ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

三里塚に生きる -2-

三里塚に生きる
-2-

f0165567_6283777.jpg


古い古い記憶になりますが、三里塚といえば思い出すのは小川紳介監督です。
『日本解放戦線 三里塚の夏』(‘68)をはじめとした7本の映画と膨大なラッシュフィルムを残しました。
『三里塚の夏』は、フルフェースヘルメットとジュラルミンの盾に身を固めた機動隊に対して
投石と糞尿弾で対抗した農民の姿を描き出したドキュメンタリーです。
ベトナム反戦と反権力へのうねりと共に当時渦巻いていた学生たちの動き。
その舞台である大学キャンパスで上映され、闘う三里塚農民の雄姿に学生たちも
大いに刺激されたものであります。

本作を構成するのは小川プロの残した映像と
カメラマン大津幸四郎が3年がかりで撮り下ろした現在の映像と
写真家・北井一夫の写真集『三里塚』(‘71)の写真と、
彼がこの映画のために撮り下ろした写真から成り立っています。
その編集を担当したのは代島治彦。

過去と現在とが交錯し、
小川プロが残したフィルムに息づく闘う農民と
カメラマン大津幸四郎が撮影した現在の静かな農民によって展開される
動と静の世界がスクリーンに繰り広げられます。


f0165567_6352586.jpg

監督・撮影/大津幸四郎
1934年静岡出身。1958年に岩波映画製作所に入社。5年間撮影助手を務めた後退社。以後フリーランスカメラマンとして独立。同時期に岩波を退社した小川紳介監督の『圧殺の森 高崎経済大学闘争の記録』(‘67)、『日本解放戦線 三里塚の夏』(‘68)、土本典昭監督の『パルチザン前史』(‘69)、『水俣 患者さんとその世界』(‘71)の撮影を担当。柔軟なカメラワークで注目され、日本映画の最前衛に立つカメラマンとしての評価を固めた。2005年に自ら撮影・構成した『大野一雄ひとりごとのように』を発表。もともと演出家志望だった大津は70代にして監督デビューを果たす。

監督・編集/代島治彦
1958年埼玉出身。映像作家、プロデューサー。広告代理店博報堂を経て、フリーランスとして独立。1992年に沖縄を舞台にした劇映画『パイナップル・ツアーズ』をプロデュース、ベルリン国際映画祭はじめ数々の国際映画祭に出品。1994年から9年間ミニシアター「BOX東中野」を経営。多数のドキュメンタリー映画を配給・公開。2010年日本のドキュメンタリー映画をひもとく『まなざしの旅 土本典昭と大津幸四郎』を監督。2012年チベットの難民少年を主人公にした『オロ』(岩佐寿弥監督)http://mtonosama.exblog.jp/17721188/ http://mtonosama.exblog.jp/17731521/
をプロデュース。2006年から5年がかりで監督・撮影・編集したDVDシリーズ『日本のアウトサイダーアート』(全10巻・紀伊国屋書店)は欧米の美術会で評価が高い。

例のごとく紹介が長くなってしまいましたが、
本作に対する大方のご意見は「なんで今更三里塚?」ではないでしょうか。
現に空港はでき、飛行機は農作業する反対派農民の脇をかずめて飛んでいます。
もう負けたんじゃないの?

でも、映画の冒頭に出てきた70年代から未だ団結小屋に住み続ける人が言っていました。
「いまだって差別もある、抑圧もある、搾取もある。
70年代の『闘う主体』があった頃に比べて、いまの方がよっぽど悪くなっていると思う」

元反対同盟のおじいさんも言っています。
「『空港阻止』っていうのはひとつのスローガンだけどよ、
だけど理屈的にはよ、政府の人権を無視したやり方への反発なんだよな」

f0165567_6361158.jpg

空港はできてしまいました。
とのを含め、胸をときめかせて成田空港を利用する人も多いでしょう。
しかし、闘いの歴史を消し去ることはできません。
語り手の声を残していくこと。これも闘いです。

三里塚闘争のさなか自死した青年行動隊リーダー三ノ宮文男の志を今も受け継ぐ人もいました。
あ、三ノ宮文男の遺書を朗読するのは井浦新です。
闘いは終わっていません。「持続する志」を目の当たりにするドキュメンタリーでした。

わざわざ辛い人生を生き続けるこの人たちに心からの敬意を捧げます。





今日もポチッとしていただけたらうれしいです♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆11月21日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

三里塚に生きる
撮影・監督/大津幸四郎、監督・編集/代島治彦、音楽/大友良英、写真/北井一夫、朗読/吉行和子、井浦新、プロデューサー/赤松立太、代島治彦、制作・配給/スコブル工房、企画・製作/三里塚に生きる製作委員会、制作協力/映画美学校、アテネ・フランセ文化センター、成田空港・空と大地の歴史館、ムスタッシュ、波多野ゆき枝、飯塚俊男
11月22日(土)ユーロスペースにて公開
2014年、カラー・モノクロ、140分、日本 http://sanrizukaniikiru.com/

by Mtonosama | 2014-11-21 06:44 | 映画 | Comments(8)
Commented by ライスケーキ at 2014-11-21 09:03 x
「政府の人権を無視したやり方への反発」。
沖縄、原発・・・。
今も変わりませんね。

でも、その政府を選んでいるのは私たちーーー
一応選挙で選んでいるから。一票の格差、比例代表ではない、など私たちの意見をそのまま反映しているとは言えないけど。
今度の突然選挙も棄権しないで行こうね。
Commented by すっとこ at 2014-11-21 11:05 x
もしもーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーし!

殿様、ご体調いかがですかーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

見かけは若いけれど中味は大人なお年頃ですから
(なにしろ150歳とか?)
どうかお大事になさってください!

若いひかちゃん、あっという間に新しいおウチに
慣れられたようで良かったですね。

”三里塚”こういうドキュメンタリーを作る監督が
ある意味虚像の世界の博報堂ご出身というのも
興味深いです。
元売れないコピーライターは、そう思いますです。

ひかちゃんと一緒にゆっくり引っ越し作業の続きを
なさってくださいね。
力強く応援のポチッ!
Commented by Mtonosama at 2014-11-21 11:17
♪ライスケーキさん

ほんと、50年前と何も変わっていませんね。

大体この忙しい時期になんで選挙なの?
まったくあの腹話術人形みたいな顔をしたお方のやることといったら(怒)。
Commented by Mtonosama at 2014-11-21 11:23
♪すっとこさん

お医者さんの処方して下さったお薬のお蔭でなんとか生きています。

この代島さんって人ね、とてもすごい人なんですよ。
『オロ』というチベットからの亡命少年の映画も彼が関わっているし、なかなかできないことだなぁと感心しきりの150歳の病気老女です。

ひかちゃんは良い子になりすぎてなんだか気味が悪い。
でも、頭を撫でれば噛みつくし、撫でる手を押さえこんでガジガジかじることには変わりないんだけど。
Commented by なえ at 2014-11-22 21:52 x
日本が国家主義社会になっていきそうな今こそ
このような地道な闘いが阻止する底力になって
ほしいです。

今回の選挙も支配層の思惑通りになるのでしょうか。
生活も世の中もちょっとも良くなってないと、みんな
早く気づいてくれえ~(@_@)

殿様、まだお体は本調子でないのですか?どうぞお大事に。
ひかちゃん、心配でいい子になってるのかも?

Commented by びなちゃん at 2014-11-22 23:40 x
大津、代島さんと、監督の年代も親子の間隔。伝え続けて行くんですね。

しかし、発熱から、結膜炎、口唇ヘルペスまで!くまさんの体調が心配です…
本当に、養生されてね。
Commented by Mtonosama at 2014-11-23 05:06
♪なえさん

映画の中でもあの頃からずーっと三里塚に住み続けている人が言ってました。「今の方がずっと時代が悪い」って。闘う人もいるのに、大半は丸くなってひだまりで寝てる?

気ばかり焦るのはまだ病気だからでしょうか。老体はなかなか癒えませぬ(;O;)
Commented by Mtonosama at 2014-11-23 05:09
♪びなちゃんさん

大津監督も撮り続け、今の三里塚農民の穏やかな素顔を見せてくれました。

ご心配いただきありがとうございます。お蔭さまでお医者さんでもらってきたお薬でだいぶ身体が動くようになってきました。
いや、一時はホントに何もできずこのままひかちゃんに看取られるのかと思いましたよ^_^;