ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

フランシス・ハ -2-  FRANCES HA

フランシス・ハ -2-
FRANCES HA

f0165567_672962.jpg

(C)Pine District, LLC.


なんかとっても元気よくNY中を走り回っているフランシスが印象的で
やはり赤毛の女の子がベルリンを駆け抜ける『ラン・ローラ・ラン』(‘98 トム・ティクヴァ監督)を
思い出しました。
あるいは、ちょっとばかり不器用で、ついてないフランシスを見て
『インサイド・ルーウィン・デーヴィス 名もなき男の歌』
http://mtonosama.exblog.jp/22108596/ http://mtonosama.exblog.jp/22132550/
も連想しました。

あれこれ連想する映画が多いのは
それだけ共感する部分が多い作品といえるのかもしれません。

なんでもできてキラキラしている女子の映画も素敵ですが、
世の中で圧倒的に多いのは、
大人のとば口にあって、
常識的な大人への道に向わなくちゃならないとわかっていながらも、
そうはできない人たち。

そんな人たちが主人公の映画があったら、
「わたしってダメだよな」と自分を責めてばかりだった人も
「いや自分って案外良い人なんだ」と自分を認める気にもなれると思うんです。

もちろん大人になりかけている人ばかりでなく、
大人なんだけどうまくいかない人生にうんざりしている人も嬉しくなる映画かもしれません。
さあ、どんなお話だと思います?


f0165567_611766.jpg

ストーリー
バレエカンパニーの研究生フランシスは大学からの親友ソフィーとルームシェアし、
楽しい毎日を送っている。ある日、彼女は交際中のダンから同棲をもちかけられる。
2匹の猫を飼うことにしたから、一緒に世話をするために同棲してほしいというのだ。
ソフィーとの共同生活を解消したくないフランシスはダンの申し出を却下。
結局は別れてしまう。

それなのに、ソフィーはアパートの更新をせず、引っ越すという。
何も聞かされていなかったフランシスは傷ついたが、
ソフィーの友人のレヴとベンジーの家へ転がり込み、ルームシェアを始めた。
まだまだお気楽なフランシス。

ところが、ギャラをあてこんでいたクリスマスダンス公演のメンバーには選ばれず、
ソフィーも彼氏のパッチと本気になりかけていることを知った傷心のフランシスは
実家のサクラメントへ里帰り。久々に家族と幸せなひとときを過ごす

実家からNYへ戻ったフランシス。実は完全な無職。
レヴとベンジーのシェアハウスの家賃も払えなくなり、今度はバレエカンパニーの友人
レイチェルの家に居候。

レイチェル宅でのホームパーティで彼女の親戚がパリにアパートを持っていると聞き、
フランシスは速攻パリへ飛ぶ。しかし、パリ在住の大学時代の友人に電話しても連絡が
とれず、むなしくNYへ戻ってくる。
そして、親友ソフィーはパッチの転勤に伴って、日本へ引っ越してしまった。

さあ、万事窮す。無職のフランシスは母校の大学寮の管理人のバイトを始める。
とりあえずの住むところは確保できた。
田舎生活を満喫しつつ、チャリティパーティでウエイトレスをしていると、
偶然帰国していたソフィーと再会。なんとソフィはパッチと婚約していた。
ショックを受けるフランシス。
その晩、婚約者と喧嘩したソフィーがフランシスの寮にやってくる。
女同士の友情を再確認するフランシス。
だが、翌朝、ソフィーは彼の許へ戻っていった。

いよいよフランシス自身も人生を見つめ直す決断を下す時期がきた……

f0165567_6121448.jpg

およそ計算とは程遠い人生を送るフランシス。
できるなら夢を追い続けてはいたいのだけれど――
そんな彼女の気持が実感をもって迫ってきます。

でも、まず足元を固めないといけません。
これは大人の眼か?
とはいってもそれがまた結構シビアな選択なんですけどね。

ラストでわかる〈ハ〉の意味。
「まずは良かったね。フランシス」とスクリーンを前に必死にうなづいてしまいました。

おばさんになってもこういうことはあるんですよね。
ままならない人生を送っている老若男女にさりげないエールを送ってくれる映画です。
いつも映画から勇気や励ましをもらっているとのであります。

ぜひ、〈ハ〉の意味をご自身の眼と頭で感じてくださいね。





今日もポチッをお願いできればうれしいです♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆9月12日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

フランシス・ハ
監督/ノア・バームバック、脚本/ノア・バームバック、グレタ・ガーウィグ、製作/ノア・バームバック、スコット・ルーディン、リラ・ヤコブ、ホドリゴ・テイシェイラ、撮影/サム・レヴィ、美術/サム・リセンコ、編集/ジェニファー・レイム、音楽監修/ジョージ・ドレイコリアス、主題歌/デヴィッド・ボウイ「モダン・ラブ」
出演
グレタ・ガーウィグ/フランシス、ミッキー・サムナー/ソフィー、アダム・ドライバー/レヴ、マイケル・ゼゲン/ベンジー、シャーロット・ダンボワーズ/コリーン、パトリック・ヒューシンガー/パッチ、マイケル・エスパー/ダン、グレイス・ガマー/レイチェル、マヤ・カザン/キャロライン
9月13日(土)ユーロスペース他全国順次ロードショー
2012年、アメリカ、英語、86分、モノクロ、日本語字幕/西山敦子、提供/新日本映画社、配給/エスパース・サロウ
http://francesha-movie.net/

by Mtonosama | 2014-09-12 06:17 | 映画 | Comments(4)
Commented by よっしー at 2014-09-12 12:25 x
<ハ>の意味が、実に気になります〜^^
最初にダンさんとネコさん達と同居してたらよかったのに、、などと考えるのは近所のおばはん的な意見でせうか?汗))) ボウイの主題歌「モダン・ラブ」が鳴ってもう第1小節目であっしの青春が、若かった頃の思い出が、あふれてきました〜モノクロの映画よござんすねえ♪
Commented by Mtonosama at 2014-09-12 20:37
♪よっしーさん

そう、そう、猫2匹と二本足と一緒に住んじゃえば、彼女も苦労しな
くてすんだんでしょうけど。

でも、二本足の猫2匹を飼う動機が不純ですのじゃ。
最初っからフランシスをあてにするような飼い方はよくないととのは思うのです。

音楽もなかなか良いですよねぇ。
よっしーさんは今もトメさんと青春なのじゃ~~(^^)/
Commented by すっとこ at 2014-09-13 07:59 x
うっひゃぁぁぁぁああああああああああああああああああああああああああああああああ!

実は
“フランシス ハ”って最初、題名呼んだ時

思い浮かんだのは
♪フランシー(ヌの場合)ハ♪
でした あハ ハ。

今回予告編見たら
フランシス、ハンパなあたし・・・・・って?

半端の ハ だったのぉ?

明日は機上の人。
機内映画が心のよりどころです!
“殿様の試写室’で紹介されたのが観られますよう!

力強くポチッ!!
Commented by Mtonosama at 2014-09-13 10:58
♪すっとこさん

一時帰国の忙しい時間にありがとさんでございます。

でも、半端のハでも フランシーヌの場合ハ、でもないんですよね^_^;

今回は何本機内映画観られるかな?
力強いポチッをありがとう!

Gute Reise(^^)/~~~