ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

ジミーとジョルジュ 心の欠片(かけら)を探して JIMMY P.:PSYCHOTHERAPIE OF A PLAINS INDIAN

ジミーとジョルジュ
心の欠片(かけら)を探して
-1-

JIMMY P.:PSYCHOTHERAPIE OF A PLAINS INDIAN

f0165567_54120100.jpg

(C)2013 Why Not Productions-France 2 Cinema-Orange Studio


これまた好きな俳優が出ていることから観にいった映画であります。
強烈な個性を放つベネチオ・デル・トロと
どこかファンキーな異彩を放つマチュー・アマルリック。

ベネチオ・デル・トロは『21g』で観た暗いラテン系といった渋みに圧倒されましたし、
マチュー・アマルリックは『潜水服は蝶の夢を見る』が印象的でした。
初めて彼らを見たとき、俳優は顔が良ければいいってものじゃないんだなぁと
心の底から思いました。

でも、好きなんです。特にマチュー・アマルリックはかなり好きです。
今まで、こんな風に二人を比較する機会などなかったのですが、
困ったことに本作でこの二人が共演することになってしまいました。

f0165567_5442530.jpg

片や暗い顔をしたプエルトリコ出身のハリウッドスター。
片やフランス映画界を代表するスター。

本来出会うべくもない二人をアルノー・デプレシャン監督は出会わせてしまったんです。
一人をアメリカ・インディアンの患者として。
もう一人をハンガリー出身ユダヤ系の精神科医として。

実は、この設定にとまどってしまいました。
時代は第二次世界大戦の終わった1948年。
戦争帰還兵であるインディアンの患者と
ユダヤ系の精神科医。
時代設定と彼らが属する民族。
気づかない内に先入見に従って彼らを観察していました。
そのことも問題だけれど、一番とまどったのは観客としての立脚点が見えないのです。
自分、どっちに感情移入すればいいの?
ああ、困るよ。デプレシャン監督。

f0165567_5454253.jpg

とはいえ、本作はフランスの民族精神医学(そんな学問があるんですね)の権威ジョルジュ・ドゥヴルー
「夢の分析:或る平原インディアンの精神治療記録」を原案にした作品で実話です。


ジョルジュ・ドゥヴルー
1908年ハンガリーの裕福なユダヤ人家庭に生まれる。民族精神医学の確立者。1993年パリ第8大学に設立された民族精神医学研究所「ジョルジュ・ドゥヴルー・センター」にその名が冠されている。
1932年から35年までアメリカ先住民モハヴェ族のもとで実地調査を行う。33年にカトリックに改宗。ハーバード大学などで教鞭をとりながら臨床精神分析医としての仕事にも携わる。

〈民族精神医学〉とは、文化的背景の異なる人びとの心の病を、その出身文化の枠組みの中で理解し、人類学的知見や精神分析の技法も用いつつ、集団セッションを特徴とする独自のやりかたで分析・治療する方法のことである。

意識と無意識、想像界と現実、自己と他者、過去と現在、内と外……人間の精神は、さまざまな二項対立によって機能しているが、これらの界が揺らいだ時に心の病が生じる。出身文化と移住先の文化のあいだの境界、文化と精神のあいだの境界の揺らぎがひきおこす移住者の精神疾患を治癒に向かわせるには、この二項対立・二重性を多元項の中に置きなおして相対化し、新たなかたちで再構築することが、なにより必要となる。
http://www.msz.co.jp/book/detail/07156.html

「夢の分析:或る平原インディアンの精神治療記録」1951年に出版。カンザス州の病院に勤務していたドゥヴルーはアルコール中毒と神経症に苦しむ当時30歳のブラックフット族に属するジミー・ピカードを担当。本書は20週にわたって80回以上の精神分析を重ねた記録と考察をまとめたもの。

ね、戦争によるPTSDに苦しむ患者と精神分析医。
ネイティヴ・アメリカンとヨーロッパからやってきたユダヤ系医師。
とても社会的な映画だと思いますよね。

でも、実は.....

さあ、一体どんな作品なのでしょうか。
続きは次回までお待ちくださいませ。



今日もポチッと・・・
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2015年1月16日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

ジミーとジョルジュ 心の欠片(かけら)を探して
監督・脚本/アルノー・デプレシャン、共同脚本/ジュリー・ペール、ケント・ジョーンズ、原作/ジョルジュ・ドゥヴルー「夢の分析:或る平原インディアンの精神治療記録」、撮影/ステファーヌ・フォンテーヌ
出演
ベネチオ・デル・トロ/ジミー・ピカード、マチュー・アマルリック/ジョルジュ・ドゥヴルー、ジーナ・マッキー/マドレーヌ、ラリー・パイン/カール・メニンガー医師、ジョゼフ・クロス/ホルト医師
2015年1月10日(土)よりシアターイメージフォーラム他全国順次公開
2013年、フランス、117分
提供/コムストック・グループ、配給/コピアポア・フィルム
http://kokoronokakera.com/

by Mtonosama | 2015-01-16 05:56 | 映画 | Comments(10)
Commented by ライスケーキ at 2015-01-17 10:42 x
「民族精神医学」日本にはないでしょうね。

「精神治療記録」を映画にすると・・・。
どんな作品になるのでしょう。

殿様の紹介 期待してます。

ボチッ!
Commented by なえ at 2015-01-17 12:24 x
あら~、もう新しい映画に!
前のは分かりやすかったけれど、今回のはちと複雑そう。
映画の世界ってとてつもなく幅広く深いですね。

前々回のバー「黄昏」の話、よろしおす~。エッセイや漫画
のエピソードになりますやん。盛塩を潰さなかったら、お店も
大丈夫だったかも、とちびまるこちゃんみたいに顔に縦の線が何本も入って反省する子供の姿。想像するだけでふっと笑えて
ちょっと哀しい。
Commented by Mtonosama at 2015-01-17 19:43
♪ライスケーキさん

精神治療記録を映画化したわけではないし・・・
なんか珍しいジャンルの映画でした。

スタンスが明らかにならないと、どう観るべきか考え込んでしまう、というのも珍しい体験でした。
映画って観客に考える姿勢みたいなものを要求してきますよね。
Commented by Mtonosama at 2015-01-17 19:50
♪なえさん

バー「黄昏」。遠い遠い日の話です。まさに昭和そのものでした。
実家は結構都会でありまして、住宅とバーと料亭と饅頭屋と貸本屋さんが混在していました。
料亭のT美ちゃんは子どもの頃から女そのもので
お祭りのお獅子で氏神様まで行くのを嫌がったし、
お饅頭屋のえいちゃんはお店のレジからお金をちょろまかしていたし、
貸本屋のとくちゃんは優等生でした。

はいはい、とのはチビまるこだったかも^_^;

京都市猫条例、撤回されるといいですね。
Commented by すっとこ at 2015-01-17 22:24 x
きゃぁぁぁぁあああああああああああああああああああああああああああああ!

トロ様ですわね!”21g”観ましたよん。
「古谷一行みたいな濃い顔だなぁ」と思いました。
すいえば最近古谷様はどうしておらっしゃる?

息子のバンド歌手が”八重の桜”で新撰組隊員で
ありながら会津藩に肩入れする・・・ある娘への
恋心ゆえ・・・という役を演じたと思うのですが
横顔がなかなか良かったです。おやじさんより良かった
かも。不敵な面構えでした。

ところで冒頭のスチル写真
2人ともネクタイ、短く着けていますね!
今はこういう短めが流行り?

流行はようわからんけど 力強くポチッ!
Commented by Mtonosama at 2015-01-18 05:38
♪すっとこさん

そうそう、ネクタイ気になりますね。当時の流行なのかな。

トロさん、古谷一行に似てます?
う~ん、古谷一行はマグロだったら赤身ってところじゃないですか?
ベネチアさんはトロもトロ、大トロですわねぇ。
力強いポチッをありがとうございます。
Commented by なえ at 2015-01-18 17:03 x
ご挨拶が遅れまして・・・
殿様、びなちゃんさん、皆さま
「京都市野良猫餌やり禁止条例」のパブコメ提出ありがとう
ございました!
地域猫有名ブロガーの方たちも熱心に反対意見を述べて
いただいて感謝感謝です。京都市は全国からの反対意見に
真摯に耳を傾け、いかに非人道、いえ、非猫道的な行為を
しょうとしているか反省し速やかに条例撤回することを
願うばかりです。

2月に緊急集会があります。パブコメ締め切り後に集会して
京都市にプレッシャーを与えられるか疑問ですが、私も
参加します。地域猫活動をしている友達が世話役をしているの
ですが、課の担当に話をしに行っても紋切り型の答えしか
返ってこなかったそうです。そんなんやからなあ(ーー゛)
Commented by びなちゃん at 2015-01-18 22:23 x
あの~、折角くまさんが噛み砕いて説明して下さってるのに、私の頭にはなんのひっかかりも無いのです。哀すい。個人的な精神学が必要…次回に期待して、ぽちっ
前回の変なおじさんの”朱竹”は、ひえ~っと、すぐ想像がついて画が浮かんだのですが…

>なえさん、ウチらの分も、よろしくのご参加よろしゅうお願いします。
Commented by Mtonosama at 2015-01-19 06:18
♪なえさん

寒い時期の集会、ごくろうさまです。
猫さんたちもハーネスつけて共に参加し、主張しましょうぞ!

役所の人って、ホントに紋切り型ですよね。優秀そうなんだけど。
同じ地平に立っている場合でさえ感じるのですから、
相対する立場になった場合はもっともっと感じるでしょうね。

猫のいる観光地ってポイント高いのになぁ。

おきばりやす<(_ _)>
Commented by Mtonosama at 2015-01-19 06:22
♪びなちゃんさん

この映画ね、「なんなん?」って感じでした。
ネーティヴ・アメリカン、ハンガリーからやってきたユダヤ系の精神医学者。
そんでもって民族精神医学?
不慣れな設定と初めて聞いた学問。とまどっちゃいましたわ。

朱竹おじさん程ではないですけどね^_^;