ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

パパの木 -1- The Tree

パパの木 -1-
The Tree

f0165567_5272773.jpg

(C)photo : Baruch Rafic – Les Films du Poisson/Taylor Media – tous droits reserves – 2010


突然、愛している人を失う。
それも、全面的に頼っていた人を。
そして、残された家族を自然災害が襲い、彼らは住み慣れた地を去っていく・・・・・

というと、誰もが2年前この国を襲った大災害とその後の暮らしを思い起こします。
私たちのDNAに組み込まれてしまった悲しみと恐怖。
そこに、<それでも生き抜く力>も加えたいのではありますが。

ですが、本作「パパの木」は日本ではなく、オーストラリアの話です。
ジュリー・ベルトッチェリ監督がジュディ・バスコーの同名小説を映画化。
オーストラリアの広大な風土を舞台にした作品です。
第63回カンヌ国際映画祭のクロージング作品として上映されました。
大きな樹がとてもシンボリックで、優しくもあり、力強くもある映画です。


ジュリー・ベルトゥチェリ監督
フランスの映画監督。1968年フランス生まれ。
父ジャン=ルイ・ベルトゥチェリは、70年ジャン・ヴィゴ賞も受賞した監督。
その後、ジュリエッタ・マシーナの遺作となった父の監督作「木漏れ日」(91)に
助監督見習い及び編集見習いとして参加。
以来、クシシュトフ・キェシロフスキの「トリコロール/青の愛」(93)と
「トリコロール/白の愛」(94)、ベルトラン・タヴェルニエの「ひとりぼっちの狩人たち」(95)
といった作品に助監督として就く。
その一方で、アトリエ・ヴァラン社で短篇ドキュメンタリーの監督を始める。

この後、オタール・イオセリアーニが久しぶりに母国グルジアで撮影した傑作「群盗 第七章」
の助監督としてグルジア・ロケにも参加。
以来、グルジアに魅せられると共に、記録映画の演出も再開。

2001年には、ベルナール・レヌッチとグルジアを舞台に描いた初長篇「やさしい嘘」の脚本を完成させ、2001年エメルジャンス賞に提出し、最優秀脚本家大賞を受賞。映画化が実現。
2003年に完成。カンヌ映画祭の国際批評家週間で初上映されるや絶賛され、同部門の大賞を受賞。

f0165567_5305135.jpg

巨大な樹とその下に蹲るようなボロボロの一軒の家。
あ、ボロボロというと聞こえが悪いですね。
巨大な樹とその下に蹲るような一軒の壊れかけた家。
もっと悪いか――

ペンキの剥げた羽目板、歪んだピロティの家ではありますが、荒んだ感じはありません。
その親密な印象は、家のシンボルともなっている巨木や仲の良い両親、
そして、4人の子どもたちのもたらすものなのでしょう。
18歳の長男をかしらに言葉の遅い小さな末っ子まで。
男の子3人、女の子1人の子どもたち、にぎやかな楽しい家族です。

そんな家族を突然の悲劇が襲いました。
子どもたちの大好きな父親が突然死んでしまったのです。
それもこの家のただ一人の女の子シモーヌの眼の前で――

f0165567_5371951.jpg

昔、「ポネット」(‘97)という映画がありました。
主演したヴィクトワール・ティヴィソルが、わずか4歳で
96年のヴェネチア映画祭女優賞を受賞した感動作です。
母の死んだことが信じられず、大きな目にいっぱい涙をためていたシーンが
今も脳裏によみがえります。ポネットと一緒にしゃくりあげて泣きました。
本作の主人公シモーヌはポネットより2~3歳大きいのですが、
大きな目と柔らかそうな頬がなんとなくポネットを想い起こさせます。

本作で印象的な映像はいくつかあります。
シモーヌのけなげで愛らしい姿。
シモーヌ以上に夫の死の衝撃から抜け出せない母親。
(監督自身、この脚本を書いている頃、夫を亡くすという体験をしていることが、
その描写に信憑性を与えているかもしれません)
そして、この映画の中心に根を張る巨木の存在です。

さあ、一体どんなお話なのでしょうか?
続きは次回まで乞うご期待でございます。



今日もポチッとしていただければうれしいです♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆5月23日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

パパの木
監督・脚本/ジェリー・ベルトゥチェリ、原作/ジュディ・バスコー(「パパの木」)、撮影/ナイジェル・ブラック
出演
シャルロット・ゲンズブール/ドーン、マートン・ソーカス/ジョージ、モルガナ・デイヴィス/シモーン
6月1日(土)シネスイッチ銀座他全国順次ロードショー
2010年、100分、仏=豪合作、字幕/古田由紀子、配給/エスパース・サロウ、提供/新日本映画社、後援/オーストラリア大使館、協力/ユニフランス・シネマズ
http://papanoki.com/

by Mtonosama | 2013-05-23 05:50 | 映画 | Comments(6)
Commented by ライスケーキ at 2013-05-23 20:16 x
「パパの木」これはわかりやすいタイトルですね。
「木には魂が宿る」と言いますから。

「木」は何を語ってくれるのでしょう。
次回ストーリー  待ってまぁーす。
Commented by Mtonosama at 2013-05-24 06:37
♪ライスケーキさん

邦題が「パパの木」で、オリジナルタイトルが”The Tree"。
ホントにわかりやすいですね。

でも、こんな木が自分の家にあったらいいなぁ。
昔、おばあちゃんの家に大きな木があって、それが台風で
横倒しになりました。
立っている時には大木なんて呼んだこともなかったのに、
倒れてからはなにかといえば「大木で遊んでくるね」と
言っては、木と遊んでました。

けっこうつらい体験の描かれた映画ですが、この木が本作を
優しいタッチにしてくれているような気がします。

木が主役かも。
Commented by すっとこ at 2013-05-24 07:47 x
ええーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

ジュリエッタ・マシーナの遺作ぅぅぅぅううううううううう!!

とおかしなところで反応しちゃったのは
かつて彼女の”道”というのをTVでやってた
ので夫婦で観ていたところ

夫がえらく熱心に入れ込んで観てるんですよ。

主人公ジュリエッタが 道歩いてて穴に
落ちると「あぁそこ危ない!」と言ってみたり
男に捨てられて わびしく死んでいったのを
聞くと「そうだったのか・・・」と呟いたり。

いったいどうしたのか。

聞くとためらいつつ
「実はこの女性がとてもキミに似ていて
ひとごとと思えない」って。
ええ?ワタシってイタリア女優に似てる?
「いあ、顔じゃなくて雰囲気が・・・」

あのね。
この“道”のジュリエッタって
精神薄弱な女性の役なんですけど。
おつむ弱い女性に「雰囲気似てる」って
夫にいわれる妻でした。

”パパの木”ストーリー楽しみにポチッと。


Commented by Mtonosama at 2013-05-24 10:27
♪すっとこさん

ジュリエット・マシーナは「道」の女優さんだけど、
「パパの木」の原作者のジュディ・バスコーと何か関係が
あるの?

確かにジュリエッタはすっとこさんに雰囲気似てるよね。
やさしくて、けなげで、純粋な感じが。
「道」は随分古い映画だけど、音楽も、彼女の存在感も
良かったわぁ。

今日もポチッをありがとうございました。
Commented by すっとこ at 2013-05-24 11:09 x
あのう、ジュディ・バスコーとは関係ないけど
監督・脚本のジェリー・ベルトゥチェリが
    <ジュリエッタ・マシーナの遺作となった父の監督作
     「木漏れ日」(91)に助監督見習い及び編集見習い
     として参加。
とあったとこに反応してしもうたのでした。
Commented by Mtonosama at 2013-05-24 15:06
♪すっとこさん

きゃあ~~~~~!
ホントだ!!
自分で書いて(ってか、引用して)おきながら、忘れてた^_^;)

おバカだわ。
それにしても細かいところまで目を通してくださって
ありがとうございます<(_ _)>

お恥ずかしうございます。