ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

31年目の夫婦げんか-1- Hope Springs

31年目の夫婦げんか -1-
Hope Springs

f0165567_5571746.jpg

(C)2012 GHS PRODUCTIONS, LLC. All Rights Reserved.

本作はまたまた熟年夫婦が主人公の映画であります。
団塊の世代である(あ、アメリカではベビーブーマーと言うんでしたっけ?)熟年夫婦を
主人公にすれば、同じ思いを抱える同年配の観客が映画館にやってくると考えたのでしょうか。

ま、そんなマーケティング分析は脇へおいておきましょう。

さてさて同じ年代の観客達がどんな思いを抱えているかというと、
配偶者が富士山頂の空気みたいな存在になってしまって、
一緒にいると息苦しいって感じ?

本作でも、
寝室は別(ほらほら、うなずいてますね)、
夫の唯一の趣味はゴルフ番組を観ること(あるいは野球やサッカーや相撲を観ること)、
毎日の日課も会話もほぼ変化なし(会話なしもありますよね)、
争いもないし、喜びもなし(争いはあり)。
妻は思いました。結婚して31年。
「わたし、死ぬまでこの生活の繰り返し?」

洋の東西を問わず、夫婦関係とは実に難しいものであります。
新婚時代はそれなりに楽しかったはずなのに、どうしてこうなるかなぁ――

f0165567_641652.jpg

監督はデヴィッド・フランケル。
「プラダを着た悪魔」(‘06)の監督です。
そして、「死ぬまでこの生活の繰り返し?」とそっと自問するけなげな妻はメリル・ストリープ。
居眠りしてるくせにゴルフ番組をつけっぱなしでソファーに陣取る頑固な夫はトミー・リー・ジョーンズ。
2人の名優がこのきわめてありがちな夫婦関係を軽妙に演じるコメディです。

しかし、トミー・リー・ジョーンズ、
ほんとに「いる、いる、こんなオヤジ」って感じで、ちょっとむかつくほど。
確実にイラッとさせてくれます。さすが、宇宙人ですね。
あ、そうそう。もうひとり重要な人物がいます。
それが夫婦関係カウンセラー。
スティーヴ・カレルが演じます。

なにゆえカウンセラーが登場するかというと、
けなげな妻ケイが夫婦関係を修復しようと
カウンセリングを受けることを決意したからなんです。
カウンセラーが登場するあたり、いかにもアメリカ的です。

f0165567_654915.jpg

脚本家のヴァネッサ・テイラーは独身ですが、
長い結婚生活の中でお互いに情熱や魅力を失わないようにするにはどうすればいいのか?
夫婦間に距離が生じてしまったとき、もう一度やり直すことはできるのか?
ということを以前から考えていました。
その疑問がこの脚本を書くきっかけになったといいます。
(ヴァネッサさん、まだまだ結婚に幻想を抱いていますね)
本作が映画脚本家デビューとなりました。

物語の舞台はアメリカ最東北部のメイン州。すぐ隣はカナダです。
夫婦がカウンセリングのために訪れるメイン州”グレート・ホープ・スプリングズ”は
架空の街ですが、海に近い美しい場所。
おいしいロブスターが楽しめそうな街です。

さあ、ケイとアーノルドはどんなカウンセリングを受けるのでしょうか。
続きは次回までお待ちくださいませ。



今日もポチッとしていただけたら嬉しゅーございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆7月20日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

31年目の夫婦げんか
監督/デヴィッド・フランケル、脚本/ヴァネッサ・テイラー、製作/トッド・ブラック、ガイモン・キャサディ、製作総指揮/スティーヴ・ティッシュ、ジェイソン・ブルメンタル、ネイサン・カヘイン、ジェシー・ネルソン、撮影/フロリアン・バルハウス
出演
メリル・ストリープ/ケイ・ソームズ、トミー・リー・ジョーンズ/アーノルド・ソームズ、スティーヴ・カレル/バーナード・フェルド医師
7月26日(金)TOHOシネマズシャンテ、新宿シネマカリテ他ロードショー
2012年、アメリカ、100分、配給/GAGA★、字幕翻訳/関美冬、http://31years.gaga.ne.jp/

by Mtonosama | 2013-07-20 06:16 | 映画 | Comments(6)
Commented by びなちゃん at 2013-07-20 10:52 x
矢張り?この作品を取り上げて下さると思っていました。でも、観に行くか微妙だなあ。ヴァネッサさん、殿様いわく、まだ結婚に幻想を抱いてますねって…あはは同感です~
日本人だと、まあ、旦那の悪口、愚痴を友人たちと言いあって盛り上がるので、ストレス解消?されちゃう?
そして、そんな夫婦生活は、それなりにささやかな幸せかもとなってしまう方が多いような。

先日ご紹介された”ヒロシマ”A新聞の人欄に監督さんのインタビューが。日本で生まれ育ったと。日本を知っている方に作ってもらうのが納得できますね。
声高でなくても、静かに長~く訴え続けて行かなければ。
先日、期日投票してきましたよ。期日投票者が増えているとか。こういう暑さが酷い時はお年寄りにはいいかもしれませんね。あと、若いお孫さんと一緒に家族で投票と言う方々もいました。
ちょっと涼しい昨日今日、体を休めましょうね…
Commented by Mtonosama at 2013-07-20 11:23
♪びなちゃんさん

「ヒロシマ」の監督さん、「ひと」欄に出てましたね。
彼女、特攻隊(これは監督ではありませんでしたが)とか
60年安保とか、今回の広島とか、をちょっと変わった角度から、描く監督さんなんですよね。日本の学校で原爆を落としたのはアメリカだと習ったときのクラスメートの視線が忘れられないって。

私もこれから期日前投票に行ってきま~す。
Commented by すっとこ at 2013-07-20 21:49 x
あああーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

これ、ちょっと前に当地でばんばん宣伝してた映画ですわん。
大御所同士のメリル・ストリープとトミー・リー・ジョーンズの
初共演ということで。
でね、我が家はこの映画観に行きませんでしたの。
だってね カウンセラーでの場面が日本人には我慢できんほど
こっ恥ずかしい質問なの、だって・・・

おっとっと。

ストーリー紹介はまだでしたね!危ない危ない。

そんなわけでワンシーンだけテレビで観たきりの映画なので
次号の詳しい紹介が待たれます!

しかしメリル・ストリープ、トイレで雑誌まではわかるけど
バナナも持ちこむ?しかも何本も?ああメリケン夫婦謎だわ。

ひかちゃん暑さでバテてませんか?ポチッ。
Commented by Mtonosama at 2013-07-21 06:09
♪すっとこさん

御地でも盛んに宣伝されてましたか。
でしょうなぁ。役者さんもテーマも結構おいしそうですもんね。

メリル・ストリープさんがトイレに持ち込んだ雑誌のタイトルを覗いてみたら、
「ああ、なるほど。で、バナナね?」なんて・・・
キャッ^m^

ひかちゃんは元気ですよ。近日登場すると言ってますので、
もう少しお待ち下さいませね。
今日もポチッをありがとうございます。
Commented by アイスケーキ at 2013-07-21 20:45 x
欧米の夫婦って いつも ”I love you !" って言って、
ダブル・ベッドで寝ていると思いましたが  そうでもないのね。

「死ぬまでこの生活の繰り返し?」って思っても、
絶対にカウンセラーの所なんて行きません。
自分の道は 自分で開拓します。

監督が男性、脚本家が独身女性では
31年目の夫婦の真の気持ちが分からないのでは・・・
なんて 思っちゃいます。

ひかちゃん 暑かったら、アイスケーキ食べてね。
Commented by Mtonosama at 2013-07-22 06:03
♪アイスケーキさん

そうそう、狭いベッドで仲良く横になり、I love you.って
言ってますよね。「アンコール!!」でもそうだった。

私、カウンセリングって案外好きです。
でも、カウンセリング抜きでもこの映画に出てくるような
海辺の街の地元の人の行く店でおしゃべりしたり、
お酒呑んだりしたら、楽しそう♪
夫婦で行くより、一人か、女友だちと一緒の方がいいかな。

あ、それだったら、夫婦生活のカウンセリングの意味がないか^_^;