ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

ある愛へと続く旅 -2- Twice Born

ある愛へと続く旅 -2-
Twice Born

f0165567_635561.jpg

(C)Alien Produzioni / Picomedia /Telecinco Cinema/ Mod Producciones 2012


本作の監督セルジオ・カステリットは言っています。

「映画は“空想の産物”とはいえ、サラエヴォ包囲に代表される旧ユーゴスラヴィアで起きた戦闘は目を背けられぬ真実であり、今なおレイプや当時の記憶が戦火を生き抜いた人々の目から読みとることができます。“真実の”映画は写実的である必要はありませんが、それでも道徳的なストーリーを持ち、感動的なドキュメンタリーで
あり、心理を描写したルポルタージュであるのです」


監督と共に脚本を担当したのはマルガレーテ・マッツアンティーニ。
本作の原作(”VENUTO AL MONDO”)も書いた彼女は、監督の奥さんです。
さらに――
ペネロペ・クルス演じるジェンマの息子ピエトロを演じたのは監督夫婦の実の息子であるピエトロ・カステリット。
線が細い反抗期の少年を好演しました。

かつて(といっても、まだ20年ほどしか経っていないのですが)
戦場だったサラエヴォ、モスタル、クロアチアで撮影された本作。
それにしても、こんなに美しい場所が戦場だったのですね・・・


f0165567_6482352.jpg

ストーリー
優しい夫と難しい年頃の息子ピエトロとローマに暮らすジェンマ。
ある日、彼女に1本の電話がかかってきた。
それは青春時代を過ごしたサラエヴォに住む友人ゴイコからだった。
ジェンマは16歳になる息子ピエトロを伴い、自らの過去を訪ねる旅に出かける。

――20年以上前サラエヴォに留学していたジェンマは友人のゴイコに
アメリカ人カメラマン・ディエゴを紹介された。
ひと目で恋に落ちたジェンマとディエゴ。
二人は結ばれ、ローマで新婚生活を送る。
幸せな二人のもうひとつの望みは子どもだったが、授かることはできなかった。

かつてイタリアの東に隣接するユーゴスラヴィアの美しい都市サラエヴォには
国境を越えて世界中から若者たちが集まってきていた。
だが、そんなサラエヴォにも民族紛争の波が押し寄せてくる。
ディエゴは戦場カメラマンとしてローマからサラエヴォに向った。
その後に続いたジェンマも人道支援活動に参加。今や戦場と化したサラエヴォに暮らし始めた。
戦地サラエヴォでの日々を送りながらも、ジェンマはディエゴの子どもを切望した。
二人は代理母を捜し始め、美しい声を持つ歌手志望の女性アスカに出会う。
彼女に願いを託すジェンマ。
しかし、戦況は日々悪化する。殺害、強姦の日常化――
美しかったサラエヴォはもうどこにもなかった。
そんな中でアスカは出産。
生まれたばかりの赤ん坊を守るためにジェンマはローマに戻ることを決意。

一秒でも早くと軍用機に飛び乗る直前、ディエゴは一人サラエヴォに残ると告げる。
それが二人にとっての永遠の別れとなってしまったのだ――

それから16年後。
ジェンマは命からがらサラエヴォを脱出し、彼女と赤ん坊を助けてくれた大尉と再婚していた。
そして、16歳になった息子ピエトロと共にサラエヴォにやってきた。
ゴイコとの再会。蘇る青春の日々。ゴイコとの間のつきない話題はディエゴの想い出。
ディエゴと出会った場所、過ごした街をピエトロと共にめぐるジェンマを見守るゴイコは
旅の終りにある島へ母と子を誘った。
そこにあったのはあまりにも重く切ない真実だった……

若い恋人たちを前面に押し出すことで戦争の悲惨さが残酷なまでに迫ります。
そう、ビットリオ・デ・シーカの名作「ひまわり」(‘70)を思い出してしまいました。
映画の冒頭、今は亡きディエゴの回顧写真展を見るジェンマの目に映る不思議な薔薇の模様。
そして、ラストで解明されるその謎。
戦争そのものを描くのではなく若い男女の愛を通じて戦争の痛ましさが浮き出してきます。

連日海外ニュースで報道されたあの戦争も20年も経つと忘れられてしまうのかもしれません。
時の流れは容赦がありません。
とはいえ、忘れ去ってしまうにはあまりにも多くの傷跡を人々の心に残しました。
そして、それは次世代につながっていきます。
16歳のピエトロという存在は戦争が終わってからの時間を意味するものであると同時に
新しい時代を引き継ぐものとして描かれているようでもありました。





お手数ではございますが、ポチッとひと押ししていただければうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆11月1日に更新しました。もう11月です。手帳を買わなくては。いつも応援ありがとうございます☆

ある愛へと続く旅 
監督/セルジオ・カステリット、脚本/マルガレート・マッツアンティーニ、セルジオ・カステリット、原作/マルガレート・マッツアンティーニ(バイキング・ペンギン刊)、撮影監督/ジャンフィリッポ・コルテイチェッリ、音楽/エドゥアルド・クルス、製作/セルジオ・カステリット、ロベルト・セッサ
出演
ペネロペ・クルス/ジェンマ、エミール・ハーシュ/ディエゴ、アドナン・ハスコヴィッチ/ゴイコ、サーディット・アクソイ/アスカ、ピエトロ・カステリット/ピエトロ、ジェーン・バーキン/精神分析医
11月1日(金)TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー
2012年、イタリア・スペイン、イタリア語・英語・ボスニア語、129分、原題/VENUTO AL MONDO、http://www.aru-ai.com/

by Mtonosama | 2013-11-01 06:51 | 映画 | Comments(4)
Commented by すっとこ at 2013-11-03 05:16 x
ううううーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーむ!

原題は”Born twice”「2度生れて」なのですね。

実の息子さんが繊細な青年を演じたり
原作がミセスだったり・・・
監督は家族をとても愛しているのね。

だからこそ
戦争や
民族や
距離や
時代で

引き裂かれた家族を映画で表現したかったの
でしょうね。

ペネロペ・クルスが見たいから
この映画、見て見たいなぁ、ポチッ!
Commented by ライスケーキ at 2013-11-03 10:53 x
「あまりにも重く切ない真実・・・」  「ひまわり」
と来れば、ディエゴは生きていた?
と言うことに なるんでしょうか?

それだけで、涙 ぽろぽろ・・・。

ハデハデなペネロペ、  あまり好きでないけれど、
この作品の 彼女 とてもステキですね。
Commented by Mtonosama at 2013-11-03 14:27
♪すっとこさん

日本では11月1日(金)から公開されてます。
やはり秋は見ごたえのある映画が多いですが、
NYはいかがですか?

ペネロペ・クルスはすごい女優さんですね。
ゴージャスだし、演技力はあるし、存在感はあるし・・・
昔でいえばソフィア・ローレンとかBBとかジーナ・ロロブリジータとか、
って感じ?
結局そういう女性にはなれなかった150歳のとのです。

ポチッをありがとうございます。
Commented by Mtonosama at 2013-11-03 14:33
♪ライスケーキさん

「ひまわり」はソフィア・ローレンがソ連まで
捜しにでかけるところも、
ソ連で若い奥さんに出会うところも、
ふりむきもしないで記者に飛び乗るところも、
そして、ラストも本当に切ないです。
これだけ書いたら思い出して涙がジワーッときました。

ペネロペは今風のシャープ印象の女優じゃないけど、
素晴らしい女優さんだと思います。

好きですぅ♡