ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

2013 BEST 10 OF 殿様の試写室 -1-

2013 BEST 10 OF
殿様の試写室 
 
-1-

f0165567_6515240.jpg

アイルランドの仔猫たち。たまたまこの子たちのお食事時間に行きあわせたのだとか。
Junkoさん、ありがとう!



今年ももうこんな季節になってしまいました。
(なんか毎年同じことを言っているような気がしますが)
個人的には三毛猫ひかちゃんにひっかかれ、ひっかき回された一年でしたが、
こうして試写室の一年を振り返ると、
こんな映画も、あんな映画もあったなぁ、と感慨深いものがあります。
150歳にもなると一年が経つのは本当に速く、
映画の泌みる感じも強くなっています。涙もろくもなりました。

そんな中から選び出すベスト10。
まったく不遜なことではございますが、今年も自分勝手に選びださせていただきました。
本日は10位から7位まで。
行きます。

10位 愛、アムール
Amour
f0165567_652433.jpg


うつろな目の老女に自分を投影する歳になってしまいました。
往年の美男美女が半世紀を過ぎ、老人になった貌をスクリーンにさらす――
知的で有能な芸術家の夫婦も歳をとり、次第に壊れてゆく老妻。
美しかった彼女はピアノも弾けなくなり、
それどころか、日常生活もこなせなくなっていきます

その姿に自分の両親を見るか、自分を見るか。
どの年代にとっても深く泌みる映画でした。

当試写室では2月、3月に上映しました。
http://mtonosama.exblog.jp/18696794/
http://mtonosama.exblog.jp/18708533/



9位 そして、父になる

LIKE FATHER,LIKE SON
f0165567_6545766.jpg


6年間育てた子どもが自分の子ではなかった・・・
先日も60年前に起きた赤ちゃん取り違え事件で裁判になったことが話題になりました。
案外よく聞くこととはいえ、
それがわが身に起こったらと考えると、子どもにとっても親にとっても
つらいという言葉では片づけられない問題です。
解答など出そうにありません。
カンヌ国際映画祭で審査員賞をとった是枝裕和監督作品ですが、
審査員たちもこの問題には悩んだことでしょう。
監督自身、解答など出せなかったと思います。
子を持つ親、親を持つ子に沁みた映画でした。

当試写室では9月に上映しました。
http://mtonosama.exblog.jp/20412943/
http://mtonosama.exblog.jp/20430346/



8位 アルバート氏の人生
Arbert Nobbs
f0165567_6562972.jpg


19世紀の貧しいアイルランドに生きた静かなホテルマンの一生を描いた作品。
ホテルマン?
いえ、実はマンではなくアルバート氏はウーマンだったのですけどね。
実のところアルバート氏が男であろうと女であろうと、それは問題ありません。
一人の人間の生き方を描いた佳作です。
ダブリンの街に降る雪のように静かに深く沁みた映画でした。

当試写室では1月に上映しました。
http://mtonosama.exblog.jp/18316465/
http://mtonosama.exblog.jp/18325322/



7位 故郷よ

Land of oblivion
f0165567_6575997.jpg


「故郷よ」はチェルノブイリ原発事故の映画です。
が、ドキュメンタリーではありません。
事故後25年経って初めて撮られた劇映画です。

25年経過しなければ劇映画として表現できない重い現実。
〈主要電源は原発である〉などという声が聞こえ始める今――
もう一度、もう一度
チェルノブイリの、そして、福島の現実を視なければ。
傷口に沁みる映画です。

当試写室では2月に上映しました。
http://mtonosama.exblog.jp/18576798/
http://mtonosama.exblog.jp/18591585/




今日もポチッとお願いできれば嬉しうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2014年12月27日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆
by Mtonosama | 2013-12-27 07:06 | 映画 | Comments(2)
Commented by 梨の木 at 2013-12-28 19:06 x
なんとなんと、10位にいきなり「アムール」ですか!
う〜む、期待が高まりますね。

9位の「そして父になる」、今週パリで公開が始まりました。ちょっと気ぜわしい時期だけれど、なんとか観に行きたいなぁと思っているところです。
Commented by Mtonosama at 2013-12-28 19:43
♪poirier AAAさん

この時期、ほんとに悩むんです。
だって、どの作品も印象深いんですよねぇ。

時の過ぎるのは早すぎると悩むお年頃ですが、観てきた映画
のことを考えると大変な人生を送ってきたような気持にもな
ってしまいます。

「そして父になる」、今週公開ですか?是非ご覧になってく
ださい。