ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

収容病棟 -1-  瘋愛

収容病棟 -1-
瘋愛
TILL MADNESS DO US PART

f0165567_5332956.jpg

(C)Wang Bing and Y. Production


邦題は『収容病棟』。
オリジナルタイトルは『瘋愛』、そして、英語タイトル『Till madness do us part』。
「瘋」の字と”madness”から想像はつきますが、
中国雲南省にある精神病院とそこに収容された人々を描いたドキュメンタリー映画、
ワン・ビン(王兵)監督の最新作です。

ワン・ビン監督といえばものすごく長いドキュメンタリー映画を撮る監督です。


1999~2003年『鉄西区』
545分。三部構成で9時間5分という超大作です。
山形国際ドキュメンタリー映画祭2003大賞
2002年リスボン国際ドキュメンタリー映画祭グランプリ
2003年マルセイユ国際ドキュメンタリー映画祭グランプリ
      ナント三大陸映画祭ドキュメンタリー部門最高賞

2007年『鳳鳴(フォンミン)―中国の記憶』
183分。
2007年カンヌ国際映画祭コンペ部門公式出品
2007年 山形国際ドキュメンタリー映画祭2007大賞

2007年『暴虐工廠』
16分
オムニバス『世界の現状』(101分)の1編
2007年カンヌ国際映画祭コンペ部門公式出品

2008年『原油』
840分
2008年ロッテルダム国際映画祭公式出品
2007年香港国際映画祭出品
2007年トロント国際映画祭出品

2009年『石炭の金』
53分
2009年シネマ・ドゥ・リール国際映画祭出品

2009年『名前のない男』
96分

2010年『無言歌』
109分
2010年ヴェネチア国際映画祭特別招待
2010年トロント国際映画祭公式出品
2011年ラスパルマス国際映画祭観客賞、特別審査員賞、カトリック映画賞
2011年キネマ旬報外国映画ベスト・テン第4位
2011年キネマ旬報外国映画監督賞

2012年『三姉妹~雲南の子』
153分
2012年ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門グランプリ
2012年ドバイ国際映画祭アジアアフリカ・ドキュメンタリー部門最優秀監督賞
2012年リスボン国際ドキュメンタリー映画祭グランプリ
2013年ナント三大陸映画祭グランプリ(金の気球賞)、監督賞
2013年フリブール国際映画祭グランプリ、国際映画連盟賞、全キリスト協会賞、青年審査員賞
2013年キネマ旬報外国映画ベスト・テン第5位

2013年『収容病棟』
237分
2013年ヴェネチア国際映画祭特別招待
2014年ナント三大陸映画祭準グランプリ(銀の気球賞)

f0165567_55057100.jpg


本作『収容病棟』は『原油』840分や『鉄西区』545分には及ばなくとも、
237分、ほぼ4時間ですから相当な長尺です。

とのはワン・ビン監督作品としては彼の初の劇映画『無言歌』と
http://mtonosama.exblog.jp/16898004/  http://mtonosama.exblog.jp/16910634/ 
『三姉妹~雲南の子』を
http://mtonosama.exblog.jp/19368187/  http://mtonosama.exblog.jp/19386308/ 
観ましたが、彼の3時間越えのドキュメンタリーは初挑戦です。
エイヤッの勢いで観てきました。

いやいや、長い上に精神病院が舞台。
これは覚悟が必要でした。

しかし、『無言歌』では埋もれた歴史を掘り起こし、
『三姉妹~雲南の子』で悲惨な貧困を伝えてくれたワン・ビン監督です。

例え、どんなに上映時間が長くても、暗く重い内容でも、観せていただかねばなりません。

f0165567_5533468.jpg

精神病院がテーマの作品といえば、以前、当試写室でもご紹介した
想田和弘監督の『精神』や 
http://mtonosama.exblog.jp/11123248/ 
世界に先駆けて精神病院を廃止したイタリアの実話に基づいた映画「人生、ここにあり!」http://mtonosama.exblog.jp/16327490/  http://mtonosama.exblog.jp/16340981/
などがあります。

『精神』は患者さんの名前も顔もはっきりとわかり、「え、いいの?」と
観客として深く考えさせられる作品でした。
新しい形の精神病院の紹介であると同時に、
私たちが知らず知らずの内に抱いている偏見への大きな問題提起でもありました。

が、しかし、
本作『収容病棟』は――

2010年に《中国の精神病患者が1億人を越えた》と新華社系列の週刊誌が報道しました。
この数字をどう見ればいいのか――

上映時間4時間の内に中国の抱える問題がなんとなく見えてきたような気がします。

続きは次回までお待ちくださいませ。



今日もポチッとお願いできれば嬉しいです♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆6月16日に更新しました。いつも応援してくださって本当にありがとうございます☆

収容病棟
監督/ワン・ビン、撮影/ワン・ビン、リュウ・シャンフイ、編集/アダム・カービー、ワン・ビン、音響/チャン・ムー、プロデューサー/ルイーズ・プリンス、ワン・ビン、共同プロデューサー/武井みゆき、ワン・ヤン、製作/Y.プロダクション、共同製作/ムヴィオラ、フォーリ・オラリオ、ライ・シネマ
6月28日(土)[シアター]イメージフォーラムにてロードショー
2013年、香港・フランス・日本、237分(前編122分、後編115分)、中国語(雲南語)、字幕翻訳/武井みゆき、監修/樋口裕子、配給/ムヴィオラ、http://moviola.jp/shuuyou/

by Mtonosama | 2014-06-16 06:08 | 映画 | Comments(6)
Commented by すっとこ at 2014-06-16 22:45 x
ううーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!

聞きようによっては美しいフレーズですね。

英語タイトル”Till madness do us part”
・・・・「狂気が ふたりを分かつまで」

結婚の時の誓い”Till death do us part”
・・・・「死が ふたりを分かつまで」

のもじりですね。

殿様、観た後 どよ~~~~んとなりませんでしたか?

気弱な自分はそれが心配。
心配しつつもポチッ!!
Commented by びなちゃん at 2014-06-16 23:51 x
いかにも、彼の国から、旦那が単身赴任を終えて帰国してきました。以前から寝室は隣りではあるものの、半別室。これがまあ、帰ってきてから毎晩うなされていますねんて。彼は、何にうなされているのやら。どんな夢を見てるるのか何にも覚えてないのです。あちらの国の言葉のようにも聞こえるし~~~?
”老化が二人を分かつまで”?

”ミツバチの大地”観てきましたよ。20名も居なかったでしょうか。どうしたらいいのかわからない感のドキュメンタリーでした。
ネタバレになるので言えませんが、代々続くアメリカの現在の養蜂家の採蜜のやり方にショックを覚えました。そして、彼のお祖父さんが今の現状をみたらこういうだろうと言うその言葉。沁みました…
Commented by Mtonosama at 2014-06-17 06:27
♪すっとこさん

どよ~~~~~~~んとなりましたよ。
ま、覚悟はしていましたが。

本作を観た後の渋谷の街並みにホッとしました。

能天気な自分への”かーーーーーーっつ!” となる映画でした。

今日もポチッをありがとうございました。
Commented by Mtonosama at 2014-06-17 06:36
♪びなちゃんさん

おつれあいさま、何にうなされておいでなのでしょうか。
拙宅にも若干1名かの国に滞在している者がおりますが、これがまた能天気な人間でしてアッパラパーです(-_-;)

おつれあいさまはシンセンにお住まいでしたでしょうか?
この映画のような貧しい地域に暮らすのもつらい(本国人でも)でしょうが、都会であれ、田舎であれ、住むということはかなりな覚悟が必要ですね。

『ミツバチの大地』ご覧になりましたか。私はニコニコ笑いながら花粉を採集している中国女性の姿にショックを受けました。ここでも中国の極端さを感じて…
Commented by ライスケーキ at 2014-06-17 20:21 x
上映時間4時間。
精神病院が舞台・・・。

正直 これだけで 少々引けております。

かの国の諸問題  色々あるのでしょうが、
日本の諸問題も 山積してますね。

何はともあれ、 国家間の問題は平和的に解決して欲しいです。
Commented by との at 2014-06-18 08:53 x
♪ライスケーキさん

上映時間4時間というと覚悟の他にさまざまな準備が必要になります。
はい、例えばトイレです。本作は前編部分が約2時間で終了した
後、トイレタイムがあります。しかし、時間が短いため、トイレに近
い場所に座席を確保する必要があります。トイレのための座席と
普段のお気に入りの席。いずれを重要視するかの決断も迫られま
すし^_^;
いろんな意味で4時間という超長い映画は大変です。