ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

インポッシブル -1- THE IMPOSSIBLE

インポッシブル -1-
THE IMPOSSIBLE

f0165567_540756.jpg

(C) 2012 Telecinco Cinema, S.A.U. and Apaches Entertainment, S.L.

2004年12月26日に起こったスマトラ島沖地震。
驚きました。
この大地震とその後の津波が、インド洋沿岸各地に大変な被害を与え、
住民はじめクリスマス休暇を楽しんでいた外国人観光客の命を奪ったことは記憶に新しいところです。
とのの近くにも「外国語学校の先生がタイに出かけていてまだ連絡がとれないのよ」と
心配する人がいました。

タイだけで5,000人以上が亡くなり、2,800人以上が行方不明、
1,400人以上の孤児を生みだす信じがたい大災害でした。

まさか、その7年後、日本がそれ以上の経験をすることになろうとは
当時は思いもしませんでした。

本作は、タイ・プーケット島で休暇を過ごしていた5人の家族がこの地震と津波に巻き込まれ、
バラバラになりながらも奇跡的に5人全員生還を果たした実話を映画化したものです。

f0165567_5564027.jpg

2011年3月11日を経験した私たちがこの映画を観ることには深い想いがあります。
また当事者の方々にとっては非常につらいことではないだろうか、とも思いました。

同様なことを本作のモデルとなったマリア・ベロンさんも語っています。

「バカンスで訪れ、誰も助けることができなかった自分たちがなぜ生き残ったのか。
そんなことばかり考えて、罪悪感からずっと何も話すことができなかった」

「3年たったある日、ラジオで経験を話す機会を与えられ、心が少し楽になった」 

マリアさんはフアン・アントニオ・バヨナ監督、脚本家のセルヒオ・G・サンチェス、
そして主演のナオミ・ワッツと何度も話し合い、自身の経験を説明したといいます。

「『なぜ、わたしたちだったのか?』とつい考えてしまう。
でも息子のサイモンに『そんなバカなこと、ずっと考えているの?』と言われて、
ハッとしました。答えの出ない問いより、生きている自分にできることをしようと思いました」


監督には
「被災した人の痛みと、それでも生きているという人の強さを描いてください」
とお願いしたということです。

 劇中の津波の描写の生々しさから、一時は公開が危ぶまれた経緯があった本作。
「そういう話も聞いているが、わたしは人間の知恵というものを信じている。
この映画を観る観ないはその人の判断だし、途中で席を立つ権利も観客にある。
ただ、あの映像は言葉では説明できない、わたしが水の中で実際に体験したことだし、
わたしを越えて、あの日亡くなられた人たちの、表すことのできない気持ちであるとも思っている」
http://www.cinematoday.jp/page/N0053034

f0165567_5433190.jpg

マリア・べロンさん、知的な風貌の女性です。


マリア・ベロン(本作主人公のモデル)
1965年10月11日、スペイン・マドリッド生まれ。現在47歳。バルセロナ自治大学・一般診療科を卒業し、メキシコシティで3年間心理療法士として活躍。夫キケの仕事の都合で日本・横浜に住んでおり、被災時は子育てのため休職していた。

自身の体験が映画化されるにあたり、マリア・ベロンは家族とともに脚本に全面協力。
心的外傷後ストレス障害に悩みながらも、「この映画は私たちの物語ではない。多くの、本当に多くの人々の物語なの」と本人が語るとおり、その使命感を持って、撮影現場にも立ち会った。また、ナオミ・ワッツとは撮影前・撮影中に渡り多くの時間を過ごすことで、その体験をまさに身をもって伝えた。ナオミ・ワッツは後に本年度アカデミー賞主演女優賞にノミネートされる。http://www.cinematopics.com/cinema/c_report/index3.php?number=7200

生き残ったことで自分を責めることもあったマリアさん。
災害は生き残った人にも大きな心の傷を与えますが、
その思いを表に出すことで傷を癒すことができたのですね。
であるならば、この映画を観ることで、感想を口にすることで、
気持が楽になる人もいるかもしれません。

本作を観て、あの出来事が再び鮮明に蘇ったとのは
当試写室での上映を自粛することも考えましたが、やはり上映させていただきます。

監督はJ・A・バヨナ。スマトラ島沖大地震をパニック映画としてではなく、
臨場感溢れる感動作として描き出しました。

さあ、どんなお話なのでしょうか。
続きは次回までお待ちください。



今日もポチッとお願いできればうれしゅーございます。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆6月5日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

インポッシブル
監督/J・A・バヨナ、脚本/セルヒオ・G・サンチェス、撮影/オスカル・ファウラ、美術/エウへニオ・カバレロ、音楽/フェルナンド・ベラスケス、SFX/パウ・コスタ、VFX/フェリックス・バージェス、製作/ベレン・アティエンサ
出演
ナオミ・ワッツ/マリア、ユアン・マクレガー/ヘンリー、トム・ホランド/ルーカス、オークリー・ペンダーガスト/サイモン、ジェラルディン・チャップリン/老婆
6月14日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー
2012年、スペイン・アメリカ、カラー、115分、字幕翻訳/野崎文子
http://gacchi.jp/movies/impossible/

by Mtonosama | 2013-06-05 06:12 | 映画 | Comments(8)
Commented by ライスケーキ at 2013-06-05 21:07 x
この映画見たら 東日本大震災の悲劇を思い出すでしょう。

そして、近々? 私たちを襲うであろう津波の事も考えるでしょう。

「映画は映画館で」だけど、この作品は映画館で見るの
辛そうですね。

「殿様の試写室」で見せていただきます。
Commented by すっとこ at 2013-06-05 21:11 x
ぅぅぅううううううーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

津波の映画はまだ平常心では見られない気がします。
殿様が上映をためらわれた気持ちも頷けます。

それでも。

上映に踏み切られたのにはそれなりの理由が
あるのですね。
実話を下敷きにしていること、
ナオミ・ワッツが出ていること、
も大きかったのかも知れませんね。

ナオミ・ワッツ、”母と娘”だったかな、徳山の
小さな映画館で観ました。娘と喧嘩して(笑)
行く当てもなくたどりついた映画館でやってました。
胸に沁みました。ナオミをこの時から好きになりました。
なんて不純なんだ。


ところでひかちゃん、初めてのお留守番上手に
できましたか?

ひかちゃんへポチッ。
Commented by Mtonosama at 2013-06-06 06:08
♪ライスケーキさん

あの出来事を知ってしまった私たちにはまだまだつらい映画でした。

でも、老婆として登場するジェラルディン・チャップリン
(老婆はあんまりですよねぇ)と子どもたちとの会話には
ホッとさせられ、夜空を見上げたくなりました。
といっても、なんのことだかわかりませんよね。すいません。
でも、なんでもない言葉や行いの中にも救いがあるのだな、
大変なできごとのさなかにこそ平常心を持ちたいものだ、
と思いました。

映画って学校みたいです。いろんなことを感じさせ、学ばせてくれますから。
Commented by Mtonosama at 2013-06-06 06:19
♪すっとこさん

そうなんです。
マリアさんが当時の思いを語ることが心の救いとなったよう
に、私たちも当事者の皆さまもこの映画を観て驚いたり、感
動したりすることで、自分の中に沈殿している恐怖や悲しみ
を外に排出することができるかもしれないと思って・・・

それにナオミ・ワッツもユアン・マクレガーも、そして、
老婆扱いされてるジェラルディン・チャップリンも良かった
ですから。

ひかちゃん、初めてのお留守番、ちゃんとできましたよ。
ひかちゃんはお利口さんにできたのに、とのはまるでダメ。
試写を観てても、ひかちゃんがシッポを立てて全力疾走する
姿がスクリーンの俳優さんの上に重なってしまって、集中で
きないんです。ああ、困ったゾ。

今日もポチッをありがとうございました。
Commented by よっしー at 2013-06-07 10:32 x
こないだね、宮城県の沿岸部に行く用事がありました、ボーゼンとする光景でした。案内してくださった方は、草が生えてきて救われたと、当時を語ることで気持ちを落ちつけることが出来るって、だから実際に起きたことをもっと知ってほしい、とおっしゃっていました。あ知ったようなことを書いてしまいました。とのさまったら、早くもひかちゃん血中濃度がQOLの重大因子となられているご様子(=^ェ^=)るるるー!
Commented by 薄荷グリーン at 2013-06-07 11:15 x
こんにちは!

これは意義を認めて見に行くべきだと思っても見に行けない人も結構いそうな感じですね。実際に東北の地震と津波を体験した人は追体験なんか絶対にしたくないと思ってる人もいると思うし。
でも幸いにして被害地に住んでいなかった人には、こういう映画で、傍観者的な立ち位置が変化することはないにしても、何かもうちょっと理解を進めるきっかけでも掴めたらそれでいいのかもしれないって思います。みんなにみてもらうって言う意味ならエンタテインメント的に作るのも悪くないと思うほうなんだけど、この辺は意見が分かれるかも。

ひとつ記事を読んで思ったのは生き残った人がなぜ自分が生き残ったのか考えるということに対して、息子さんにそんな馬鹿なことを考えても仕方ないといったことをいわれたこと。これ、わたしは無意味じゃないと思う。生き残った人間がなぜ生き残ってしまったのかその意味を考えなかったら、つまり生き残ったことに意味などなくてさいころの目のように単純に偶然の産物だったとするなら、本当はそんな世界なのかもしれないけど、それを認めてしまったら、なんだか目の前に無慈悲で無意味な世界が広がっているだけのような認識になってしまいそう。
Commented by Mtonosama at 2013-06-07 11:57
♪よっしーさん

沿岸部へいらしたのですか!?
あの時、ニュース映像で観た仙台空港の飛行機が津波に流されているシーン。いったい何が起きているのか、すぐには理解できませんでした。
案内してくださった方は語ることで気持を落ちつけることができるとおっしゃったんですか・・・・・

わたしたち、もっともっと東北へ行き、お話をうかがわないといけませんね。

ところで仙台市内の様子はどうですか?

あ、ひかちゃんですが、あまりに小さくてどこにいるのかわからないので、鈴をつけました。うっとうしいらしくて怒っています^_^;
Commented by Mtonosama at 2013-06-07 12:12
♪薄荷グリーンさん

こんにちは!
確かに津波のシーンには息をのみました。わー、この時期、こういう映画を日本で公開するのは酷だなぁ、と思いました。

しかし、生き残ったことで自分を責めてしまう人がいる――
これは中田秀夫監督の「3.11後を生きて」に登場した一人娘と可愛い盛りのお孫さんを亡くした女性と同じでした。彼女は恐山で住職に語ることで救いを求めようとしていましたが、求めても求めても叶わないほどつらいことなのだと思います。マリアさんが本作を映画化することに同意したのも生き残った意味を自分なりに求め続けようと考えたからかもしれませんね。