ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

モネ・ゲーム -2- Gambit

モネ・ゲーム -2-
Gambit

f0165567_5546100.jpg

(C)2012 Gambit Pictures Limited

美術品詐欺。そして、そこで使われたのがモネの「積みわら」というのがミソの本作。
さすが、コーエン兄弟。
「積みわら」はシリーズ作品で25点もあるということで、
これを詐欺の映画に使おうと思いついたんですね。

さあ、一体どんなストーリーが展開されるのでしょう。


ストーリー
ロンドンの美術鑑定士ハリーは完全無欠な詐欺の計画を立てた。

彼の雇い主ライオネル・シャバンダーはTV局から出版社まで所有するメディア王。
大金持ちである。その富は美術品収集に注ぎ込まれていた。
カタブツのハリーが騙そうとしているのはそのライオネルだ。

なぜか?
傲慢で気どり屋で最低男の雇い主・ライオネルからこれまで受けた数々の侮辱に反撃するためだった。
そんなハリーに協力するのは贋作が趣味のネルソン少佐。
少佐が描いたモネの贋作を、雇い主シャバンダーに15億円(!)で売りつけようというのだ。
そして、ハリーのシナリオにはもう一人重要な人物がいた。
その人物とはPJ・プズナウスキー。彼女を探すため、ハリーと少佐は一路テキサスへ。

さて、なぜモネなのか?なぜPJが重要人物なのか?
話せば長くなるが、1891年、印象派の巨匠モネは2枚の油絵を完成させた。
「積みわら 夜明け」と「積みわら 夕暮れ」だ。
その後「夕暮れ」は戦争を挟み、数奇な運命を辿る。
1941年、パリの美術館からナチスに奪われ、
1945年、パットン将軍第一師団がナチスを襲撃。そして「夕暮れ」は消える。
この時の隊長がPJ・プズナウスキーの祖父だというのだ。
ずいぶん入念なシナリオではないか


印象派のコレクターであるシャバンダー。
彼が咽喉から手が出る程、欲しいのがモネのこの二作品。
まずは「積みわら 夜明け」を1100万ポンドで落札。
オークションで最後まで争った日本のメディア王アキラ・タカガワを蹴落とす。

f0165567_645653.jpg

ハリーのシナリオは、PJを「積みわら 夕暮れ」の持主に仕立て上げれば、
シャバンダーは確実にくいついてくる――というものだった。

さて、テキサス。ハリーと少佐はPJをうまく説得できるか?
「いいわよ」
あっさり話に乗ってきたPJ。
趣味はロデオ、鶏肉工場で働き、トレーラーハウスで祖母と二人暮らしのPJにとって
飛行機でロンドンへ行くだけでも夢のような話。
ハリーは壁に飾った贋作の「夕暮れ」をバックにPJと祖母の写真を撮り、シャバンダーに見せる。
写真を見たシャバンダーは即座に無視するが、ハリーからPJの祖父の話を聞く内に興味津々。
いよいよPJがロンドンへ。

舞台は整った。ハリーの計画通りにことが運べば、15億円が転がり込むはず――
だったが……

その後、シャバンダーがPJにぞっこんになったり、
どこか抜けてるハリーが鑑定士をクビになったり――

カタブツなんだけど、詰めが甘い英国人ハリー。
顔とスタイル、抜群。外見だけナイスな女子と思いきや、案外賢いヤンキーガール。

f0165567_67391.jpg

ステレオタイプな国民性を対比させてウラをかくという
これまたよくあるパターンのコメディ。

リメイク版の抱える問題はさすがのコーエン兄弟も克服できなかった・・・?

コリン・ファース、ちょっと重すぎたかもしれません。
いえ、身体が、ではなく、これまでの役柄が。
王様、スパイときた後、ツメの甘い鑑定士はコリン・ファースには酷かなぁ。
重厚な役柄に続く軽妙なコメディは難しかったか。

でも、不器用そうな美術鑑定士を不器用に演じるコリン・ファースも
なかなか味わい深いものがありました。





今日もポチッとお願いできればうれしいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆5月2日に更新しました。もう5月。この試写室も今月で5年を迎えました。いつもありがとうございます☆

モネ・ゲーム 
監督/マイケル・ホフマン、脚本/ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン、製作/マイク・ロベル、アダム・リップ、撮影/フロリアン・バルハウス
出演
コリン・ファース/ハリー・ディーン、PJ・プズナウスキー/キャメロン・ディアス、アラン・リックマン/ライオネル・シャバンダー、トム・コートネイ/ネルソン少佐、スタンリー・トゥッチ/マーティン・ザイデンベイバー
5月17日(金)TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー
2012年、アメリカ、90分、配給/ギャガ、http://monetgame.gaga.ne.jp/

by Mtonosama | 2013-05-02 06:24 | 映画 | Comments(4)
Commented by すっとこ at 2013-05-03 07:21 x
うっひゃあぁぁぁああああああああああああああああああああああああああああああ!

バリバリ英国人に
アメリカでもよりによって大いなる田舎と言われてる
テキサス娘の組み合わせですか!

こらぁ楽しそうですのう。

しかも、コン・ゲーム。

こちらでも・・・やってるかなぁ。
“ルノワール”ってのをやってるんですが同じ印象派でも別人だ。

コリン・ファースにお点のからい殿様ですね。
うふふ、ちょっと観たいですね。

くすくすとポチッ。
Commented by Mtonosama at 2013-05-03 10:52
♪すっとこさん

いえいえ別にコリンさんに厳しい訳じゃないんですけどね^_^;

ただ、どうしても謹厳実直な王様やスパイの名演が焼きついてて、
この変化を受け入れがたいのですわ。

コリンさんが悪いというより、わたくしめが彼を枠に閉じ込めているのかもしれませんね。

でも、美術鑑定士の相方をつとめた贋作師・ネルソン少佐を演じた
トム・コートネイさんは「カルテット!」の枠を離れ、軽妙に演じてました。

今日もポチッをありがとうございます。

Commented by ライスケーキ at 2013-05-03 22:34 x
贋作がらみの 面白そうなコメディですね。
                         バリバリ英国人に、テキサス娘。
オークションで争った相手がアキラさん。
笑っちゃいました。

キャメロン・ディアスも好きだから、
これも映画館に行かなくちゃね
Commented by Mtonosama at 2013-05-04 06:38
♪ライスケーキさん

オークションで日本人と争う。
なんか昔はそんなことがあったような・・・

キャメロン・ディアス、よく鍛えた体してますよね。
ロデオガールという設定にはぴったりです。
腹筋といい、上腕筋といい、すごい!

いえ、注目すべきはそこじゃないですが^_^;