ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

バチカンで逢いましょう -2- Omamamia

バチカンで逢いましょう -2-
Omamamia

f0165567_55744100.jpg

(C)2012 SPERL PRODUCTIONS/ARDEN FILM/ERFTTAL FILM. & FERN SEHPRODUKTION/SEVEN PICTURES FILM


現在のローマ法王はアルゼンチン出身のフランシスコ法王。
近くのホームレスを招き、その足を清めるなど、
これまでの法王のイメージとはかなり違った方です。

一方、719年ぶりに自由意思で生前退位したベネディクト16世は
お顔もいかつく、ちょっと厳格なイメージでしたが、
本作ではカイザーシュマーレン好きの気さくな法王さまとして登場します。


カイザーシュマーレン

f0165567_5594348.jpg
南ドイツの人が大好きなお菓子。作り方は、卵を卵黄と卵白に分け、卵白はメレンゲにします。小麦粉と砂糖、牛乳、卵黄を混ぜ合わせ、最後にメレンゲを入れて混ぜあわせ、融かしたバターがたっぷりのフライパンでパンケーキを焼きます。焼き上がったパンケーキを一口大に崩し、レーズンやアーモンドを入れ、バニラシュガーをかけてカラメリゼ(菓子の表面に薄く砂糖をふり、バーナーや焼きこてなどでカラメル状に焦がすこと)。中はしっとり、外はかりっと仕上げ、お皿に盛って更にパウダーシュガーをかけたお菓子です。

わ~、太りそう!でも、美味しそう!!
このお菓子、本作でも重要な役割を占めているんですよ。

さあ、どんなお話でしょうか。


ストーリー
マルガレーテは長年連れ添った夫の葬儀を済ませ、人生の再出発に踏み出すところ。

彼女は40年前に夫と共に南ドイツのバイエルン州からカナダに移住、
大自然に囲まれた我が家で幸せに暮らしていた。
だが、長女のマリーは一人になった母親が田舎の一軒家で暮らすのが心配でならない。
両親の家を売却し、自分たちの暮らすホワイトホースへ呼び寄せることに。

マルガレーテはマリーの家で一緒に暮らせるものと思っていたのに、
なんと老人ホームへ入居することに決まっており、
マリーたちと一緒に行く約束だったローマ旅行も中止されてしまった。
しかし、マルガレーテはどうしてもローマ法王の前で懺悔したいことがあるのだ。

ある朝、マルガレーテは置き手紙を残し、ひとりローマに旅立った。
孫娘マルティナのアパートに転がり込み、さっそくバチカンへ向かう。
だが、法王に会うのは簡単なことではなかった。

集団謁見の日、再訪したマルガレーテ。
そこで、なんと大変な事件を起こしてしまう。
盲人と偽り法王と謁見しようとしていた老詐欺師をこらしめようと、
護身用のスプレーを吹きかけたところ、なんと法王にかかってしまったのだ。
逮捕され、尋問される彼女を救ったのが、さっきの老詐欺師ロレンツォ。
彼は警察に事件はすべて自分のせいで彼女は無実だと釈明。

さて、マルガレーテ。彼女はそのロレンツォの甥ディノともローマで出会っていた。
実はディノの母親はドイツ生まれで、ディノはバイエルン料理店「リセロッタ」を経営。
だが、彼の料理はあまりにもひどく店は倒産寸前。
最初は客として訪れたマルガレーテはその不味さに自ら厨房に立ち、自分で作り始めた。
そんな縁で彼女は「リセロッタ」のシェフになり、彼女の作る料理はローマっ子の評判に。
店は今や繁盛店に大変身。

一方、法王襲撃犯として国際ニュースになった母親を心配してマリーもローマにやってきた。
孫娘のマルティナは同棲している恋人とのトラブルで傷つき、
さらにロレンツォとディノにも不幸が。

そんな傷ついた心を癒すのはマルガレーテの美味しい料理。

ある晩、マルガレーテは40年間心に秘めてきた秘密をマリーに明かす。
だが、その秘密の持つ衝撃にマリーは怒り狂う。

傷心のマルガレーテ。酔いつぶれるマリー。
そんなとき、マルガレーテの許に法王庁からとんでもない依頼が……


f0165567_673337.jpg

マルガレーテ、マリー、マルティナ。三代のドイツ女が一致協力して作り上げる
百人分のカイザーシュマーレン。
ドイツ菓子の甘い香りがたちのぼるかぐわしい映画であります。
母・娘・孫娘。血のつながりは代々の味の伝承でもあります。
かくして女は生きていく。

母は新しい恋に生き、娘は飽きの来ていた夫と再起を誓い、
孫娘も浮気な恋人の一途な想いに再び惚れなおす――
そんなめでたしめでたしの食と恋のコメディです。

あ、カイザーシュマーレンを思い出してお腹が空いてきてしまいました。





今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆4月23日に更新しました。いつも応援していただき、本当にありがとうございます☆

バチカンで逢いましょう
監督/トミー・ヴィガント、脚本/ジェーン・エインスコー、ガブリエラ・スペーリ、原案/クラウディア・カサグランデ、製作/アンドロ・スタインボーン、ガブリエラ・スペーリ、サウエイ/ホリー・フィンク、美術/パトリック・スティヴ・ミュラー、音楽/マルティン・トドシャローヴ、編集/シモン・ブラージ
出演
マリアンネ・ゼーゲブレヒト/マルガレーテ、アネット・フィラー/マリー、ミリアム・シュタイン/マルティナ、ジャンカルロ・ジャンニーニ/ロレンツォ、ラズ・デガン/シルヴィオ、ジョヴァンニ・エスポジト/ディノ、トーマス・カイラウ/法王ベネディクト
4月26日(土)新宿武蔵野館他全国順次ロードショー
2012年、ドイツ映画、カラー、105分、日本語字幕/松浦美奈、後援/ドイツ文化センター、イタリア政府観光局、配給/エデン

by Mtonosama | 2014-04-23 06:24 | 映画 | Comments(13)
Commented by びなちゃん at 2014-04-23 13:02 x
そうですか、甘いもの!ときましたか~
作り方を検索したら何と、映画とタイアップしてカイザーシュマーレンをカフェだのレストランで食せるとか!作らないで映画を見て散歩がてら行ってみようかな。
映画会社の思う壷?甘い罠?

前のご紹介の”チョコレートドーナツ”も、カロリー高そうじゃ…
Commented by Mtonosama at 2014-04-23 17:29
♪びなちゃんさん

甘いものですよ~。
なんたってドイツは粉ものがたまりませんわ。
スイトンのスープみたいな、なんたらクネーデルなんてのも
おいしいですし♡
このカイザーシュマーレンもちゃんとできたパンケーキをフ
ォークで一口大に崩すってところがミソですな。
ああ、食べてみたい!

そっかぁ。カフェで食べられるんですね。
映画会社の罠にはまってもいいから、食べたいです。

チョコレートドーナツを大好きなマルコは「朝からチョコレ
ートドーナツなんて」って言われるんだけど、止められない
んです。なんとも嬉しそうな顔をするのですよ。
でも、食べたのはマルコだけ。大人は我慢しましょうね♪
Commented by ライスケーキ at 2014-04-24 21:40 x
マルガレーテ、 
とても とても ふくよかですね。
カイザーシュマーレン、
とても とても カロリー高そうですね。

彼女がこれを食したら・・・。
ちょっと 心配。

でも でも 新しい恋に巡り会えるんだから。
そんなの気にしないで 楽しく食べましょう。

Commented by Mtonosama at 2014-04-25 06:37
♪ライスケーキさん

堂々とふくよかでいるマルガレーテさん、良いですね。
こういう体型の女性って愛されるんです。
日本にもその名も大山デブ子という女優さんがいたんですって。

カイザーシュマーレン、食べたいな♪
Commented by すっとこ at 2014-04-25 06:53 x
ううーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーむ!

「三代のドイツ女が一致協力して作り上げる
百人分のカイザーシュマーレン。」

ひゃあああああああああああああああああああ。
迫力ありますね。

迫力、といえば シェフやパティシィエ、ショラティエさんが
痩せっぽちさんだと いまいち迫力に欠けますね。

やはりマルガレーテさんくらい胴回りに貫録ないと!

自分の胴回りも「どすこい」と叩きながらポチッ!

Commented by Mtonosama at 2014-04-25 09:35
♪すっとこさん

確かに、お菓子やごちそうをつくってくれる人が痩せていると迫力ありません。

でも、太っていると、やっぱりこういうのを作って食べてい
る人は太るんだなぁ、と思うのも事実。
それはそれで己を戒めるための警告にもなりますけどね^_^;

今日もドスッとありがとう・・・
あ、違った!今日もポチッとありがとうございました。
Commented by なえ at 2014-04-25 23:22 x
「バクダッド・カフェ」を見たくなって、近くのレンタルで聞いたら
「以前は置いてたけど、最近は取り扱ってません。」ですと。
古いしなあ。ショボいレンタルだったからなかったのか、〇タヤ
だったらあるのかも。て、本作品と関係ない所で引きずって
ますなあ。

ドイツてプロテスタントと思ってたけど、そっか、この人は南ドイツ
出身だからカトリックなんですね。彼女は何を懺悔しに法王に会いに行ったんでひょ?お菓子の食べ過ぎで太りすぎたこととか?
それなら私ら皆懺悔しないと^_^;しかし彼女を上回るには
並大抵の食べ方では追いつきまへんで(;一_一)



て、この映画と関係ないやん。
Commented by との at 2014-04-26 06:55 x
♪なえさん

そうですか。「バグダッド・カフェ」なかったですか・・・
私も観たいので、でかいレンタルショップへ行ってみよ。

彼女がなにを懺悔したか?
これが非常に重要なポイントなんですね。
ま、ねたばれにならないようここでは明かしませんが^m^

関係ないことつながりで。
「チョコレートドーナツ」すごい人気なんですって!
ご覧になってドーナツ食べてマリアンネに近づきましょー♪
Commented by フォルナリーナ at 2014-04-27 19:53 x
バグダッドカフェは、曲の方が有名でしょうか??(笑)
昔、奨められてビデオを観ましたがよく覚えてなくて。。。

オーストリアのお菓子でもあるカイザーシュマーレン。名前は知っていましたが、皇妃エリザベートがらみの逸話などもあるお菓子だったんですね〜。

次女が7〜8年前、大学恒例の募集でミュンヘンのアメラング村にホームステイ(姉妹校に行く為)していたのですが、オーストリアに近い南ドイツでは、挨拶はオーストリアと同じ『グリュースゴット(神のご加護を)』と言うそうですね。グーテンタークと言っても、お返事はグリュースゴット。南ドイツだけのようですが。。。
Commented by Mtonosama at 2014-04-27 20:56
♪フォルナリーナさん

実はいま「バグダッド・カフェ」を観ていました。
マリアンネ・ゼーゲブレヒトさん、この映画での役名は
ジャスミン(ドイツ語読みだとヤスミンですが)でした。

今、アップしている「ブルー・ジャスミン」のジャスミンを
演じているのはケイト・ブランシェット。ジャスミンつなが
りでも女優さんはあまりにも違うので笑ってしまいました。
でも、マリアンネは「バクダッド・カフェ」当時とホントに
違わないです。
フォルナリ―ナさん、是非もう一度ご覧になってください。
今はきっと楽しめる筈です。

Gruess Gott!
ああ、ドイツへ行きたいです。
Commented by フォルナリーナ at 2014-04-27 21:47 x
そうでしたか!!
とりあえず、ユーチューブを観ました。(笑)
マリアンネさん、おっしゃる通りでした!!

ジャンカルロ・ジャンニーニさんは、ハンニバルのパッツィ刑事の役だったんですね〜。

怖い映画は、とーーってもダメなんですが、フィレンツェの大好きなメディチ家の、有名なパッツィ家の陰謀事件(パッツィ一族は断絶したはずですが・・)が絡んでいたので、ウキウキ観ました。ら、予想通り吊るされちゃいましたね〜。(汗)
Commented by Mtonosama at 2014-04-28 06:04
♪フォルナリーナさん

おはようございます!
ユーチューブでご覧になりましたか。
素早いご反応、恐縮です。

マリアンネさん、変わってないでしょ?
肉づきのいい人は歳をとらないんですね^m^
Commented by なえ at 2014-05-01 15:24 x
ひょえ~、殿様、さっさと「バグダッド・カフェ」見たんですね!
フォルナリーナさんも。行動が速い!えー、私はやっと〇タヤ
に電話してあることを確かめ、明日にでも借りにいこうかと
思ってる所なのに^_^;。

取り置きしておいてほしい、と行ったけどアカンらしい。それぐらいサービスせ~や~!ま、誰も借りないと思うけれど。いや、ひょっとしてこのブログを見てる京都のイケズなヤツが今日借りに行ってるかも。京都の片田舎の〇タヤには行かんといてや!