ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

紙の月 -2-

紙の月
-2-

f0165567_6542199.jpg

©「紙の月」製作委員会

『紙の月』を観終わって、ふーっと声にならない声を出しながら試写室を出たとき
後ろから出てきたおじさんが部下と思われる若い女性に
「きみは感情移入した?」と訊ねる声が聞こえました。

「はい。でも、宮沢りえさんではなく、小林聡美さんの方に」
「ふーん、ぼくはやっぱり宮沢りえだなぁ」
「男性でも、ですか?」

などという感想を聞きながら、
とのは「私が感情移入したとしたら、だまされているとも気づかずお金を渡す老人かなぁ」
と思ってしまったのは150歳という歳ゆえでしょうか。
(悲しいことに、お金を持っているというくくりではありませんが)

小説で出てきた梨花の高校時代やOL時代を証言する女性たちは本作には登場しません。
その代わりに登場するのが銀行勤務の甘い罠を嘆く銀行員・相川恵子や
小林聡美演じる有能なベテラン行員・隅より子。
銀行の内幕がずいぶんわかりやすくなりました。

さあ、映画ではどう見せてくれるのでしょう。


ストーリー
1994年。
梅澤梨花。子どもはいないが優良企業に働く夫と穏やかな日々を送っていた。
契約社員として働く銀行でも上司から高い評価を受けている。
梨花の仕事は外回りの営業社員。裕福な老人たちが主な顧客である。
裕福な独居老人の平林も梨花に信頼を寄せる一人。
有能だが厳格なベテラン行員・隅、若手で調子の良い窓口係の相川。
梨花は同僚たちとも波風を立てずに勤務している。
何不自由のない日々。
ただ、夫との間には倦怠感が漂い始めてはいた。

銀行からの帰途、梨花は平林の家で会った孫の光太と駅で再会。
その後、憑かれたように彼との逢瀬を重ねる。
そんなある日、デパートの化粧品売り場での支払い時、手持ちの金が足りないまま、
顧客からの預かり金に手をつけてしまった。
たった1万円。すぐに自分の通帳から返せばすむこと。
銀行に戻る前に口座から引き落とし、預かり金の袋に戻したが。
これが始まりだった。

光太は学費のために借金をしている。
「顧客からの定期の申し込みがキャンセルになった」という方法で入手した200万円を
彼に渡す梨花。
認知症で彼女にお金を引き出させたことも忘れている顧客の300万円を自分の通帳に入金。
自宅で定期預金証書や支店印のコピーを偽造。
横領額はもはや彼女の返済能力をとっくに超えている。
梨花は上海勤務になった夫にも同行しない。
高い服を買い、高級ホテルのスイートルームに連泊し、光太をマンションに住まわせる。
暮らしは日を追って贅沢になり、梨花の感覚は歪み、その行動はエスカレートする……

f0165567_6554634.jpg

ふーっ。

でも、ラストが良かったなぁ。
走る梨花。
全力で走る梨花を観ながら、なんてかっこいいの!と思ってしまいました。

恋に溺れ、犯罪に走ってしまった中年女性。
ああ、惨めだねぇ、バカだねぇ、と断罪するのは簡単なんですけど。
それだけでもないんですよね。
「梨花になってみたい」と言った男性の言葉がそれを表している気がします。
もちろん横領は犯罪であり、
気持良くお金を使った後に露見したときの結末は明らか。

みんな、ばれたら大変なことになるからやらないだけかも。
お金に困らない老人がいて、そのお金は、顧客宅から銀行までとはいえ自分の手中にある。
お金を使える対象=恋人ができて、お金を使える喜びや楽しみを知ったら――
つまり梨花のような状態になったら、絶対やらないといえるかなぁ。
湯水のようにお金を使えたら楽しいだろうな。
ホテルのスイートに泊ってシャンパン飲んでフレンチ食べてみたいわぁ。
後が怖いから、とのはやらないけど。

でも、梨花はやってしまったんですよね。
わかっていながら一線を越えてしまった梨花は全力で走って、逃げるしかありません。
これ、生き方の美学というより、映像の美学かもしれない。
美人が全力疾走する様は美しいのであります。





今日もポチッとお願いできましたらうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆11月11日に更新しました。今週、引越します。そのため、当試写室での上映に遅れが出ますが、今後ともごひいきの程お願い申し上げます☆

紙の月
監督/吉田大八、脚本/早船歌江子、撮影/シグママコト、プロデューサー/池田史嗣、石田聡子、明石直弓
出演
宮沢りえ/梅澤梨花、田辺誠一/梅澤正文、池松壮亮/平林光太、小林聡美/隅より子、大島優子/相川恵子、近藤芳正/井上次長、石橋蓮司/平林孝三、中原ひとみ/名護たまえ、佐々木勝彦/小山内等、天光眞弓/小山内光子、平祐奈/14歳の梨花
11月15日(土)全国ロードショー

by Mtonosama | 2014-11-11 07:03 | 映画 | Comments(14)
Commented by なえ at 2014-11-11 22:08 x
梅に梨に花て、名前きれいすぎるなあ~。何か意図が
あってのことでしょうか。

それはともかく、たった1万円だったけど、額に関係
なく、一線を越えたということが、人を限りなく逸脱
させて行くのかもと思ってしまいます。

引っ越しですか?150歳のお引っ越しはそら大変どす。
私も1~2年内には引っ越しをする予定ですが、片付けを
考えるだけでうっとうしおす。ひかちゃんも落ち着きませ
んね。
Commented by Mtonosama at 2014-11-12 07:03
♪なえさん

他人のお金を手元におくということは絶対誘惑にかられますよね。だから営業帰りにデパートに寄っちゃいけなかったんです(--〆)

そうです。150歳の引越しは死ぬ想いです。まだパソコンは使っていますが、家の中は段ボール箱だらけ。
やはりお引越しですか?
考えると憂鬱になるから、そのときになってエイヤッでいきましょう!
Commented by びなちゃん at 2014-11-12 12:40 x
認知症の義母。床づれが悪化して、入院中のパーキンソンの義父。二人のキャッシュカードを、嫁の私が預かって、彼らの諸費用をこなしています。これも、犯罪になるらしい…?その気になれば、使い放題ですもんね。

お引越し、片づけも出来て一石二鳥ですか?季節的には、汗もかかずにはかどりましょうが、ひかちゃんは邪魔しませんか?猫は、変化が分かりますもんね。
Commented by Mtonosama at 2014-11-12 14:45
♪びなちゃんさん

私も父の看護時、財布を預かり使い放題。
病院帰り、妹も一緒においしいもの食べたなぁ。
今は亡きおとうさん、ごめんなさい。

ひかちゃんはね、明日獣医さんに預かってもらうのですが、
出かける時、ちゃんと捕獲できるかどうか今から心配でなりません。

だって、段ボールの中で寝てたり、紙ごみの袋の中に丸まっていたりしてますもん(-_-;)
Commented by びなちゃん at 2014-11-12 21:16 x
いつもの病院なら安心。
。でも、拘束、確保?しておいた方がいいかな。トイレとかに。荷物のドタバタで外に出たままで、引っ越し…お近くなら探しに戻れますけれども。
跡、荷物の段ボールに入り込んで梱包されたりして。クリアのコンテナなら透けて見えるけど。窒息~
で、こういう時に限って鳴きもしないんだなあ。
アメリカまで連れてった、ニャんたは7回の引っ越しをつきあわさせてしまいました。飛行機、車、ホテル。新居には先に一泊させたり悪かったなあ。日本に帰国前年に18年の生を閉じました。
新しいおうち、障子がありますか?ひかちゃんのストレス解消教えてね。
Commented by ライスケーキ at 2014-11-12 23:29 x
元銀行員の同僚が「こんな事は絶対出来ない」と
言っていましたが、 「ウン千万円横領した」なんて言う
事件が時々新聞を賑わす位ですから、「もしも・・・」
が あるかも知れません。

小心者の私はバレるのが怖いから 絶対やりません。
と言うことは、絶対バレなきゃ やるかも・・・?

引っ越し落ち着きましたら 試写会で又上映して下さいね。
Commented by すっとこ at 2014-11-13 11:39 x
うっわわわわわっわわわわわわっわわわわわわっわーーーーーーーーーーーーーーーーー!

”紙の月”が宮沢りえのスチル写真だと”紙束の月”に見えて
くるから不思議・・・。

お引っ越し、いよいよですね。
ひかちゃん、無事大人しく捕獲されてくれますように!
   <横ですが
びなちゃんさんチのにゃんたは日本からアメリカまで
引っ越したにゃんこだったのですか!
アメリカでアダプトした子かと思ってました。
18年、長生きしましたね。

ひかちゃんが早く新居になれますように!!
ひかちゃんへ力強くポチッ!
Commented by 梨の木 at 2014-11-13 23:41 x
引っ越し、無事に終りましたか? お疲れさまでした。

昔、お金を動かす仕事をしていました。でも、どうやって使うのか自分では想像もつかないような金額ばっかりだったし、現物を見ないまま伝票1つで動かせてしまうので、横領できるかもというような妄想が入り込む余地は全然なかったです(幸いなことに)。

自分でも手の届く範囲の金額だったり、現金にいやおうなく触る仕事だと、そんな妄想が入り込む余地がずいぶん増えるのかもしれないなぁと思いました。そこで一線をこえるかどうかなんて、実はほんのわずかのキッカケがあるかないかの違いだけで、誰にでも起こりうる事かもしれません。そういう怖さを感じますね。

宮沢りえ、きれいなだけじゃなくて独特の雰囲気があって、こういう役をやらせると凄みがありますよね。
わたしも機会があったら観てみたいです。
Commented by amore_spacey at 2014-11-16 01:35
お引越し、お疲れ様です。無事終わりましたか?

宮沢りえと池松壮亮の組み合わせが、とても面白そう。観たいです。童顔に似合わず?池松くんは若手役者の中で演技力が抜きん出て目を見張るものがあるなと、『MOZU』を観て唸りました。主役を食ってたから。りえちゃん、ぞくっとするような妖艶な表情ですね。角田光代さんの小説にハマッた時期があるのですが、ちょっとドロドロし過ぎて最近ダメです。
Commented by Mtonosama at 2014-11-17 17:00
♪びなちゃんさん

リコメ遅れてごめんなさい。やっと今日ネット環境が整いました。ひかちゃんはいつもの病院ではなく、転居先に近い初めての獣医さんで預かってもらいました。

引越してからは段ボールの山の中で喜んで遊んでいましたが、今までのおうちとは違うし、いろんな人が出入りするのでちょっとナーバスに。
ひかちゃんらしくないです。
Commented by Mtonosama at 2014-11-17 19:47
♪ライスケーキさん

やっとPC環境が整いました。でも、私の環境が整っていません~(;O;)
38.5度の高熱を発し、声がガラガラ。
誰かに電話をすると不審者と思われ、電話を切られそうになります。
Commented by Mtonosama at 2014-11-17 19:57
♪すっとこさん

引越終了。いやぁ、大変だった。こんなことを何度も、それも国を超えてやっているすっとこさんは偉い!!尊敬します。
熱出して寝てます(;O;)
Commented by Mtonosama at 2014-11-17 20:26
♪梨の木さん

終わりましたよ~。熱まで出しました。
いやぁ、ホントに大変でした。
これからはものを増やさず、こまめに整理整頓を心がけていきたいと思います。
Commented by Mtonosama at 2014-11-17 20:33
♪amore spaceyさん

ありがとうございます。引越しは無事終了しました。
まだまったく片付いていませんが^_^;

宮沢りえの若い恋人、本で読んだイメージとは随分違うなぁと思いましたが、観ている内に違和感はなくなりました。
若い男の子の可愛さと情熱とずるさ。いざ演じるとなると難しいでしょうに。