ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

あなたを抱きしめる日まで –1– Philomena

あなたを抱きしめる日まで –1–
Philomena

f0165567_6504235.jpg

(C) 2013PHILOMENALEELIMITED,PATHE PRODUCTIONS LIMITED,BRITISHFILMINSTITUTE AND BRITISHBROADCASTING CORPORATION.ALLRIGHTS RESERVED


映画スターに似ているといわれることは嬉しい場合もあるけれど、
それはやはりそのスターが誰かということによりますよね。
ジュディ・デンチだったらどうでしょう。
彼女の年齢を考えれば、似ているといわれることはビミョーでしょうか。
でも、友人に彼女にそっくりな人がいます。
顔とか年齢というより、その存在感が似ているので、
ジュディ・デンチの映画を観た後はいつも「あなたが出てる映画、観てきたよ」と報告します。
彼女は怒ることもなく、かといって大喜びすることもなく「そう」と応えます。

前置きが長いですよね。

「あなたを抱きしめる日まで」。
例のごとく、邦題は「なんとかなりません?」な感じです。
オリジナルタイトルはPhilomena。フィロミナ。主人公の名前であります。
50年前に生き別れた息子を捜すアイルランドのおばさんフィロミナ。
彼女を演じたのがジュディ・デンチなのですが、
きっとこの映画を観たらジュディ・デンチ似の全ての人が大喜びすると思います。
誇らしくなるとも思います。

f0165567_659622.jpg

いや、なんとも良い映画なのです。
なんか心がほっこりするというか、
悲しいお話なのに笑えるし、
深刻なテーマなのに暗くなりません。
「ああ、いるいる。こんなおばさん」とクスクス笑いながらも、
人生の山坂に想いを馳せます。

やはりジュディ・デンチの名演あっての佳作であります。
そして、ジュディ・デンチとコンビを組んだスティーヴ・クーガンがまた良い!

話はちょっと飛びますが、3月3日アラン・レネ監督が亡くなりました。
彼は「俳優は尊敬すべき魔術師だ」という言葉を遺しましたが、
恐れながら、わたくしめもジュディ・デンチとスティーヴ・クーガンにこの言葉を捧げたいと思います。

この映画、こった作りが目につくというわけではありません。
丁寧につくり、よくできた脚本があり、良いキャスティングをし、
すばらしい俳優が最高の演技をするとこういう映画になるのだろうという作品です。

あ、また熱くなってしまったでしょうか。反省、反省。
どんな経緯で映画になったのかをご紹介しなくてはなりませんでしたよね。失礼しました。

f0165567_705098.jpg

2009年、イギリスでアイルランド人の主婦フィロミナの実話が出版されました。
10代で未婚の母となり、3歳になったその子を奪われた彼女が
今は50歳になっている筈の息子を捜しにはるばるアメリカまで行くというお話です。
とあるジャーナリストをまきこみ、スパイ映画のような謎解きを経て真実に至る・・・
というのですが。

実話でありながら、スリリングな展開があり、
はたまた開いた口が締まらない驚くべき出来事もあり、素直に楽しんでしまいました。

おっと、ここでばらしていてはいけません。
さあ、どんなお話かは例のごとく次回までお待ちいただくことといたしましょう。
乞うご期待でございますよ。



今日もポチッとお願いできればうれしいです♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆3月4日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

あなたを抱きしめる日まで
監督/スティーヴン・フリアーズ、脚本/スティーヴ・クーガン、ジェフ・ポープ、撮影監督/ロビー・ライアン
出演
ジュディ・デンチ/フィロミナ・リー、スティーヴ・クーガン/マーティン・シックスミス、ソフィー・ケネディ・クラーク/若き日のフィロミーナ、アンナ・マックスウェル・マーティン/ジェーン、ルース・マッケイブ/バーバラ修道院長、バーバラ・ジェフォード/シスター・ヒルデガード、ケイト・フリートウッド/若き日のシスター・ヒルデガード、ピーター・ハーマン/ピート・オルソン、メア・ウィニンガム/メアリー、ミシェル・フェアリー/サリー・ミッチェル
3月15日(土)新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー
イギリス、2013年、カラー、98分、日本語字幕/松浦美奈、後援/ブリティッシュ・カウンシル、提供・配給/ファントム・フィルム
http://www.mother-son.jp/

by Mtonosama | 2014-03-04 07:05 | 映画 | Comments(16)
Commented by すっとこ at 2014-03-04 08:14 x
うっひょひょーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい!

なんと前作に続いて この作品も見てもうたのですた。

ジュディ・ディンチ素敵ですよねぇ。
どっこもお直ししてなくて。シワの一本一本まで美しい。

    アカデミー賞のプレゼンターでキム・ノバックが
    登場しましたが 最先端お直し駆使していて
    “シワのない蛇女”のようになっていました・・・涙。

しかし女優とは殿様の言うように“魔術師”ですわね。
007の時のクールで仕事に生きるシャープな女性ボスのジュディ
とこの田舎のおばちゃんジュディとが同一人物とは信じがたいです!

アイルランド訛りはわからんけど英国を思い出して懐かしかったです!

びなちゃんさん、この映画お薦めーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!

ジュディに力強くポチッ!

Commented by Mtonosama at 2014-03-04 09:19
♪すっとこさん

これもご覧になりましたか。
でしょ、でしょ。良い映画だよねぇ。

うちはWOWOW解約しちゃって授賞式見てないんだけど、
キム・ノバックが“シワのない蛇女”ですと~。
見たい、見たいよぉ。

「俳優とは尊敬すべき魔術師である」とおっしゃったのは
アラン・レネ監督でありますが、本当にジュディ・デンチ
もスティーヴ・クーガンも良かったわぁ。

ところでね、おくさん、スティーヴ・クーガンさんって
コメディアンなんですって。
こんな知的なお顔なさったコメディアンってすごいですわねぇ。

今日もポチッをありがとうございました。
Commented by ライスケーキ at 2014-03-04 20:28 x
ジュディ・デンチ 名女優ですね。
どんな役でも なりきっちゃう。

私にとっては 「ミセス・ブラウン」「アイリス」 あたりが
お気に入りかな。

彼女の母親はダブリン出身、両親はダブリン大学で知り合った
そうだから、アイルランド訛りもお手の物なんでしょうね。

もっとも私、アイルランド訛りも英語も違い分かりませんけどね。
Commented by よもぎ at 2014-03-04 21:13 x
こんばんは、久しぶりにおじゃまします。
大好きなジュディ・デンチ、この映画きっと見に行きたいです♪
横浜でも、上映されるといいな。。。川崎でも、行きます。

捜し求めていた息子さんには、どんな形で再会できるのでしょうか?と楽しみです。
ハッピーエンドだといいな。。。と思いながら、見に行く日を楽しみにしてます。

今夜から、またぐっと寒くなるそうですね。
殿様も、ひかちゃんも暖かくしてお休みくださいね。
(我が家では寒がりにゃんこがもうぐっすりです^^)
Commented by Mtonosama at 2014-03-05 07:21
♪ライスケーキさん

きっとこの映画がライスケーキさんの新しいお気に入りに
なるんじゃないでしょうか(^_-)

ジュディ・デンチ、好きだなぁ。
Commented by Mtonosama at 2014-03-05 07:26
♪よもぎさん

あ~、お久しぶりです♪

どこでやりますかねぇ。
川崎まで足をのばされるなら、もう一歩。
品川あたりでやるかもしれませんよ。

良かったですよ~。ねこちゃんはお留守番できるかな?
(できないのは、ひかちゃんくらいか。風邪でうちにいるこ
とが多かったものですから、くっつき猫になってしまったひ
かちゃんです)。
Commented at 2014-03-05 18:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Mtonosama at 2014-03-06 09:37
♪鍵コメさん

あっはっは~。
ありがとうございます。非常に役に立ちました。
楽しかったし^m^

障子張りもそうだけど、
お雛様の悩みはやはりいずこも同じ・・・(-_-;)

毎年自分の為に飾っていたんですが、今年は飾れなかったです。
お雛様対策、諦めるしかないのか。
Commented by フォルナリーナ at 2014-03-06 17:38 x
はじめまして。フォルナリーナと申します。
よろしくお願いいたします。
映画通ではないので大変恐縮なのですが、ジュディ・デンチさん素敵な女優さんですよね。007で知りました。

俳優の神山繁氏とは40年来のご親友で、ご自宅に宿泊される間柄なんだそうですね。神山氏の奥様だった女優の文野朋子さんは、なんとなくデンチさんに似てあるな〜と思ったことがあります。では、失礼いたします。
Commented by poirier_aaa at 2014-03-06 22:39
ジュディ・デンチ、いい女優さんですよね。

本業の話とはずれてしまうかもしれませんけど、こうやって年齢を味方につけた年のとり方をしている人ってとても素敵だなぁと思います。年は、どうがんばったって重なっちゃうものですし、それは誰しも避けられないんだから、無闇にさからうのもちょっと見ていて辛いなぁ、なんて。

というのも、最近こめかみに白髪が大幅に増えて、それでも染めないでいることへの言い訳です(笑)
Commented by Mtonosama at 2014-03-07 09:31
♪フォルナリーナさん

はじめまして。フォルナリーナさん。
コメントをありがとうございます。
ほんとにジュディ・デンチは素敵です。
わたしは「恋に落ちたシェークスピア」で彼女がエリザベス女王を演じたのが印象的でした。
もう、ジャ――ンって感じで、立派な立派な女王様でした。
それが今回の普通のおばちゃんだって演じちゃうんですものね。
007でもまた違った顔を見せてくれてるわけですし・・・

そうですか。彼女は神山繁さんと親友なんですか!
素敵な情報をありがとうございます。

どうぞ、またお立ち寄りくださいませね。
Commented by Mtonosama at 2014-03-07 09:40
♪poirier aaaさん

本当に彼女は素敵な歳のとり方ですよね。
↑ですっとこさんがキム・ノバックの最新お直しテクを使った
整形のことを書いていましたが、ジュディ・デンチは堂々と
歳を重ねて立派です。
わたしも真似したいものです。

白髪はこめかみだけですか?
美容院で「集中して白髪が生えている箇所は栄養がいってないっていうことですよ」と言われました。
シャンプーの時などによく頭皮マッサージするといいそうです。
そう言われて実践している堂々と歳をとれない150歳です^_^;
Commented by フォルナリーナ at 2014-03-07 17:49 x
お返事くださり、ありがとうございます。
デンチさんのエリザベス女王、覚えています。

従者?が、水たまりに服を置くシーンで、『Too lato too lato!!』という女王のセリフがありましたよね。我が家で、流行ました。(英語もよく分かりませんが・汗)

シェークスピア劇にも出演される俳優の寺泉憲さんが何かの番組で話されていたのですが、ウン十年前にデンチさんが日本に来られたことがあるそうですね。最近は、来日されていないのでしょうか。神山氏のところへは、お忍びでいらしてるのかな〜?なんですが・・。
Commented by フォルナリーナ at 2014-03-07 17:52 x
すみません、late の綴りが違ってました。訂正いたします。
Commented by Mtonosama at 2014-03-07 20:39
♪フォルナリーナさん

ジュディ・デンチさん、どうなんでしょうね。
来日してもらいたいけれど、もっともっと良い映画に出続け
てほしいとも思います。

でも、彼女は神山繁さんとはそんなにお親しいのですか?



Commented by フォルナリーナ at 2014-03-07 22:43 x
神山氏、ホントにホントです!!
昔、徹子の部屋だったか・・おっしゃっていたのでビックリしたんでした。デンチさんのご自宅にお泊まりされるんだそうです。きっと、ゲストルームがおありなんですよね。

こちらにコメントする前にググってみましたし、間違いないかと・・。