ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

ジミー、野を駆ける伝説 -2- Jimmy’s Hall

ジミー、野を駆ける伝説
-2-
Jimmy’s Hall


f0165567_543812.jpg

(C)Sixteen Jimmy Limited, Why Not Productions, Wild Bunch, Element Pictures, France 2 Cinema,Channel Four Television Corporation, the British Film Institute and Bord Scannan na hEireann/the Irish Film Board 2014


本作の主人公ジミー・グラルトンはアイルランド・リートリム州出身の実在の人物。
内戦後の混迷した時代、庶民の絶大な支持を得た活動家でした。
が、しかし、有名な歴史上の偉人というわけではなく、
そのプロフィールなどはほとんど知られてはいません。

原題”Jimmy’s Hall”はダンスやアートや娯楽を愛したジミーが仲間たちと作った
コミュニティ・ホールから来ています。

なんでホールが問題に?
そこが当時の時代性を現わしているんでしょうねぇ。
庶民の息抜きの場であり、自己啓発の場であったホールは
カトリック教会や地主層らにとって目の敵だったのであります。

いったい何時の時代をいっているのか?中世か?などと思いますが、
これが20世紀のことなのです。

そんなホールを建て、アメリカ仕込みのダンスも披露し、
弱者救済の政治闘争にも身を投じたジミー・グラルトン。
さあ、いったい彼はどんな人物だったのでしょうか。


ストーリー
1932年、アイルランドを分断した内戦が終結してから10年。
祖国アイルランドを追放され、アメリカにいたジミー・グラルトンが10年ぶりに
故郷リートリム州に帰ってきた。
かつては地域のリーダーとして住民の信頼を集めていたジミーは仲間たちの歓迎を受け、
昔の恋人ウーナとも再会を果たす。だが、10年という時の流れは無情だ。
彼女は既に結婚し、2児の母となっている。
久々に故郷へ戻ったジミーの望みは年老いた母の面倒を見ながら、穏やかに生活すること。
しかし、そんな彼を周囲は放ってはおかなかった。
畑仕事からの帰り道、ジミーは若者たちから閉鎖されているホールの再開を訴えられる。

f0165567_5463640.jpg10年前ジミー達が建設したホールは、地元の老若男女が集まって芸術を学び、詩を詠み、人生や政治について語り合うコミュニティセンターであった。教会の監視を気にせず、歌やダンスに熱中できるそこは地域住民の学びの場であり、心のよりどころでもあった。

ジミーはホールの再建を決意。そこではジミーの持ちこんだアメリカ製の蓄音機が
ジャズを奏で、住民たちは再びホールに集まる。
一方これを快く思わないのが教会のシェリダン神父。
ダンスパーティの来場者をチェックし、ホールに近づかないよう警告を発するのだった。

ある日、ジミーが以前所属していたIRAのメンバーがやってきた。
地主によって自宅から追い出され、妻と5人の子どもと共に路頭に迷っている労働者を
救うために力を貸してほしいというのだ。

だが、それはとても大きな政治的な決断だった……

「我々は人生をみつめ直す必要がある。
欲を捨て、誠実に働こう。
ただ生存するためではなく、喜びのために生きよう。
自由な人間として!」

80年前、一度ならずニ度までも国を追われながら
「ただ生存するためではなく喜びのために生きよう!」と声をあげ、行動した一人の男。

立派だ!かっこいい!
でも、それだけだったら文部省推薦映画です。

150歳になったら自分で映画を選ぶことはできます。

この映画の素晴らしさ。
それは――
俳優であります。

ジミー・グラルトンを演じたバリー・ウォード。
とてもセクシーでした。
きっとジミー・グラルトンという人もその政治力や指導力で人々の支持を勝ち得たのではなく、
人間的な魅力ゆえに支持者も協力者も集まってきたのではないでしょうか。

蒼い月明かりの射し込むホールでかつての恋人ウーナとダンスをする場面は素敵でした。
抑えに抑えた恋心が溢れ出てくるような美しいシーン。
バリー・ウォードの魅力に150歳のとのもロマンティックな気持になりました。





今日もポチッとお願い申し上げます。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆12月13日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

ジミー、野を駆ける伝説
監督/ケン・ローチ、製作/レベッカ・オブライエン、脚本/ポール・ラヴァティ、製作総指揮/パスカル・コシュトゥー、グレゴワール・ソーラ、ヴァンサン・マラヴァル、アンドリュー・ロウ、エド・ギニー、撮影監督/ロビー・ライアン
出演
バリー・ウォード/ジミー、フランシス・マギー/モシー、アイリーン・ヘンリー/アリス、シモーヌ・カービー/ウーナ、ステラ・マクガール/ステラ、ソーチャ・フォックス/モリー、マーティン・ルーシー/デジー、マイケル・マーフィー/トミー、シェーン・オブライエン/フィン、デニース・ガフ/テス、ジム・ノートン/シェリダン神父、アシュリン・フランシオーシ/マリー・オキーフ、ショーン・T・オーマリー/ジャーナリスト、カール・ギアリー/ショーン、ブライアン・F・オバーン/デニス・オキーフ、コナー・マクダーモットロー/ドハティ、シーマス・ヒューズ/ルアリ、アンドリュー・スコット/シーマス神父、マイケル・シェリダン、レベッカ・オマラ/オキーフ夫人、ダイアン・パークス/モシーの妻
2015年1月17日(土)新宿ピカデリー&ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー
2014年、イギリス=アイルランド=フランス、109分、日本語字幕/太田直子、配給/ロングライド
http://www.jimmy-densetsu.jp/

by Mtonosama | 2014-12-13 06:08 | 映画 | Comments(6)
Commented by ライスケーキ at 2014-12-14 22:28 x
20世紀になっても 庶民は自由な娯楽を禁じられていたのですね。

16世紀イングランドのアイルランド支配で、アイルランドの伝統文化活動、音楽・ダンスなども禁じられ、
人々は家の中で密かに歌い、狭い部屋でダンスを踊り。
それで、あの上半身をほとんど動かさないで足を踏みならすダンス、アイリッシュダンスが生まれたとか。

移民としてアメリカに渡っても「ヨーロッパの黒人」と言われて、虐げれてきた人々。

そんな彼等の自由を求める心、ジミーのような人々。

ケン・ローチ監督、私の好きなテーマの映画を 又作ってくれました。

ボチッ!

Commented by すっとこ at 2014-12-15 03:39 x
うぉぉぉぉぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!

こういう”名もなき英雄”こそが 人を 国を
歴史を 動かして行くのでしょう!

ケン・ローチ監督やってくれますね。
彼を突き動かすパワーとはどんなパワーでしょうか。
彼にだけ与えられた特別な感覚・・・
それがあってこそ

特別な感覚のない人々が 映画館の銀幕を前にして
ある高揚を味わえるのですね。

Green is greener in Ireland;緑したたるアイルランド
を違う目で訪れたくなりました。

この映画、観たいなぁ。応援のポチッ!!
Commented by Mtonosama at 2014-12-15 04:15
♪ライスケーキさん

宗教とイングランド。余計なお世話焼きがいる時代は大変でしたね。

アイリッシュダンスって可愛くて、どこか禁欲的な感じがするダンスです。また見に行きたいな。

ポチッをありがとうございます。
Commented by Mtonosama at 2014-12-15 04:18
♪すっとこさん

アイルランド、ご縁がないまま150年も生きてしまったけど、
父親がよく歌っていたアイルランドの子守唄を口ずさみつつ、
アイリッシュ・ウィスキーを飲みたいです。
もちろんアイルランドも行ってみたい。

応援のポチッをどうもありがとうございます。
Commented by なえ at 2014-12-15 23:51 x
80年前「自由の種」を蒔いた人がいた国があれば
80年後自由の息の根を止める一歩を踏み出した
東洋の片隅の国もある・・・

この国にジミー・グラルトンは出てくるでしょうか?
Commented by Mtonosama at 2014-12-16 07:15
♪なえさん

ああ、本当に・・・・・

これ、何なん?
これだけヤバい状況見せつけられていて、まだこんな有様?

おばさんの念力だけじゃあきまへん。
若い人々よ、起きてくだされ。
おばちゃんはあんさんたちと動きますでぇ。