ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

ニューヨークの巴里夫(パリジャン) -2- Casse-tête chinois

ニューヨークの巴里夫(パリジャン)
-2-
Casse-tête chinois


f0165567_543690.jpg

(C)2013 Ce Qui Me Meut Motion Picture - CN2 Productions - STUDIOCANAL - RTBF - France 2 Cinema


子どもも生まれ、念願だった天職にも就いたとあれば、
あとは着実に一歩一歩人生を歩いていくだけ――

と思いますよねぇ。普通。

いやはや人生はままならず。
人生30にして立つでもなければ、40にして惑わず、でもありません。
とのも人生150にしてそれを実感しておりますが。

ここに登場する男女もあの楽しかったバルセロナ留学から15年。
顔や身体はそれ相応に歳はとっても、あの頃の気質は基本同じ。
どうしてそうなる?と思わずため息が出る程ドジな展開を見せてくれちゃいます。

ま、人生ってそんなもの。
がっかりもするけど、みんなもそうなら仕方ないですね。

いま絶不調な人はウンウンと頷きながら、
好調な人はグザヴィエってドジだなぁ、と笑いながら、
好不調を問わず楽しめる映画です。

どんなお話でしょうね。


ストーリー
40歳になったグザヴィエ。
パリで妻ウェンディと子ども2人と暮らし、作家としてもそこそこの成功を収めている。

だが、バルセロナ時代の留学仲間でレスビアンのイザベルから恋人ジューと共に
子どもを産み育てたいと、精子提供を頼まれたことから雲行きが怪しくなってきた。
ウェンディにバレてしまったのだ。
そんなある日、NY出張から戻ったウェンディはアメリカに好きな人ができたと告白し、
呆然とするグザヴィエを尻目にいきなり別居宣言。
ウェンディは子どもたちを連れてNYに移住すると言い出した。

妻子3人がNYへ旅立ち、寂しい日々を送っていたある日、
ウェンディから子どもたちを制服のある名門校へ入学させるという連絡がきた。
「制服を着て通学?自分の教育方針と相いれない!」と怒り心頭に発したグザヴィエ。
レスビアンの親友で今は妊娠中のイザベルを頼って一路NYへ。

ウェンディと話し合うため、彼女が子どもたちと暮らす今カレの家へ。
そこはセントラルパークを見下ろす超高級アパート。
今カレはマッチョな体つきながら、実はウォール街の優秀な金融マン。
グザヴィエはなんとなく惨めな気分になるものの子どもたちと過ごしたいがため
NYで暫く暮らすことを決意。

そのためには定職につくことと偽装結婚してグリーンカードを得ることが必要だ。
イザベルの恋人ジューもチャイナタウンの部屋を貸してくれることになるのだが……

f0165567_5465550.jpg

『スパニッシュ・アパートメント』以来の俳優陣総出演。
『ロシアン・ドールズ』で恋に落ちたウェンディと結婚したと思ったら離婚。
自由奔放なレスビアンのイザベルとは相変わらずの親友同士。
そして、『スパニッシュ・アパートメント』で別れたはずのマルティーヌとは思わぬ展開に。

人生、思い通りにはいかないけれど、それが必ずしも悪いこととは限りませんよね。
軌道の上を走っていれば安全ではありますが、
思わぬ展開があるからこそ楽しいのでしょうし。
例え、予期せぬ悪い方向に曲がっていったとしても、
その結果、素晴らしい光景に出会えたり、素晴らしい人が待っていたり――

グザヴィエのままならない人生をわがことのように感じながら、
ため息をついたり、安堵の胸をなでおろしたりしました。

このシリーズ、これでおしまいなのが残念です。
50歳になったグザヴィエ、60歳になったグザヴィエも観てみたいものです。

あ、その頃、自分はもういないのか。
うーん、残念です。





今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆12月4日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

ニューヨークの巴里夫
監督・脚本/セドリック・クラピッシュ、製作/ブルーノ・レヴィ、撮影/ナターシャ・ブライエ
出演
ロマン・デュリス/グザヴィエ、オドレイ・トトゥ/マルティーヌ、セシル・ドゥ・フランス/イザベル、ケリー・ライリー/ウェンディ、サンドリーヌ・ホルト/ジュー、マルゴー・マンサール/ミア、パブロ・ミュ・ジェイコブ/トム、フローラ・ボナベンチュラ/ベビーシッター、ブノワ・ジャコ/グザヴィエの父
12月14日(日)Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー
2013年、フランス・アメリカ・ベルギー、英語・フランス語、カラー、117分
www.nyparisian.ayapro.ne.jp/

by Mtonosama | 2014-12-04 05:54 | 映画 | Comments(8)
Commented by ライスケーキ at 2014-12-04 21:33 x
レズビアンの友人から 精子提供を頼まれた?
なかなか、「OK]とは言えませんよね。
もっとも だれに提供するかも知らされず、
バイト感覚で「OK]する男性もいるとか。

だんだん、男性は精子を提供するだけの、
アマゾネスな世の中になっちゃうんじゃないの?
心配・・・。
Commented by Mtonosama at 2014-12-05 06:22
♪ライスケーキさん

ま、それだけでも役に立てればいいかも^_^;

いずれにせよ男は子どもを産めないし、女は精子を提供できないですもんね。
Commented by なえ at 2014-12-05 19:08 x
先のお二人のやりとり、何か可笑しい~(^o^)
そんな会話がでてくるような映画なんかも?

このオッサン、やなかった、主人公、そんな
イケメンだったんですか?はっきり言って
信じられない!どう見たって貧乏神にとりつかれて
まっせ!気の毒な運命でもしゃあないわ。

「うかうか30、ちょろちょろ40」なんて
ありましたが、「だらだら50、おたおた60」
になってる自分。人のこと笑てられまへんどした(>_<)
Commented by Mtonosama at 2014-12-05 21:01
♪なえさん

イケメンでしたでぇ。
ポーっとなりましたもん。

あちらのお方は旬の時期がホントに短いんですよね。
35過ぎたら一気におっさんです^_^;

「だらだら50、おたおた60」ですか。
いくつになったら落ち着くってことはないんですね。
私なんぞ150になっても年がら年中問題起きてるもんなぁ。
Commented by amore_spacey at 2014-12-06 01:54
私もデュリスくん、好き好き大好きです。ぼさぼさロンゲの彼も髪&ヒゲすっきりさっぱりな彼もいい。イタリア人役者ルカ・アルジェンテーロに、顔立ちやキャラがどことなく似ていて、毎回見るたびにまるで兄弟みたいだなと思ってます。デュリスくんもドロドロ系からコミカルな役まで、守備範囲が広いですね。この作品もとても楽しそう♪
Commented by Mtonosama at 2014-12-06 07:01
♪amore spaceyさん

そうですよね。『タイピスト』では髪型もまじめで髭もなく、その上、星飛雄馬のおとうさんも真っ青な特訓ぶりを見せてくれたし、モリエールなんかも演じてました。
街でスカウトされたっていうけど、いまやフランスを代表するスターですね。
でも、『ガッジョ・ディーロ』の頃の彼が大好きです♪
Commented by すっとこ at 2014-12-06 11:14 x
なーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーるほど!

<うかうか30、ちょろちょろ40>で
<だらだら50、おたおた60>ですか!
         ↑
笑いながら何度もこくんこくんしてしまったじゃ
ないですか!

あちらの人ってしごく簡単に住む国を替えるの
ですね! 日本から期間限定とはいえ 海外在住
になるのに「よっこらせーーー!」と掛け声の必要
な自分には羨ましい限りです。

150歳の殿様には
中年男優が老年になるのは見届けられない?
いやいやいやいやいや!

お互い憎まれっ子であと百年は世に憚りませうっ
と力強くポチッ!!

Commented by Mtonosama at 2014-12-07 06:36
♪すっとこさん

よっこらせ~!で海外在住するのって充分すぎるほど大変ではありませんか。
こちとら、自慢じゃないけど、ほんの隣町へ引越しするだけで
熱出し~の、寝こみ~の、鼻水出し~の、口唇ヘルペス作り~の、
で2キロ痩せてしまいました。

ヨーロッパでの移動は車でポーンとひとっ飛びですものね。お若い方たちは案外気楽なのかも。
でもね、グザヴィエくん、フランス語訛りの英語が気になって御地NYでイヤな思いもしたみたい。
40歳ってやっぱりびみょーなお年頃なのかもしれません。

百年は世にはばかれないけど、今日もポチッをありがとうございました。