ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

ザ・トライブ -2- The tribe


ザ・トライブ
-2-
The tribe

f0165567_6151666.jpg


(C) GARMATA FILM PRODUCTION LLC, 2014 (C) UKRAINIAN STATE FILM AGENCY, 2014


聾唖者を描いた映画だからせりふがない。
当たり前かもしれませんが、
この素直さこそがこの映画を映画たらしめた画期的な点かもしれません。

一人の主人公が聾唖であるだけでなく、彼をとりまく周囲の人間がすべて聾唖――
そんな発想で映画を撮ることができるほど映画は自由な表現方法なのでした。
実験といっていいかもしれません。

普通、実験っていうとあまり面白くないもののような気がします。
でも、面白かったです。
目を奪われました。
ま、せりふがない分、目が頼りですから、目を奪われるのは当然ですが。

電車の中で時折見掛ける手話。
車内ゆえ、そのアクションは多少控えめではありましょう。
しかし、手話がわからなくても、控えめな動作でも、話に興じているのはわかります。

だから、映画の中で主人公たちが見せる感情を露わにしたボディアクションは
せりふ以上に多くのことを語るわけです。

さあ一体どんなお話でしょうか。

f0165567_6203782.jpg


ストーリー
セルゲイは聾唖者のための寄宿学校に入学する。
そこでは小さな子から大きな子まで含めた公式祝賀会が開かれていた。
どう見ても学校にしか見えないが、
その裏では犯罪や売春を行う悪の組織=族(トライブ)が形成されている。
入学するとすぐセルゲイも彼らによる手荒い仕打ちを受けるのだった。
リーダーを中心とする学生たちがみつめる中、
セルゲイは数人を相手に殴り合いを強要されるが、なかなか屈強な戦いぶりを見せる。
そして、彼もトライブに組み入れられていく。

トライブの主要な財源は売春だ。
セルゲイも先輩につき添い、
毎夜リーダーの愛人であるアナと同室の女生徒の二人を車に乗せ、
長距離トラックが駐車している場所に送り届ける。
凍りつくような寒さの中、何十台ものトラックの間を歩き、フロントガラスを叩き、
運転手たちにアナたちを見せ、交渉開始。
交渉が成立すれば彼女達は運転席に乗り込み、仕事をする。

ある夜、先輩が後方のトラックの発車に気づかず轢き殺されてしまった。
その後任に収まるセルゲイ。
要領よく仕事をこなし、夜ごとアナたちを仕事場へ送り届け、連れ帰るセルゲイだったが、
その内、アナを愛するようになる。
彼は悪事で稼いだ金を組織に上納せず、アナに貢ぎ、関係を持つようになる。

一方、アナは同室の女生徒とウクライナから逃げ出し、イタリアへ行くことを夢見ていた。
リーダーは出入国管理局でふたりのパスポートを入手した。

だが、アナへの想いを抑えきれないセルゲイは売春の元締めである教師の部屋を襲う。
金を奪い、それをアナに差し出し、
売春を止め、イタリア行きを取りやめるよう懇願するのだった。
アナは激しく拒絶する。

そして、リーダーたちからリンチを受け、傷だらけになったセルゲイは……

f0165567_6181682.jpg


その背景は、どこからか黴のにおいが漂ってきそうな古い校舎、
排気ガスが立ち込める長距離トラックの駐車場、
東欧の裏さびれた廃墟のような雰囲気に満ちた作品です。

とのはゲームはしませんが、
この雰囲気、この暴力、廃墟にうごめく若い無言の青年たちを観て
これはゲーム的世界観かもしれないと思ってしまいました。

1974年生まれのスラボシュピツキー監督。ゲーム世代です。

でありながら、作品中に漂うリアル感。

キエフで行われた本作の撮影は
ヤヌコビッチ政権に対する反政府デモの前に始まり、
ロシアによるクリミア支配の後に終わったということです。

その緊迫した空気感が映り込んでいたのかもしれません。

静かでやかましい映画であります。





今日もポチッとお願いできれば嬉しいです♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆4月10日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

ザ・トライブ
脚本・監督/ミロスラヴ・スラボシュピツキー、撮影/ヴァレンチヌ・ヴァシャノヴィチ、サウンド・デザイン/セルギー・ステパンスキー
出演
グレゴリー・フェセンコ、ヤナ・ノヴィコヴァ、ロザ・バビー、オレクサンダー・アサドッチイ、オレクサンダー・シデリニコフ、サシャ・ルサコフ、デニス・グルバ、ダニア・ブコビイ、レニア・ピサネンコ、オレクサンダー・パニヴァン、キリル・コシク、マリナ・パニヴァン、タティアナ・ラドチェンコ、リュドミラ・ルデンコ
4月18日(土)よりユーロスペース、新宿シネマカリテ他にてロードショー
2014年。ウクライナ、カラー、132分、字幕無、手話のみ
提供/ミモザフィルムズ、彩プロ、配給/彩プロ、ミモザフィルムズ、後援/ウクライナ大使館
http://thetribe.jp/

by Mtonosama | 2015-04-10 06:24 | 映画 | Comments(6)
Commented by びなちゃん at 2015-04-10 14:03 x
えええええええええ~~~~~~~~!!!!!
こんなストーリーだったとは!
予定調和のお話かと甘い私は思っていました。が、そりゃそうですよね、映画を作るのに、そんなじゃイカン!
手話は分からないけどメッセージは激しく伝わります。(手話の通訳字幕?ってのは無いんですね?)
Commented by Mtonosama at 2015-04-11 06:26
♪びなちゃんさん

わっ!一瞬すっとこさんかと思いました^_^;

手話ね、知らないんですけど、なんか外国語を聞くよりはわかるよーな気がします。字幕なしでOK!
Commented by なえ at 2015-04-12 18:41 x
私もえええええええ~~~~~~~~~~~~~!!!!
すっとこさんになってしまいますた~!!

なななななんでこんなことに!聾唖者の世界でなくても十分にインパクトのあるテーマだと思いまするが。

生活保護受給者がヤクザに監禁されて生活保護全額をまきあげられるという社会の弱者がターゲットになるというのは
あるけど、これは自分たちでそういうアングラ(古っ!)な
世界を作ってるっつうこと?なんにしろ、すごおます(@_@)

え~、ご無沙汰でした。仕事に追われてるのと、ちゃあが
また尿道閉塞と膀胱炎を起こし獣医さんに連れて行ったり
(今回は軽かったのでホッとしてます)、猫条例後も集まりがあったりでヒイヒイ状態です。

それより殿様、お体の調子は?なんと言っても日本最高齢
ですのでお大事に!
Commented by ライスケーキ at 2015-04-12 22:16 x
聾唖者の寄宿学校が悪の組織、トライブ。
まぁ、何てことでしょう。

手話って、それぞれの言葉で違うんだろうけど、
世界各国共通の手話にすれば良いのにね。
そうしたら、それを覚えれば世界の人と
コミュニケーションがとれる。  ムリかな。

昔、世界共通語、エスペラント語というのがあって、
「エスペラント語入門」なんて言う本を買ってきて
かじったけど、最近はエスペラントの事
聴きませんね。

暑かったと思ったら、 
寒かったり・・・。
風邪を早く治して下さい。          
Commented by Mtonosama at 2015-04-13 06:05
♪なえさん

うわあぁぁぁぁ!京都にもすっとこさんか!?

お疲れさまでございました。
京都市条例、夕方のニュースでもやっていました。
ちゃあさんの病気も重くなかったようでなによりです。

生活保護者のお金まきあげの話、私もつい最近そういう小説読みました。
でも、日本最高齢ゆえタイトルも作者も失念^_^;

しかし、本作は大変ショッキングな映画であります。
その上、映画の新しい領域を開いた作品でもあるような気がしました。
Commented by Mtonosama at 2015-04-13 06:09
♪ライスケーキさん

そうそう、手話も速記も世界共通だったらどんなに良いか。
でも、手話の場合、なんとなくわかるような気がするから不思議ですね。

エスペラント語、最近聞きませんね。
エスペラント語の映画があってもいいな。
以前、古いインカの言葉を使った映画を観ましたもん。