ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

コーヒーをめぐる冒険 -2-  Oh Boy

コーヒーをめぐる冒険 -2-
Oh Boy

f0165567_594085.jpg

(C) 2012 Schiwago Film GmbH, Chromosom Filmproduktion, HR, arte All rights reserved

ヤン・オーレ・ゲルスター監督はハーゲンというドイツ西部のルール地方にある工業都市出身。
そんな彼がベルリンにやってきて映画修行を始めたのは22歳の時です。
人口19 万人の町から、人口350万人で歴史的にも文化的にもケタ違いの
ドイツ最大の都市へやってきたヤンさん、さぞびっくりしたことでしょうね。

さて、本作の主人公はニコ。
彼はベルリン在住のベルリンっ子です。
実は2年前に親に内緒で大学を中退し、自由気ままに暮らしています。
そんなニコが動き回るベルリンの街はハーゲン出身である監督の眼を通したものでもあり、
ベルリンの壁やチェックポイントチャーリーだけじゃない
普段着のベルリンやちょっとディープなベルリンも楽しむことができますよ。

さあ、一体どんなお話でしょうか。


ストーリー
その朝ニコはガールフレンドのベッドで眼を覚ました。
彼女が眠っている間に家に帰りたかったのに、
起き出した彼女から今日の予定を矢継ぎ早に訊ねられウンザリ。

ニコ、大事な用があったのを思い出す。
運転適性診断を受け、飲酒運転で取り上げられた運転免許証を返してもらう日だったのだ。
ところが、面接官がイヤなヤツで運転適性とは関係ないことまで根ほり葉ほり訊いてくる。
思わずムッとすると「そんなに情緒不安定では免許証は返せない」だと――

朝からバタバタ続きでコーヒーも飲んでいない。
街のカフェに入り、コーヒーを注文するが店員はあれこれ小うるさいことを言った揚句、
とんでもなく高い値段を請求してきた。
持ち合わせが足りず、まけてくれと頼んだらバカにされ、コーヒーを飲まず店を出る。

親からの送金をひきだそうと街かどのATMへ。
その脇にホームレスが眠っている。小銭を全部男の紙コップに入れてあげる。
あらためてATMにキャッシュカードを差し込んだところ、あれあれ、カードが吸い込まれてしまった。
慌ててさっきめぐんだ小銭を取り出そうと身を屈めたら、通りかかった女の子の冷たい目。

仕方なく家に帰ると、上の階に住むおじさんが挨拶に来る。
このおじさん、奥さん手作りのメチャクチャにまずいミートボールを手土産に、
強引に部屋に押し入り、あれやこれやとニコのことを詮索。
だが、子どもの話になると泣き始める。

なだめながら彼を部屋から追い出し、ボーッとしていると友人のマッツェから誘いの電話。
自称俳優、出演作無しの彼とレストランに入りコーヒーを注文する。
だが、コーヒーマシンは故障中。
なんと、その店で同級生のユリカとばったり。
肥満児だった彼女は別人のようにスマートに。そして、ニコに片思いだったことを告白。
ニコに苛められたこともしっかり覚えているのだが――

マッツェにくっついて、ある俳優の撮影現場を見学に。
そこで見つけたコーヒーカップはあいにくカラッポ。
その後、ATMに吸い込まれていったキャッシュカードのことで父親に会うため、ゴルフ場へ。
最初はにこやかな親子の歓談から一転、お説教に。
そう、2年前に大学を中退していたことがバレてしまったから。
援助の打ち切りを宣言されるニコ。

ゴルフ場からの帰途、券売機の故障で乗車券が買えなかっただけなのに、
無賃乗車したと駅員に追いかけられ、ユリカの前衛芝居を見せられ、チンピラに絡まれ、
ニコは夜の街へ逃げ出す。
コーヒーを飲もうと入ったバーではもうコーヒーマシンを洗い終わっており、
その店でナチス政権下を生き抜いた酔っ払いの老人に話しかけられる……

f0165567_514627.jpg

はぁーっ!
ニコならずともため息の出る最悪の一日。
夜は長いし、酔っ払った変なじいさんはすっかりニコを気に入ってしまったようですし、
コーヒーはまだまだ飲めません。

もうちょっとのところでなかなか手が届かないコーヒー。
これって、そこに見えるのに到達できないカフカの「城」を思わせます。

もうこれ以上ついていない日はないってくらいについてないのに、お行儀の良いニコ。
「ああ、私たちの若い頃は・・・」なんて言いません。言いませんとも。
でも、ホントのこと言えば「もう覇気がないったらありゃしない」と思っちゃいました。
とのを怒らせながら、ベルリンの夜は更けていきます。

ところが、ですね。
やる気も目標もないニコが直面したラストシーンに
魔都ベルリンの深さを思い知らされました。

これって、ドイツの地方都市からベルリンにやってきた監督の感じたことそのままかも。
キャバレーの灯にひきよせられ夜な夜な着飾って楽しんだ時代、
ナチの時代、
東ドイツの時代・・・
さまざまな時代がミルフィーユのように重層をなした街。

ウサギの穴に落っこちるアリスのようにベルリンという不思議な都市に吸い込まれてしまいました。
監督と極東の観客とが同じ目線に立っているというのはちょっと稀有な感覚です。

で、結局ニコはコーヒーを飲めたと思います?





今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2月15日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

コーヒーをめぐる冒険
監督・脚本/ヤン・オーレ・ゲルスター、製作/マルコス・カンティス、アレクサンダー・ワドー、撮影/フィリップ・キルスアーマー、音楽/ザ・メジャー・マイナーズ、シェリリン・マクニール
出演
ニコ・フィッシャー/トム・シリング、フリデリーケ・ケンプター/同級生ユリカ、マルク・ホーゼマン/友人マッツェ、カタリーナ・シュットラー/ガールフレンド、ユストゥス・フォン・ドホナーニ/上階の住人カール、アンドレアス・シュレーダース/心理学者、アルント・クラヴィッター/俳優、フレデリック・ラウ/不良青年リーダー、ウルリッヒ・ネーテン/ニコの父、ミヒャエル・グヴィスデク/老人フリードリヒ
3月1日(土)渋谷シアター・イメージフォーラムにて全国順次ロードショー
2012年、ドイツ、85分、モノクロ、日本語字幕/吉川美奈子、協力/東京ドイツ文化センター、配給/セテラ・インターナショナル
http://www.cetera.co.jp/coffee/

by Mtonosama | 2014-02-15 05:22 | 映画 | Comments(6)
Commented by ライスケーキ at 2014-02-15 15:49 x

ウン年前にベルリンへ行った。

ベルリンの壁、チェックポイントチャーリー・・・。
おきまりの所を訪れた。
町でコーヒーは飲まなかったけど、
不思議と自然体で過ごせる町だった。

また、訪れてみたい。

映画の中で その夢が叶いそう・・・。

Commented by びなちゃん at 2014-02-15 16:53 x
原題が、”Oh  Boy”なのが、わかりました。ついてない時って重なるものですね。何の法則なのでせうか。

ドイツの飲みものは、ビールかと思ってしまいますが
コーヒーも、濃そうなイメージが。
そして脇の方達のストーリーが面白そうですね。
Commented by すっとこ at 2014-02-15 23:39 x
おーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーぼーい!

びなちゃんさんと同じく「Oh Boy!」の意味が
予告編見てわかりました。
「なんてこったい!」って言う時の「Oh Boy!」
だったんですね。

どこへ行ってもあと一歩で飲めない珈琲、オーボーイ!

しかしスチル写真の一枚目
やっっぱり黒田官兵衛だなぁ・・・見ればみるほど。

この邦題の”コーヒーを巡る冒険”もアリと思います。
新しい感性にポチッ!

Commented by Mtonosama at 2014-02-16 19:48
♪ライスケーキさん

すいませ~ん。リコメ遅くなりました。昨日、雪の中をこけ
つまろびつ、大幅に遅れた電車に乗り、法事にでかけていま
した。バッグの中に大量の雪が入り、お布施袋がビショビシ
ョ、新幹線の切符もブヨブヨ。どうなることかと思いました
が、トンネルを抜けて熱海に出ると快晴。窓越しに差し込む
陽光を浴び、海を眺めながら、目的地へ。
ああ、大変だった(-_-;)

私もベルリンではコーヒーは飲まず、ビールを飲んでました。
Commented by Mtonosama at 2014-02-16 19:55
♪びなちゃんさん

ライスケーキさんのところに書いた通り、雪の中、法事に行
っており、先ほど帰ってまいりました。疲れた~(;O;)

私も天候にはついてないというべきか・・・
Oh Boy!ならぬOh Girl!であります。
え?ガールじゃ図々しい?

そして、ドイツの飲み物はやっぱビールですよね。
Commented by Mtonosama at 2014-02-16 20:00
♪すっとこさん

岡田准一くんに似てますよねぇ。
今日は官兵衛さんをリアルタイムで観損なってしまいました。

魔の雪中行軍と久々の遠距離お出かけで疲労困憊です。

今日もポチッをありがとうございました。