かに「持てる国」だと思うのですが、といってそこに住む人がみな「持てる人」であるかというとそうではありません。こんなにすごい勢いで世界中の経済がまわってお金が動いているというのに、ますます募る不平等感、なんなんでしょうね?
Commented by ライスケーキ at 2013-04-02 22:08 x
「彼らのとった感動的な選択」。
何でしょう。  知りたいなぁ。

昔 息子のクラスメートに
ベトナムからのボートピープルの少年がいました。
今どうしているなか。
ふと、思い出しました。
Commented by Mtonosama at 2013-04-03 09:40
♪poirier AAAさん

以前、観た映画に、ノルマンジー地方まで大変な苦労を重ねてやってきたイランの若者が水泳を覚えてドーバー海峡を泳いでイギリスへ行く、というものがありました。

フランスでは難民に対して非常に厳しい政策をしいているので、比較的難民・移民に対してゆるいイギリスへ行くのだと作品の中で語られていました。
結局、その青年はドーバーを泳ぎ切れず溺れてしまうのですが、いろんな意味で感動した映画でした。

難民問題は一言では語りえない問題ですよね。ホントに難しいです。
Commented by Mtonosama at 2013-04-03 09:43
♪ライスケーキさん

あの頃、ボートピープルでやってきた少年も
今はすっかり立派な大人になっているでしょう。
しっかり根付いてがんばっていてくれるといいですね。