ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

インポッシブル -2- THE IMPOSSIBLE

インポッシブル -2-
THE IMPOSSIBLE

f0165567_6145558.jpg

(C) 2012 Telecinco Cinema, S.A.U. and Apaches Entertainment, S.L.

2004年12月、スマトラ島沖大地震による津波では
被害地域全域でおよそ30万人近い方が亡くなりました。
そして、多くの家族は以前の構成とは大きく姿を変えました。
その中で、本作のモデルになったベロン一家は家族5人全員が助かったというのは
ほとんど奇跡といっていいでしょう。
亡くなった数十万人の方々への深い哀悼の念を今さらながら新たにします。


ストーリー
2004年12月24日、英国人のベネット一家がタイ・プーケット国際空港に降り立った。
夫の仕事の関係で日本に住む家族は、クリスマス休暇をタイで過ごそうとしていた。
ヘンリーと元医師の妻マリアの間にはルーカス、トマス、サイモンという3人の男の子がいる。

その夜、海岸で燈籠を空に揚げ、幻想的なひとときを過ごした一家は
翌日も南国の美しい海で素晴らしい一日を過ごした。

開けて12月26日。
一家がホテルのプールでそれぞれにくつろいでいた時、無数の鳥が一斉に飛び立ち、
大地が大きく揺れた。
海の方に目をやると、ビーチのヤシの木が次々に押し倒され、
巨大な水の塊がホテルへと押し寄せてくる。
ヘンリーはとっさにトマスとサイモンを抱え上げ、
マリアはプールサイドで呆然としている長男ルーカスを呼んだ――

その後――
マリアとルーカスは大津波に呑み込まれ、濁流に押し流されていた。
大津波の直撃を受けながらも2人は水のない草むらにまで辿り着くことができた。
津波にもまれるさ中に重傷を負っていたマリアだが、移動中、子どもの泣き声を聞く。
津波の襲来に怯えるルーカスを説得し、小さな子どもを救出。
大木に避難していた3人はやがて地元の住民に救い出される。

f0165567_6165048.jpgマリアは病院に搬送されたが、そこは大勢のケガ人への対応で大混乱。
医師でもあるマリアは自ら薬剤を指定し、止血を要請する。
夫も下の息子たちも死んでしまったと思っている彼女は、ルーカスだけを残して
死ぬわけにはいかなかったのだ。
だが、心配するルーカスに向って「誰かのために何か役立つことをしなさい」と言い渡すマリア。
ルーカスは母親の言葉に応え、自分たちと同じように家族と離れ離れになった人たちの
肉親捜しに奔走する――

一方――
ヘンリー、トマス、サイモンは無事だった。
ヘンリーは7歳と5歳の幼い2人を安全な避難所へ送り出した後、妻と長男の安否を確認するため、
行動を起こそうとする。
だが、どうやって――
途方に暮れたまま、親切な男性が貸してくれた携帯で英国の父親に電話をかけ、泣き崩れるヘンリー。
そんな彼を力づけてくれたのはそこに居合わせた知らない人々だった。
「絶対、諦めない」
そう心に誓ったヘンリーは何ひとつ手がかりのない中、
病院や避難所をめぐって妻たちを捜し始める……

f0165567_617336.jpg

津波に流されていくシーンや、励まし合う被災者の姿。
大混乱の中、行方不明者を探す姿には臨場感以上のものを感じます。
実話ゆえベネット一家の無事はわかってはいるのですが、
それでも、津波にもまれるマリアとルーカスには拳を握りしめてみいってしまいました。
それにつけても奇跡的に助かったベネット一家の影に
そうでなかった人々がどれほどいたか、とあらためて考えてしまいます。

マリアを演じたナオミ・ワッツもヘンリー役のユアン・マクレガーの演技にも
エキセントリックな部分はなく、あの大災害に生きた家族を素直に演じていました。
子役の少年たちもこの惨劇を演じることにより、きっと心に大きく残るものがあったと思います。

2年を費やして準備され、60以上のロケ地で撮影された本作。
そのロケ地は実際の出来事が起こった場所でした。
驚くべき人数の人が亡くなった災害だったからこそ、
彼らへの哀悼と敬意をこめて映画を作らなくてはならなかったことでしょう。





今日もポチッとお願いできればうれしゅーございます。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
☆6月8日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

インポッシブル
監督/J・A・バヨナ、脚本/セルヒオ・G・サンチェス、撮影/オスカル・ファウラ、美術/エウへニオ・カバレロ、音楽/フェルナンド・ベラスケス、SFX/パウ・コスタ、VFX/フェリックス・バージェス、製作/ベレン・アティエンサ
出演
ナオミ・ワッツ/マリア、ユアン・マクレガー/ヘンリー、トム・ホランド/ルーカス、オークリー・ペンダーガスト/サイモン、ジェラルディン・チャップリン/老婆
6月14日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー
2012年、スペイン・アメリカ、カラー、115分、字幕翻訳/野崎文子
http://gacchi.jp/movies/impossible/

by Mtonosama | 2013-06-08 06:30 | 映画 | Comments(6)
Commented by すっとこ at 2013-06-09 01:21 x
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!

今日は声にならない叫びをあげました。

やはり

やはり観るのは胸が痛みます。
予告編のフィルムですら 息をのんで
呼吸するのを忘れていた自分でした。

奇跡的に一家全員が助かったのですね。
しかも離れ離れになりながら・・・。

実話というのが重たいです。
でもこの家族も 日本の東北の方々も
「話すことで傷が閉じてゆく」こともあるのでしょう。
部外者は ただ「話すことで傷口が開く」と
思ってしまいがちですが。

・・・沈黙の中でポチッ。
Commented by Mtonosama at 2013-06-09 05:41
♪すっとこさん

……が続いていたので緊張しました。

話すことで問題が明らかになっていくことはよくありますものね。
だから、被災者のお話を聞くことやそれについての物語を読むこと、
映画を観ることは傷をひきうけることに通じるのかもしれません。

沈黙のポチッをありがとうございました。



Commented by ライスケーキ at 2013-06-09 20:40 x
予告編見ただけで 辛くなりました。

ノンフィクションでも、映画になると 
ちょっと 距離を置いてみることができますが、
この作品は 自分自身がこの中に
吸い込まれていくような気がします。

辛いです。  怖いです。
ユアン・マクレガーが出ているから
かろうじて これは映画なんだと 感じる事が出来ます。
Commented by Mtonosama at 2013-06-10 06:11
♪ライスケーキさん

まだまだ私たちにはつらい映画ですね。
距離感を持って観るにはもう少し時間が必要なのでしょうか。
でも、時間が経って、あまりに客観的に観るのも、
あの出来事と被害を受けた方々に対して申し訳ないような・・・

ずっと抱えていくべき問題なのかもしれません。
Commented by Tsugumi at 2013-06-12 05:25 x
またまた久しぶりです。
実話を映画化したものは見るのつらいですね。
それも大災害のものはとくに。。
DVDが出たとき手に取る勇気があるか・・わかりません。。
Commented by Mtonosama at 2013-06-12 06:48
♪Tsugumiさん

お久しぶりです。やっと雨らしい雨が降ってますね。
Tsugumiさんちの野菜たちもこれで一息つけるのではないでしょうか。

そうなんです。衝撃を受ける映画でした。
あらためて、このスマトラ沖地震で亡くなった方、
東北の震災と津波で亡くなった方に哀悼を表したいです。
家族を失った方々の悲しみとつらさが癒えますように・・・・・