ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

おじいちゃんの里帰り -2- Almanya – Willkommen in Deutschland

おじいちゃんの里帰り -2-
Almanya – Willkommen in Deutschland

f0165567_7295420.jpg

©2011-Concorde Films

脚が短くて胴が長い巨大なネズミみたいなもの―ダックスフントのことです―
を大事そうに散歩させているドイツ人。
ワケのわからない言葉を話し、水の流れるヘンなトイレで用をたすドイツ人。
おばあちゃんの目に映った初めてのドイツはとってもおかしな国でした。

でも、おじいちゃんもおばあちゃんも
(もちろん、50年前は若いおとうさんとおかあさんでした)、
もうドイツに暮らして半世紀。
ドイツで生まれた三男とドイツ人の母との間に生まれたその孫は、
サッカーのドイツ・トルコ戦では自分はどちらを応援すべき?と悩む程大きくなりました。
悩める6歳・チェンク少年はおじいちゃんもおばあちゃんも大好きです。

f0165567_7334826.jpg

あ、そうそう、もうひとりの孫は22歳の女子大生チャナン。
おじいちゃんとおばあちゃんのこれまでの人生をよく知らないチャナンくんや観客に
彼女がいろいろ説明してくれます。
そんな優しくて頼りがいのあるチャナンも、実は家族には内緒でイギリス人の彼氏とつきあい、
おなかには彼の赤ちゃんまでいるという大変な事態にあるんですけどね。

そんな大家族や、あれやこれやを抱えて、おじいちゃんの里帰りが始まります。


ストーリー
ドイツに住み、ほぼ半世紀。
猛烈に働いて家族を養い続けてきたイルマズ家の当主フセイン。
大学生の孫娘、6歳の孫もいる大家族のおじいちゃんだ。
一見平凡な家族だが、それぞれが悩みを抱えている。
おじいちゃんの長男ヴェリと次男のモハメドは子どもの頃から仲が悪いが、いまだに険悪。
孫娘チャナンは英国人の彼氏との間に子どもができ、誰にも話せず頭が真っ白。
6歳のチェンクでさえ、サッカーのトルコVSドイツ戦で生まれて初めてのアイデンティティの悩みに直面――

そんなある日、突然おじいちゃんが言う。
「故郷の村に家を買ったから、家族みんなでトルコへ行くぞ!」
みんな気乗りしないが、おじいちゃんの強い意志に押しまくられ、渋々従うのだった。
そして、出発まで後わずかというとき、
なんと100万1人目の移住者として
メルケル首相の前でスピーチをしてほしいという招待状が!
誇らしさと50年ぶりの帰郷を前に孫のチェンクとスピーチの練習に励むおじいちゃん。
浮かない顔のチャナンを気遣うことも忘れない優しいおじいちゃんだった。

そして、いよいよ家族のさまざまな思いを乗せ、おじいちゃん自らが運転するマイクロバスは
一路トルコへ……


f0165567_735814.jpg

チャナンの妊娠やチェンクのアイデンティティ、ヴェリやモハドの長年の兄弟ケンカ――
さあ、ドイツ移住後初めての里帰り。
旅はいつでも大きなお土産をもたらしてくれるものですが、
このお里帰りもきっとそれぞれの心の内にすばらしいお土産をもたらしてくれたことでしょう。

おじいちゃんとおばあちゃんが初めてドイツに来た時、
おじいちゃんたちがドイツ語を話し、
駅やお店屋さんのドイツ人たちがトルコ語を話しています。
知らない言葉へのとまどいがうまく表現されてるなぁと笑ってしまいました。
ドイツの生活習慣のひとつひとつがトルコ人にとっては
「え~~っ!こんな不便な生活信じられな~い」
だったんでしょうね。
セピア色の50年前と原色の現代。時間旅行とトルコ旅行。
融通無碍なロードムービーでした。良い映画でした。





今日もポチッとお願いできればうれしいです♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆11月22日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆
おじいちゃんの里帰り
監督/ヤセミン・サムデレリ、脚本/ヤセミン&ネスミン・サムデレリ、製作/アニー・ブルンナー、アンドレアス・リヒター、ウルズラ・ヴェルナー
出演
ヴェダット・エリンチン、ラファエル・コスーリス他
11月30日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町他ロードショー
2011年、ドイツ、ドイツ語・トルコ語、101分、日本語版字幕/間渕康子、トルコ語協力/武田歩、後援/ドイツ共和国大使館、東京ドイツ文化センター、協賛/トルコ航空、配給/パンドラ
http://www.ojii-chan.com

by Mtonosama | 2013-11-22 07:43 | 映画 | Comments(6)
Commented by ライスケーキ at 2013-11-22 20:07 x
ドイツに移民したトルコ人。
同化して たくましく生きているようですね。

100万1人目の移住者が                        首相の前でスピーチするなんて素晴らしい。

殿様はドイツ語わかるから 
いっそう映画が面白かったでしょうね。
Commented by Mtonosama at 2013-11-23 06:47
♪ライスケーキさん

スピーチ場面が感動的!
メルケル首相のそっくりさんが出てきましたし♪

ドイツ語・・・
初めてドイツにやってきたフセインおじいちゃんの気持に
なって聴きました^_^;
Commented by すっとこ at 2013-11-24 07:21 x
わーーーはっはっはーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーぁ!

脚が短くて胴が長い巨大なネズミみたいなもの、
って これ ダックスフントですか!

確かにダックスってドイツの犬だったのですね。
ふんとだ!(ほんとだ!のつもりです、 しーーーーん)

おじいちゃん、異国に順化して また里帰り。

NYに暮らして時々里帰りする自分の境遇と
ついひき比べてしまいましたが
自分は期間限定の駐在暮らし。
おじいちゃんの決意とは雲泥の差がありますね!

でも 異国暮らしってところで
ちょっと
親近感覚えました、ポチッ!
Commented by Mtonosama at 2013-11-24 19:19
♪すっとこさん

フセインじいさん50年目にして初のお里帰りです。

すっとこさんは半年に一回のお里帰りの度に12本の機内映画
を観て、4日で24本の映画を観る良い女ですね。
すごいよなぁ。

異国暮らしのすっとこさん、今日もポチッをありがとうございます。
Commented by poirier_AAA at 2013-11-25 22:08
タヒチに遊びに行ったことがあるんですが、その帰りの飛行機で隣り合わせた青年が、実は日本人の祖先を持つ人だったんです。その祖先の名字とものすごく大雑把な出身地しかわからないまま、自分のルーツを探しに行くんだと目を輝かせていました。

移民の2世や3世だと、どれだけその国に同化したとしてもやっぱりまだルーツとは無縁でいられない世代だと思うのです。無視して忘れようとする人も確かに多いですけれど、知ることで足下がしっかりすることもあるだろうなと思います。家族全員、お祖父ちゃんの里帰りに同行できて、よかった、よかった。
Commented by Mtonosama at 2013-11-26 09:03
♪poirierAAAさん

へぇ、なんかとても良い話ですね。
中国の残留孤児の皆さんもきっとそれくらいの情報しかない
のに、日本へいらっしゃるのでしょうね。
残留孤児の方たちは戦争の傷が痛々しいですが、
明るい気持ちでルーツを求めるってなんか良いですね。

話は違いますが、祖父が活弁士でその足跡を求めていたこと
がありますが、松竹の映画演劇図書館で祖父の一文を見つけ
た時は感動しました。