ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

少女は自転車にのって -2- Wadida

少女は自転車にのって -2-
Wadida

f0165567_543126.jpg

(C)2012, Razor Film Produktion GmbH, High Look Group, Rotana Studios All Rights Reserved.

女性が映画の監督をすることも、女性が映画に出演することも大変な中、
主人公ワジダ、その母親、そして、こわい校長先生を演じた女優さんも皆勇気ある方々です。

映画の中では、男の子が生まれないために、
夫が第二夫人を迎えるというつらい目にあうワジダの母。
伝統的な女性らしさを娘に強いつつも、その未来を大切にしたいと願う女性を演じたリーム・アブドゥラ。
サウジアラビアの古い家柄の家庭に生まれ育った彼女もまた女性を家庭に縛りつける社会で挑戦を続ける
数少ないサウジアラビア女優のリベラル派です。

びっくりすることだらけの本作。
さあ、異文化の国サウジアラビアを訪ねてみましょう。


ストーリー
ワジダはサウジアラビアの首都リヤドに住む10歳の元気な少女。
ある朝、男の子の友達アブドゥラとケンカするが、アブドゥラは「男に勝てるものか!」
と言い捨て、自転車で走り去っていった。
「いつかわたしも自転車を買うんだから」
と心に誓うワジダ――

ワジダが通う学校は女子校で戒律を重んじる校長先生がいつも監視している。
笑い声を立てただけでも「静かに!男性に声を聞かれてしまいますよ」と注意する。
制服の下にはジーンズとスニーカーというワジダはもちろん学校では問題児。

学校からの帰り道、綺麗な自転車がトラックで運ばれているのを目にしたワジダは後を追う。
雑貨店に入荷した自転車をつきとめ、値段を確かめる。800リヤル。
家に帰り、おかあさんに頼むが、聞いてもらえない。
ならば自分で買おうと手作りミサンガを学校でこっそり売ったり、
上級生の密会を橋渡しするアルバイトをしたり。

ところが、その上級生が宗教警察につかまってしまった。
密会の橋渡しをしたワジダも退学になりかかる。
おかあさんが校長に謝罪し、なんとか退学は免れたが、
怒ったおかあさんは「絶対に自転車は買わせない!」と宣言。

その夜、言い争う両親の声が。
父は家を継ぐ男子を得るために第二夫人を迎えようとしているのだ。

ある日、学校でコーラン暗唱コンテストが行われることに。
優勝すると1000リヤルの賞金が出るという。
ワジダはコーランは苦手だったが、自転車のために出場を決めた。

ある夜、父が男たちを招いて宴会。その後片付けをしながら、ワジダは父の家の家系図を眺めた。
そこに書いてあるのは男の名前だけ。
ワジダは自分の名をメモ帳に書き、ヘアピンで家系図にはさみとめるのだった。

コーラン暗唱コンテストの日がやってきた。
順調に勝ち抜いていくワジダだったが、果たして自転車を手に入れることはできるのだろうか……

f0165567_5531855.jpg

監督は
「女性の尊厳を認めない伝統はイスラム教の狭義の解釈とも結びつき、社会に深く根づいています。
それを分解し、再構築するのは難しいですが、戦う価値のある目標です」
と語っています。

女であることがこれほどの不都合と差別をもたらすというのはあまりに理不尽。
ワジダの母親の悲しみと悔しさすらも、
伝統や宗教や習慣として軽くあしらわれていく社会は残酷です。

ワジダの明るさと快活さがサウジの女性たちの明るい未来につながっていくといいなぁ、
と切に願います。





今日もポチッとお願いします。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2013年12月4日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

少女は自転車にのって
監督・脚本/ハイファ・アル=マンスール、撮影/ルッツ・ライテマイヤー、編集/アンドレアス・ヴォドラシュケ、美術/トーマス・モルト、製作/ローマン・ポール、ゲアハート・マイクスナー
出演
ワアド・ムハンマド/ワジダ、アブドゥルラフマン・アル=ゴハニ/アブドゥラ、リーム・アブドゥラ/母、スルタン・アル=アッサーフ/父、アフドゥ/ヒッサ校長
12月14日(土)岩波ホール他全国順次ロードショー
2012年、サウジアラビア・ドイツ合作、アラビア語、97分、字幕翻訳/石田泰子、資料監修/辻上奈美江
http://shoujo-jitensha.com/

by Mtonosama | 2013-12-04 06:01 | 映画 | Comments(4)
Commented by すっとこ at 2013-12-05 01:37 x
ううーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ん!

自分の映画が自国で配給されないという現実が・・・

だとすると、この映画の
「少女が自分の自転車を持ち、さっそうとペタルを漕ぐ」
のも、サウジアラビアではまだあり得ない話なので
しょうか。

うううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう。

こういう暮らし
自分なら我慢できるだろうか?

女児ひとりしか生まなかったわたしは
第二夫人も受け入れなくちゃならなかったのだろうか?

様々なことを考えながらポチッ・・・・。
Commented by Mtonosama at 2013-12-05 07:16
♪すっとこさん

ウルトラマンはきっと断固として第二夫人を拒否しましたよ。

女が無いもののように扱われる家系図のシーンは象徴的で
ありました。家系図に書きこまれるのは男だけ。
女は無視なんてねぇ。
そこに自分の名前をヘアピンでくっつけたワジダちゃん。
監督の気持がすごくよく出てると思いました。

今日もポチッをありがとうございました。
Commented by ライスケーキ at 2013-12-05 20:56 x
「男の子が生まれなくて夫が第二婦人を迎える」
なんて良い方で、
男の子が生まれなくて 首を切られた英国の王妃がいましたね。

生まれた国 時代によって運命を翻弄されます。

私はこれからは男性が受難の世の中が来るのではと
心配してます。

子供は優秀な精子を精子バンクからもらってきて生んで
男性はいらない。
アマゾネスみたいな世の中になるのではないかと・・・。

男性も女性も その特徴を大事にして
平和に共存できる そんな世の中になって欲しいです。
Commented by Mtonosama at 2013-12-06 09:22
♪ライスケーキさん

そもそも女性の方が生物的には単独で存在しうるみたいなこ
とをどこかで聞きかじったことがあります。男は補完的な存
在とか。

でも、こんなこと言いあってお互いに否定し合っていては進
歩がないですもんね。仲良く助け合って生きていきたいです
わ。と、きれいごとを言ってしまった^_^; 

でも、やっぱり相手を認めると言うことは必要ですよね。