ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

グランド・ブダペスト・ホテル -2-  THE GRAND BUDAPEST HOTEL

グランド・ブダペスト・ホテル
 -2-
THE GRAND BUDAPEST HOTEL

f0165567_617211.jpg

(C)2013 Twentieth Century Fox

さて、本作の舞台は架空の国ズブロフカ共和国。
アルプスを望むヨーロッパ東端の国という設定です。

ズブロフカ共和国には、19世紀末から第1次世界大戦まで、
あちこちにステキな温泉リゾートがありました。

その中でもネベルスバートは国内外から大勢湯浴みに訪れる有名な温泉地。
(あ、これも架空の温泉地です)
あまたの宿泊地の中で、特に上流階級の人々が好んで宿泊したのが
グランド・ブダペスト・ホテルなのでした。

山の上に建つ宮殿のようなホテル。
ホテルへ向かうケイブルカーが夢の世界へ誘い、
バックに流れる男声合唱が、敬虔というかエキゾチックというか、
神妙な気分と期待感をいやがうえにも盛り立ててくれるイントロダクション。

お話は、現代、60年代、30年代と3つの時代にまたがって進行します。
進行役はズブロフスカ共和国の国民的作家であり、
小説「グランド・ブダペスト・ホテル」の作者があい勤めます。

さて、さて――


f0165567_62303.jpg

ストーリー

今は昔。
1968年。ズブロフカ共和国の国民的大作家がまだ青年だった頃。
作家は疲れた神経を休めようと、既にかつての華やかさを失くしてはいたものの
その国きっての高級ホテルであるグランド・ブダペスト・ホテルへと温泉療養に訪れた。

そこで作家はホテルのオーナーであるゼロ・ムスターファに出会う。
謎に満ちた人物。
無一文の移民の彼がいかにして富豪になったか。
何のためにこのホテルを買ったのか。
なぜフラリと訪れては一番狭い使用人部屋に泊まるのか。

彼はその謎と人生をありのままに語り始めた。

さらに昔。
1932年。ゼロがグランド・ブダペスト・ホテルでロビーボーイとして働き始めた頃。
伝説のコンシェルジュ、ムッシュ・グスタヴ・Hがゼロの師であり父親でもあった。
顧客への究極のおもてなしにつとめるグスタヴはマダムたちの夜のお相手もこなし、
多くの客が彼を目当てにホテルへやってきたものである。

そこに大事件が起こる。
グスタヴの最高の顧客であり大親友でもあったマダムDがある夜、何者かに殺されたのだ。
グスタヴがゼロを引きつれ、彼女の邸宅に駆けつけると、
弁護士のコヴァックスが親類縁者の前で名画「少年と林檎」をグスタヴに贈る
という遺言を読み上げるところだった。

それを聞いたマダムDの息子ドミトリーは激怒してグスタヴを殴り飛ばす。
グスタヴとゼロは怒りと見せしめのため、マダムDの執事セルジュ・Xの協力を得て
絵画を邸宅から持ち出すことにした。

だが、ホテルに戻ったグスタヴは殺人犯として警察に逮捕されてしまう。
遺産狙いでマダムDを殺害したというのだ。

グスタヴは刑務所に収監される。
しかし、そこでも一流のコンシェルジュ精神を発揮した彼。
囚人部屋をしきるルートヴィヒに気に入られ、脱獄に成功。
待ち受けていたゼロと共に逃避行に。

ところが、グスタヴに迫る悪の手。
マダムDの遺言代理人コヴァックスが殺害され、グスタヴにまつわる人物が次々と死んでいく。

コンシェルジュの秘密結社とゼロの婚約者アガサの協力を得て、
ゼロと共に謎に挑むグスタヴ。
彼を追う警察、真犯人の一味。
そして、おりしもヨーロッパには大戦の火蓋が切って落とされようとしていた。

さあ、どうなるグスタヴとゼロ……

f0165567_6234396.jpg

さて、ズブロフスカ共和国の運命ですが、
戦争が始まり、30年代にはファシストに占領され、
その21日後には独立国家ズブロフスカ共和国は正式に消滅し、共産圏に組み込まれます。
その後、不運な国民をさらにプロイセン風邪が襲い、何百万人もの死者が出たのであります――

そんな架空のズブロフカ共和国を舞台にし、
ハイスピードでめりはりのきいた巧みな展開で繰り広げられるストーリー。
これはあの国のこと?と想像させながら、決して観客を深刻に考えこませず、
次々と新しいシーンへと誘います。
まさに映画のワンダーランド。

現代、1968年、1932年と3つの時代を軽々と飛び越え、
おとぎ話のようなホテルやお菓子で夢見心地にさせ、
笑わせ、ハラハラさせながら、エンターテインメントの世界に導いてくれます。

で、ありながら、ピンクのホテルの壁についたくすんだカビの色のように、
あるいは甘いお菓子に一粒混じった苦い薬のように、
ただただ楽しいだけではない人生やら世の中をふっと想わせる作品でもあります。
甘い夢のような色彩とコンシェルジュのしゃれた言い回しで笑わせ、
テンポの良い追跡劇に興奮させつつ、
ん?それだけじゃないぞ、と感じさせる作品でした。

これはイケメン・ドアボーイにおもてなししてもらう以上の映画でありましょう。





今日もポチッとお願いできればうれしいです♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆6月7日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

グランド・ブダペスト・ホテル
監督・脚本/ウェス・アンダーソン、ストーリー/ウェス・アンダーソン&ヒューゴ・ギネス、製作/ウェス・アンダーソン、スコット・ルーディン、スティーヴン・レイルズ、ジェレミー・ドーソン、製作総指揮/モーリー・クーパー、チャーリー・ウォーケン、クリストフ・フィッサー、ヘニング・モルフェンター、共同製作/ジェーン・フレイザー、撮影監督/ロバート・イェーマン、A.S.C.、プロダクションデザイン/アダム・ストックハウゼン、編集/バーニー・ピリング、音楽スーパーバイザー/ランドール・ポスター、音楽/アレクサンドラ・デスプラ、衣装デザイン/ミレーナ・カノネロ
出演
レイフ・ファインズ/ムッシュ・グスタフ・H、トニー・レヴェオリ/若き日のゼロ・ムスタファ、F・マーレイ・エイブラハム/ミスター・ムスタファ、マチュー・アマルリック/セルジュ・X、エイドリアン・ブロディ/ドミトリー、ウィレム・デフォー/ジョプリング、ジェフ・ゴールドプラム/代理人コヴァックス、ハーヴェイ・カイテル/ルートヴィッヒ、ジュード・ロウ/若き日の作家、ビル・マーレイ/ムッシュ・アイヴァン、エドワード・ノートン/ヘンケルス、シアーシャ・ローナン/アガサ、ジェイソン・シュワルツマン/ムッシュ・ジャン、レア・セドゥ/クロチルド、ティルダ・スウィントン/マダムD、トム・ウィルキンソン/作家、オーウェン・ウィルソン/ムッシュ・チャック
6月6日(金)新宿シネマカリテ他全国ロードショー
2013年、イギリス=ドイツ合作、英語、カラー、配給/20世紀フォックス、日本語字幕/岸田恵子
http://www.foxmovies.jp/gbh/

by Mtonosama | 2014-06-07 06:30 | 映画 | Comments(10)
Commented by まゆこ at 2014-06-07 20:32 x
先ほどは、どうもありがとうございました!
早速遊びに参りました(^^)

また、アノお店でお会いできると嬉しいです♪
今後ともよろしくお願い致します☆

以下のページもどうぞよろしくお願い致します!

ロケット王子
https://www.facebook.com/The.Rocket.Prince
タイタン(ひかちゃんと同じ猫ちゃん♪)
https://www.facebook.com/The.Rocket.Prince.TITAN
Commented by Mtonosama at 2014-06-07 22:11
♪まゆこさん

こちらこそありがとうございました。
またお会いできるとうれしいです。
こちらこそよろしくお願いします。また当試写室に遊びにいらしてくださいね。

あれからまたしばらく飲んでしまいました^_^;
Commented by なえ at 2014-06-08 00:18 x
映画通の皆さんにはゴージャスな俳優陣ということですが、
映画不通の私には「そら、誰でっか」と??です。でもそんな
私にも前回の1枚目の写真の色合いを見ただけで、こら「まとも」
やないと思わせます。

ストーリーを読むと、異次元ワンダーランドかスパイスのきいた
皮肉なコメディかと期待ワクワク。おしゃれで洗練されたエンターテイメント+読後感やなかった、観た後感(?)を残す内容なんて!

ほぼDVDでしか見ないんですが、これは映画館で見たい!
と思います。
Commented by Mtonosama at 2014-06-08 06:13
♪なえさん

ぜひぜひ映画館でご覧ください。
スキ―の追跡シーンなど、劇場の大スクリーンでお楽しみください。

実は猫も登場するんですよ。
その上、スパイシーな部分もありーの、色がきれーの、脇役の俳優たちもおもしろーいの、こりゃもー、映画館で観るしかありません(^^)v
Commented by よもぎ at 2014-06-08 10:34 x
おはよーございます♪

一昨日、川崎でミッション実行してまいりました(^0^)

始まると荘厳な音楽が聞こえ 
建物などの美しい映像が現れ。。。、何が始まるかな。。とワクワクしていましたら。。。

お話は急速にすすみ。。。あっと驚いたり、ギョッとしたり、冷や汗がでたり
ゲラゲラと笑いそうになったり
思っても見ない展開に翻弄されました!

スキーで雪原をゆく (飛行機並みの速さとみた)画像の美しさに魅了されました。
異次元ワンダーランド、ほんとにそうでした!
スクリーンに近い席をとりましたので
画面に吸い込まれそうな気分になり、気持ちは一体化?してました。

俳優さん全員、はまり役!といっていいくらいすごかったです。

そして、こまかい設定もすばらしく、まるで精緻な絵画を見るような満足感を覚えましたです。

音楽も素晴らしかったです(^0^)
エンドロールに目を凝らしていましたら、(すみっこに愛らしい動画が。。。)
「ロシアン・バラライカ・アンサンブル」と読み取れました。
いいお仕事されてました(^0^)/



Commented by Mtonosama at 2014-06-08 17:06
♪よもぎさん

あ、お気づきになられましたね。
エンドロールのバラライカおじさん、可愛いかったです♪
東欧風っていうのかロシア風っていうのか、音楽も良かったですね。

でも、楽しいだけじゃない、きれいなだけじゃない、スピーディなだけじゃない、苦い部分もありました。

行列しなきゃ、試写が見られなかったのも納得の映画です。

猫がかわいそうでしたけど。
Commented by ライスケーキ at 2014-06-08 21:27 x
ストーリー読んだだけでも、目が回りそう。

俳優陣がスゴイですね。
エイドリアン・ブロディ、ウィレム・デフォー・・・。
ジュード・ロウ、エドワード・ノートン・・・。
ひゃあ、映画が何本も出来ちゃいそうですね。

これは、映画館に行かなくちゃ。
忙しくなりそうです~。


Commented by Mtonosama at 2014-06-09 06:44
♪ライスケーキさん

ほんとに豪華な俳優陣♡
登場人物も多いし、時代も30年代、60年代、そして、現代と
変わるのに頭を悩ますことなく映画を楽しめます。
俳優の力って大きいなぁ。

近くの映画館でやってるといいですね♪
Commented by すっとこ at 2014-06-09 21:56 x
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!

も一回
うっおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!

それくらい激しく後悔しております、見逃したのを!

行きたかったのに!風邪のバカッ!!

俳優陣、もう卒倒しそうですわん。
これだけの人を集める監督って・・・・ただものでなさ過ぎ!

激しい後悔と共にポチッ!
これから見に行ける日本の人が羨ましい!
Commented by Mtonosama at 2014-06-10 05:53
♪すっとこさん

もう!悪い風邪でしたね。
せっかく楽しみにしていたのにねぇ。
おばちゃんがすっとこさんをいじめた悪い風邪をメッ!ってしてあげる。

ライスケーキさんが「何本も映画ができちゃいそうな俳優陣」とコメントを書いてくださったけど、
ほんとにその通りだったわぁ。
あっ、こんなこと言ったら、すっとこさんの悔しさをまたあおっちゃうか。

後悔しながらもポチッしてくださってありがとうございました。

絶対になんとかして観てね(^^)/