ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

サイド・エフェクト -1- Side Effects

サイド・エフェクト -1-
Side Effects

f0165567_618322.jpg

©2013 Happy Pill Production

サイド・エフェクト=副作用
しかし、こんなことが映画になってしまうのだなぁと、
これでもかとばかりにネタを探し求めるハリウッドにはホントに感心します。

そう、鬱病をめぐるお話なんです。
とはいっても、ただの病気の話ではありません。

効き目の高い薬なら、当然、副作用も伴う訳でありますが、
作用があれば副作用や反作用があるのは薬だけではありません。

鬱病の薬と殺人事件と男女の仲、最後まで気が抜けない心理サスペンスが登場しました。

監督は7月末当試写室でも上映した「マジック・マイク」のスティーヴン・ソダーバーグです。
http://mtonosama.exblog.jp/20099859/ http://mtonosama.exblog.jp/20118976/
そうそう、あのストリップダンサーを演じたチャニング・テイタムも出演します。
(今回は「え?あの締まった身体はどこにいった・・・」ですけど)

f0165567_6322738.jpg

「セックスと嘘とビデオテープ」(‘89)で鮮烈なデビューを果たしたソダーバーグ監督。
弱冠26歳でカンヌ国際映画祭パルムドールを史上最年少で受賞して24年。
ジャスト50歳を迎えた今年、なんと本作「サイド・エフェクト」が彼にとっての最後の劇映画になります。

なにゆえ最後なのか、というと、
なんと、画家になりたい、のだそうです!
(ニューヨーク・タイムズ紙のインタビューに語った話です)

「エリン・ブロコビッチ」(‘00)、「トラフィック」(‘00)、「オーシャンズ」シリーズ(‘01~)、「チェ」二部作(’08)など
一つのカラーにしがみつくことなくさまざまな作品を発表し続けてきたソダーバーグ監督ですから、
画家という道も案外彼らしい選択かもしれませんね。

お金がなくなったら監督業にもどって「オーシャンズ」シリーズを制作するんですって。

さてさて、本作ですが、最後の劇映画というだけあって、
謎やらヒッカケやら一筋縄ではいかない作品であります。

一筋縄ではいかない理由のひとつは
脚本担当のスコット・Z・バーンズがNYの精神病棟施設ベルビュー・ホスピタルで過ごすという経験をしたこと。
といっても患者として過ごしたのではなく、TVドラマの取材をしたのですが。

彼は医療TVドラマ「Wonderland」(‘00)の脚本を書く際、
犯罪歴を持つ患者も含む多くの収容者と取り組む精神科医の様子を観察し、
大きな影響を受けたということです。

ここでの体験から精神病理学の世界を舞台にしたサスペンスを書きたいと思ったバーンズ。
当時ベルビュー・ホスピタルの司法精神医学部の要職にあった人物のアドバイスを受け、
書きあげたのがこの「サイド・エフェクト」でした。

抗鬱剤の副作用なんてところに着眼するのは、薬大国アメリカならではでしょう。

f0165567_6305140.jpg

どこまでが正常で、どこからが病気なのか、
薬剤の副作用で起こした犯罪は果たして罰せられるのか・・・・・

最後の最後まで気を抜けないお話ですよ。
さあ、どんな展開なのでしょうね。
続きは次回まで乞うご期待でございますわよ。



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆9月4日に更新しました。いつも応援して下さって本当にありがとうございます☆

サイド・エフェクト
監督/スティーヴン・ソダーバーグ、製作/ロレンツォ・ディ・ボナペンチュラ、グレゴリー・ジェイコブズ、脚本・製作/スコット・Z・バーンズ、美術/ハワード・カミングス
出演
ジュード・ロウ/ジョナサン・バンクス博士、ルー二―・マーラ/エミリー・テイラー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ/ヴィクトリアル・シーバート博士、チャニング・テイタム/マーティン・テイラー、ヴィネッサ・ショウ/ディアドラ・バンクス
9月6日(金)TOHOシネマズみゆき座ほか全国ロードショー
2013年、アメリカ、英語、106分、字幕翻訳/川又勝利、配給/プレシディオ
http://www.side-effects.jp/

by Mtonosama | 2013-09-04 06:45 | 映画 | Comments(11)
Commented by すっとこ at 2013-09-04 09:11 x
えぇえええええええええええええええええええええええええええ!

“セックスと嘘とビデオテープ”の監督だったんですか!
困るなぁいつもイケメンがとろけるように描かれてて。
“セックス”の時のジェームズ・スペイダーのまるきりマッチョで
ない弱弱っちい謎めいた美しさに瞬殺されてしもうた自分でした。
マジックマイクは観てないけど

今度は“サイドエフェクト”で ジュード・ロウですか!
たまりまへんわ。英国ハンサムの旗手ですわね。
ジュード・ロウに惹かれて観たいなぁ。

キャサリン・ゼータ・ジョーンズといえば別居の噂が聞こえて
まいりました。マイケル・ダグラスとの結婚のときたくさんの
契約をしたんだけどその中のひとつが「離婚の時の慰謝料」で
莫大な金額があらかじめ設定されておりました。
だいじょぶか?マイケル?

ミーハーな懸念ですね。ポチッ。



ところでキャサリン・ゼータ・ジョーンズに
別居の噂?結婚のときに「離婚になったら莫大な
慰謝料払う」の項目がありましたっけ。
マイケル・ダグラスだいじょぶか???

とまたまたミーハー。ポチッ。
Commented by すっとこ at 2013-09-04 09:14 x
途中で強制終了の憂き目にあって
3度書き直しとなりまして。
ヘンな投稿になってゴメンです。
Commented by poirier_AAA at 2013-09-04 20:12
昔、親しくしていた友人が鬱病になったとき、かなり壮絶な体験をしました。病気の本人も切ないでしょうが、周りの人もすごく大変なんです〜。これが当人の本音(本性)なのか、それとも病気(薬)の為せる技なのか、それがわかれば苦労しないんですよね。あぁ、なんだかいろいろ思い出してしまいました〜〜〜。

Commented by Mtonosama at 2013-09-04 21:27
♪すっとこさん

マイケル・ダグラス、最近見ないですよねぇ。
そっか、そんなことになっていたのか。
だってさ、この二人結婚した時から、
マイケルさんは結構お歳を召していらっしゃいましたもんね。

「セックスと嘘とビデオテープ」の監督さんですわよ。
しかし、この映画、あまり印象に残ってないです。
ビデオで観たからかな。
ビデオって・・・・・
古いなぁ。時代を感じますわねぇ。

ミーハー情報&ポチッをありがとうございます。
Commented by Mtonosama at 2013-09-04 21:32
♪poirier AAAさん

お友達が鬱病ですか?
私も身内が鬱病になり、大変でした。
本人は自分が病気のときにとった態度を全然覚えていないというんです。
ホントなのかなぁ。

でも、結構きつい思いをしたから、この映画みたいに抗鬱剤の
副作用を利用した犯罪みたいなトリックを使われると複雑な
気分になります。
Commented by アイスケーキ at 2013-09-05 21:26 x
面白そうな ストーリーですね。
私の好きな 「どんでん返し」物ですか?

薬による副作用。
病気のふりをして 殺害・・・。

加害者の責任能力が問えないとして 無罪になったら、
被害者は 浮かばれませんよね。

次回ストーリー 楽しみです~。
Commented by millefiorin at 2013-09-05 23:35
えぇ?画家ですか?
私も「セックスと嘘とビデオテープ」を観て
ジェームズ・スペイダー萌えになった口です ^ ^;
そういえば、当初、キェシロフスキ監督は
この映画で好演していたアンディ・マクダウェルを
「ふたりのベロニカ」のヒロインに予定していたそうです。
なんでも契約などの問題で起用できなくなったのだとか。
最後の映画なら、映画館から遠ざかっている私ですが行かねば!
Commented by Mtonosama at 2013-09-06 07:07
♪アイスケーキさん

どんでん返しを期待してください^m^

どんどんでんでん、これだから映画は止められません。
乞うご期待です。
Commented by Mtonosama at 2013-09-06 07:12
♪milleofioriaさん

そう、画家なんだそうです♪
画家がだめなら「オーシャンズ」でまた儲けるさ、だそうです。

あれがダメならこれがある、なんて羨ましいです。

でも、最近これが最後の作品とかいいながら、
やっぱり作っちゃった、って監督さんもいますから、
ソダーバーグ監督もどうでしょう。
Commented by よもぎ at 2013-10-07 17:20 x
一ヶ月遅れのコメントで(*^^*。。。

あの「エリン・ブロコビッチ」の監督さんの作品なのですネ! (エリン。。はDVDを借りて初めて見ましたが、好きな作品なんです。)
『サイド・エフェクト』は、数ヵ月後(できれば新年)に、DVDになったのを見てみたいと思います。 
楽しみです!!

ひかちゃん、ほんとに大きくなりましたね。 うちのみいはもう17歳ですが、わたしの腕も引っかき傷だらけです^^。 爪きり?それは命ガケ(^^)になるかも。まだ試してません。
Commented by Mtonosama at 2013-10-07 20:37
♪よもぎさん

ソダーバーグという監督さんはホントにいろんなカラーの
映画を撮る人です。「サイド・エフェクト」新年にはDVD
になってますよね。お正月にじっくりお楽しみください。

ひかちゃんは身体が随分長くなりました。
そして、随分重くなって、食品用の秤では量れなくなりました。

17歳になってもひっかくのですか?
おとなになったらやらないと思ってましたが・・・

猫初心者はヤンキーひかちゃんに毎日泣かされています^_^;