ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

オールド・ボーイ -2- OLDBOY

オールド・ボーイ -2-
OLDBOY

f0165567_614033.jpg

©2013 OB PRODUCTIONS,INC.ALL RIGHTS RESERVED


最初、試写状を見たとき「スパイク・リー監督、どうしちゃったの?」と思ってしまいました。
だって、原作はコミックで、さらにリメーク映画ですから・・・

決して、劇画やコミックに偏見を持っているわけではありません。
自慢じゃないけど、貸本漫画を毎日6冊ずつ読み漁った漫画少女でしたから。
でも、スパイク・リーですからねぇ。少しばかり違和感を持ってしまったのは事実。

とはいえ、雨に濡れるチャイナタウンの風情やスタイリッシュな映像。
これまでのスパイク・リー作品とは違うけれど、なかなかそそられる映画ではあります。

舞台はアメリカの架空の都市。
時代は1993年から2013年。
そう、9.11同時多発テロ、イラク戦争、ハリケーン・カトリーナ、オバマ大統領誕生――
アメリカ激動の時代を背景にした20年間です。

オリジナル版のテーマと構成を受け継ぎながらも、
原作とも韓国版とも違うエンディングが用意されていますよ。
ただのリメークとは違うかもしれません。

さあ、いったいどんなお話なのでしょうか。


ストーリー
仕事はできるが、傲慢で酒びたりの広告代理店重役のジョー。
結婚生活は破綻し、3歳になる一人娘とも離れ離れに暮らしていた。
1993年10月8日。
この日も娘ミナのバースデイパーティをすっぽかし、新たなクライアントを接待していた
ジョーだが、無礼な言動のため、自ら大切な商談をぶち壊しにしてしまう。
雨の中、泥酔して中華街をさまようジョーの傍らに黄色い傘をさした美女が近づく。
その謎の女の誘惑こそ、彼の20年に及ぶ悪夢の始まりだった。

目覚めた時、ジョーは不思議な部屋にいた。
壁には十字架がかけられ、聖書が置かれているが、ドアにはノブがない。
人を呼んでも返事はない。
ドアの小窓から届けられるのはデリバリーの餃子と一瓶のウォッカ。
彼はこうして自分が監禁されたことを知るのだった。

単調な時間が流れていく。
そんな時、部屋のテレビがショッキングなニュースを報じた。
妻のドナが自宅で殺され、現場からジョーの指紋がついた凶器が発見されたという。
何者かの罠にはまり、殺人犯になってしまったジョー。

1999年。
テレビでは5年前のドナ殺人事件にスポットをあて、
ある夫婦にひきとられた一人娘ミナの近況を紹介していた。
チェロを弾きこなす小学生となったミナの姿に、
ジョーはこれまで感じたことのない父としての愛を実感するのだった。

9.11同時多発テロ。イラク戦争。ハリケーン・カトリーナの襲来。
初の黒人大統領バラク・オバマの誕生。
世の中は動いていた。
だが、悲しみを怒りに変えたジョーは酒を断ち、厳しいトレーニングを自らに課すのだった。
この部屋を出て、ミアとの再開を果たすために。

2013年
バスルームの壁を壊し、脱出を計画するジョー。
その時、またもやテレビにはいとしいミアの姿が。
美しい女性に成長したミアを想わず見つめる彼に噴霧される怪しい煙。
それを吸い込んだジョーはそのまま気を失ってしまう。

ジョーの意識がかえったのは草原に置かれた大きな箱の中。
思いもよらず20年ぶりに解放されたジョーが目にしたのはあの日と同じ黄色い傘の女だった……


f0165567_618642.jpg

20年もの監禁生活から解放され、「今浦島」となりながらも、
鍛え抜いた身体で襲いかかる悪漢どもを蹴り倒し、投げ飛ばし、ぶちのめすジョー。

痛快なアクションに興奮しつつも募るのは、
誰が、そして、なぜ、彼は監禁されなければならなかったのか、ということです。
次第に明らかになる謎と思いがけない結末。
復讐、憎悪。

いやはや、人間とはまったく残酷な生きものであります。

それにしても今回は黒人の登場が少なかったスパイク・リー作品。
彼もこういうエンターテインメント映画を作るんですね。





今日もポチッとお願いできたら無上の喜びでございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆6月25日に更新しました。いつも応援してくださって本当にありがとうございます☆

オールド・ボーイ
監督/スパイク・リー、脚本・共同製作/マーク・プロトセヴィッチ、撮影/ショーン・ボビット、美術/シャロン・シーモア、衣装/ルース・カーター、スタントコーディネーター/マーク・ノービー、格闘コーディネーター/J・J・ベリー
出演
ジョシュ・ブローリン/ジョー・ドーセット、エリザベス・オルセン/マリー・セバスチャン、シャールト・コプリー/エイドリアン・謎の男、サミュエル・L・ジャクソン/チェイニー、マイケル・インペリオリ/チャッキー、リンダ・エモンド/エドウィナ・バーク、ジェームス・ランソン/トム・メルビー医師、ポム・クレメンティフ/“黄色い傘の女”ハエン=ボク
6月28日(土)新宿バルト9他全国ロードショー
2013年、アメリカ、英語、カラー、103分、配給/ブロードメディア・スタジオ
http://www.oldboymovie.jp/

by Mtonosama | 2014-06-25 06:24 | 映画 | Comments(4)
Commented by すっとこ at 2014-06-25 23:16 x
ぎょぇえええええええええええええええええええええええええええええええ!

こんな・・・

こんなことが我が身に起こったら

きっと発狂すると思います。
でも、このオールドボーイのジョーさんは
20年間も耐えたというかサバイブしたのですね!

そして

そこには理由があった、と・・・・・。

理由知りたいから 観に行きたいです!
行きたい気持ちで力強くポチッ!
Commented by Mtonosama at 2014-06-26 06:05
♪すっとこさん

前回の『収容病棟』といい、本作といい、閉じ込めものが続いてし
まいました。

閉じ込められ、そして、脱出し、復讐する。
映画ではよくあるテーマですね。『パピヨン』なんかもそうでした。
ということは人は案外潜在的にそれを望んでいる?
わ~、怖いよ~!!

今日も力強いポチをありがとうございます。
Commented by ライスケーキ at 2014-06-26 21:06 x
最初のハンマーを持ったシーン。  怖~い。
ナイフのシーン。  怖~い。

私怖い映画ダメなんです。
お金払って見たくない。  タダでも見たくない。
でも、なんで20年間監禁されたか知りた~い。
エンディングだけ見たい映画です。


Commented by Mtonosama at 2014-06-27 05:49
♪ライスケーキさん

ヒ、ヒ、ヒ・・・・・
ラストはもっと怖いですよ。