ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

悼む人 -2-


悼む人
-2-

f0165567_6381113.jpg


©2015「悼む人」製作委員会 天童荒太


高良健吾演じる坂築靜人の祈りの、いえ、悼みの姿勢が目をひきました。
原作ではどう表現されているのか知りませんが、
靜人は、誰かが亡くなった場所にくると膝まづき、右手を大きく上げます。
そしておもむろにその手を胸にあてます。
それから左手を下げ、地面に触れるように厳かともいえる様子で回し、
胸の上の右手に重ね、頭を下げ、つぶやきます。

「あなたは、あなたを慕う多くの人たちに愛され、そして愛していました。
そんなあなたが確かに生きていたということを私は憶えておきます」

はい、正直いって「こいつ、変」と思いました。
おとなしそうだけど危ないやつ、とすっかり思い込んでしまいました。

しかし、とても象徴的な姿勢であることは確かです。

さあ、いったいどんなお話なのでしょう。

ストーリー
坂築靜人は、不慮の死を遂げた人々を悼むため、日本中を旅している。
「悼む」ということは亡くなった人の「愛」にまつわる記憶を心に刻みつけること。
「死者が生前誰に愛され、愛したか、
どんなことをして人に感謝されていたか、
その姿を覚えておく」
そのための彼なりの儀式をとりおこなう靜人を周囲は胡散臭げに眺める。

山形の事故現場で靜人に出会った雑誌記者・蒔野抗太郎には間もなく死を迎える父親がいる。
子どもの頃からの確執によって、見舞いにさえ行こうとしない。
悪意に満ちたゴシップ記事を書き続ける蒔野は靜人に目をつけ、取材を始める。

同じく山形。産業廃棄物を埋め立てた場所で靜人と出会った奈義倖世。
彼女はそこで夫・甲水朔也を殺していた。
夫の亡霊に苦しむ彼女は救いを求めて靜人の旅についていく。

横浜の靜人の実家。末期癌の母・巡子は在宅ケアを選び、自宅にいた。
靜人の妹・美汐は妊娠していながら、その婚約者から別れを切り出される。
その理由には靜人の「悼み」への偏見も含まれていた。
ふたりを支えるのは父・鷹彦と従弟の怜司。

靜人の取材を始めた矢先、蒔野は父の愛人・理々子から父の訃報を受ける。
葬式に列席した彼は父の自分への想いを知り、心が揺れる。
その帰り、これまでのツケが回ったかのようにチンピラに命を狙われることに。

一命はとりとめたが視力を失った蒔野は靜人の実家を訪れる。
そこで巡子から聞いた靜人の「悼み」にこめられた真実。
息子に対する母としてのただひとつの願いは「誰かを心から愛してほしい」ということ。

旅を続ける靜人と倖世。
二人は次第にひかれあうものを感じるようになるが、
それぞれが過去に背負った罪の意識から素直に心を開くことができない。

靜人は死期が迫った母のもとに帰れるのか、
そして、靜人は誰かを心から愛することができるのだろうか…

f0165567_6403076.jpg


最初は変なやつと思った靜人の「悼む」姿ですが、
この姿、あるいはこの様式こそ悼みの象徴かもしれないと思えてきました。
祈りは宗教者や信者が日々行っているのでしょうが、
悼みは信仰がなくてもできる行為なのかもしれません。

人は死んだからといっていなくなってしまう存在ではありません。
3.11でなにが起こっているかわからないうちに津波にのまれた方たちを悼むこと。
悼みとは死者の痛みに心を寄せ、
私はあなたを忘れません、とつぶやくことなのですね。

そして砂漠のあのおふたりをわたしはわすれません。

優しい映画でした。





今日もポチッとしていただけたらうれしゅうございます。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2015年2月3日に更新しました。いつも応援してくださって本当にありがとうございます☆

悼む人
監督/堤幸彦、原作/天童荒太「悼む人」(文春文庫刊)、脚本/大森寿美男、撮影/相馬大輔、製作代表/木下直哉、主題歌/熊谷育美「旅路」(テイチクエンタテインメント)
出演
高良健吾/坂築靜人、石田ゆり子/奈義倖世、井浦新/甲水朔也、大竹しのぶ/坂築巡子、椎名桔平/蒔野抗太郎、貫地谷しほり/坂築美汐、山本裕典/福埜怜司、麻生祐未/沼田響子、山崎一/沼田雄吉、戸田恵子/比田雅恵、秋山奈津子/尾国理々子、平田満/坂築鷹彦
2015年2月14日(土)ロードショー
2015年、日本、138分、配給/東映
http://www.itamu.jp/

by Mtonosama | 2015-02-03 06:46 | 映画 | Comments(6)
Commented by ライスケーキ at 2015-02-04 21:38 x
「不慮の死を遂げた人々を悼むため」旅をするんですか。
「不慮の死を遂げた人々」って他人ですよね。

「死期の迫った母」の側で過ごす方が、
彼にとって愛ある行動だと思うんですけど・・・。

まっ、映画観ていないし、原作も読んでないから
分かりませんが・・・。

やはり映画は観なければ、本は読んでみなければ
語れませんね。

この作品TV、新聞でも宣伝してるので、
近所の映画館で上映しそうです。

ボチッ!
Commented by すっとこ at 2015-02-04 22:08 x
うううううううううううううううーーーーーーーーーーーーーーーーむ!

ライスケーキさんと同じ感想なのですが
「他人を悼む時間、死に近き母に寄り添って
やれないのか」と思いました。

母が「私はいいから」と言ったのか。
大竹しのぶなら 言いそうだな・・・。
   って 大竹しのぶ本人じゃないよね。

叔母が自分の娘のことを
「ボランティアばっかりで出歩いてるけど
自分ちの手伝いを少しはして欲しい」と
嘆いていたのを 思い出したけど。

やはり
そんな簡単なことではないのだろうから
本作観なくちゃいけませんよね!
力強くポチッ!
Commented by Mtonosama at 2015-02-05 06:52
♪ライスケーキさん

彼は複雑な事情を抱えているのですよね。って、誰でもみんな事情は抱えているものなのでしょうが。

母の側にいることについてはそれは観てのお楽しみということで。

人はやはりその人の深い思いにしたがって動くものなのでしょうね。

ポチッをありがとうございました。
Commented by Mtonosama at 2015-02-05 07:09
♪すっとこさん

叔母さんの嘆きもわからないじゃないけど、娘とはいえ訳の分からない行動をすることってあるんでしょうね。
ボランティアやフリージャーナリストってはた目から見たら「何やってんの?」ってところでしょうが、なにかに突き動かされること、それで自分は生きてるという気持になれること、なんかわかるような気がします。

あの出来事以来、殊勝なの・・・

「悼む人」、一時帰国の機内で観られるといいですね。
力強いポチッをありがとうございました。
Commented at 2015-02-05 22:52
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Mtonosama at 2015-02-06 11:45
♪鍵コメさん

人の死を悼まない、残虐なシーンをネット上に流す、津波で沖合まで流された遺体の画像を出す・・・

なんでもかんでも興味本位でさらしてほしくはありません。
死者の尊厳を家族や友人、知人の想いを大切にしてほしいと
心から思います。
つらい事件でした。