ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

それでも夜は明ける -2- 12 YEARS A SLAVE

それでも夜は明ける -2-
12 YEARS A SLAVE

f0165567_634184.jpg

(C)2013BassFilms,LLCandMonarchyEnterprisesS.a.r.l.intherestoftheWorld. AllRightsReserved.


1640年代から1865年まで、現在のアメリカ合衆国領域内ではアフリカ人とその子孫が合法的に奴隷化されていたが、その所有者は圧倒的に白人であり、ごく少数が先住民や自由黒人であった。この奴隷所有者の大多数は南部にいた。南北戦争の前の時点で南部の4家族に1軒が奴隷を所有していた。黒人の95%は南部に住んでおり、南部の人口に対しては3分の1に達していた。これに対して北部における黒人の人口比率は1%に過ぎなかった。
(Wikipediaより)

1865年まで続いた奴隷制度で、約1100万人のアフリカ人がアメリカ大陸に渡りました。
1808年に海外からの黒人輸入が禁止され、奴隷の供給がなくなります。
その結果、奴隷の価格が高騰し、本作の主人公ソロモンのような自由黒人を誘拐し、
奴隷として売り飛ばすという犯罪が頻発したということです。
当時、奴隷の物語は数多く出版されましたが、
自由黒人から奴隷の身になった経験を書いたのはソロモン・ノーサップただ一人。
大きな反響を呼んだといわれています。

さあ、いったいどんなお話でしょうか。


ストーリー
フィドル演奏者のソロモン・ノーサップ(キウェテル・イジョフォー)は妻子と幸せな暮らしを送っていた。
1841年、ニューヨーク州サラトガ。彼は生まれた時から自由証明書で認められた自由黒人だった。

ある時、ソロモンは知人からワシントンで開かれるショーで演奏することを頼まれる。
演奏を終え、興行主と祝杯をあげるソロモンだったが、酔いつぶれてしまう。

翌朝、目覚めた彼はベッドではなく薄汚い小屋で手と足を鎖につながれていることに愕然とする。
様子を見に来た男たちに自分は自由黒人であると告げるが、
彼らは冷たく「お前は逃亡奴隷だ」と言い放つのだった。

興行主にだまされたと気づいた時には既に船の上。
ニューオリンズの奴隷市場に着くとソロモンという名前すら奪われ、男も女も裸で並べられる。
今やプラットと呼ばれるようになったソロモンは大農園主のフォード(ベネディクト・カンバーバッチ)に買われていった。

有能なソロモンはすぐにフォードに気に入られるが、それを快く思わない大工のティビッツ(ポール・ダノ)に徹底的ないやがらせを受ける。
その執拗さに反撃するソロモン。
だが、間もなく仲間を連れて戻ってきたティビッツによって首に縄をかけられ、木に吊るされてしまう。

ソロモンを木から下ろしたフォードは「ティビッツからお前を守るためだ」と言いつつ、
実は借金返済のためエップス(マイケル・ファスベンダー)にソロモンを売る。

フォードは優しかったが、広大な綿花畑を持つエップスは違った。
エップスの奴隷支配は残虐で、とりわけ年若い女奴隷パッツィ(ルピタ・ニョンゴ)への倒錯した愛情による扱いは正視に耐えないものだった。
ソロモンを信頼する彼女は「私を殺してくれ」と懇願する。

南部の照りつける太陽と蒸すような湿気の中、
綿を摘み、鞭打たれ、逃亡奴隷の処刑を目の当たりにし、信じた白人に裏切られ、
パッツィを鞭打つよう命じられる絶望的な日々。

そんな中でソロモンを支え続けたのはただ一つ。生きて再び家族と会うこと。
そして、ソロモンはカナダ人の奴隷解放論者バス(ブラッド・ピット)に望みを託す……

f0165567_6412431.jpg

観ていて苦しくなるほど痛く、絶望的な日々。
心の中で「止めて。止めて」と叫びながらスクリーンに観入りました。
いや、しかし、どこからこのような白人の驕りというものは湧いてくるのでしょう。
アフリカ大陸から船底に詰め込まれ、アメリカやヨーロッパに連れてこられた黒人のお話は
映画でも観たし、本でも読みました。
もちろん知ってるつもりになっているだけで本当に理解しているとはいえませんが・・・

しかし、自由という後付けの概念のなんと脆いことか。

幸せな暮らしが一転。
そのささやかな幸せは大声を上げても、助けを求めても戻ってはこない―― 
北朝鮮に拉致されていった人たちもこんなふうだったのか、と今さらながら感じました。
とても力強く説得力のある作品です。

スティーヴ・マックィーン監督、すごい!



「それでも夜は明ける」アカデミー賞作品賞を受賞しました!!



今日もポチッとお願いできれば嬉しいです♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆3月1日に更新しました。なんとウグイスの初音を聞きました!いつも応援ありがとうございます☆

それでも夜は明ける
監督/スティーヴ・マックィーン、脚本/ジョン・リドリー、製作/ブラッド・ピット、デデ・ガードナー、ジェレミー・クライナー、ビル・ポーラッド、スティーヴ・マックィーン、アーノン・ミルチャン、アンソニー・カタガス、製作総指揮/テッサ・ロス、ジョン・リドリー、撮影/ジョー・ウォーカー、音楽/ハンス・ジマー
出演
キウェテル・イジョフォー/ソロモン・ノーサップ、プラット、マイケル・ファスベンダー/エドウィン・エップス、ベネディクト・カンバーバッチ/フォード、ポール・ダノ/ジョン・ティビッツ、ギャレット・ディラハント/アームズビー、ポール・ジアマッティ/フリーマン、スクート・マクネイリー/ブラウン、ルピタ・ニョンゴ/パッツィ、アデペロ・オデュイエ/イライザ、サラ・ポールソン/エップス夫人、ブラッド・ピット/バス、マイケル・ケネス・ウィリアムズ/ロバート、アルフレ・ウッダード/ショー夫人、クリス・チョーク/クレマンス・レイ、タラン・キラム/ハミルトン、ビル・キャンプ/ラドバーン
3月7日(金)TOHOシネマズみゆき座ほか全国順次ロードショー
2013年、米英合作、134分、からー、字幕翻訳/寺尾次郎、配給/ギャガ
http://yo-akeru.gaga.ne.jp/

by Mtonosama | 2014-03-01 07:08 | 映画 | Comments(10)
Commented by なえ at 2014-03-02 18:54 x
人間の尊厳も理性も良識も捨て、同じ人間を
物のように扱う・・・それって戦争時の精神状態
ですよね。戦争をしたがってる輩に思うようにさせては
なりませんね!

ブラピは中年太りですか?それとも役作り?

うぐいすが鳴いてるって、よろしいなあ。ウチはまだどすなあ。
蚊がブーンって(@_@)いくらなんでも早すぎまへんか?

ひかちゃんへ
ウチのみいちゃんを片手でつまみ上げるのは、そらムリだっせ。
Commented by Mtonosama at 2014-03-02 20:11
♪なえさん

人間を物として扱う・・・
本当に戦争の時と同じですね。
ブラック企業でも似たようなことがありますし。

ブラピ、太ってますかねぇ。
この方エラが張ってますさかい、
そない見えるんとちゃいますやろか。

あのね、蚊がどっから湧いて、どっから入ってきたのかと
思っていたら、友人が「去年から家の中でしつこく生き残っ
ていたんじゃないの?」と言ってました。
でも、蚊って越年するんでしょうかねぇ。

ひかより
あのね、1ヶ月を過ぎた赤ちゃんのいる人がうちに来たのね。
その人が「うちの赤ん坊の方が重いよ」って言ってたの。
そこんちの赤ちゃんは4.5キロだって。
だから、あたしは4キロ位かしら。でも、みいちゃんよりは重いわよね。
Commented by ライスケーキ at 2014-03-02 21:33 x
「黒人奴隷」の映画・TVと言うと
「アミスタッド」や「ROOTS」を思い出しますが
いつ見ても辛いです。

オバマが大統領になるなんて、
当時では想像もつかなかったでしょう。

これからは スティーヴ・マックィーンと言ったら
「大脱走」じゃなくて、
監督・アーティスト  マックィーンですね。
Commented by びなちゃん at 2014-03-02 23:46 x
くま様
ひょっとして、蚊じゃなくて、風邪の後遺症で中耳炎を起こしての耳鳴りでは!!??経験者は語る。

その2 私は、耳の中が急にブンブン言い始め耐えられず耳鼻科へ。猫の毛が鼓膜にくっついてました!それも2回もあり、2回目は慣れたもんだ、まただ、と行ったら髪の毛の短いのがくっついてました!
蚊も越冬しますよ、藪が多いところは要注意です。雪の寒さに耐えかねて、暖かい部屋に侵入?
Commented by すっとこ at 2014-03-03 00:43 x
そーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーなんです!

この映画「もう止めて」と目をおおいたくなる場面が
たくさん出て来ますね。

ソロモンが暮らしていたNY州サラトガって温泉(冷泉)
があって今ではスパもあるのです。
泊まりに行った土地だったので 映画でサラトガって
出来た時は
あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ
そこ言ったことあるよ! と心の中で叫びました。

終盤、ブラピ登場。
そしてソロモンの運命が大きく変わる・・・・。
出番は少ないけどいい役ですね。

ソロモンの自伝、口述筆記をした人も偉かったと思います。
それがあって この映画も出来たんですものね!

息詰まる映画にポチッ!

Commented by Mtonosama at 2014-03-03 09:36
♪ライスケーキさん

そうそう「アミスタッド」。あれも苦しくなるような映画でしたね。
船底に大勢つめこまれて知らない土地へ連れていかれる・・・
つらいよ。つらすぎます。

そうですね。スティーヴ・マックィーンはあの人だけじゃないってことを認識しないといけません。

この作品もアカデミー賞有力候補ですね。
WOWOW解約しちゃったんで、観られませんが。
Commented by Mtonosama at 2014-03-03 10:02
♪すっとこさん

鞭って怖いなぁ、としみじみ思ったとのです。
あんなものを好むMの人ってすごい!
って、なんでそっちへ行くの?

サラトガと聞いてキカーリー・サイモンの”You are so vain"を思い浮かべました。
アメリカって少し前と現在とでは街の雰囲気が全然違っちゃってますよね(行ったことないけど)。

ブラピ、製作担当しただけあって良い役ゲットしましたね。
あれ?映画作りってそんなこともありなのかな?
とにかく、早くブラピ出てきて、
早くソロモン、元の生活に戻ってって念じてしまいました。

それにしてもファスベンダーに愛されてしまったパッツィ・・・
どうなってしまったのかなぁ。彼女の悲惨な運命が大半の奴隷たちの運命だったと思うと胸が痛くなりますね。
Commented by Mtonosama at 2014-03-03 11:22
♪びなちゃんさん

耳鳴りじゃないです。夫の人も聞いたそうです。

そっか、やつらは越冬するのか。ここいらへんは籔が多いもんなぁ。
以前、5月頃、2階の窓を開け放していて、ちょっと一休み
と座布団の上に足を投げ出したら、猛烈な痛みが走りました。
「キャーーーッ!」と飛びあがって見たらなんとでっかいスズメバチ。
籔というのは虫たちの温床なのですね。痛かったぁ(-_-;)

でも、猫の毛が中耳炎の原因、そして、短い人間の毛も?!
ベリーショートの私は要注意ですな。




Commented by びなちゃん at 2014-03-04 01:05 x
主演男優賞、ダラスバイヤーズクラブでしたね。
あちらに思い入れのある、すっとこさん、お先にひゃっほ~い。観ますね。

スズメバチ、災難でしたね。あ~恐ろしか~最近は巣の退治もよくテレビで観ますが、ショックで亡くなるのがまた怖い。
一つ、猫毛と髪の毛で、中耳炎にはなりませんでしたよ。(私もショートです。自分でカットするのがよくないかな)入り込んで鼓膜を刺激して、巨大な音でブンブンいってただけです。ご安心を。でもびっくらしました。
Commented by Mtonosama at 2014-03-04 07:17
♪びなちゃんさん

ね、マシュー・マコノヒ―さん、おめでとう!
受賞シーンの写真は少し体重を戻してましたね。
レイヨンを演じたジャレッド・レトも助演女優賞、
あ、違った・・・
助演男優賞を受賞しました。良かったもんなぁ。

「それでも夜は明ける」も作品賞、脚色賞、助演女優賞を
とりました♪

2本ともぜひご観賞くださいませ<(_ _)>

スズメバチ、刺された後1週間靴が履けなかったです。
検査もしましたが、わたしはショック体質じゃありませんでした。テレビでスズメバチの駆除シーンを観ると思い出してお尻がムズムズします。