ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

きっと、星のせいじゃない。 -2- The Fault In Our Stars


きっと、星のせいじゃない。
-2-
The Fault In Our Stars

f0165567_5383791.jpg

(C) 2014 TWENTIETH CENTURY FOX


主人公のヘイゼル・グレースは末期のガン患者です。

いろいろつらい事件の多い今日この頃。
もう、難病とか不治の病とか、悲しい映画は観たくない、とお思いかもしれません。

でも、難病を抱えた若い人々が主人公ではありますが、
病気が主人公の映画ではないんです。

酸素ボンベをひっぱりながら移動しなければならなかったり、
義足をつけたりしている主人公たちですが、
青春まっただなかを生きています。

きっとハラハラしながらも笑ったり楽しんだりして観ることができる筈です。
バスタオルなど映画館に持参しなくても大丈夫ですよ。

さあ、どんなお話かと言うと・・・

ストーリー
17歳のヘイゼルは末期のガン患者。
13歳から入退院を繰り返している。
今は、薬のおかげで家で過ごすことはできるけれど、肺はガタガタ。
酸素ボンベと鼻に通すチューブは欠かせない。

友だちもなく、家で本ばかり読んでいるヘイゼルを心配する両親のために、
彼女はガン患者の集まり“サポートグループ”に参加する。
そこで出会ったのがオーガスタス。ガスだ。

ハイスクールのバスケットボール部のスター選手だった18歳のガス。
彼はその大事な片足とひきかえに骨肉腫を克服した。
その日は親友アイザックに誘われて参加していたのだ。
グループのリーダーに何が不安かと訊かれ、「忘れられること」と答えるガス。
それに対して、
「人はいつか死ぬもの。クレオパトラだって、モーツァルトだって忘れられてしまうのよ」
とへイゼル。

ガスはクールな彼女に瞬殺される。
一方、へイゼルも陽気でシニカルなガスに好意を抱く。

お互いに大好きな本を貸し合うようになる二人。
ヘイゼルはオランダ在住の作家ピーター・ヴァン・ホーテン「至高の痛み」。
ガスはバトルゲームのノベライズ版。

「至高の痛み」を読み終わったガスからメールが届く。
「なんて仕打ちだ!」
ガンの少女が主人公のその小説は文章の途中で突然終わっていたからだ。
実はへイゼルも物語の続きが知りたくて、作家に手紙を書いたことがある。
返事はこなかったけれど。

数日後、ガスからとんでもない知らせが来た。
作家の秘書にメールを送ったら、本人から返信があったという!
その後、ヘイゼルも作家に「登場人物たちのその後を教えてほしい」とメール。
返事はNOだったが、
「アムステルダム来訪の折には是非お立ち寄りを」と結ばれていた……

f0165567_5434565.jpg


さ、そして、どうなるかというと――
高額な医療費に苦しむヘイゼルの両親には金銭的な余裕がなく、
オランダへ行く費用がでないのですが、
なんとアメリカには”パワー・オブ・ウィッシュ“という
病気の子どもたちの願いを叶えるボランティア団体があるんですね。

1980年アリゾナに住んでいた白血病の7歳の男の子クリスの夢を
叶えたことから始まったこの財団。
今や世界35ヶ国以上で活躍し、
これまでに24万人以上の子どもたちの夢を叶えてきました。

話をひっぱるようで恐縮ですが、
実はヘイゼルは「ディズニーワールドへ行きたい」というウィッシュを
既に叶えてしまった後だったので、これは使えなかったのですが――

病気だからといってお涙ちょうだいではなく、
個性というには重すぎる病気とつきあいながら、日常を生きるヘイゼルたち。
思いがけない結末が待ってはいますが、
日々を生きることの大切さを若い二人から教えてもらいました。





今日もポチッとしていただければうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2015年2月9日に更新しました。いつも応援して下さって本当にありがとうございます☆


きっと、星のせいじゃない。
監督/ジョシュ・ブーン、脚本/スコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー、原作/ジョン・グリーン、製作/ウィク・ゴッドフリー,p.g.a.、マーティ・ボーウェン,p.g.a.、製作総指揮/ミシェル・インぺラート・スタービル、アイザック・クラウスナー、撮影監督/ベン・リチャードソン
出演
シャイリーン・ウッドリー/ヘイゼル・グレース・ランカスター、アンセル・エルゴート/オーガスタス・ウォーターズ、ローラ・ダーン/フラニー、サム・トラメル/マイケル、ナット・ウルフ/アイザック、ウィレム・デフォー/ピーター・ヴァン・ホーテン、ロッテ・ファービータ/リーダヴァイ
2015年2月20日(金)TOHOシネマズ日本橋他全国TOHOシネマズにてロードショー
2014年、アメリカ、英語、126分、日本語字幕/佐藤恵子、配給/20世紀フォックス映画
http://www.foxmovies-jp.com/kitto-hoshi/

by Mtonosama | 2015-02-09 05:53 | 映画 | Comments(6)
Commented by なえ at 2015-02-09 18:52 x
ウメボシの続きですね。いや、そーでなくて。ウメボシ
ババアになっても「死」はやはり忌むべきものと思いがち
だけれど、限りある「生」を大切に生きようという気持ちが
大事だと、若い人から学ぶこともあるんですね。

>横ですが
すっとこさん、干ボシがよかった(^o^)

びなちゃんさん、ありがとうございます。無関心というより
条例が周知徹底してないんです。知らない間に通そうとする
京都市の姑息さに腹が立ちます<`ヘ´>

え~、わたくしごとですが、ネットデビューしましたわ!
さくら@MeguAnd
を検索していただくと、集会の場での後ろ姿が。どなたかが
撮ったのですが、たまたま写ってますた(^_^;)。この二人
のうちさて、私はどちらでしょう?○○さんのブログを見た方は既にご存じと思いますが。


Commented by Mtonosama at 2015-02-09 20:26
♪なえさん

見たで~、見ましたでぇ~!
もっと、こっちを向いてくれはったらよろしおしたのに。
(京都弁は発音も筆記もむつかしうおすな)

知らない間に通そうとするという態度は京都市に限らず、
A首相も同じですがな。ウメボシばあさんは怒るでぇ~。
Commented by すっとこ at 2015-02-09 23:23 x
あっららららららららーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

ヘイゼルのお母さん役の女優さん
えっとえっと どこで見たんだっけ・・・・。

あっ “ジュラシック・パーク”で
サファリ・ルックの半ズボンが素晴らしく
似合ってた あの人だわ!

  <横ですが
なえさん、干ぼしで笑って下さってありがとう!

この映画、難病ではあるけれど エネルギーと笑顔
に溢れた青春映画のようですのう。

超能力者ではあるけれど 恥じらいと喜びと怒りとに
満ちた青春映画の”キャリー”を思い出しますのう。

過ぎ去りし青春、を懐かしさと共に「ポチッ」!
の”キャリー”もあったなぁ
Commented by ライスケーキ at 2015-02-09 23:53 x
17歳で末期がんは やはり辛いなぁ。
77歳位なら ちょうど良いんだけど・・・。

「思いがけない結末」を色々想像してみるけど、
彼女 短くても「生きる」輝きを         
私たちに教えてくれたのでしょうね。

私 子どもの頃体が弱くて 子供心に何となく
「20歳までは生きないだろうな」なんて思ってた。
それが 150歳まで生きてしまった。
人生計画通りにはいかない。

小さくて良いから 何か「輝く」ものを残せたら良いな、
なんて思っている今日この頃です。
Commented by Mtonosama at 2015-02-10 07:11
♪すっとこさん

そうでんがな。『ジュラシックパーク』のローラ・ダ―ンでんがな。
あれ?すっとこさんにも関西弁になってしまったやん。

ローラ・ダ―ンももうお母さん役だもんなぁ。
こういう立場のお母さんって辛いよね。でも、良い味出してました。

『キャリー』、怖かった。
スティーヴン・キングのしつこさを一番表してる映画だった気がします。
懐かしさを伴ったポチッをありがとうございました。
Commented by Mtonosama at 2015-02-10 07:15
♪ライスケーキさん

そう、そう。私も子どもの頃、身体が弱くて大人になる自分なんて想像できませんでした。
でも、幼児の頃、近所のお友達が「死にたい」とつぶやくのを聞いてびっくりしたことがあります。幼児なのに死にたいってどういうこと?

あ、横道にそれてしまいましたが、私も思わぬ長生きをして帯状疱疹をわずらいつつも元気に生きてるからありがたいことです。いただいた命は全うせんとあかんがな。