ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

さよなら、アドルフ -2- LORE

さよなら、アドルフ -2-
LORE

f0165567_6143295.jpg

(C)2012 Rohfilm GmbH, Lore Holdings Pty Limited, Screen Australia, Creative Scotlandand Screen NSW.

2013年10月に当試写室で上映した「ハンナ・アーレント」で
ハンナは“命令されたから殺しただけだ”というアイヒマンの言葉を問題にしていました。
“悪の凡庸”ということも言っていました。
自分の意志ではなくても、命令されればなんでもするのか、許されるのか、
ということをつきつけてきた映画でした。
http://mtonosama.exblog.jp/20634449/ http://mtonosama.exblog.jp/20659388/

いえ、「ハンナ・アーレント」と本作とは関係ありません。
ただ、“アドルフの子ども”とでもいうべきローレに
子どもだからという理由で責任を追及されずにいられるのか、
という視点を持ってしまうのは、ハンナ・アーレントの影響が強いかもしれません。
そして、彼女たちの900キロの旅が過酷な罰と思えてしまうのも、その影響でしょうか。

第63回ベルリン映画祭で“シューティングスター2013”に選ばれたサスキア・ローゼンタール。
彼女がローレという困難な役柄を深い陰影と共に好演していました。

シューティングスターというのは、
ヨーロッパ映画界に登場したニュー・スターを
いち早く取り上げて紹介しつつ、彼らの栄光を讃え、
これを今後のステップ・アップに役立ててもらおうという趣旨で始められたイベント。

これに選ばれれば、まさに“君こそスターだ!”であります。
これまでにも
1999年「ミケランジェロの暗号」のモーリッツ・ブライプトロイ
2003年「グッバイ・レーニン」のダニエル・ブリュール
2009年「愛をよむひと」で女子の紅涙をしぼったディヴィッド・クロス
たちを輩出していますね。

彼女もまた近い将来ドイツを代表する大女優になること、間違いなしです。

あ、すいません。
とのの好きなモーリッツ・ブライプトロイの名前を見たもので
興奮してまたまた横道に逸れてしまいました。

さて、ストーリーです。


f0165567_6203662.jpg

ストーリー
1945年春。敗戦直後のドイツ。
ナチス幹部だった両親が連合軍に拘束され、
身を寄せていた家からも追い出された14歳のローレ。
彼女は妹のリーゼル、双子の弟ギュンターとユルゲン、そして赤ん坊のペーターと共に、
900キロも離れたハンブルグにある祖母の家を目指す。

過酷な旅の途中、ローレ達はあるキャンプに立ち寄る。
そこで目にしたものはナチスが行ったユダヤ人虐殺の写真だった。
優しかった父と同じ制服を着た軍人、そして、痩せ衰えたユダヤ人の遺体――
その夜、眠れないままに写真の前に立ち尽くしたローレはそれらを破り取ってしまう。

翌日、キャンプを後にしたローレ達は連合軍兵士たちに呼びとめられた。
うろたえるローレを救ってくれたのは一人の青年だった。

「兄のトーマスだ」と身分証を提示する青年。
そして、その身分証にはユダヤ人であることを示す黄色い星が挟まれていた。

一緒に旅をするようになったトーマスに幼い妹弟たちはすぐに懐いた。
ドイツは戦争に負け、連合国によって分割統治されていること。
今、いる場所はアメリカ地区だということ。
北には行けないということ。
祖国は世界中から憎まれているということ・・・
トーマスは教えてくれた。しかし、ローレはユダヤ人である彼に心を許すことはできない。

しばらくしてソ連地区に入った。祖母の家はまだまだ先。
空腹を訴える弟たちのためにトーマスは森の奥に入っていった。
不安な時間を過ごしていたローレたちの目に小さな人影が見えた。
「トーマスだ!」ローレの制止を振り切って飛び出した弟ギュンターを銃声が襲った。

小さな亡きがらを弔うこともできないまま、先を急ぐ一行。
絶望感に沈むローレにトーマスはここから先は検問はなく、汽車にも乗れることを告げる。
「もう頼るな」。
「私たちを置いていかないで」とすがるローレにも態度を変えないトーマス。

―― トーマスはローレと共に汽車に揺られていた。
虐殺されたユダヤ人を話題にしている乗客。
その横で身を固くしているローレ。
連合軍兵士がやってきたとき、トーマスの様子が変わった。
そして、そのまま、列車を飛び降り、闇の中へ走り去って行った……

長い旅、重い旅。
14歳の少女が小さな妹弟を連れ900キロも移動するのはあまりに荷が重いことです。
道中、同行する謎の青年。
ユダヤ人の身分証を持っていますが、それが本人のものなのかもはっきりとはしません。
信じてきたものが一斉にひっくりかえり(アドルフ・ヒトラーも、父すらも)
憎み続けてきたユダヤ人に救いを請うまでに追いつめられたローレの絶望。
14歳で抱え込むには重すぎる現実でした。
トーマスに助けを請うことが、この誇り高い少女にとっては
これまでの自分を壊す第一歩であったのですね。

重い映画です。見ごたえのある作品でした。





今日もポチッとしていただければ嬉しうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2014年1月7日に更新しました。いつも応援してくださって誠にありがとうございます☆

さよなら、アドルフ
監督・脚本/ケイト・ショートランド
出演
サスキア・ローゼンダール/ハネローレ、カイ・マリーナ/トーマス、ウルシーナ・ラルディ/ローレの母、ハンス=ヨッヘン・ヴァーグナー/ローレの父
2014年1月11日シネスイッチ銀座他にて全国順次ロードショー
http://www.sayonara-adolf.com/

by Mtonosama | 2014-01-07 06:32 | 映画 | Comments(6)
Commented by すっとこ at 2014-01-07 22:38 x
うっわぁぁぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

うちの大介が
大介が撃たれちゃったよーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

と、つい口を押さえてしまいました!

「誰も描いたことのないナチス高官の子供達」
確かに!
わたし達は’夜と霧”などは読みましたが
ナチス側の実態は・・・・

何とも重たく悲しい映画です。
ハンブルグのおばあさんも諸手を広げて迎えてくれたのでは
ないかも知れません。

おばあさんのわたしには苦しい映画だなぁ ポチッ!

Commented by Mtonosama at 2014-01-08 08:59
♪すっとこさん

いやぁ~~~~~~~~~っ!
そんな悲しい観方しないでぇ~~~っ!!

ハンブルグのおばあさん、以前ホームステイしたハンブルグ
のおばさんみたいでした。
北ドイツのちょっと厳しい感じは南ドイツから辿り着いたロ
ーレたちにとって痛い出会いだったかも・・・・・

苦しい中、ポチッをしてくださり、申し訳ありません。
ありがとうございました。
Commented by ライスケーキ at 2014-01-08 09:25 x
殿さまの紹介で  この映画  ますます見たくなりました。

戦争、ユダヤ人、ナチスを描いた映画は数々あれど、
この映画の視点で描いた作品はは なかったのでは?

信じていた事が すべて覆る・・・。
日本でも ありましたね。

でも、「良い戦争、悪い平和」なんて あった例しがない。
この真実は 覆らないと思います。
Commented by Mtonosama at 2014-01-09 09:38
♪ライスケーキさん

いよいよ今週土曜日から公開です。
シネスイッチ銀座まで足をのばして、ついでに銀ブラなど
いかがでしょう。

ずしんとくる映画なので、鑑賞後お散歩して重いものを抜き
ながら帰宅した方がいいかも。
Commented by poirier_AAA at 2014-01-09 22:58
ナチスの話に限らず、歴史って一面だけに光があたってしまうことが多いので、他の面からの見方があることもつい忘れてしまいそうになるんですよね。それが大きな出来事であればあるほど主観的になってしまうから、客観的に見られなくなってしまいますし。

この映画とは直接関係しませんが、最近、日本と隣国との関係がかなり硬直化しているのがとても気になります。ものの見方も人の立ち位置も1つじゃないのだけれどな、と思うんですよ。

でも、そういうことはある程度年がいったから言えることで、14歳の頃に経験するとしたらすごく大変なことだろうなぁと思いますね。ローレ、その後どうなったのかな?
Commented by Mtonosama at 2014-01-10 05:58
♪poirier AAAさん

ほんとうに、映画や歴史ってその描かれた(書かれた)対象
が自分が寄って立つ立場と思われてしまいますから、ナチス
など特に一面的に描かれてしまいますよね。
だから、この映画は今まで思いつくこともなかった視点で描
かれていてびっくりしました。オーストラリア人の監督だか
らできたことなのかもしれませんね。

どこかの国の首相も想像力を働かせて、違う視野からも歴史
を見てほしいな、と思います。

ローレはどうなったんでしょうね。「サラの鍵」の女性は悲
劇的な最期を遂げましたけど・・・