ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

蠢動 -しゅんどう- -2- BUSHIDOU

蠢動 -しゅんどう- -2-
BUSHIDOU

f0165567_6442321.jpg

©2013三上康雄事務所

映画といえばチャンバラだった時代、いつも週末には近くの東映の映画館へ連れていかれました。
記憶に残っているのは金糸銀糸の美しい衣装をまとい、
目張りをいれてきりっとした東千代之介さま、大川橋蔵さまたち大スターの豪華絢爛なお姿。
ああ、懐かしい。
ラストシーンの定番。富士山を望む田んぼ道を三度傘を振りながら遠ざかる中村錦之介。
そうそう、錦ちゃんなどと呼んでましたわ。
これぞ、日本人の原風景であります。

あ、いけない。勝手に昔を偲んでしまいました。

本作「蠢動 -しゅんどう-」は目張りを入れた大スターも絢爛豪華な衣装も登場しません。
しかし、その昔、ちゃんばらに興じた少年少女たちのあの想いが本作には息づいています。

そうです、そうです。
土門拳のこの写真にみなぎる少年たちの裂帛の気魄です。
f0165567_6382837.jpg


さて、三上康雄監督。
かつて橋本忍脚本による「切腹」(‘62)「仇討」(‘64)「上意討ち 拝領妻始末」(‘67)
などの時代劇に感銘したそうです。
ですが、それ以降、自分の観たい時代劇には出会えず「ならば自分で創ろう」と決意。

その監督が観たい時代劇とは、
それぞれの登場人物が自らの意志を貫こうとし、
武士道と人間としての生き方の間を揺れ動く群像劇であります。

その思いの通り、
走り、斬り、闘う――
まさにちゃんばらの原点を観ることができました。
観客も息が弾み、肩に力が入ります。

さらに、作品の根底に流れる
武士道とはなにか?
人として生きるとは?
お家のためにはいかなる理不尽をも受け入れるしかないのか?
という問い。

そのリアルで躍動感溢れる映像にはきっと息を呑み、のめりこんでしまうはず。
さあ、いったいどんなお話でしょうか。


f0165567_6480100.jpg

ストーリー
享保二十年。
享保の大飢饉から三年が過ぎた。
因幡藩は落ち着きを取り戻したように見えた。
しかし、江戸幕府から遣わされた剣術指南役・松宮十三が城内を探っている様子。
それを知った城代家老・荒木源義は用人の舟瀬太悟に松宮を調べさせるのだった。

因幡藩には剣術師範の原田大八郎がいた。
幼時に父を亡くした藩士の香川とその姉・由紀は原田に信頼を寄せている。
原田は剣術の弟子でもある香川の望みである剣術修行実現のために奔走していた。

ある日、城代家老・荒木のもとに松宮を探っていた用人の舟瀬から報告が。
それは、松宮が幕府へ送る密書を入手したというのだ。
そこにあったのは因幡藩の内情を全て調べたという一文――
さらに、江戸表より西崎隆峰が使者として因幡藩に向っているという報告も。
松宮と西崎が顔を合わせれば因幡藩が改易、お取りつぶしになるのは必定。

荒木は決断する。
そして、このことが原田と香川姉弟の人生を大きく変えることになるのだった……

雪の中を走る討手たち。悔しさを胸に抱え、ひたすら逃げる若侍。
激しい息遣い、雪を蹴り走る侍たちの足音、閃く切っ先、倒れる討手、噴き出す血しぶき――

ノンストップ躍動感!
追い打ちをかけるように興奮をあおり、あるいはタメをもたせ、追いつめる和太鼓の響きと唸り。
ミュージカル以外で音楽がこれほど主役をはたす映画を初めて観ました。

ちゃんばら好きには絶対たまらない映画です。





今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆10月17日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

蠢動 -しゅんどう-
監督、脚本/三上康雄、プロデューサー/三上康雄、原案/三上康雄・近藤誠二(「蠢動」1982年より)、殺陣/久世浩、照明/宮西孝明、音響効果/伊藤進一、演奏/倭太鼓飛龍
出演
平岳大/原田大八郎、若林豪/荒木源義、目黒祐樹/松宮十三、中原丈雄/舟瀬太悟、さとう珠緒/香川由紀、栗塚旭/西崎隆峰、脇崎智史/香川廣樹
10月19日(土)東京・有楽町スバル座、大阪・TOHOシネマズなんば他全国ロードショー
2013年、日本、カラー、102分、製作/株式会社 三上康雄事務所、配給/太秦株式会社
http://www.shundou.jp/

by Mtonosama | 2013-10-17 06:57 | 映画 | Comments(9)
Commented by ライスケーキ at 2013-10-17 20:59 x
殿さまの文章も 躍動感があふれていますね。

久しぶりの 本格正当時代劇。
よいですねぇ。  ワクワクしてきます。

これも見に行かなくちゃ。
見たい映画が沢山あって 大変です~。
Commented by Mtonosama at 2013-10-18 05:23
♪ライスケーキさん

ありがとうございます。
つい映画を思い出して興奮してしまいまして・・・

「蠢動 -しゅんどう-」明日から公開です。
ご覧くださいね~(^^)/
Commented by poirier_AAA at 2013-10-18 18:34
日本人は、やっぱり和服を着ると格好いいなぁとあらためて思いました。

平岳大という役者さん、わたしは多分初めて見たと思うのですが、なるほどご両親双方の面影がありますね。動画の0:26あたり、闇に浮かび上がった顔の陰影がまさに平幹二朗で、おもわず見とれてしまいました。

時代物も以前と比べるとずいぶん少なくなって来たような気がしています。テレビの時代劇の時代考証も言葉遣いも、わたしが子どものころの時代劇とは随分変わってしまいました。格好良い殺陣が出来る人も、殺陣を教えられる人もだんだん少なくなって来ているのではないでしょうか。ちゃんばら時代劇、なくなってほしくないですねぇ。
Commented by Mtonosama at 2013-10-18 19:58
♪poirier AAAさん

ほんとですね。予告編26秒目、平幹ニ朗にそっくりだ!

この映画、殺陣も良かったのですが、所作の美しさには気持
がシャキーンとします。私も剣道をやってみたくなりました。

時代劇で昔と今と一番違うと思うのは女の人の眉無しとお歯
黒。昔の時代劇では既婚女性役の女優はちゃんと歯を黒くし
ていたような記憶があります。あまり綺麗なものではないけ
れど、ちゃんと伝えていった方がいいと思います。

こういう映画もパリで観られるといいですね。
Commented by すっとこ at 2013-10-18 22:30 x
あっあーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!

ほんとだ!
へたな音楽より もっと素敵な和太鼓の響き!

見たいなぁ。
殿さまの名調子ともあいまって
とても観たい気分にさせてくれる予告編!

日本人である誇りを奮い立たせてくれそうな映画!
凄い監督の登場ですね。
    いや前から登場なさってたんですね、
    こちらが不勉強だっただけで。

んが。
しかし。

ここはNY.....
いつか日本に帰ったら観るチャンスがあるでしょうか?

指咥えながら ポチッ!
Commented by Mtonosama at 2013-10-19 05:54
♪すっとこさん

ね、ね、太鼓すごいでしょ?
お腹の底に響き、ドキドキしてきます。
また、なにかを煽るようなシーンで響いてくるんですよねぇ。いいなぁ、和太鼓♪

NYではやらないかなぁ。
アメリカも自国文化だけの囲い込みみたいなことやめて、
もうちょっと度量を大きくしなきゃあ(なんて少しエラそー
過ぎたか)。

すっとこさんが時々行くという名画座みたいなものがもっと
増えるといいのに。
Commented by ikumin at 2014-03-06 12:02 x
はじめまして。
「蠢動ーしゅんどうー」の大ファンの者です。こちらのブログ、とても嬉しく拝見しました。三上監督を応援するため掲示板を作りました。もしよろしければ一言でもコメント頂けないでしょうか?よろしくお願いいたします。
Commented by ikumi at 2014-03-06 12:03 x
すみません、掲示板は
http://9308.teacup.com/syundoumikamifan/bbs
です
Commented by Mtonosama at 2014-03-07 07:12
♪ikuminさん

はじめまして。お立ち寄りいただき、ありがとうございます。後ほど掲示板にうかがいます。