ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

パリよ、永遠に -1- Diplomatie

パリよ、永遠に
-1-
Diplomatie

f0165567_6314062.jpg

(C)2014 Film Oblige - Gaumont - Blueprint Film - Arte France Cinema


Brennt Paris?
(パリは燃えているか?)

1944年8月25日、
第二次世界大戦末期、ナチス・ドイツ占領下のパリで
アドルフ・ヒトラーが電話越しに何度も何度も発した言葉です。

本作『パリよ、永遠に』は
ヒトラーが「パリは燃えているか?」と問い続けざるを得ない状況に
至る過程を描いた映画です。

そのものずばり『パリは燃えているか』(‘66)という映画もありました。
監督はルネ・クレマン。脚本はなんとフランシス・コッポラが書いています。


「史上最大の作戦」以降隆盛を極めた戦争大作の1本。第二次大戦中、独軍占領下のパリを舞台に、連合軍によるパリ解放に至る過程と、その裏で繰り広げられた大戦秘話をオールスター・キャストで描いた作品である。物語の主軸は、パリ郊外に迫る連合軍の進撃を阻止するためにヒトラーが立案した、“パリ焦土化計画”と、これを食い止めようとするレジスタンスたちの熾烈な攻防戦。これに連合軍の侵攻の過程が刻々と挿入され、クライマックスはパリの大市街戦へとなだれ込んでいく。多くの出演者の中では、若いレジスタンスを演じたベルモンドと、戦車隊の指揮官を演じたY・モンタンが出色の出来。脚本をライター時代のF・コッポラが担当しており、場面展開に非凡なものが感じられるが、後の本人のコメントによれば“あまり気に入っていない”との事。
<allcinema>

『パリは燃えているか』のラスト、
感動のパリ解放の場面で
電話口から聞こえてくる”Brennt Paris? Brennt Paris?”と問うヒトラーのあの声が
とても印象的でした。

敗色濃厚なドイツ軍。
8月15日にはフランス・アメリカ連合軍がプロバンスに上陸し、
19日にはレジスタンスによる最初の戦闘が始まっています。
ヒトラーがどんなにわめこうが、抗おうが、
ナチの時代は気息奄々、もう終末は目前に迫っていました。
ところが、この男、最後の最後まで、とんでもないことを画策していたのであります。

f0165567_6332073.jpg

なんと!エッフェル塔も、オペラ座も、ノートルダム寺院も
パリの象徴である美しい建造物のすべてを爆破しようとしていたのです。
それが「パリ壊滅作戦」。
ドイツの敗北は時間の問題。
戦略上は何の意味もない作戦でした。

f0165567_6344347.jpg

ヒトラーからこの無意味な作戦を命じられたのは
ドイツ軍パリ防衛司令官ディートリヒ・フォン・コルティッツ将軍。
軍人である以上、命令には従わなければならない・・・

一方、パリで生まれ育ち、未来にこの美しい街を残したいと願う
中立国スウェーデンの総領事ノルドリンク。


ディートリヒ・フォン・コルティッツ将軍(1894年~1966年)
1894年ドイツ・シレジア地方でプロイセン将校の貴族の家庭に生まれる。ドレスデン幼年学校に学び、第107歩兵連隊に配属されて第一次世界大戦に従軍。第二次世界大戦中はポーランドやフランスでの軍事行動やクリミア半島のセヴァストポリ攻略の際に頭角を現す。1944年7月20日に起きたヒトラーに対する軍事クーデター事件に参加しなかったことが評価され、パリでドイツ駐留軍を指揮することになる。
この着任中コルティッツはレジスタンスとの停戦を交渉し、自由フランス軍に降伏。イギリスの捕虜収容所に入れられた後、1947年に釈放。1950年に回想録「兵隊の中の兵隊」 を出版。1966年バーデン=バーデンで死去。

総領事ラウル・ノルドリンク (1881年~1962年)
1881年、パリでスウェーデン人の父とフランス人の母との間に生まれる。ジャンゾン・ドゥ・サイィ高校を卒業後、父の経営する会社に勤め、並行して外交官としても活動開始。1926年には領事も勤めていた父の職務を継ぎ、パリ駐在スウェーデン総領事に就任。第二次世界大戦ではスウェーデンが中立国だったため、ノルドリンクがドイツ軍と連合軍の間の調停役を務めることに。
1944年5月にはストックホルムへ赴き、グスタフ国王と超低計画について議論したが、計画の実現はならず。しかし、フランスのレジスタンスとコルティッツとの交渉では外交官としての才能を発揮。3000人以上の政治犯の釈放を実現し、パリの破壊を最低限に食い止めた。1951年に総領事を退任するとレジオンドヌール勲章グランクロワを授与され、1958年にはパリ市名誉市民となる。1962年パリにて死去。1945年に書いた回想録は2002年「パリを救う。スウェーデン総領事の回想録(1905年~1944年)」と題されて出版。

さあ、いかにしてパリは戦火から守られたのでしょうか。
続きは次回までお待ちくださいませ。
  



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2015年2月21日に更新しました。いつも応援してくださって本当にありがとうございます☆

パリよ、永遠に
監督/フォルカー・シュレンドルフ、脚色・脚本・ダイアローグ/シリル・ジェリー、フォルカ―・シュレンドルフ、原案/戯曲「DIPLOMATIE」シリル・ジェリー
出演
アンドレ・デュソリエ/総領事ラウル・ノルドリンク、ニエル・アレストリュプ/ディートリヒ・フォン・コルティッツ将軍、ブルクハルト・クラウスナー/エーベルナッハ将軍、シャルリー・ネルソン/コンシェルジュ
3月7日(土)よりBunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー
2014年、仏・独、83分、字幕翻訳/丸山垂穂、提供/日活、後援/在日フランス大使館、アンスティテュ・フランセ日本、ユニフランス・フィルムズ、東京ドイツ文化センター、配給/東京テアトル
http://paris-eien.com/

by Mtonosama | 2015-02-21 06:47 | 映画 | Comments(8)
Commented at 2015-02-21 12:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Mtonosama at 2015-02-21 18:41
♪鍵コメさん

もう一段落つきましたか?
かっこええなぁ。憧れます。
早く見たいです。

しかし、ひかちゃんにハーネスつけるのは無理かな、と日々絶望的に。
私も宿題やっているので、終わったら軍手はめて挑戦してみます。
Brennt Tono? (とのは燃えているか?)であります^_^;
Commented by すっとこ at 2015-02-21 22:53 x
ぐふふふふふふふふふふふふふふふふふふっふふふっふっふっふ!

大昔から 若いイケメンにはあまりピンと来なくて
「殿方といえば爺様ぢゃろうて」の自分には

ぐふふふふふふふ

涎の垂れそうなじじ専映画のようですね!

それだけでも観に行きたいなり!
おっと、爺様に目が眩んで
「ポチッと押してからコメ書く」順番を間違えた。

これから力強く押しに行きます、ポチッ!
Commented by Mtonosama at 2015-02-22 07:05
♪すっとこさん

まあ、なにゆえグフフと思ったら。
じじ専ですと!?
渋いですなぁ。

私はやっぱり若い殿方がよいわ。うふふ♪

でも、この俳優さん方、さすがでした。
すっとこさんお目が高いわね。

順番を間違えようともポチッはうれしゅうございます。
ありがとうございました。
Commented by なえ at 2015-02-22 16:34 x
賢明で優れた思慮深い人ってたくさんいると思うのに、どうして一部のバカに牛耳られて愚かな戦争に突入してしまうんでしょうね。その繰り返しのような・・・

殿様は若い殿方、すっとこさんはじい様系とな?私は
どっちもよろすいです、ぶひひ。

Brennt Kyoto? 京都は燃えているか? Non(;_:)
Commented by Mtonosama at 2015-02-23 06:54
♪なえさん

とかくこの世はままならぬ
でありますが、ここで都々逸うなってもしゃあないですわね。

じさま二人の口八丁手八丁、みどころ満載であります。
”Dipolomatie”とはまさにまさにのタイトルです♪

Brennt Kino?
Commented by poirier_AAA at 2015-02-24 00:48
うわぁ、これ日本でも見られるのですね。

パリではちょうど1年前くらいに上映されて、わたしはこの爺さま2人にノックアウトされて2回映画館に行き、更に戯曲本まで買って読んだのでありました。(これ、もともとは舞台で2人が演じたものなのです)

アレストリュプの方はもうよく知っていましたが、デュソリエはこの映画で初めて知りました。でも、気がつくとあっちでもこっちでもこの人は活躍していて、しかも「失われた時をもとめて」の朗読までしているんですよ。とにかく顔良し声良し品も良しで大変結構な俳優さんなのであります。
Commented by Mtonosama at 2015-02-24 06:50
♪poirier AAAさん

これ、舞台でも観たらまたすごかったでしょうね。
でも、ここにも書いたのですがラストシーンのパリの青空とパノラマは映画ならではでしょうね。

2回ご覧になったのですか?
私ももう一回観にいこうかな。