ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

それでも夜は明ける -1- 12 YEARS A SLAVE

それでも夜は明ける -1-
12 YEARS A SLAVE

f0165567_6563677.jpg

(C)2013BassFilms,LLCandMonarchyEnterprisesS.a.r.l.intherestoftheWorld. AllRightsReserved.


行列が嫌いなとのです。
でも、時々、試写の段階で行列のできている映画にぶつかることがあります。
そんな時は嫌いだなんて言っていられないので、ちゃんと並びます。
しかし、本作「それでも夜は明ける」は行列に並んでも入れませんでした。
2回目、それも1時間前に試写室に到着し、ようやく鑑賞することができました。
やっとの思いで試写室のお気に入りの座席に腰を下ろせた時はワクワクしてしまいました。

今回はそのワクワクに不純な動機が加わっていたことも白状しなければなりません。
本作には、先日「世界で最も美しい顔NO.1」に選ばれたマイケル・ファスベンダーが
出演していたのです。
「世界で最も美しい顔NO.1」。
これ、アメリカの映画サイトTC Candlerがユーザー 投票により選出し、
毎年発表する人気ランキングです。

“The 100 Most Handsome Faces of 2013”。ご覧になりたいですよね。



ちなみに日本人は本田圭佑が58位。
金城武が81位、赤西仁が83位にランクインしています。

すいません。
ついついハンサムという言葉につられ、関係ないことまでご紹介してしまいました。

えー、話を戻します。
ファスベンダーです。
ファスベンダーという名前からもわかるようにドイツ系であります。
「えーっ、ドイツ人にそんな美男っていたっけ?」というのが
最初このニュースを聞いた時にとった反応。
なんとかスクリーン上で美男を堪能したいというのが本作試写室に行列した動機でした。

しかし、美男だからって良い役とは限らず、とんでもない悪役を演じていましたけれど。
またまた脱線しますが、本作には100人の美男に選ばれた内、なんと3人が出演していますよ。
えーっと98位のベネディクト・カンバーバッチでしょ。
それから8位のブラッド・ピットです。
ブラッド・ピットは本作の製作も担当しています。

美男に浮かれて、映画とは関係ないことばかり言ってしまいました。
お許しください。

そろそろ、この行列のできる映画について少しはご紹介しなければ。
監督はスティーヴ・マックィーン。
と書くと、ある年代以上の方は(はい、とのも含めてですが)
どうしたって「大脱走」のスティーヴ・マックィーンを
あのマーチと共に思い浮かべますよね。
しかし、違うんです。

f0165567_6551165.jpg

こちらのスティーヴ・マックィーンは

1969年ロンドン生まれ。
ロンドンのチェルシー・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインとゴールド・スミス・カレッジで学び、
在学中に映画を作り始めました。卒業後は彫刻家、写真家としても活動。
1999年にはイギリスの美術賞・ターナー賞を受賞。その他、シカゴ美術館、パリ市立近代美術館、ドイツの現代アート世界博覧会ドクメンタ(02,07)、第53 回ヴェネツィア・ビエンナーレ(09)等で展覧会を開催。その作品はテート美術館、MoMA、ポンピドゥ・センターなど世界中の美術館に所蔵されています。
02年に大英帝国勲章4位、11年には3位を与えられ、また、03年にはロンドンの帝国戦争博物館よりイラク戦争の公式戦争アーティストに任命されました。07年にはイラク戦争で戦死した英国軍兵士1人1人の顔写真を印刷した郵便切手の作品がロンドンの大英帝国戦争博物館で公開。
英国の通常の郵便切手と同様に、エリザベス女王のシルエットが印刷されており、女王の名の下に出征した兵士をしのぶ作品です。
http://www.afpbb.com/articles/-/2287998?pid=2168753
長編映画デビューは脚本も務めた08年の「Hunger」。IRA活動家のボビー・サンズが看守たちの残忍な扱いに対する抗議活動としてハンガー・ストライキを行い、死に至るまでの数ヶ月を描いた作品。この作品でカンヌ国際映画祭カメラ・ドール、トロント国際映画祭ディーゼルディスカバリー賞、ロサンゼルス映画批評家協会賞ニュー・ジェネレーション賞、英国アカデミー賞新人賞カール・フォアマン賞等など多くの賞に輝いています。

とまあ、映画監督以外でもアーティストとしてもかなりイケテル方なんです。

f0165567_712148.jpg

さて、本題。
本作は、1853年アフリカ系アメリカ人ソロモン・ノーサップが出した回想録を原作にした映画です。
1853年というと南北戦争の始まる8年前のことです。
自由黒人だったソロモン・ノーサップが強いられることとなった12年間にわたる奴隷生活が描かれ、
当時ベストセラーとなった手記。
それを基にジョン・リドリーが脚本化し、スティーヴ・マックィーンが監督した作品です。

前置き(それも本筋とは関係ない前置きで)が長くなってしまいましたが、
さあ、いったいどんなお話なのでしょう。

続きはもう少々お待ちくださいませ。



今日もポチッとお願いできれば嬉しうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2月27日に更新しました。いつも応援して下さり、本当にありがとうございます☆

それでも夜は明ける
監督/スティーヴ・マックィーン、脚本/ジョン・リドリー、製作/ブラッド・ピット、デデ・ガードナー、ジェレミー・クライナー、ビル・ポーラッド、スティーヴ・マックィーン、アーノン・ミルチャン、アンソニー・カタガス、製作総指揮/テッサ・ロス、ジョン・リドリー、撮影/ジョー・ウォーカー、音楽/ハンス・ジマー
出演
キウェテル・イジョフォー/ソロモン・ノーサップ、プラット、マイケル・ファスベンダー/エドウィン・エップス、ベネディクト・カンバーバッチ/フォード、ポール・ダノ/ジョン・ティビッツ、ギャレット・ディラハント/アームズビー、ポール・ジアマッティ/フリーマン、スクート・マクネイリー/ブラウン、ルピタ・ニョンゴ/パッツィ、アデペロ・オデュイエ/イライザ、サラ・ポールソン/エップス夫人、ブラッド・ピット/バス、マイケル・ケネス・ウィリアムズ/ロバート、アルフレ・ウッダード/ショー夫人、クリス・チョーク/クレマンス・レイ、タラン・キラム/ハミルトン、ビル・キャンプ/ラドバーン
3月7日(金)TOHOシネマズみゆき座ほか全国順次ロードショー
2013年、米英合作、134分、カラー、字幕翻訳/寺尾次郎、配給/ギャガ
http://yo-akeru.gaga.ne.jp/

by Mtonosama | 2014-02-26 07:12 | 映画 | Comments(6)
Commented by すっとこ at 2014-02-26 20:47 x
なーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーんですと!

とっても 珍しいことですが

この映画を先日、観て来ましたのどすえ。

駐車場の雪かきを巨大雪書き車でやるから
「車は全部出て行ってね」のお達しがアパート
全体にあり。

家を出て放浪の旅に出た夫婦は 久しぶりに
“映画のはしご”をしたのでした。

しかも2本!

一本は殿様がお薦めくださった
”ダラス・バイヤーズ・クラブ”
もう一本が本作でしたのどすえ。

字幕なしで見たものだから
自作のストーリー紹介できっちり理解したいです!

原作は当時で3万冊売れたそうですね。
口述筆記だったそうです。

ブラピもチョコっと出ていいお役でした。ポチッ!
Commented by Mtonosama at 2014-02-27 06:14
♪すっとこさん

あら~~~~~っ!
ご覧になったのね。字幕なしってつらいですね。
あ、でも、すっとこさんはそんなでもないか。

痛い映画だったでしょ?ああ、どうなってしまうの?って
思っちゃいましたよね。

アメリカのちょっと昔って相当むごいわねぇ。
公民権運動だってまだ1960年代の話ですもん。
早くソロモンを救ってあげて、って映画観ながら祈っちゃっいました。


原作が3万冊売れた!
ソロモンが自由黒人だったことが当時も共感を呼んだという
話ですね。もともと奴隷ならいいのかっ・・・ですけど。

いやいや、歴史は鞭でできているのか。

それにしてもマイケル(いや、ミヒャエル)・ファスベンダー、屈折した悪役でしたね。
ブラピはいいとこどり?

今日もポチッをありがとうございました。

わたし2週間も映画観てないよ~(;O;)
Commented by ライスケーキ at 2014-02-28 22:38 x
"Handsam Faces"  観られただけでも シアワセ!

私の知らない方々が沢山いらっしゃいました。
もっと勉強しなくては、時代においていかれそう・・・。

それにしても スティーヴ・マックィーンなんて、
紛らわしい名前ですね。

私にとっても どうしても「大脱走」です。

殿様、風邪治りましたか。
是非是非映画にいらして下さいませ。
Commented by Mtonosama at 2014-03-01 07:15
♪ライスケーキさん

ハンサムな男たち。本田が金城武よりも上位ってすごいですね。

お蔭さまで風邪はぼちぼち良いようです。
今朝、ウグイスの初音を聞きましたが、
実は夜中には蚊のプイ――ンに悩まされました(いったいどこから来たんだ?)。

春と夏が一緒に来たような3月の幕開けですから、
風邪もぶっとんでいってくれるでしょう。

ということは花粉症の季節の始まりでもありますね(-_-;)
Commented by びなちゃん at 2014-03-01 11:46 x
初音、うらやますい~ 上手に啼いてましたか?たまにその啼き方はおっかしいぞ~!って突っ込みたくなる輩が…これからもっと訪ねてきて、くま様を癒してね。でも、この春はひかちゃんがいるから、餌食にならないように気をつけないと?
ひかちゃん、蚊取り名人になってね。
花粉症始まりましたよ…

私は辛い映画は逃げてしまって駄目なんです。でもこれはブラピの役が、いいとこ取りってことは、救いがありますね?とは言え、奴隷制度や、黒人有色人種差別は近年まで続くのですが…

ネタバレになるので言いませんが、先日やっとDVD借りて観た”アルバート氏の人生”、もう、途中アルバート氏と同様おったまげたシーンがあって、声をあげちゃいましたよ!
Commented by Mtonosama at 2014-03-01 19:16
♪びなちゃんさん

3月1日の初音は例年に較べるとちょっと遅め。
なので、案外上手に鳴いてましたよ。
あの下手な音色が段々上手になっていくというのもなかなか
風情があって良いものなんですけどね。

もうね、早くブラピ出てきてよ~、って感じでしたよ。
ブラピが登場してホッとしましたもん。

「アルバート氏の人生」DVD借りてもう一回観ようかな。
良い映画ですよね。
ここんとこ良い映画が目白押しなんで楽しみにしててくださいね♪