ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

オールド・ボーイ -1- OLDBOY

オールド・ボーイ -1-
OLDBOY


f0165567_510284.jpg

(c)2013 OB PRODUCTIONS,INC.ALL RIGHTS RESERVED.


あのスパイク・リー監督が日本の劇画を映画化!
いえ、もっと詳しくいえばこの劇画を映画化し、2004年カンヌ国際映画祭で
グランプリを受賞したバク・チャヌク監督の『オールド・ボーイ』をリメークしました。

スパイク・リーといえば『セントアンナの奇跡』(‘08)が印象的でした。
http://mtonosama.exblog.jp/11427268/
最近の作品だと思っていたら、もう6年前になるのですね。

この時も彼の作風やテーマがなんだか変わった気がしました。
常に黒人としてのアイデンティティを意識した作品を描いてきた社会派監督。
『セントアンナの奇跡』は第2次世界大戦時イタリアへ進駐した黒人兵士師団のお話でした。

そのスパイク・リーが日本のコミックを映画化?
え、それも日本のコミックを映画化した韓国映画をリメーク?

原作「オールドボーイ ルーズ戦記」は週刊漫画アクションに掲載されていた劇画です。
現在双葉社より全8巻が発売中。
謎の軟禁施設の7.5階に10年間幽閉された男が見えざる敵を追う復讐劇で、
「ボーダー」「ハード&ルーズ」の原作者・狩撫麻礼が新たなペンネーム・土屋ガロンで
書いた物語を「天牌」の嶺岸信明が描いたもの。


f0165567_5161786.jpg

原作漫画「ルーズ戦記 オールド・ボーイ」プロフィール
1996年に当社の漫画アクションで連載を開始し、1997年から1998年にかけて単行本を出版した8巻からなる漫画シリーズで、米国ではダーク・ホース社が2006年に英語版を出版し、2007年には、米国では漫画のアカデミー賞と呼ばれるウィル・アイズナー賞の国際部門で最高作品賞を受賞しました。

映画「オールド・ボーイ」プロフィール
原作漫画のストーリーをもとに、2003年に韓国の映画監督であるパク・チャヌク氏により映画化され、カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞。ハリウッド版の映画化プロジェクトについて記者会見を行った俳優、映画プロデューサーであるウィル・スミス氏は、パク・チャヌク氏による韓国映画ではなく、原作漫画を元に映画化を企画中と発表した経緯があります。
http://www.futabasha.co.jp/introduction/old_boy/


韓国映画『オールド・ボーイ』はあの『JSA』(‘00)『イノセント・ガーデン』(’13)の
http://mtonosama.exblog.jp/19403806/ http://mtonosama.exblog.jp/19455603/
パク・チャヌク監督作品。
2004年にはカンヌ国際映画祭グランプリを受賞しています。

『JSA』は韓国軍を筆頭とした国連軍と北朝鮮軍の兵士が共同で警備に当たる37度線板門店において
ふとしたきっかけから許されざる友情を育む事になった南北の兵士達の交流と顛末を描いた作品でした。
一方『イノセント・ガーデン』は舞台も撮影もアメリカに移し、
パク・チャヌク監督がハリウッド映画デビューした作品です。

いずれにせよ、東西の名匠が興味を持った『オールド・ボーイ』という原作劇画、
ただものではありません。

さあ、スパイク・リー監督による『オールド・ボーイ』。
どんな作品にしあがっているのでしょうか。
原作劇画を読んだ方も、
パク・チャヌク監督の『オールド・ボーイ』をご覧になった方も、
長い幽閉生活から現代アメリカに戻ってきたオールドボーイ・ジョーの復讐劇をお楽しみください。

続きは次回までしばしお待ち下さいませ。



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆6月22日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

オールド・ボーイ
監督/スパイク・リー、脚本・共同製作/マーク・プロトセヴィッチ、撮影/ショーン・ボビット、美術/シャロン・シーモア、衣装/ルース・カーター、スタントコーディネーター/マーク・ノービー、格闘コーディネーター/J・J・ベリー
出演
ジョシュ・ブローリン/ジョー・ドーセット、エリザベス・オルセン/マリー・セバスチャン、シャールト・コプリー/エイドリアン・謎の男、サミュエル・L・ジャクソン/チェイニー、マイケル・インペリオリ/チャッキー、リンダ・エモンド/エドウィナ・バーク、ジェームス・ランソン/トム・メルビー医師、ポム・クレメンティフ/“黄色い傘の女”ハエン=ボク
6月28日(土)新宿バルト9他全国ロードショー
2013年、アメリカ、英語、カラー、103分、配給/ブロードメディア・スタジオ
http://www.oldboymovie.jp/

by Mtonosama | 2014-06-22 05:25 | 映画 | Comments(4)
Commented by すっとこ at 2014-06-22 08:04 x
んんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんん?

「オールドボーイ」????????????????
ああ、日本を離れて久しいからなのか
日本にいても そうだったのか

この「オールドボーイ」って まるきり全然知りません
でした!「進撃の巨人」も野球漫画かと思ってたくらい。

こうなったら原作も読んでみたいものですね。
しかし
日本人がアメリカ舞台の漫画描いたのを
韓国人が映画化して
今度はアメリカ人がリメイク、ですか!

よっぽど魅力的な破たんのない漫画なんでしょうね。

描いた日本人の原作者、エラい!

サッカーも日本がんばれ!!の力を込めてポチッ!!
Commented by Mtonosama at 2014-06-22 16:22
♪すっとこさん

漫画っこの私も知らなかったです。っていうか、150年前の漫画し
か知らないからなぁ。『のたり松太郎』とか『紫電改の鷹』って好き
でした。ちばてつやが好きです!
すっとこさんは文学少女だから知らないかな?

だから本作がアメリカを舞台にした漫画かどうかは知らないけど、
スパイク・リーが惚れ込んだっていうんだから大したものです。

サッカーか・・・
緊張しちゃいますよね。ゴールのシーンをハイライトで観たいよ~。

力の入ったポチッをありがとうございます。
Commented by ライスケーキ at 2014-06-24 21:16 x
「オールドボーイ」。 
漫画も映画も知りません。
どんな お話なんでしょう。

今、私が夢中になっている漫画は、
青池 保子先生の「アルカサル 王城」。
14世紀 スペイン・カスティリア王 ドン・ペドロ一世を
主人公にした 歴史物語。 全13巻。
面白い。 主人公が夢にまで出てくる。
日本人がスペインの歴史物語をここまで語るのが素晴らしい。
あまりにスケールが大きくて映画化はムリだろうけど。

漫画繋がりで 関係ない話でスミマセン。


Commented by Mtonosama at 2014-06-25 06:27
♪ライスケーキさん

青池保子さんですか。
しばらく読んでないなぁ。私も読みたいです♪
14世紀のスペインものっていいですね。