ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

深夜食堂 -2-


深夜食堂
-2-

f0165567_6105391.jpg

(C)2015 安倍夜郎・小学館/映画「深夜食堂」製作委員会


食べ物の出てくる映像って気になります。
特に作っているところなんてかなり一生懸命観てしまいます。
食い意地がはっているからなのでしょうか。
それとも作り手が脳内食中枢を揉みほぐす術にたけているからでしょうか。
小林薫がまたまた良い味を出してるからでしょうか。
とにかく美味しそうでした。

さあ、いったいどんなお話なのでしょうね。

f0165567_6162156.jpg

ストーリー
路地裏の小さなめしや。
夜中の12時にのれんを出すことからひと呼んで深夜食堂。
今夜もカウンターだけの小さな店は常連客でにぎわっている。

ある春の夜、店にとんでもない忘れ物が。
骨壺だ。
縁起でもないそれをネタに話は盛り上がり、酒のおかわりも進む常連たち。
そこへ顔を出した川島たまこ。パトロンを亡くしたばかりで、新しい愛人を物色中である。
そんな彼女はその夜たまたま隣に座った年下の西田と意気投合。
あれよあれよという間に同棲することに。
だが、暫くするとパトロンからの遺産が入り、西田との仲も・・・

夏。漫画喫茶で寝泊まりするみちる。
ある日、料理の匂いに誘われて入っためしやで無銭飲食してしまう。
数日後、マスターに謝罪し、めしやで働くことに。
彼女、料理もうまく、店にも常連たちにもなじんでいく。
ところが、ある蒸し暑い晩のこと、長谷川という男がみちるをたずねてきて・・・

秋。常連の杉田あけみ。
休日には福島の被災地へボランティアとして通うOLだが、最近様子がおかしい。
ある日、彼女を追って福島から大石がめしやに現れた。
津波で妻を亡くした大石はボランティアとして優しく接してくれたあけみに想いを寄せ、
彼女に会うため上京してきたのだった・・・

ハロウィンの日。常連たちが思い思いの変装をこらしていつものように飲んでいると、
見知らぬ中年女性が訪れる。
そして、マスターを見るなり、店先で土下座して謝り始めた・・・

小さなめしやの一年。
常連さんやらいちげんさん、みんなマスターのつくる料理に
心も体も癒されてホッと一息つきながら、
明日への希望をつないでいく…

f0165567_617091.jpg


漫画が原作の映画って結構多いけれど、
ビジュアルとストーリーと小気味の良いせりふが同時に進行する漫画は
映画化しやすい素材なのかもしれませんね。
ただ、漫画やTVドラマで当たったら映画にもしてみよう、という流れには
なんかなぁ?っていう気持もなくはないのですけれどね。

とはいえ、本作を観ていると、
美味しいお酒を飲みながら、あれこれ食べたくなってしまうのはホント。
その結果、食べ過ぎて太っても当試写室は一切関与しませんので悪しからず。






今日もポチッとしていただけたらうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2015年1月13日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

深夜食堂
監督/松岡錠司、脚本/真辺克彦、小嶋健作、松岡錠司、原作/「深夜食堂」安部夜郎(小学館ビッグコミックオリジナル連載中)、撮影/大塚亮
出演
小林薫/マスター、高岡早紀 柄本時生、多部未華子 余貴美子、筒井道隆 菊池亜希子、不破万作 綾田俊樹 松重豊 三石研 安藤玉恵 須藤理彩 小林麻子 吉本菜穂子 中山祐一朗 山中崇 宇野祥平 金子清文 平田薫 篠原ゆき子 渋川清彦 谷村美月 田中裕子 オダギリジョー
2015年1月31日(土)全国公開
2014年、日本、119分、配給/東映
http://meshiya-movie.com/

by Mtonosama | 2015-01-13 06:23 | 映画 | Comments(6)
Commented by ライスケーキ at 2015-01-13 20:10 x
「めしや」良いねぇ。
ただお腹を一杯にするだけじゃなくて、
心も一杯にしてくれるような。

最近はチェーン店のお店ばかりで、
こういう人生の交差点のような お店 なくなったね。

「めしや」に行って「めし」が食べたい。

ボチッ!
Commented by びなちゃん at 2015-01-14 01:33 x
客商売、特に飲食店は、客との距離が近い店は、いろんな意味で大変かと。友人は、個人で広めの喫茶店を経営、普段はキッチン内で働いてますが、調理が無い時はカウンターに立ちお客さんと話したり相手をしてます。おかしなお客が来て怖いと言ってました…特に春先になると来るオカシイ常連さんがいるそうで、彼がくると季節を感じるそうです…
今、認知症になってしまった義母は、スナックをやっていて、料理も上手でしたが、聞き上手でした。酔っぱらいの扱いも。
私はお酒も飲めないし、接客業は、苦痛でござんす。ムードメーカーとしてのちいママなら、お調子もんだからいいかな。
深夜酒場、理想の酒場ですね。

ところで、京都条例。14日がパブコメ締め切り、さっきメールしました!
Commented by Mtonosama at 2015-01-14 06:22
♪ライスケーキさん

新宿まで行かなくても、H市とかCH市のさびれた商店街にありそうな気がしますね。

あと、わたしの夢は冬の日本海の波が荒れ狂う堤防脇の小さな居酒屋で「う~、寒いねぇ」といいながら熱めの燗酒とこのわたかなんかで一杯やりたい。50代位のおばちゃんがカウンターの中で話を聞いてくれるのっていいなぁ。
なんか健さんが出てきそうな感じですが^_^;
Commented by Mtonosama at 2015-01-14 06:31
♪びなちゃんさん

季節になるとやってくるおかしなお客さん。わかる、わかる。
100年ほど前、駅前にある画材屋さんでバイトしてたとき
「今から朱竹を描くぞ」といってナイフを取り出し、ご自分の指先に押しつけたおじさんがいました。
もちろんまだ若いバイト(わたしのこと)は絹を裂くような悲鳴を上げました。
でも、そのおじさんのそれはお芝居。迫真の演技だったので騙されてしまったけど。
彼、お金を請求するでもなく、そのまま店を出ていきました。あれはなんだったんだろう。

春先や人の集まる場所にはおかしな方が時々現れるから覚悟が必要ですね^_^;
Commented by すっとこ at 2015-01-15 12:30 x
そっか~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!
いろんな人の織りなす人間模様が 深夜の”めし屋”
に繰り広げられているのですね。

しかし世の中奇妙な方があるようで。
びなちゃんさんご友人の喫茶店の客や
殿様のバイト先額縁屋の”朱竹男”とか。

昔 場末のスナックで「働かない?」と
ママさんから誘われたのはすっとこ37歳
の春でした。
自分はやる気まんまんでしたが 夫の激怒
&猛反対により面白バイトは実現しませんでした。

今頃になって「あの時賛成しておれば左うちわ
だったのかも・・・」と呟きやがりました笑。

深夜人間交差点、やってみたかったなぁ。
あの時の未練を込めて ポチッ。
Commented by Mtonosama at 2015-01-16 06:02
♪すっとこさん

お酒の飲めないすっとこさんがスナックで働いていたら、
自分はしらふだからきっととんでもない酔っ払いを冷静に観察して何か面白いものが書けたでしょうね。

深夜人間交差点。すっとこさんは夜に強いですか?
ならば、ためらわず今からでもいかがでしょう。
あ、「人間交差点」っていう漫画もあった気がする。

今日もポチッをありがとうございました。