ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

8月の家族たち-1- August:Osage County

8月の家族たち -1-
August:Osage County

f0165567_5232276.jpg

(C) 2013 AUGUST OC FILMS, INC. All Rights Reserved.

「8月の家族たち」。
なかなか良いタイトルです。観たくなります。
オリジナルタイトルは“August:Osage County”。“8月オサゲ郡”。
え?オサゲではなくオセージ?

Osage.
辞書には「オセージ族(の人)《北米先住民族》」とありました。
ふーん。以前はオサゲにした先住民族がたくさん住んでいたんでしょうね。

だから、オサゲじゃないって・・・

本作は戯曲“August:Osage County”を映画化したもので、原作はトレイシー・レッツ。
狭いモーテルを舞台に、虫に象徴された様々な妄想に取りつかれ追い込まれていく男女を描いた「BUG」、
シカゴでドーナツ屋を営む初老の男と作家をめざす黒人青年との心の交流を描いた「シュぺリオール・ドーナッツ」
を発表していますが、いずれも日本で翻訳上演されていて、日本の演劇界でも知られた劇作家です。

いかにもアメリカ的なミステリー・サスペンスを得意とした作家で、
本作「8月の家族たち」の脚本も彼が担当しています。
それに製作はなんとジョージ・クルーニーですよ。
出演してはいませんけど――

監督は、TVドラマ「ER」シリーズの監督・製作総指揮を担い、
クルーニーとは20年来の仲のジョン・ウェルズです。

f0165567_529183.jpg

な~んもないオクラホマ州の田舎町の保守的な人々が頑固そうな顔をして
砂埃を巻き上げながらピックアップトラックを運転してるって感じの
いかにもアメリカっぽい雰囲気がジワリッと滲み出ている作品です。

オクラホマ州はインディアンの保留地が非常に多い州なんですって。

州名もチョクトー族インディアンの言葉okla と hummaを合わせたもの、意味は「赤い人々」。1907年11月16日に元のインディアン準州とオクラホマ準州を合わせた合衆国46番目の州。当初は全米のインディアン部族のほとんどを強制移住させる目的で作られた。
(Wikipediaより)

へえ、知らなかった。


2007年に初演され翌年のピュリッツァー賞戯曲部門とトニー賞演劇部門を受賞した“August:Osage County”。
本音がぶつかる家族劇であります。でも、ミステリーっぽくもあり、サスペンスフルでもあります。
売りはなんといっても母娘の激しい舌戦でしょうけど――

主演は、本作で18回目のアカデミー賞ノミネートを果たし、
自身が持つ俳優としてのノミネート最多記録を更新したメリル・ストリープ。
もうひとりは本作で13年ぶりにアカデミー賞にノミネートされたジュリア・ロバーツ。

今回が初共演という豪華な組合せです。
f0165567_529538.jpg


他の家族にも注目ですよ。
長女を演ずるジュリア・ロバーツの夫にはユアン・マクレガー。
(でも、こんな影の薄いユアン・マクレガーは初めてです)。
そして、オーディションで本作出演をかちとったベネディクト・カンバーバッチ。
父親役にはサム・シェパード。
さらに、熱く燃える家族たちの中で冷静な観察者として存在する家政婦は
オクラホマ州らしく、先住民族の女性。
彼女がまた「フローズンリバー」(‘08)で印象的な演技を見せてくれたミスティ・アッパム。
http://mtonosama.exblog.jp/12509768/ (当試写室でも2009年12月に上映しています)。

とまあ、とてもそそられるキャスティング。
舞台劇ですからね。なんといっても演技力が命です。

さぁ、大女優の汗と唾が飛び散る大舌戦!
いったいどんなお話なのでしょうね。
次回まで乞うご期待でございます。



今日もポチッとお願いできればうれしうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆4月8日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

8月の家族たち
監督/ジョン・ウェルズ、トレイシー・レッツ/原作・脚本、ジョージー・クルーニー、グラント・ヘスロヴ/製作
出演
メリル・ストリープ/バイオレット、ジュリア・ロバーツ/バーバラ、ユアン・マクレガー/ビル、アビゲイル・プレスリン/ジーン、マーゴ・マーティンデイル/マティ・フェイ、クリス・クーパー/チャールズ、ベネディクト・カンバーバッチ/リトル・チャールズ、ジュリアン・ニコルソン/アイビー、ジュリエット・ルイス/カレン、ターモット・マローニー/スティーヴ、サム・シェパード/べバリー、ミスティ・アッバム/ジョナ
4月18日(金)TOHOシネマズ シャンテほかロードショー
2013年、アメリカ、121分
http://august.asmik-ace.co.jp/

by Mtonosama | 2014-04-08 05:45 | 映画 | Comments(6)
Commented by すっとこ at 2014-04-08 07:17 x
えぇえええええええええええええええええええええええええええええええええええ!

オクラホマ州って インディアンを移住させるための州
だったんですかーーーーーーーーーーーーーーーーっ。

アメリカに住んでるのに
ちーっとも知りませんでした。

そしてこの映画、豪華過ぎるキャスト陣、
観に行きたい映画ですわん。まだNYでやってるかしらん。

ジョージ・クルーニーってハワイのええとファミリーなんとか
ファミリー・ツリーでしたっけ?そんな名前の映画も製作しま
したね。ええ年の取り方してはりまんなぁ。

観たい気持ちでポチッ。
Commented by Mtonosama at 2014-04-08 10:11
♪すっとこさん

そうそう「ファミリーツリ―」よく覚えておいでですなぁ。
あたしは書いていく先からタイトルを忘れていきます。
ジョージは「ファミリーツリ―」に主演していましたね。
この人好きやわぁ♡

話は先住民族にうつりますが、先日リバー・フェニックスの
遺作となった映画が20年ぶりに編集されたという「ダークブ
ラッド」という映画を観ました。
彼らの居留地で原爆実験が行われ・・・ということが背景に
なった映画です。
なんかなぁ・・・

あ、話が違うところに行っちゃったけど、ジュリア・ロバー
ツも歳とりましたわ。

帰りの機内では何本映画を観ましたか?

今日もポチッをありがとうございました。
Commented by ライスケーキ at 2014-04-09 10:34 x
メリル・ストリープとジュリア・ロバーツの共演だけでも
凄いのに、ユアン・マクレガーも・・・。

えっ、彼の影が薄い?   許せん!
でもまぁ、そういう役どころなんでしょうね。

そして、カンバ-バッチ。  シャーロック・ホームズだ。

それにジョージ・クルーニー。

撮影現場想像しただけで 頭がクラクラします。
Commented by びなちゃん at 2014-04-09 14:54 x
関係ないことでござんすが、メリルも、ジュリアも鼻が高い…
東洋人の鼻が小さいのは西洋人に羨ましがられるとか。

ジョージ・クルーニー、数年前にオデッセイのCMに出ましたが、あれだけでもかっこよかったなあ。(BGMが、ビージーズってのも良かった…)
Commented by Mtonosama at 2014-04-09 19:48
♪ライスケーキさん

そっか、カンバーバッチはシャーロック・ホームズか?
この人、個性的な顔立ちですよね。
人の顔が覚えられないとのも彼の顔だけは覚えることができます。

あ、ジョージ・クルーニーは出てないんですよ。
でも、プロデューサーとして現場には顔を出したんでしょうね。

ユアン・マクレガー、今回は超ジミ。
え~~~~~っ、あれユアンだったのぉ?って感じです。
Commented by Mtonosama at 2014-04-09 19:51
♪びなちゃんさん

羨ましがってくれるのなら、こんな鼻あげちゃうよ。
ジュリアのお鼻ととっかえっこしちゃいます。

ジョージ・クルーニーいいですよね。大好きです♡

でも、コーヒーメーカーのCMはいただけないなぁ(-_-;)