ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

ダラス・バイヤーズクラブ -1- Dallas Buyers Club

ダラス・バイヤーズクラブ -1-
Dallas Buyers Club

f0165567_5295684.jpg


©2013 Dallas Buyers Club,LLC.All Rights Reserved.


名もない人が不正に立ち向かい、社会を変える。
「エリン・ブロコビッチ」(‘00 スティーヴン・ソダーバーグ監督)や
「ミルク」(‘08 ガス・ヴァン・サント監督)がそんな映画でしたよね。

エリン・ブロコビッチ(1960年6月22日 - )は、アメリカ合衆国の環境運動家。
正式な法律教育を受けていないにもかかわらず、
1993年にカリフォルニア州の大手企業PG&Eを相手取って訴訟を起こし、
3億3300万ドルの和解金を勝ち取った女性。

映画ではジュリア・ロバーツが演じました。

ミルク
まだ同性愛が市民権を得ていなかった時代。
ハーヴィー・ミルクは社会の不平等を改革すべく行動を起こし、
自らゲイであることを公表すると同時に同性愛者の公民権獲得や地位向上のために立ち上がる。
同性愛者支援に留まらず、黒人やアジア人、高齢者、児童、下級労働者等、様々な社会的弱者の
救済のために活動し、次第に活動が実を結んでいく。
支持者は着実に数を増やし、いつしか社会からも理解が生まれ始める。
しかし、それは同時に強い反発をも生んでいた。
活動を続ける中でミルクを危険人物とみなす動きも生まれ、対立は激化していく。
ミルクはいつしか身の危険を感じるようになり、ある日、テープレコーダーに遺言を記録し始める。
1970年代、アメリカでマイノリティのために戦った政治家ハーヴィー・ミルクの人生最後の8年間の物語。(Wikipediaより)

f0165567_545027.jpg

本作も同じく名もない男の物語です。
女好きでロデオ好きな電気技師ロン・ウッドルーフが
未承認AIDS治療薬の密売組織「ダラス・バイヤーズクラブ」を立ち上げ、
80年代当時、偏見と絶望の中で死に向うしかなかった多くのAIDS患者を救い、
医師会や国の医療政策に刃向い続けた感動の実話です。

恋愛映画、社会派映画、青春映画――
映画にはいろいろなジャンルがありますが、
名もない人間が不合理な社会に立ち向かい、
何かを起こす映画をなんと名付ければいいでしょう。
《無名ヒーロー(ヒロイン)映画》?
《追い詰められたらなんだって出来るゼ。ベーベー!映画》?ちょっと長いか。

いや、しかし、アメリカ映画は時々こういう感動的な映画を送りだしてくれるから嫌いになれません。
監督はジャン=マルク・ヴァレです。

ジャン=マルク・ヴァレ
モントリオール出身。1995年に監督デビュー。
本作「ダラス・バイヤーズクラブ」は作品賞、監督賞、最優秀助演賞を含むジニー賞(カナダのオスカー賞)9部門にノミネートされた。
監督・脚本と製作を担当した「C・R・A・Z・Y・」は50ヶ国異常で公開されるヒット作となった。
トロント国際映画祭で最優秀カナダ映画賞を受賞し、作品賞、監督賞、脚本賞を含めジニー賞11部門を受賞、
ジュトラ賞13部門を受賞した。
「ヴィクトリア女王 世紀の愛」(’09)ではゴールデングローブ賞、放送映画批評家協会賞を受賞し、
アカデミー賞3部門にノミネート、衣装部門賞で受賞するなど世界で高く評価された。

監督もなかなかです。
が、本作ですごいのは余命30日を宣告されたAIDS患者ロン・ウッドルーフを演ずるため、
21キロの減量をして撮影に臨んだマシュー・マコノヒーでしょうか。
減量の98%はダイエット、2%が運動だったそうです。
鬼気迫る様相でありながら、絶倫ぶり(キャッ!)を見せたり、こずるい手口でロデオ博打をしたり――
エッチで無学な絶倫男が図書館に通い、AIDS治療薬を調べあげ、
30日といわれた余命を7年まで延ばし、
そして、同病者のために未承認AIDS治療薬の密売組織を立ち上げ、
病人とは思えないエネルギーあふれるロンを小面憎くも愛すべき男として演じてくれました。

f0165567_5471917.jpg

また、ロンの愛すべき相棒、おかまのレイヨンを演じたジャレッド・レトも良かったですねぇ。
あ、おかまなんて言っちゃいけないんでしたっけ。
はい、愛すべきトランスジェンダーであるレイヨン役のジャレッド・レトも素晴らしかったです。
彼もこの役のために減量しました。
(あのぉ、ロンはゲイではなく、ただの女好きです。念のため)
エイズの役を演じる俳優さんたちはほんとに命がけですよね。

さあ、どんなお話なのでしょうか。
これは乞うご期待ですよ。続きは次回までお待ちくださいね。



今日もポチッとしていただければうれしうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2月6日に更新しました。いつも応援して下さってありがとうございます☆

ダラス・バイヤーズクラブ
監督/ジャン=マルク・ヴァレ、脚本/クレイグ・ボーテン、メリッサ・ウォーラック、撮影監督/イヴ・ベランジェCSC(CSC=カナダ撮影監督協会)、美術/ジョン・ベイノ
出演
マシュー・マコノヒー/ロン・ウッドルーフ、ジェニファー・ガーナー/イブ、ジャレッド・レト/レイヨン、デニス・オヘア/医師セパード、スティーブ・ザーン/タッカー、マイケル・オニール/リチャード・バークレイ、ダラス・ロバーツ/デイビッド・ウェイン、グリフィン・ダン/医師バス、ケヴィン・ランキン/T.J.
2014年2月22日(土)新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国ロードショー
2013年、アメリカ映画、117分、配給/ファインフィルムズ、http://www.finefilms.co.jp/dallas/

by Mtonosama | 2014-02-06 06:01 | 映画 | Comments(8)
Commented by なえ at 2014-02-06 21:52 x
「名もない人が不正に立ち向かい、社会を変える。」
いいですねえ、私もそういうアメリカのパワー好きです。
「エリン・ブロコビッチ」見ました。エリンさんは環境運動家を
してはるんですか?

ほんと、こういう映画を何と言うんでしょう?
《世直し 映画》  《一人だって出来るもん 映画》
《なめたらいかんぜよ 映画》とか?

アメリカは民主主義が根付いてるんですね。大きな岐路に
立っているというのに、大同団結ができないどこかの国は
まだまだ未成熟。悲しい~(;_;)
Commented by Mtonosama at 2014-02-07 08:08
♪なえさん

エリンさんのこと、ウィキペディアには《環境活動家》と出ていました。

どこかの国の上に立つ人、最悪・・・
明後日は都知事選ですね。
ああ、ドキドキ。都民でなくて残念です。
Commented by ライスケーキ at 2014-02-07 09:14 x
日本では 役作りのために 歯を全部?抜いちゃった
俳優さんがいましたが、
21キロ減量とは たいしたものでね。

「不正に立ち向かい社会を変える」 良いですね。

でも、最近は立ち向かっても変わらない、否もっと
悪くなっていく社会に元気がなくなってきています。

でも、そんなことでは「彼等」の思う壺。
この映画を観て 元気出しましょう。
Commented by Mtonosama at 2014-02-07 09:57
♪ライスケーキさん

21キロも痩せると、ホントにもう鬼気迫るって感じ。
でも、ヤクザなおじさんを好演するマシュー・マコノヒ―でした。

設定ゆえに登場人物はおもしろい方々が多いんだけど、
レイヨンを演じたジャレッド・レトも良かったぁ。

周囲におしつぶされず、自分の人生を自分で切り開くロン。
最高です。
Commented by びなちゃん at 2014-02-07 23:36 x
レイヨンの、ストッキングが伝線していますね…
続き期待しています。

殿様、冷えは大敵です。電気系に頼りたく無いのでしたら、低温やけどに気をつけてホッカイロを局所にってのはいかがでしょうか?もしくはアンカの数を増やすとか。ひかちゃんに取られちゃうかな?
Commented by Mtonosama at 2014-02-08 09:56
♪びなちゃんさん

おっ、伝線してますね。
でも、赤いストッキングってなかなか良いですね。
メガネフレームも赤いし、ネールも、
ワンピにもさりげなく赤がさし色としてあるわぁ。
かの赤好きの師匠もお喜びでしょう。きっと。

ホッカイロ貼ってますとも。
まず、仙骨、そして、肩甲骨の真ん中。
誰かに教えていただいたのですが、これってツボなんだそうです。
今も寒い部屋で太ももに湯たんぽを置き、
足元だけは50センチ四方の電気座布団をつけて、パソパソしてます。
寒いよ~。
Commented by すっとこ at 2014-02-08 13:23 x
ひゃぁぁぁぁあああああああああああああああああああああああああああああああああ!

出遅れてしまいますた!

この映画、大好きなマシュー・マコノヒーが出てるん
ですね、嬉しいなぁ。
ジャレッド・レトがおかまちゃんで赤が好きなんですね。
これも赤大好き私は嬉しいなぁ。

  >横だけど
  びなちゃんさん、ストッキングの伝線、よく見つけ
  ましたね!くそリアリズムで良いですね。

マシューはこの役のために21キロも痩せたんですか。
トム・ハンクスも”フィラデルフィア”で頭蓋骨のくぼみ
まで外からわかるほど痩せてみせましたね。

役者根性を見せてもらった感じですわん!

遅くなったけど心を込めてポチッ!

Commented by Mtonosama at 2014-02-08 15:54
♪すっとこさん

マシュー・マコノヒ―、ジャレッド・レト。
いや、いや、彼らの役者根性ったらありませんぜ。、

しかし、当地、大吹雪です。ベランダの柵に雪がはりついて
部屋が暗くなってます。この地で吹雪を見るとは思いもよりませんでした。
さすがのひかちゃんも朝いちで飛び出していったはいいけれ
ど、すぐに「おうちに入れて~!」と泣きを入れてきました。
あとはもうひたすら炬燵で丸くなっています。
そちらはいかがですか?

今日もポチッをありがとうございます。