ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

三姉妹 ~雲南の子  -2-

三姉妹 ~雲南の子  -2-
三姉妹

f0165567_6291187.jpg

(C)ALBUM Productions, Chinese Shadows

貧困とは何でしょう。もちろん日本にも貧困はあります。
日本の貧困が都市の中に小島のようにつながりを断たれて点在する貧しさだとしたら、
雲南・洗羊塘(シーヤンタン)村の貧しさは、点ではなく、面として存在する貧困です。
女の子は学校に行くな、という偏見に満ちた貧しさです。
家具といえば、すり減った木片のような椅子、
農機具は青銅時代からそのままというような感じの古いものを使っている貧しさです。
1年10元(約150円)の医療保険費を払えず、その支払いをどうするかで、
村人たちが議論する貧困です。
3200メートルの高地で暖房もない貧しさです・・・・・

ああ、キリがない。とにかく絶望的に貧しいのです。
その貧しさとその中で生きる三姉妹と村人をワン・ビン監督は淡々と撮影しました。
例のように中国政府の許可は得ていません。


ストーリー
10歳の長女インイン、6歳の次女チェンチェン、4歳の三女フェンフェン。
三姉妹は子どもたち3人だけで、泥と木片を寄せ集めてつくった家に暮らしています。
母は家を出てしまい、父は遠い街へ出稼ぎに行ってしまっているからです。
近所におじいさんと叔母さんの家族がいるので、仕事を手伝って食事を分けてもらいますが、
長女のインインが妹たちの面倒を見、家畜の世話や畑仕事をして生活しています。

小さな家の台所兼居間兼玄関兼の空間には炉が切ってあり、
そこで木片を燃やして暖をとったり、ジャガイモを焼いて食べます。
「あたしが一番上手に火を熾せるよ」と煙にむせながら、小さなフェンフェンが得意顔。
シラミも退治しないといけません。

おとうさんが出稼ぎから戻ってきました。
「おとうさんが町に行ってからずーっと身体を洗っていないんだよ」と自慢するフェンフェン。

おじいさんはおとうさんに「娘たちのために嫁をもらってはどうか」と提案します。
そのためには仲介人に2千元(約3万円)を用意しなければなりませんが。

おとうさんは子どもたちを町に連れていくことにしました。
でも、経済的な理由から連れていくのは下の2人だけ。
インインを一人残して、3人はバスに乗り込み町へ降りていきます。

学校では梅蘭芳の生涯を学びます。真剣に教科書を音読するインイン。
そんなインインにおじいさんは言います。
「娘は勉強より家の仕事が大事だ」

やがておとうさんが出稼ぎに見切りをつけ、村に帰ってきました。
妹たちの他に子守の女とその娘も一緒でした。
インイン一人だけだった家は大人2人、子ども4人の大家族に。
貧しい家に人ばかり増えても豊かにはなりません。
おまけに子守女は気性の激しいチェンチェンをいじめます。

おとうさんは畑仕事にでかけ、子守女と子どもたちは川で洗濯。
「世界で一番すてきなのは私のママ」チェンチェンが繰り返し繰り返し歌っています。
石ころばかりの山、子どもたちの頭上を激しい風が吹き抜けていきます……


f0165567_632532.jpg

その昔、ベトナム戦争が近隣諸国にも波及したとき、
国境付近に逃れた子ども達が蹲る姿は人の子には見えず、獣のように見えた――
と何かに書かれていました。

今回、シラミが湧いたボサボサの髪の三姉妹を見て、その文章を思い出しました。
洗濯もしていない脂じみたジャージを着て、穴のあいた長靴をはき、
冷たさに足指を縮こまらせてぬかるんだ道を歩く小さな妹たちは
さながらじゃれあう小動物でした。
でも、山の家にひとり残されても泣くでもなく、無表情なまま、
ジャガイモを食べる10歳の長女。
貧困が行きつく先は人が人でなくなることかもしれない、と恐怖に似たものを感じました。

そんな無表情なインインが唯一生き生きしたのは教室で梅蘭芳の物語を音読するシーン。
しかし、古い因襲にとらわれた彼女の祖父はそれすら奪ってしまうのです。

貧困は経済の不均衡から発生するものですが、歴史や因襲もまたその原因のひとつなのでしょう。

ややこしい原因探しは脇に置いておくとして、
まずはこの子たちを、乾燥した清潔な夜具に寝かせ、もつれた髪をとかし、
新しい服を着せてあげたいと思ってしまいました。
ずっと咳をしていたインインの身体も気になります。

煌めく上海や北京の繁栄と、その影に暮らす貧しい人々。
なんとも絶望的な悲しさに胸がふさいでしまいました。





今日もポチッとしていただけたらうれしゅーございます。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆5月14日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

三姉妹 ~雲南の子
監督/ワン・ビン、撮影/ホアン・ウェンハイ、リー・ペイフォン、ワン・ビン、録音/フー・カン、編集/アダム・カービー、ワン・ビン、製作/シルヴィー・ファグエ、マオ・ホイ
5月25日(土)シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードーショー
仏・香港合作、2012年、153分、配給/ムヴィオラ、字幕/樋口裕子、http://moviola.jp/sanshimai/

by Mtonosama | 2013-05-14 06:44 | 映画 | Comments(4)
Commented by すっとこ at 2013-05-14 22:24 x
うぅぅぅぅうううううううーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

予告編のどこを切り取っても胸が痛くなりました。
特にぐずる三女に手を焼く長女の姿。
まだたった10歳が両親のいない家で下の2人と
暮らしているというのですか。

なんだか前回は牧歌的なシーンを想像していたのです。
余分な文明の入らない高地で 物質的豊かさはなくても
精神的豊かさで暮らしているのではないかと。

そんな甘い幻想はこっぱみじんに打ち砕かれました。

この映画、気分がしっかりしてるときに見ないと
傾いた気持ちで映画館を出ることになりそうですね。

なんとも言えないポチッを。
Commented by Mtonosama at 2013-05-15 05:59
♪すっとこさん

そうなんです。
高いところにある街は遠くから見れば美しく見えるし、
その地から周囲を見れば、なんとも雄大なのですが、
そこで暮らすとなると・・・・・

産業もなく大昔からの暮らしを生きている村なのに、
貨幣経済だけは容赦なく侵入してくる。
公的機関による救済の手も及ばない・・・・・

わたしも暗い気分になって試写室を後にしました。

今日もポチッをありがとうございました。
Commented by poirier_AAA at 2013-05-15 19:01
同じような年頃の子どもを持つ身としては、我が子が同じ環境で生き延びられるのかと考えないではいられませんでした。

何がなくても、何が出来なくても、なんとか生き延びて行く力、そういうものがこれからは必要になるかもしれませんね。

特別な土地だから起こりえたことではなく、グローバル資本主義がますます力を持ってきた世界に生きている限り、明日は我が身と思っておいた方がいいような。これから、こういう救済の手が及ばない貧しさがどんどん増えていくんじゃないかとういうような。なんだかそんな気がするのです。
Commented by Mtonosama at 2013-05-16 09:08
♪poirier AAAさん

今まで目が届かなかった場所へどんどん踏み込んでいく王兵(ワン・ビン)監督のような人がいて、このような映画が撮れたのかなぁと感じさせられました。

この貧しさは数十年前の日本の貧しさと同じとも言われますが、いつか来た道を今ある場所にあてはめ、だからいつか良くなるさ、などと軽々しく言えないと思いました。

映画で描かれるのが幼い子どもだけに、先の見えない貧しさが重くのしかかります。