ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

マジック・マイク -1- Magic Mike

マジック・マイク -1-
Magic Mike

f0165567_5143662.jpg

(C)2012 The Estate of Redmond Barry LLC. All right reserved.


あれはバブルの頃だったんでしょうかねぇ。
鳩バスの夜の東京ツアーのコースに男性ストリップが入っていたような。

あっ、今もありました。
〈熱体高気圧!J MEN’S TOKYO(外国人男性ダンサーのストリップダンスショー)〉ですって!
http://www.f-banchan.net/tokyo/hatobus/hatobus.htm

観客が、踊り子さんのTバックにおひねりをはさんだりするんですよね。
人気ダンサーほどパンツのあっちからもこっちからもお札をはみださせている、という熱狂的な光景。

昔、梅沢登美男のショーに行ったことがあります。あ、仕事です。
梅沢さんが美しく変身して歌謡曲に合わせて日舞を舞うと
興奮したJマダムたちがステージに駆けあがり、彼の首にお札でできたレイをかけるんです。
お札1枚じゃないですよ。お札を綴り合せてつくったレイなんですから!
あれには驚きました。

そんな札束レイを用意する資金もなく、
メンズダンサーのTバックにお札をつっこむ勇気もないとのとしては
本作に登場するダンサーたちの筋骨隆々としたナイスバディと
女ごころを知り抜いたエロかっこいいダンスに
キャッと口をおさえるだけで良しと致しますわ。

f0165567_5213050.jpg

監督はスティーヴン・ソダーバーグ。
「トラフィック」(’00)でオスカー受賞、
「エリン・ブロコビッチ」(’00)でジュリア・ロバーツをオスカー女優に押し上げ、
「オーシャンズ」シリーズ(’01/’04/’07)や「チェ」二部作(’08)など
次々と意外作を送り出してきた人物です。

そんなソダーバーグ監督が今回着目したのは男性ストリップの世界。

「エージェント・マロリー」(’11)で起用した俳優チャニング・テイタムの実体験を知り、
それを映画にしちゃいました。
もちろん、そのチャニング・テイタムは本作で主役を演じ、製作も担当しています。

さてさて、その実体験とは?
はい、彼・チャニング・テイタムはハリウッド・デビュー前、
18歳から19歳になる8ヶ月の間、ストリッパーをしていたことがあります。
本作はその実話をベースにした青春の日々を描いた映画なんです。

なんで、ストリッパーをしていたかというと、
彼、たまたまラジオで耳にした男性ストリッパーのオーディションに応募したんですって。
2時間のステージで150ドル。週に600ドル稼げたそうで、18歳の男の子にとってはおいしい仕事です。
お金は稼げるし、女性客は嬌声をあげる――
ロックスターになった気分だったそうですよ。

チャニング・テイタムのそんな話を聴いて、ソダーバーグ監督、食指をそそられました。

f0165567_5244073.jpg

映画は、当時18歳だったチャニングの視点を与えられたアダムと
兄貴的存在である30歳のマジック・マイクによってひっぱられていきます。
このマジック・マイクが、アダムのストリップと“青春”の日々の師匠という役どころ。
それをチャニング・テイタムが演じます。

若いきれいな男の子と、
ちょっと大人になってストリッパー以外の生計の道を求める男の子。
さらにはちょいと熟れてきた男の子に、マッチョな男の子。
(150歳のとのにとってはみんな男の子なのであります)
そうした男子たち(本作では“タンパのキングたち”と呼ばれてます)のストリップ。

あ~あ、お客さん、涎を拭いてくださいよ。
ちょっとちょっと踊り子さんには触らないで。

かなりテンション上がってしまいそうなキングたちのダンス。
150歳の年寄りには毒気が強すぎたかも。

さあ、いったいどんなお話でしょうか。続きは次回までお待ちくださいませ。
乞うご期待でございますよ。



今日もポチッとお願いできたらうれしゅーございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆7月28日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

マジック・マイク
監督/スティーヴン・ソダーバーグ、脚本/リード・キャロリン、製作/ニック・ウェクスラー、グレゴリー・ジェイコブス、チャニング・テイタム、リード・キャロリン、撮影/ピーターアンドリュース
出演
チャニング・テイタム/マジック・マイク、アレックス・ぺティファー/アダム、キッド、コディ・ホーン/ブルック、オリヴィア・マン/ジョアンナ、マット・ボマー/ケン、ライリー・キーオ/ノラ、ジョー・マンガニエロ/ビッグ・ディック・リッチー、ケヴィン・ナッシュ/ターザン、アダム・ロドリゲス/ティト、ガブリエル・イグレシアス/トバイアス、マシュー・マコノヒー/ダラス
8月3日(土)シネスイッチ銀座、Bunkamuraル・シネマ他全国順次ロードショー
2012年、アメリカ、110分、日本語字幕/石田泰子、配給/カルチュア・パブリッシャーズ、
http://magic-mike.jp/

by Mtonosama | 2013-07-28 05:35 | 映画 | Comments(8)
Commented by アイスケーキ at 2013-07-28 21:46 x
私も 世間並みにイケメン君は好きなんですが、
男性ストリップには興味がないんで、
「いくらお金が稼げるからってストリップなんて
やってないで  これからの事まじめに考えたら。」
なんて思っちゃいますが、
彼 ハリウッド・デビュー したんですね。

それは、良かった。

若い頃  楽して稼いじゃうと
あとから まじめに働けなくなっちゃうものね。
お母さん 心配しちゃいます。

映画も安心して見てられます。

Commented by すっとこ at 2013-07-28 23:02 x
今を去ること30ン年前
テキサスはヒューストンにて

実は

男性ストリッパー見学に行きましてん。
Tバッグに$札ぶっ込みましてん。

若気の至りとお許し下さいませ。

噂では男性ストリッパーは”宅配”にも応じて
kれるとのことでした。わたしの知る限りそれを敢行
した日本人駐在ミセスは居ませんでした。

そんなことを懐かしく思い出しました。

この主演俳優さん、どこで見たなぁ~。
戦争映画だったような気がする。

こういう顔つきは結構好きです。
こういうのがくねくねダンス踊るんなら・・・・
スクリーンの中でだけなら観に行こうかなぁ。ポチッ。
Commented by Mtonosama at 2013-07-29 06:39
♪アイスケーキさん

いやいや、爺さんになってもストリップやってられないんじゃないでしょうか。
こっちも見たくもないし^_^;

若くてきれいな内にストリップで稼いで、後々のことを考えるんだと思いますよ。
このチャニング・テイタムみたいに。

お母さん、心配しなくても大丈夫です(^_-)
Commented by Mtonosama at 2013-07-29 06:45
♪すっとこさん

え~~~~~っ!実物見たんですか!!
さすが、すっとこさん。世界を回るおんなですねぇ。

やっぱり、観衆は女性客ばっかりで、みんな明るくキャーキャー騒いでるんですか?
一度見てみたいなぁ。

ストリッパーの宅配は映画の中にもありましたよ。
大学寮のパーティ会場にサプライズで登場するの。

NY駐在マダムで一度企画して、どんなもんか報告してくださいな。
Commented by Tsugumi at 2013-07-29 07:34 x
相変わらずご無沙汰しています。

ダンス映画大好きな私この映画は是非見たい。
チャニング・テイタム、ステップアップで見て気になりかなり見ています。

そうか男性ストリッパーしていた時代もあった。。絶対見てみたい。

男性ストリッパーの映画といえばイギリス映画のフルモンティきれいな男性は出てきませんが好きです。
Commented by Mtonosama at 2013-07-29 09:30
♪Tsugumiさん

お久しぶりです♪

そうでしたね、「フルモンティ」がありました^m^
確かにきれいな男性は出てきませんでしたが、面白かったですね。

「マジック・マイク」もストリッパーたちのダンスにキレがあってすごいですよ。
Tsugumiさんは絶対ご覧になりたいだろうなって思います。
Commented by なえ at 2013-07-30 19:57 x
私もダンス映画好きですが、ストリップショーとなると、マジメが服着て歩いている私には刺激が強すぎて鼻血ブーになりそー(@_@)

フルモンティ、昔見ました。あれは金集めにそれをするしかないという話でしたね。

で、アメリカ人を夫にもつ友達から連絡ありました。
アメリカ人を一括りにはできないけれど、「傾向として、心が離れてしまったような結婚生活は送りたくない、と思う人達が多い」だろうと。離婚率50%だから。40万をカウンセリングに払うかはその家庭の財力によるが、映画はそのアホさ加減を茶かしているのかもと。「日本人は、ナアナアで通そうとするけれど、英語国民は意見・理由をつけて自分が納得しようとする」というのが大体の返事でした。
Commented by Mtonosama at 2013-07-31 07:09
♪なえさん

わぁ、ありがとうございました。
「心が離れてしまったような結婚生活は送りたくない、と思う人達が多い」
わかる、わかる。
でも、日本の場合は女友だちとの憂さ晴らしに逃げて、
ことなかれで行っちゃうんでしょうね。

メリル・ストリープ演じる妻が夫を愛しているという前提が
あるから成り立つ展開なんですが、この前提自体が「あり得
ない」と思っちゃうんですよね。

というわけで、男性ストリップに女性客が殺到するのかな(^_-)