ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

さよなら、アドルフ -1-  LORE

さよなら、アドルフ -1-
LORE

f0165567_5595165.jpg

(C)2012 Rohfilm GmbH, Lore Holdings Pty Limited, Screen Australia, Creative Scotlandand Screen NSW.


2014年初めての映画紹介です。
「さよなら、アドルフ」。
これまでにない切り口でナチスを描いた映画であります。

めでたいお正月ではありますが、正月気分は三が日まで。
今日からは新しい年という航海への船出といたしましょう。
と、鼻息も荒いとの。
今朝の酒がまだ残っているのか。

昨年の歳の瀬には、人々の制止を振り切って
黒い公用車をとある神社へ乗りつけた首相もおいでです。
特定秘密法といい、
武器禁輸三原則の形骸化といい、
主要電源は原発にありといいはる強硬さといい、
この国をどこへ連れていくおつもりなのでしょうか。

f0165567_67862.jpg

そんな中、ご紹介するのは本作「さよなら、アドルフ」。
これまでも第2次世界大戦時のナチスドイツは数多くの映画になってきました。
連合軍がむかう強制収容所の金網に沿って骨と皮だけになり、
やっとの思いで立っている縦縞の囚人服のユダヤ人たち。
拳を固めて演説するアドルフ・ヒトラー。
ですが、いつ頃からかステレオ・タイプに描かれていたこの時代のドイツが変わり始めました。

あるいは、悩める総統だったり、
ナチスをやりこめるユダヤ人だったり。
その度に時代は変わったと思いながら、
その新しい切り口に新鮮味を感じていましたが、これはまた――

そう、本作はこれまでとは全く異なる視点から描かれています。
ナチス幹部の子どもたちのその後、という視点です。
脚本・監督はオーストラリアのケイト・ショートランド。

オーストラリア映画です。監督はまったくドイツ語を話せませんが、
リアリティを貫くため全編ドイツ語となっています。
「さよなら、アドルフ」。オリジナルタイトルはLORE。
ローレというのは主人公の14歳の女の子ハネローレの愛称です。
ちなみにアドルフは、そう、アドルフ・ヒットラーのアドルフです。
この映画の原作はブッカー賞最終候補になったベストセラー小説「暗闇のなかで」(レイチェル・シーファー著)。

1945年春。敗戦後のドイツ。ナチス親衛隊の高官だった両親が連合軍に拘束され、
14歳のローレは赤ん坊の弟を含む幼い妹弟の5人だけで取り残されます。
彼女は南ドイツのシュヴァルツヴァルトから母方の祖母が暮らす北のハンブルグまで
約900キロ、爆撃で荒廃した国内を縦断する旅に出る……
とはいえ、おばあちゃんに会えてめでたしめでたし、というお涙ちょうだいの
感動ものというロードムービーではありません。

f0165567_691784.jpg

ユダヤ人を殺戮するナチス高官も家に帰れば子を持つ父親であり、
普通の生活を営む家庭人です。
そして、それとは逆に、子どもといえども純粋無垢な天使ではなく、
反ユダヤ人意識を知らず知らずの内に身につけています。
ま、そこが見どころであるのですが。

ローレは14歳。大人とも子どもともいえない中途半端な年齢です。
戦争中、彼女はユダヤ人虐殺の事実を、他の多くの国民同様知らされてはいませんでした。
親の罪は子どもには関係ありません。
ですが、反ユダヤ思想は大人たち同様恐らくは彼女の中にも深くはびこっています。
ローレのドイツ人としての誇りや端然とした姿勢はナチス高官の娘という出自とも結びついています。
14歳であれば充分にそれを理解できる歳でもありましょう。
でも、やはり14歳はまだ大人ではないのですよね。

さあ、いったいどんなお話なのでしょう。
続きは次回で。乞うご期待でございますよ。



今年もポチッをいただければ嬉しうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2014年1月4日に更新しました。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます☆

さよなら、アドルフ
監督・脚本/ケイト・ショートランド
出演
サスキア・ローゼンダール/ハネローレ、カイ・マリーナ/トーマス、ウルシーナ・ラルディ/ローレの母、ハンス=ヨッヘン・ヴァーグナー/ローレの父
2014年1月11日シネスイッチ銀座他にて全国順次ロードショー
http://www.sayonara-adolf.com/

by Mtonosama | 2014-01-04 06:21 | 映画 | Comments(8)
Commented by びなちゃん at 2014-01-04 22:33 x
ちょっと遅れてしまいましたが、明けましておめでとうございます。
今日、初日、イクスピアリに、”ブランカニエヴェス”観てきました。勿論面白く、不・思・議で、哀しい映画でした。ハリウッド映画とは顕かに違う…
10位以内の、”天使の分け前”は、映画館上映には間に合わず、DVDで、昨日借りて観ました。
今年は、なるべく、映画館で観ることを目標にしたいです。
年末年始は、内猫の長毛猫(とっても怖い猫なんです)が、下痢ピーで、う○こまみれになり、2度もシャンプーをするはめに。お互いに疲労困憊。まめじゃない人は長毛の猫は飼ってはなりませぬ~
他の3匹は、怖いもの見たさか、やじ馬か、自分じゃないもんだから、お風呂場に見学に。猫の手も借りたいっての…ひかちゃん、短毛で良かったね。
どうぞ、今年も、よろしくお願いいたします!
Commented by すっとこ at 2014-01-05 00:09 x
2014年第1っかぁぁぁぁぁぁぁああああああああああああああああああああああああい!

そっかー。
14歳をかしらに赤ちゃんまで5人の子供達が・・・。

11歳をかしらに4人の孫のいる自分は
なんだか身につまされる・・・・・。
次回のストーリーが どうかあまり悲惨では
ありませぬよう!
しかし画面暗めなのがハッピーエンドでは
なさそうな。シュン。でもポチッ。

<横ですが
びなちゃんさん、長毛種のお尻の始末大変でしたね!
それも2度も!
他の猫ちゃん達が好奇心むき出しで洗い場見に来てる
のが微笑ましい~。やっぱり猫だにゃ~。
Commented by Mtonosama at 2014-01-05 06:51
♪びなちゃんさん

明けましておめでとうございます。
新年早々大変でしたね。

猫先輩が長毛猫は短毛よりトローイ感じがするよ、と言って
ましたが、やっぱ長毛でもいろいろなんだ。
ロン毛なのに怖い猫って意外感があっていいです。
でも、おなかPだったのか。可哀そう・・・

うちも猫の手って、ほんとに役に立たないなぁと思った年末でした。

ね、ね、「ブランカニエヴェス」いいでしょ?

これからも猫のこといろいろ教えてくださいませ。
本年もどうぞよろしく<(_ _)>
Commented by Mtonosama at 2014-01-05 06:59
♪すっとこさん

2014年第1回上映作で~す。

14歳のローレ、すぐ下の妹、双子の弟、そして、赤ちゃん。
半端なく大変な道中ですよね。

世界では(日本でも)本当にいろいろなことが起こりました
し、起こっています。フーッ(-_-;)

そっか、すっとこさんのような身のつまされ方もあるんだよね。
ラストに出てくるハンブルグのおばあちゃんを見てすっとこさんはどう感じるかなぁ。

今日もポチッをありがとうございました。

Commented by よっしー at 2014-01-05 14:36 x
今年もとのさまの試写室を楽しみにしております!お屠蘇気分もぬけていないあっしですが、すでにこちらでは深く重いテーマが論じられていて、シャキッとせねば〜^^; 昨年のランキングも参考にさせていただき・・・とりあえず、アルバート氏を借りてきて(←おそいね))グレングローズさんを見直しました、見てよかったー!!! 映画館から遠のいているあっしですが、、、こちらの試写室のおかげでなんとかしのいでおります!!(なんのこっちゃですね))
Commented by Mtonosama at 2014-01-05 15:22
♪よっしーさん

アルバート氏、ご覧になりましたか(^^)/
いいでしょ?
って、みなさんにそんなこと言ってるけど、でも、良いですよねぇ。
今日みたいな寒い日、アイルランドのうら寂しいような雰囲気とアルバート氏の人生がしみじみ迫りますです。

今日こそ酒は抜こうと思って、初泳ぎに行ったらおしること
樽酒が用意されていて、当然のように酒を選んでしまった自分であります。

今年もよろしくお願いします<(_ _)>

(ひかちゃんが「なんかくれ~、なんかくれ~」とずっと鳴いています)
Commented by ライスケーキ at 2014-01-05 17:04 x
今年もよろしくお願いいたします。
新年早々  ライスケーキ(お餅)食べ過ぎて
お腹ボンボンのライスケーキです。
昨年の健康診断で背が縮んだのに、体重は増えてしまったので ダイエットしなきゃいけないのに・・・。

この映画 新聞で紹介を読んで興味を持ちました。
殿さまにも紹介してもらって、是非是非見たいです。

日本が間違った方に進みませんように。
映画を見ていろいろ考えることがありそうです。

ひかちゃんにもよろしく!
Commented by Mtonosama at 2014-01-05 20:18
♪ライスケーキさん

こちらこそよろしくお願い申し上げます。

元日はおよばれで食べすぎ呑み過ぎ。晩御飯が食べられませんでした。
二日はお客さんがいらして食べすぎ、食事は一食のみとなりました。
三日はおせちにあきて中華を食べすぎ、晩御飯抜き。
四日は食べ疲れ、呑み疲れで一日ごろ寝。
これが私のお正月。トゥリャトゥリャトゥリャトゥリャ♪

と、結構食事を抜いたから体重も減ってるかな、と思ったら
1キロ増えてました。

ガックシ。
ひかちゃんはいつだって腹減りで、非常に重たくなってます。