ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

収容病棟 -2- 瘋愛

収容病棟 -2-
瘋愛
TILL MADNESS DO US PART

f0165567_534369.jpg

(C)Wang Bing and Y. Production


中国の精神病患者1億人を超える――

2009年に中国当局の精神衛生センターが発表したデータを引用し、
多くのメディアが報じました。
1億人。
これが多いのか、そうでないのか。

急激な経済の発展によって、価値観が混乱し、貧富の差も拡大したことが、
この国で精神病患者が増大した要因とも言われています。

2010年に刊行された政府系の雑誌によれば、
中国では多くの精神病院は衛生部ではなく、公安の管轄下にあるといいます。
この国の精神病院の目的は精神病者を収容隔離し、
さまざまな事件など社会問題を減らすことだからです。

治療よりも収容なのだと。

精神病という名目で陳情者や一人っ子政策の違反者など《不都合な人物》も
収容されることもあります。

f0165567_5405429.jpg

1億人。
収容者が1億人という見方をすれば、
精神病患者1億人という数がはたして多いのか、少ないのか、わかりません。

4時間に及ぶ本作には確かに病んでいる人も登場しますが、
そうでない人もいるように見えます。

しかし、誰もがなんらかの心の問題を抱えているのですから、
専門家でもない自分が、あの人は精神病だけど、この人は違うなどとは言えません。

本作の舞台となった病院は雲南省北西部にあります。
収容者は17歳から60代まで。
年長者の中には20年以上収容されている人もいます。

病院の1日は朝7時半の朝食に始まり、10時に1回目の投薬と注射。
11時半に昼食、16時半に夕食。17時に2回目の投薬と注射。
それ以降は自由で就寝時間も自由です。

映画には病院の通路を歩きまわる患者たちの姿が映し出されます。
清潔とはいえない病室にベッドが8台。
寒いからなのか、人恋しいからなのか、他の患者のベッドにもぐりこむ収容6年目の口のきけないヤーパ。
収容1ヶ月目のインはここでの生活にまだ慣れることができず、
夜間、家に電話をかけたくてドアを蹴飛ばし、手錠をかけられてしまいました。
ウーは収容3年目。文字の読み書きができず、記憶障害があるまだ10代の青年です。

カメラは患者の姿を追い、病室や病棟を映し出します。
スクリーンに向い、カメラと同じく患者の姿を追っている観客も
水のこぼれた不潔な廊下や病室に困惑しつつ、
なぜか彼らと一体化しているような気分になっていきます。
「ああ、イヤだ、イヤだ。いつまでここにいなくてはならないのか、早く出たい」と
思う頃、前編終了。

f0165567_5415816.jpg

そして、後編。
あいかわらず人のベッドにもぐりこむヤーパ。
食べ物を持って面会に来る奥さんと会話する収容12年目のマー。
階下の女性患者と鉄製の格子ドア越しに心を通わせる収容9年目のプー。

観客が待ち望んでいた病院外に出られるときがきました。
収容11年目のジューが帰宅できることになったのです…

「わーい、外だ、外だ」と光景の変化に喜ぶも、延々と続くうらさびれ荒廃した村の景色。
夕陽に向ってジューのこわばったような背中が痛々しく見えます。
久しぶりに帰宅するのだから、さぞ歓迎されるのだろうと思いきや、
ジューの母親の言葉に心が冷えます。中国の抱える闇に今さらながら気づきます。

汚い病院の壁といつも湿った回廊。
観客は4時間経てば、この絶望から解放されますが、
収容者たちはずっとこの現実に向いあっていかなければならないのですね。

2013年1月から4月まで、ワン・ビン監督は毎日もう一人のクルーと撮影しました。
終わりの見えない日常の繰り返し。退院しても暖かく迎えてくれる家族もいない現実。

精神病院という素材を通して、中国の抱える思い現実も見えてきました。





今日もポチッとお願いできればうれしゅーございます。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆6月19日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

収容病棟
監督/ワン・ビン、撮影/ワン・ビン、リュウ・シャンフイ、編集/アダム・カービー、ワン・ビン、音響/チャン・ムー、プロデューサー/ルイーズ・プリンス、ワン・ビン、共同プロデューサー/武井みゆき、ワン・ヤン、製作/Y.プロダクション、共同製作/ムヴィオラ、フォーリ・オラリオ、ライ・シネマ
6月28日(土)[シアター]イメージフォーラムにてロードショー
2013年、香港・フランス・日本、237分(前編122分、後編115分)、中国語(雲南語)、字幕翻訳/武井みゆき、監修/樋口裕子、配給/ムヴィオラ、http://moviola.jp/shuuyou/

by Mtonosama | 2014-06-19 05:53 | 映画 | Comments(8)
Commented by ライスケーキ at 2014-06-20 20:57 x
ドキュメンタリーですか。
と、言うことは彼等 実際の精神病患者さん達ですか。

う~ん。  
日本では こう言う作品絶対に出来ませんね。
人権があるから。

もちろん                                  この作品の登場人物の方々はスクリーンに登場するの
OKしたんでしょうが。
何しろ 患者さん達だから 判断するの難しいですよね。

う~ん。  いろいろ考えさせられます。
Commented by Mtonosama at 2014-06-21 05:47
♪ライスケーキさん

実際の患者さんです。なかには患者さんじゃないのに収容されている人もいるようですが。

日本でも精神病院をテーマに顔も名前も出た映画はありました。前編でもご紹介した想田監督の『精神』です。http://mtonosama.exblog.jp/11123248/ 

ホントにいろいろ考えさせられる映画でした。
Commented by なえ at 2014-06-21 10:24 x
4時間ですか!グランド・ブダペスト・ホテルのような映画だったら
4時間でも6時間でも見られるけど(あ、グランド~、見に行きましたよ~ん(●^o^●))、こういう映画は息が苦しくなってきます。

聞くところによると、人口の10%は精神病患者というのは平均
らしいです。ただ中国は人口が多いから1億人と聞くとぶった
まげます。

病の軽重に関係なく、ぶっこんでしまうんですかね。思想的に
怪しいという疑いだけで入れられる人もいるんでしょうね。

よく中国はこの映画を許可したなあと思います。てか、これって
まだ軽い方?と思うと怖いですね。この監督さんが監禁されない
ように願います。
Commented by Mtonosama at 2014-06-21 19:38
♪なえさん

4時間です!
息も苦しくなるし、トイレも我慢しなくちゃならないし(-_-;)
きつかったです。
4時間は長いけど、この監督さんはいつも内緒でこそこそっと撮る
ので、撮れた時には時間には関係なく編集しちゃうのかも。
陳情に行った人なんかも収容されてしまうって話です。

しかし、人口の10%が精神病患者ですか・・・?
みんな人生苦しみながら生きているのだなぁ。

前作『無言歌』などは内容的にも中国政府をカンカンに怒らせちゃ
うから隠密裏に撮ったらしいです。
Commented by すっとこ at 2014-06-22 07:58 x
こええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!

政府反逆人というか、「陳情に行った人まで精神病と
見なされて」そのまま収容・・・もあり得る、って話なん
ですね!

こえええええええええええええええええええええ!

でも中にあっても恋愛ごっこのような淡い交情も
あったりするのですか。

4時間もの長きに渡るこの映画。
ドキュメンタリーという重さに 潰されそうな気が
します。

潰されないうちにポチッ通して退散します!!
Commented by Mtonosama at 2014-06-22 16:14
♪すっとこさん

そうなんですよ。1階の女子収容階に入っている女性と2階の男
性が鉄格子越しに毎日淡い恋情に浸っていました。

どこにでも救いを見出すことのできる人間ってやっぱいとしい存在
ですよね。

潰されずに生きてゆこっと。

今日もポチッをありがと<(_ _)>
Commented by poirier_AAA at 2014-06-23 17:48
今頃すみません。

今、うちのアパートは外装修繕工事の真っ最中なのですが、ドリル音とか塗料の臭いとかその他様々な不便のせいで最近は精神状態がかなり悪くて、些細なことでもかーっと怒りたくなったり、もう何もかもいやになって逃げ出したくなったりと、自分でも「耐性が落ちてるぞ」と自覚する日々を送っています。昨日も子どもの騒々しいおしゃべりに我慢が出来なくなってドッカーンと爆発したばかりでして、、、、、いや、こういう真面目な映画と同じレベルで話してはいけないことだと思いながらも、、、、こういう場所に収容されてしまったら自分ならあっというまに潰れてしまいそうな気がする、と思ったのでした。

これが現実に起きていることだなんて、、、、、、映画は4時間、工事は4ヶ月で終りますけど、、、、怖い。見ざる聞かざるに逃げ込みたい気持ちになります。
Commented by Mtonosama at 2014-06-23 21:15
♪poirier AAAさん

まだ工事中なのですね。4ヶ月とは長いですね。
でも、もうすぐバカンスですから、その間に終わっているのでは・・・

とここまで書いてハッと気づきました。
工事をしている人たちもバカンスなんですね。
やはり日本は暮らしやすい国なんだ。

ワン・ビン監督の言葉ですが、観客は4時間経ったらシャバへ戻れ
ますが、収容された人たちはこれからもずっとこうした日々が続く
のですよね。