ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

家路 -2-

家路 -2-

f0165567_6472031.jpg

©「家路」製作委員会

2012年、当試写室で「プリピャチ」というチェルノブイリ事故のその後を撮影した
ドキュメンタリー映画を上映しました。
http://mtonosama.exblog.jp/17244517/ http://mtonosama.exblog.jp/17256592/

2013年には「故郷よ」というチェルノブイリ事故後プリピャチに暮らしていた人々
を描いた劇映画を上映しています。
http://mtonosama.exblog.jp/18576798/ http://mtonosama.exblog.jp/18591585/

プリピャチというのはチェルノブイリ原発から4キロしか離れていない街です。
「故郷よ」は事故後30年近くを経過しても、立入制限区域であるプリピャチの市内や
かつて原発で作業する人々が住み今や廃墟となったアパートの中に、
俳優とカメラが入り、撮影した映画でした。

チェルノブイリ事故に関連した劇映画は事故後数十年を経てようやく撮影されましたが、
日本では事故後3年を迎える前に撮られています。
既に、2012年にも園子音監督が「希望の国」を制作していますし。

さあ、事故後3年にして描かれた劇映画、いったいどんな作品なのでしょう。


f0165567_6515662.jpg

ストーリー
次郎
あの日から誰も入ることができない家。
かつては大勢の家族で暮らしていた家。
警戒区域内にあっても、季節はめぐり、今は鮮やかな新緑に彩られるこの家に
次郎は誰にも告げず、たった一人で帰ってきた。
一人で苗を育て、土を耕し始めた。
そこへ同級生が訪れる。
彼と想い出の地をめぐりながらボツボツとこれまでのことを話し始める次郎。
なぜ、この家を出て、二十年近くも帰らずにいたのか。
なぜ、震災後の今、誰もいなくなった家に戻ってきたのか・・・
同級生は訊く。「ここで暮らしていくって、ゆっくり自殺するようなものじゃないのか?」
次郎は「誰もいなくなったら、何もなかったってことになる」と――

総一
先祖から受け継いだ土地を福島原発事故によって失い、仮設住宅に暮らす総一。
今日も警察に行き、窮状を訴える。
農家の長男である総一は父から受け継いだ田畑を失うことは故郷を失うことであり、
自身の尊厳を失うことでもあった。この現実の前では光もなければ可能性も希望もない。
総一の妻・美佐は娘を姑に預け、以前のように風俗で働き始めている。

母・登美子
総一と美佐に気を遣いながら狭い仮設で同居する総一の継母・登美子。
容赦ない現実を静かに受け入れているように見えながらも、
地域の権力者だった亡夫の下で小作人のように働かされてきたというわだかまりを
抱え、少しずつ壊れ始めている。
とりわけ彼女の心に重いしこりとなっているのは20年程前、夫に言われるままに、
血を分けた息子である次郎を家から送り出したことへの深い悔いである。

家族の再会
やがて次郎の帰ってきていることを知った総一は次郎を迎えにいく。
畑を耕す次郎を見て、総一はたまりにたまった憤懣を弟に向ってぶつけてしまう。
そんな兄に「ここでもう一度やり直したい」と告げる弟。
その後、仮設住宅にやってきた次郎に「みんな揃ったね」と喜ぶ母・登美子。
次郎と登美子は何も変わらなかったかのように米作りの段取りを話し始める。
翌日、母子はかつて暮らした家に向う。
途中まで見送った総一の中でも何かが変わり始めたようだ……

チェルノブイリ事故から数十年経って
ようやく劇映画「故郷よ」が撮影されたことに較べると、
本作のような、過去も現在もこれからのことも含め、
あの地に暮らす人たちを客観的にとらえようとする劇映画が撮影されたことは驚きです。

原発事故が皆の記憶にまだ生々しい時期に
(というか、今も、これからも進行形でありますが)
撮影されたのですから。

日本人は忘れやすい人々であるとはいえ、
今はまだ、あの事故を終わったこととして結論を出す時期ではありません。
そうです。
本作は結論ではなく、とまどいをとまどいとしてそのまま描き出した作品なのでしょう。

福島の原発事故は終わったのではなく、これからも続いていきます。
これからも私たちの内にあります。





今日もポチッとしていただければ嬉しいです♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2月21日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

家路
監督/久保田直、脚本/青木研次、企画協力/是枝裕和、諏訪敦彦、撮影/板倉陽子
出演
松山ケンイチ、内野聖陽、田中裕子、安藤サクラ、山中崇、三石研、田中要次、石橋蓮司
3月1日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
2014年、日本、1時間58分、配給ビターズエンド
http://www.bitters.co.jp/ieji/

by Mtonosama | 2014-02-21 07:03 | 映画 | Comments(8)
Commented by ライスケーキ at 2014-02-22 16:33 x
映画だけど、実際にあったことだから、
今もその渦中にいる人たちが沢山いるから、
軽く口に出来ない。

「大変だなぁ」とか、 「忘れちゃいけない」とか・・・。

私に何が出来るでしょう。
デモに行く、選挙に行って一票を投じる・・・。

私に何が出来るでしょう・・・。
何も変わらない、もっと悪い方向に動いている・・・。

私に何が出来るでしょう・・・。

何かを変えたいけれど、何も変わらない・・・。

そのくらいのことしか出来ない。
Commented by びなちゃん at 2014-02-22 20:06 x
殿様
体調はいかがですか。

被災地には行けず、かといってどうにかしたい…
私はひたすら、被災地の犬猫救済のいくつかのボランティア団体に物品の寄付をすることにしています。
そういう団体の方々のブログを見るにつけ、この寒さの中、当地に入って餌を置き、氷の張った水のみを割り、保護できる生き物を(未だにいるし震災後も出産されるし)捕獲する。頭が下がります。
一緒にいた家族が犬猫にも人にも居た事実、胸が張り裂けそうになります。

殿様、ゆっくり復活なさってね…
Commented by Mtonosama at 2014-02-23 07:02
♪ライスケーキさん

身体の調子が悪いと悲観的なことばかり考えてしまいますよね。

でも、できることをするしかないです。
お互い早く身体を治して、できることをし続けましょう。
Commented by Mtonosama at 2014-02-23 07:11
♪びなちゃんさん

え~ん、まだまだ治りません。でも、もうすぐ復活します。
ありがとうございます。

びなちゃんさんの支援も良いですね。
東京では数寄屋橋交番のところで、
犬猫救済の募金活動をしているのをみかけます。

映画にはそうした動物の姿がうつりこむことはありませんでしたが、きっとたくさんいるのだと思います。やることはたくさんありますね。

今日、静かに過ごせば体調も戻ると思います。
ひかちゃんもアンカ代わりになって寄り添ってくれてますし。
Commented by すっとこ at 2014-02-23 08:38 x
殿様

体調はいかがでごじゃりますか。
今日は絶叫は止めて真面目なお見舞いコメントです。
どうぞお大事にお過ごしくださりませ。
ひかちゃんがご一緒で心強いですのう。

<横ですが
びなちゃんさん、
応援ブログは”生きてさえいれば”でしょうか。
地道な活動を続けてらっしゃいますよね。

この映画といい、残された動物たちの救済活動といい、
まだまだフクシマは続いているのだと思わされます。

殿様へ「お大事にね」のポチッです!

Commented by Mtonosama at 2014-02-23 10:48
♪すっとこさん

お見舞い恐れ入ります。
熱もないので家人からはないがしろにされておりますが、
結構長引きました。

でも、そんなこと言ってられないじゃん、という思いに
撃たれることの多い今日この頃でございます。

お大事に、のポチッをありがとうございました。
Commented by なえ at 2014-02-23 20:59 x
考えると辛いです。事故後の解決も収束の見通しもなく、
避難住民の救済や復興も進まないのに、再稼働の話が
見え隠れして・・・

一人の力ではすぐにどうすることもできないけど、何にどこに問題があるのか、それを考えることを忘れてはいけないなと思います。

殿様、お風邪だったのですか?鬼の撹乱?いえいえ、ほんの
冗談でございます^_^;休息されて、いつもの女神の微笑みを
復活されますようヽ(^o^)丿


Commented by Mtonosama at 2014-02-24 06:44
♪なえさん

「ならぬことはならぬっ!」ともう一度大きく底力のある声
で一喝したい・・・風邪ひき殿であるぞっ!!

ゴホゴホ
嘘よ、いつも通りのか弱い女神ですわ。

関西発のおばさんクラブというのが
「ならぬことはならぬっ!」って言ってるんですって?
蒲柳の質の女神もまぜてもらおうかしら。