ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

そして父になる -2-  LIKE FATHER,LIKE SON

そして父になる -2-
LIKE FATHER,LIKE SON

f0165567_6114196.jpg

©「そして父になる」製作委員会

『そして父になる』
英語タイトルは”LIKE FATHER ,LIKE SON”。
「父のように、息子のように」って意味ですかねぇ。

かなり映画の真意を伝えてくれるタイトルです。

男にとって子どもを持つということは、
女とは違って産みだす作業がないだけに、
まずは父親であらねば、
と思いこむことから始まるのかもしれませんね。
父性というのは最初からあるものではなく、
その獲得には、母性以上に努力が必要なのかもしれません。

さあ、どんなお話なのでしょうか。


f0165567_6225842.jpg

ストーリー
野々宮良太は一流大学を出て、大手建設会社に勤務。
都心の高級マンションに暮らすバリバリの勝ち組である。
それらは全て自分の努力と能力で獲得したと思っている。順風満帆な人生。
気になることといえば6歳になった一人息子慶多が優しすぎる性格であることくらいか。

だが、一本の電話が彼の順調な人生に小石を投げこむ。
そして、その波紋は次第に大きく拡がっていった。
11月のある日、妻のみどりが慶多を産んだ群馬の病院で
子どもの取り違えがあったことが判明したのだ。
DHA鑑定の結果、慶多は他人の子だった。

病院側の仲介でまずは親だけで面会。
野々宮良太は群馬で小さな電気店を営む斎木雄大とその妻ゆかりに会う。
野々宮夫婦とはまったくタイプの違う夫婦である。

病院側は一般的にはほぼ全員が血のつながりを選ぶものだと説明し、
できるだけ早く決断することを提案する。

翌月、子どもを連れて会うことになった二家族。
ショッピングモールのカフェで良太とみどりは実の子である琉晴をみつめる。

年が明け、二家族は実の子を家に一泊させることに。
みどりとゆかりは同郷ということもあり、母親同士心を開き、子どもたちの情報を交換。
初めての宿泊の日、慶多を送り届けた良太は斎木家のみすぼらしさにとまどった。
だが、斎木家ではゆかりの父も加わり、6人の賑やかな食卓で餃子を囲み、
食後は雄大が子どもたちと一緒に狭い風呂に入る。
一方、野々宮家は都会的な高層マンションのダイニングテーブルですき焼き。
3人だけの静かな食事。良太は琉晴の箸遣いを正す。

小学校の入学式が終わっても結論を出せない二家族……

f0165567_625560.jpg

血のつながりか、6年間の歳月か。
病院側の言うように、世間は血のつながりを選ぶものなのでしょう。
だが、6年間の歳月は決して短いものではありません。
でも・・・
やっぱり・・・
簡単に結論の出る問題ではありません。
映画を観ながら、みどりやゆかりの立場に立ちながら、一緒になって迷ってしまいます。

5年前に自身も子を持つ親となり、
自分と子どもを繋ぐものについて考えるようになった是枝監督もそうだったのでしょう。

群馬の電気屋から都心の高層マンションに連れてこられた琉晴の小さな背中が
窓外に拡がる都会の風景を眺めながら自分の置かれた状況を全身で拒絶しています。
父を忘れることで血のつながらない父との絆を守り抜こうとするかのような慶多のこわばった肩。
是枝監督は子どもを撮らせたら天下一品です。

監督は参考文献として「ねじれた絆―赤ちゃん取り違え事件の十七年」(奥野修司著、文春文庫刊)を読み、
ほとんどのケースが「血」を選んで、お互いの子どもを交換する中、
子どもを交換しないという選択をした家族もいたということに刺激を受けたそうです。

これはもちろん家族の映画ではありますが、
《父になること》を描いた男の映画なんだと思います。

正直言って、野々宮良太の上から目線はいやらしい。
いくら福山さんでもちょっと・・・
こんな男が連れあいだったらぶっ飛ばしてしまいます。
挫折を知らない会社人間が子どもの取り違え事件をきっかけにして変わっていく――
確かに知人が言うようにベタな展開かもしれません。

とはいえ、野々宮良太が慶多や琉晴のどちらかを選ぶということではなく、
父になっていく、父であることに気づくシーンは感動的です。

《父帰る》でも、《父性の復権》でもなく、「父になる」以外のなにものでもありません。
男というのは不器用でやっかいな生きものなのですね。





今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆9月21日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

そして父になる
監督、脚本、編集/是枝裕和、撮影監督/瀧本幹也、製作/亀山千広、畑中達郎、依田巽、参考文献:奥野修司著「ねじれた絆―赤ちゃん取り違え事件の十七年」(文春文庫刊)
出演
福山雅治/野々宮良太、尾野真千子/野々宮みどり、真木よう子/斎木ゆかり、リリー・フランキー/斎木雄大、二宮慶多/野々宮慶多、黄升炫/斎木琉晴、中村ゆり/宮崎祥子、高橋和也/野々宮大輔、田中哲司/鈴木悟、井浦新/山辺真一、風吹ジュン/野々宮のぶ子、國村隼/上山一至、樹木希林/石関里子、夏八木勲/野々宮良輔
9月28日(土)ロードショー
2013年、日本、120分、配給/ギャガ、http://soshitechichininaru.gaga.ne.jp/

by Mtonosama | 2013-09-21 06:34 | 映画 | Comments(8)
Commented by びなちゃん at 2013-09-21 09:23 x
子供にこれからも会えるのなら、そのままで?
迷いますね。育つ環境が違うのだから。
アメリカなら里親になる人は沢山いるし(それに離婚の回数で子供達も増える…)日本ならではの、いいや、日本の男ならではの事でしょうか。
子供は神様からの預かり物、あっという間に成長し自立していくのですが。
交換を希望しなかったという家族も居たという原作、それは少なくとも2組の家庭の、選択、決断ですよね。原作読んでみます。
Commented by アイスケーキ at 2013-09-21 20:45 x
6年ですか。 
子供の成長にとっては 一番大事な時期ですね。

血のつながりも大事だけど 6年は重いです。

福山さんが出てるから、 だけじゃなくて
重いテーマの作品として じっくり見たいです。
Commented by Mtonosama at 2013-09-22 08:40
♪びなちゃんさん

迷いますよねぇ。
間違えられた家族同士、同じ家に住んだという話も聞きました。
しかし、それだってねぇ。

おっしゃる通り、過ぎ来し方を見れば、
ほんとに子どもはあっという間に大きくなってしまうんですけどね。

いろいろ考えてしまいました。
Commented by Mtonosama at 2013-09-22 08:43
♪アイスケーキさん

6年です。
寝返りうったの、立ったの、歩いたの、病気したの、で、
一喜一憂し、幼稚園に入り、小学校に入学し、
の段階で「あなた方のお子さんではありません」と言われたら・・・

悩みます。
Commented by poirier_AAA at 2013-09-23 17:38
6年は長いですよね。
最初の濃密な6年間を忘れて、それじゃぁと血の繋がりを選ぶことができるだろうかという気がします。

親にとっても難しいことですが、子どもにとっても世界がひっくり返るほどの大事ですよね。これまで親だと信じて疑わなかった人が、実は血縁も何もない人だった、そう言われても6年間に培われた心の繋がりは簡単には乗り換えられません。迷う親の気持ちもよくわかる反面、そんな迷う大人の姿を見せられる子どもが可哀想になりました。

フランスでは年末に公開されるようです。今から楽しみです。
Commented by Mtonosama at 2013-09-24 06:48
♪poirier AAAさん

本当に親にとっても子どもにとっても残酷な選択だと思います。
父になることがテーマではありますが、《血のつながった》
両親の家にお泊り体験する子どもの困惑が実に印象的に描か
れています。

子どもがいくつであれガツンと来るのですが、poirier AAAさ
んのお子さんたちは本作の慶多くんや琉晴くんと歳が近いだ
けに尚更でしょうか。年末、是非ご覧になってください。
Commented by すっとこ at 2013-09-26 04:48 x
やーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと

コメント書くj間ができました。
   まだ時差が抜けきらん自分です。

'LIKE FATHER, LIKE SON"が英語タイトル
とのこと。
「この父にして この息子あり」
と言う感じと思います。
「血は争えない」というニュアンスでしょうか。

観たいなぁ、この映画。
9月の機内映画ではやってなかったけど
10月のはラインナップ変わってやってくれるかしら?

米系ユナイテッドさん、頼むぞ!

頼みながらポチッ!
Commented by Mtonosama at 2013-09-26 08:59
♪すっとこさん

ほんと、お疲れ様!
忙しすぎて時差もどっかで凝固してたのか?

「この父にして この子あり」ですか。
なるほど本場の英語の遣い手は鋭いなぁ。

映画の印象は、子も父もそのようにふるまうという感じだったなぁ。

機内映画で観られるといいですね。
10月は上映するんじゃないかなぁ、と無責任に見解を述べるとのであります。

忙しい中も、ポチッをありがとうございました。