ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

人生はマラソンだ! -1-  De Marathon

人生はマラソンだ! -1-
De Marathon

f0165567_5233782.jpg

© 2012 Eyeworks Film & TV Drama B.V.

人生はマラソンだ!
よく聞く言葉です。人生とマラソンが似ているというのはなんとなくわかりますもんね。

でも、とのは走るのは嫌いです。
実は、ダイエットにはジョギングが一番と聞き、二日走りました。
そして挫折。三日坊主以下であります。
ランニングにはまず靴が重要という基本常識を無視したばかりに大変な目にあいました。
体重は2キロ落ちましたけどね。

いいんだ。わたしには水泳があるから。

ま、水泳とマラソン。
スポーツつながりということで、このおかしなおじさんたちが登場するオランダ映画を観に行きました。

オランダ本国では動員30万人を越える大ヒット作となったそうです。

f0165567_5274793.jpg

自動車修理工場で働き、昼間っからビールを呑み、カードに興じる男4人とまじめに働く移民青年ユース。

飲んだくれおやじたちは父親から受け継いだ自動車工場を経営するギーア、
そして工場従業員のニコ、レオ、キース。
いつものようにカード遊びをしていたある日、
ニコが税金の督促状を発見してしまったことから、
スポーツとは縁もゆかりもないメタボおじさんたちのマラソン挑戦が始まります。

めざすはロッテルダム・マラソン。もちろん42.195キロのフルマラソンであります。
毎年4月に行われるこの大会。
エリートランナー、一般市民ランナー合わせて2万人以上が参加するオランダ最大のもの。
1990年には谷口浩美さんが男子優勝を果たすなど日本ともおなじみです。
制限時間のないホノルルマラソンや、時間制限7時間の東京マラソンと較べると
制限時間5時間半、中級者向けといえる大会です。

なんと無謀な!

息を切らし、お腹を揺らして走るおじさんたちの姿に
かつて二日で挫折した我が身を思い出し、苦いものがこみあげてきますが、
ま、人にはそれぞれ得手不得手というものがありますから、良しとしましょう。

f0165567_5304687.jpg

笑わせてくれるけれどちょっと痛いこの映画を監督したのは
本作が映画監督デビューとなるディーデリック・コーパル。
コピーライター出身で、
ハイネケン、ユニリーバ、アップル、アディダスという
超有名なクライアントを持つオランダ最大のエージェンシーの責任者。
02年、05年、09年にはエージェンシー・オブ・ジ・イヤーを獲得、というものすごい経歴の持ち主です。

ところが、コーパル氏、あっさりとエージェンシーの持ち株を売却。
09年からは長編映画の脚本執筆と監督に軸足を移したのであります。
そして、2012年、本作「人生はマラソンだ!」でデビューし、
本国オランダで大ヒットを叩きだしたわけです。
ちょっと憎らしいほど、順風満帆な人生ではないですか。
でも、笑えるだけじゃない本作。彼もまた苦しい道を走ってきたのでありましょう。

風車とチューリップ以外のオランダのもうひとつの側面を満喫できる映画です。
さあ、いったいどんなお話なのでしょうか。
続きは次回までしばしお待ち下さいね。




今日もポチッとお願いいたします♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆6月10日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

人生はマラソンだ!
監督/ディーデリック・コーパル、脚本/マルティン・ファン・ワールデンベルグ、へーラルト・ムーンダイク、撮影/ユルーン・デ・ブライン、編集/マルク・ベシュトルド、ブライアン・エント、美術/アルフレド・シャーフ、衣装/アレット・クラーン、音楽/Wiegel,Meirmans,Snitker、プロデューサー/ハンス・デ・ウィールス、マーティン・スワルト&レイノルト・オエルマンス、シム・ファン・フェーン
出演
ステーファン・デ・ワレ/ギーア、マルセル・ヘンセマ/ニコ、マルティン・ファン・ワールデンベルグ/レオ、フランク・ラマース/キース、ミムン・オアイーサ/ユース、アリアーネ・シュルタ/レニー、シンシア・アブマ/ヨランダ、ジョルジナ・フェルバーン/アニータ、マニュエル・ブロクマン/ケン、マルティン・レイクメイア/ハリー、マヒオブ・ベンモッサ/ホセインおじさん、アート・セーレン/ヘルマン、アネト・マルヘルベ/ネル、ロエス・ルカ/ハニー、ヨン・ブイスマン/ヨープ、ロエス・フォス/ギーアの母
初夏シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー
2012年 、 オランダ映画 、113分 、字幕監修 金哲彦(プロランニングコーチ) 、 日本語字幕 浅野倫子
配給 ザジフィルムズ 、 後援 オランダ王国大使館 、 賛同 オランダ政府観光局、協賛 KLMオランダ航空 、 (株)グリーンフィールド
http://www.zaziefilms.com/marathon/

by Mtonosama | 2014-06-10 05:41 | 映画 | Comments(6)
Commented by すっとこ at 2014-06-10 08:17 x
すーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーんごい!

何が凄いって
コピーライター時代の経歴が
すんごーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーいッ。

天は2物も3物も 与える人には与えたもうのね。

   って かつて売れないコピーライーターだったもので(汗。

才人監督のヒット作、
次回のストーリーが楽しみでポチッ!
Commented by Mtonosama at 2014-06-10 09:41
♪すっとこさん

ね、ね、すごいよね。

ずっとエージェンシー続けてたら金銭的な苦労など知らずにすんだだろうに。
あえてこの業界に飛び込んできた監督の勇気とやる気に乾杯!

今日もポチッをありがとうございました。
Commented by poirier_AAA at 2014-06-10 20:26
オランダの人のイメージと言うと(思いっきり独断と偏見ですけど)、キャンピングカーの後ろに家族の人数分の自転車を括りつけてヨーロッパの北の端から南に向かって一気に南下し、滞在先に着いたら朝も早くから起き出してサイクリングやトレッキングに繰り出し、禁欲的に活動して休暇を楽しみ、夜遅くまで飲み食いして騒いだりすることもなくさっさと就寝して翌日の活動に備える、なんです(夏の休暇の話です)。ホテルの朝食でも、時間前から待機しているのがオランダ人、ついで来るのが英国やベルギー人、みんなが出払ってから最後に眠そうに起きて来るのがフランス人とか言われていますし。そんな活動的なオランダ人のイメージと、お腹をゆすってぜえぜえ走るおじさまの姿とではイメージが重ならないなぁ、、なんて思ってしまいました。

でも、この映画が大ヒットしたということは親近感を抱く人がたくさんいたってことですよね。そうか、、、オランダの人がみな禁欲的でアクティブというわけではないんですね。すこし親近感が増したりして^^。
Commented by Mtonosama at 2014-06-11 06:27
♪poirier AAAさん

へぇ、休暇中のヨーロッパ人の特性、おもしろいですね。
オランダ人とドイツ人、どちらが先に朝食時間に起きてきますか?
最後に眠そうにおきてくるのがフランス人というのもさもありなんですね。
イタリア人もそうかなぁ(笑)

オランダ人って柔道のへ―シングくらいしか知らなくて、身体の大
きい人が多いというイメージです。へ―シングって東京オリンピック
で優勝した柔道選手です^_^;
Commented by ライスケーキ at 2014-06-11 22:36 x
工場経営者と従業員が
昼間から ビールとカードですか。
良いなぁ。

谷口浩美さんて、
「こけちゃいました。」発言の人でしょ。
晴れの舞台でのアクシデント。
でもでも、さわやかな この発言。
私大好きなんです。

メタボおじさん達も さわやかに駆け抜けてくれるでしょうか?
Commented by Mtonosama at 2014-06-12 06:10
♪ライスケーキさん

まじめな移民青年が一生懸命仕事をし、
他のおっさんたちは呑んだくれているのです。
でも、ランニング訓練になるとこの移民青年が大活躍。
いいキャラでした♪

谷口さんも良いけれど、ライスケーキさん似の彼女にも活躍してほしいです♡